wata

wata

Writer


日本史とアニメと地元東北が大好きです。日本人も見過ごしがちな日本の良さや面白さをこっそりお伝えしていけたら。

投稿記事

便利でスマート!大人の心遣い『懐紙(かいし)』のすすめ
2015.06.28
便利でスマート!大人の心遣い『懐紙(かいし)』のすすめ
日本人が着物の懐にしのばせていた「懐紙」 「和菓子」を食べるとき、お皿の上に「和紙」が敷いてあるのを見たことはありませんか?この紙は「懐紙」と呼ばれるものなんです。日本人でも若い子は知らないかもしれませんね。知っているけれど自分で使ったことはない、という方も多いのでは? 「懐紙」とは「懐(=着
osorezan
2015.06.25
霊場『恐山』―死後の世界をめぐる体験―
死者の魂の集う“お山” 青森県の北東部に位置する下北半島。そのほぼ中心にあるのが、「比叡山」「高野山」と共に日本三大霊場の一つに数えられる「恐山」です。 貞観4年(862年)に慈覚大師円仁により開山され、天台宗の修験道場として栄えた霊場で、現在は曹洞宗の寺院・菩提寺があります。 この地域では、古く
Wasanbon’s warm white color
2015.06.23
日本伝統のお砂糖!『和三盆(わさんぼん)』のすすめ
お茶のおともに最高の「和三盆」 日本には「和三盆」という伝統的なお砂糖があります。200年以上の歴史を持ち、香川県と徳島県のみで生産されている、最高級のお砂糖です。 和三盆は主に「和菓子」の材料として重用されてきました。代表的なものは、和三盆を木型などで成形した「干菓子」(水分の少ない乾いた和菓子
2015.06.16
寺社仏閣がもっと楽しくなる『御朱印(ごしゅいん)』のすすめ
「御朱印」って一体どんなもの? 「神社」や「お寺」にお参りしたことはあるけれど、「御朱印」のことはよく知らない、という方は多いのではないでしょうか? もともとは、納経(仏教の経典を自分で書き写したものをお寺に納めること)の印としていただくものだったという御朱印。今では、納経をしなくても、寺社にお参
2015.06.03
水と緑が織りなす美!新緑の「奥入瀬渓流」
「奥入瀬渓流」を訪れるならこれからの季節がおすすめ 青森県と秋田県の境目に位置する「十和田湖」から流れ出す「奥入瀬川」。川の始点「子ノ口」から「焼山」までの約14kmが「奥入瀬渓流」と呼ばれるエリアです。国の特別名勝および天然記念物に指定されています。 ブナをはじめとする豊かな樹木と、時に激し