CULTURE

shiwasu
2014.12.09
日本の12月は、忙しくてお師匠さんが走り回る!?『師走』
お師匠さんが走り回るほど忙しい!? 12月になりましたね。皆さんの国では、どんな季節を迎えていますか? 12月のことを、日本では『師走』と言います。これは旧暦の呼び方です。 語源については諸説あります。代表的なものとして、年末のこの時期、お坊さんを家に迎え、読経をしてもらう家庭が多かったため、大変
2014.11.14
日本には、『トイレの神様』がいらっしゃいます
数え切れないほどいる多くいる、という意味の「八百万の神」 日本では古来より、自然の物や自然現象、災い、考え方などを神格化し、多くの神様を崇めてきました。これらを「八百万の神」と言います。 例えば、農業の神様、商売繁盛の神様、食べ物の神様、安産の神様、水の神様、海の神様・・・。 四季の変化や
2014.11.12
美しい『箸使い』で、日本食をもっと楽しもう!
和食に欠かせない、「お箸」を上手に使おう 日本食は、今や海外にも多くのレストランができるほど、世界中で人気となっていますね。 和食を食べるのに必要となるのが、お箸です。日本では、大人になってもお箸が正しく使えないと、「恥ずかしい」「きちんと躾されていない」と見られることもあります。 お箸に
2014.11.05
子供のころから教えられます 『靴を脱いだら自分で揃えよう』
おうちに入るときは、靴を脱ぎます 日本では、家に入るとき、外で履いていた靴を脱ぐ習慣があります。 その由来は、日本の気候にあると言われています。日本は雨が多く湿度も高いため、家の床は地面よりも高くし、通気性を保つように作られていました。また、雨や埃で汚れた靴のまま入ると、家の中が汚れてしま
2014.09.10
『虫の声』を聞いて、日本の豊かな自然と心を楽しみましょう
■虫にも「声」があると感じる日本人 秋も近づいてくると、夜にはいろいろな昆虫の鳴き声が聞こえてくるようになります。それらを聞くと日本人は、「ああ、秋が来たなあ」「涼しげでいい声だなあ」という風情を感じます。 虫の鳴き声を聞いて心地よいと感じるのは、日本人独特の文化なのかもしれません。
2014.09.07
9月8日は、『中秋の名月』 夜空を見上げてお月様を楽しみましょう
今のところ全国的に晴れる予報ですよ 旧暦の8月15日は、「中秋の名月」と言って、月を眺めて、供え物をする習慣があります。(詳しくは「お月見」の記事をご覧ください) 今年の中秋の名月は、9月8日(月)です。例年は9月中旬~10月初旬なのですが、今年は少し早目ですね。 もしこの時期に日本を訪
2014.09.05
言葉を超えて、裸のつきあいができる場所『銭湯』
日本人の日常生活を垣間見るなら、「銭湯」に立ち寄ることをお勧めしますよ 昔の日本では、家にお風呂がついてないところも多くみられました。では、どこでお風呂に入っていたのでしょうか。それは銭湯です。銭湯は、男女こそ別々ですが、大勢の人が一緒に入る、大浴場のことを言います。昔からの「裸のつきあい
2014.09.03
秋空に浮かぶ美しい月に豊作を祈願し、感謝をささげます『お月見』
少し肌寒い秋。夜空を見上げ、美しく浮かぶ月を愛でませんか 秋は、秋雨の影響で空気が澄み、夜空に浮かぶ月が一番美しく見える季節です。 日本では9~10月、収穫を祈願、感謝し、月を崇める「お月見」という習慣があります。お月見は、主に「十五夜」(旧暦8月15日)と「十三夜」(旧暦9月13日)に行い
2014.08.21
日本人は皮をむいて果物を食べます『果物の食べ方』
みなさんの国では、皮をむいてから果物を食べますか? 日本人の多くは、きれいに皮をむいてから果物を食べます。ぶどうやりんご、梨、プラム、桃など、外国では皮と一緒に食べるような果物でも日本では多くの人が皮をむいてから食べます。外国人の中にはとてもびっくりする人もいるようですね。 子供のころから
2014.08.19
日本の知恵と文化が生み出した『障子』は、紙と木でできています
昼間は太陽、夜は照明に照らされ、障子が部屋を明るくします あなたは、映画やドラマで、日本の伝統家屋を見たことがありますか? また、日本を訪れたときに、旅館に泊まったことはありますか? そこで「障子」を目にしたことはないでしょうか。部屋の仕切りや窓の内側にある、格子の建具のことです。 和風の
2014.08.11
だれでも気軽に参加できる、東京の盆踊り情報
※日本三大盆踊り情報はこちら。 日本三大盆踊り情報!見て、踊って、夏を楽しもう! 盆踊りの参加ってどうやってするの? 盆踊りは、元々盆の時期の先祖供養として踊られていましたが、その後各地域に根差した民俗芸能として発展してきました。盆踊りは日本全国の夏祭りで踊られています。東京都内でも、7月下旬か
2014.08.09
ご先祖様の霊を家族でお迎えし供養する、真夏の恒例行事『お盆』
お盆の期間は、日本国中どこへ行っても大混雑ですよ! 毎年8月15日前後の数日間は、日本国中どこへ行っても大混雑!夏休みのピークを迎える時期となります。電車も観光地も人であふれ、ホテルや飛行機も値段が高いだけでなく、早い段階から予約でいっぱいになってしまいます。 しかしそれは、単なる夏休みで
2014.08.07
水を撒くだけで体感温度が2度下がる!?伝統的な涼しくなる知恵『打ち水』
環境にやさしい方法で、暑い夏を少しでも快適に過ごす知恵 夏に日本を旅していると、家の前で水をまく人や、濡れた道路を見ることがあるでしょう。それが打ち水です。打ち水とは、道路に水を撒くこと。ただそれだけです。 8月に入り、日本は夏真っ盛り。少し動いただけでも、汗がどっと噴き出るほどの気温が続
2014.08.01
東京の観光名所「浅草」で1300年以上続いているお祭り『三社祭』
1年で一番「浅草」が盛り上がる特別な3日間 東京の観光名所と言えば、名前が必ずあがるのが「浅草」。浅草に行ったことのある人はたくさんいても、この町で1300年以上ものあいだ続けられているお祭り『三社祭』を生で見たことがある人はどれくらいいるでしょうか? 浅草の三社祭は、毎年5月の17、
2014.07.25
夏の贈り物「お中元」
大切な人に、日本の贈り物 日本では、夏と年末の年に二回に、お世話になった人に対して、感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣があります。夏は「お中元」、冬は「お歳暮」と言います。この習慣は、江戸時代(1,600年ごろ以降)から始まったと言われています。 7月に入ると、日本の各デパートには特設「