SEASONAL

2014.08.23
あんことお餅の上に、抹茶味の蜜がたっぷりとかかったかき氷『赤福氷』
『赤福氷』には、かき氷専用に作られた「赤福餅」が入っていますよ 今年の日本は、空前のかき氷ブームにわいています。 もともとかき氷は夏の定番のスイーツでしたが、今まで以上に、たくさんのかき氷が発売され、雑誌やテレビなどでも特集されています。 今日は、日本に古くからある和菓子店のかき氷を紹介し
2014.08.16
快適な夏を過ごすためのアイテム『蚊取り線香』は、お土産にもおすすめです
蚊取り線香は、日本発祥。香煙で虫に刺されない快適な夏を 夏、ホテルや旅館、家屋で渦巻型のお線香が焚かれていることがあります。 静かに筋のように流れる香煙。これは、なんだ?と思う人も多いでしょう。これは、香りで癒しをお届けする「おもてなし」ではありません。 この渦巻型のお線香は、「蚊取り線
2014.08.13
風鈴のさわやかな音色が熱い夏を過ごしやすく感じさせます
風鈴の音色は、夏の風物詩です 「リーンリーン」「チリンチリン」、その音を聞くと、夏が来たと感じます。そよ風を受けて、かわいい音を奏でるのは風鈴です。 風鈴は、小さな鐘の形をしています。風に当たると音が鳴る仕組みの伝統工芸品です。暑い夏でも、少しでも涼しく感じるようにと、昔の日本人が考え
2014.08.11
だれでも気軽に参加できる、東京の盆踊り情報
※日本三大盆踊り情報はこちら。 日本三大盆踊り情報!見て、踊って、夏を楽しもう! 盆踊りの参加ってどうやってするの? 盆踊りは、元々盆の時期の先祖供養として踊られていましたが、その後各地域に根差した民俗芸能として発展してきました。盆踊りは日本全国の夏祭りで踊られています。東京都内でも、7月下旬か
2014.08.09
ご先祖様の霊を家族でお迎えし供養する、真夏の恒例行事『お盆』
お盆の期間は、日本国中どこへ行っても大混雑ですよ! 毎年8月15日前後の数日間は、日本国中どこへ行っても大混雑!夏休みのピークを迎える時期となります。電車も観光地も人であふれ、ホテルや飛行機も値段が高いだけでなく、早い段階から予約でいっぱいになってしまいます。 しかしそれは、単なる夏休みで
2014.08.07
水を撒くだけで体感温度が2度下がる!?伝統的な涼しくなる知恵『打ち水』
環境にやさしい方法で、暑い夏を少しでも快適に過ごす知恵 夏に日本を旅していると、家の前で水をまく人や、濡れた道路を見ることがあるでしょう。それが打ち水です。打ち水とは、道路に水を撒くこと。ただそれだけです。 8月に入り、日本は夏真っ盛り。少し動いただけでも、汗がどっと噴き出るほどの気温が続
2014.08.05
地元の子供たちと一緒にワークアウトを楽しもう!夏の『ラジオ体操』
爽やかな夏の朝、早起きしてラジオ体操会に参加しませんか? 7月~8月ごろ、日本の小学校は夏休みになります。夏休みの朝、多くの小学生は公園や空き地で行われるラジオ体操会に参加します。1930年から始まり、今も夏休みの歴史ある催しとなっているラジオ体操会。誰でも自由に参加できるこの会に参加し、
2014.08.02
日本には『スイカ割り』というゲームがあります
目隠しをしたまま棒でスイカを割れますか? 夏はスイカが美味しい季節です。日本では、スイカは食べるだけでなく、スイカ割りというゲームも夏の定番です。 メキシコのピニャータのように、目隠しをした人が棒を持って、周りの人の声の誘導で地面に置いたスイカを叩くゲームです。最初にスイカを割ることができ
2014.07.26
夏だ!ビールだ!ビアガーデンだ!
夜風に吹かれて、暑さも忘れる、屋外ビアガーデンはいかが? 日本の夏の風物詩はたくさんありますが、そのうちのひとつに「ビアガーデン」が挙げられます。 もちろん日本でもビールは一年中飲まれていますが、特に暑い夏は、よく冷えた生ビールが仕事帰りのビジネスマンを癒してくれます。 そんな時にうってつけ
2014.07.25
夏の贈り物「お中元」
大切な人に、日本の贈り物 日本では、夏と年末の年に二回に、お世話になった人に対して、感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣があります。夏は「お中元」、冬は「お歳暮」と言います。この習慣は、江戸時代(1,600年ごろ以降)から始まったと言われています。 7月に入ると、日本の各デパートには特設「
2014.07.24
暑い夏には「かき氷」
日本の夏はこれを食べずにいられません 街中の喫茶店からお祭の屋台、海水浴場の海の家などで必ず売られているのが、「かき氷」です。かき氷は、氷を細かく砕いて甘いシロップをかけた日本の夏の定番おやつです。 かき氷の種類は様々で、定番なのはお祭りなどで見かける色とりどりのシロップです。見た目も華や