Wasabi

Wasabi

Writer / Translator


東京出身、旅とカオスを愛するフリーランス翻訳家。記事翻訳を通して日々日本と世界の接触点を探っています。ライターとしても、ガイドブックに載っていないわさび視点の情報をお届け!

Website

投稿記事

Harinacs
2014.12.12
文房具から覗くニッポン-その1 『芯なしホッチキス・ハリナックスプレス』
日本の文房具は奥が深くてユニーク。おみやげにもぴったりです。 突然ですが、みなさんは国際語となりつつある「かわいい」の語源をご存知ですか? 「かわいい」とは小さきもの、弱きものに心を惹かれる気持ち、不憫で顔を向けられないほど気の毒で、かえって愛情を覚えるということが語源とされています。 日本の文房
tomioka
2014.12.06
世界遺産登録された『富岡製糸場』の魅力とは?
日本の近代化に貢献した富岡製糸場 富岡製糸場は明治5年(1872年)、明治政府が日本を近代化し、西洋に追いつくために最初に設置した模範器械製糸場です。当時日本の製糸業の質が低下していることが問題になっていたところを国が外国人技師(フランス人)を招いて洋式 の繰糸器械を備えた模範工場をつくることにし
asakusa chikagai
2014.12.04
日本最古の地下商店街『浅草地下街』はレトロでエキゾチック?
50年前にオープンした地下街には一風変わったお店がいっぱい! 浅草地下街は日本の戦後1955年に創業しました。地下街は改装等をしていないので老朽化が進み、雨漏りしていることもしばしば。そんな地下街ですが中華料理屋にタイ料理、ベトナム料理店や占いのお店、ラーメン屋や床屋が軒を連ねアジアでレトロな雰囲
natatemple
2014.12.01
古代日本人にとっての理想の楽園『那谷寺』
古代から続く自然崇拝と仏教の融合。那谷寺は自然との調和を大切にするお寺です 那谷寺は石川県JR加賀温泉駅からタクシーで15分、またはキャンバスというバスに乗って25分で到着します。来る2017年には開創1300年となる歴史のあるお寺です。 那谷寺の横にそびえる白山はもともとその美しい山容の

翻訳記事

2016.06.29
日本の神社仏閣の柱などに貼られているこの紙、何か知っていますか?『千社札』
江戸時代に庶民の間に世の中の安泰と家内安全を願い、数多くの神社仏閣を巡礼して歩く千社参りが流行しました。その巡礼のときに納札した木の札が「千社札」といわれ、時代とともに徐々にかたちが変化し、いま私たちが神社仏閣で見るような千社札になっています。
てるてる坊主
2016.06.23
雨の日は『てるてる坊主』にお願い!本当は怖いその由来
窓に吊るされた布でつくられたこの人形をみたことはありますか?日本は今、ちょうど梅雨と呼ばれる雨期のシーズンなので見た!という人もいるかもしれません。実はこれ、日本に古くから伝わる”てるてる坊主”という晴天を祈る民間風習なんです。