Wasabi

Wasabi

Writer / Translator


東京出身、旅とカオスを愛するフリーランス翻訳家。記事翻訳を通して日々日本と世界の接触点を探っています。ライターとしても、ガイドブックに載っていないわさび視点の情報をお届け!

Website

投稿記事

Martin Kramer
2015.09.29
【ドイツで日本発見】茶道への情熱のゆえ自宅内に『茶室』を建ててしまったドイツ人アーティストのお宅へ行ってみた!
もはや博物館級!完全に趣味の領域を超えたコレクションの数々。 奥が深いとされる「茶道」。のめり込んでいく人は高価なお茶碗やなつめ等を集めたり、使う抹茶にこだわってみたりと極め方はそれぞれ。そんな中、なんと自宅内に「茶室」を建てたというドイツ人のアーティストがいるんです!彼の名はマーティン。
七福神
2015.09.26
10月は『神無月』!日本全国の「とある場所」以外、神様が一斉にいなくなる!?
神無月とは? 日本人なら誰でも聞いた事がある「神無月」という言葉ですが、どういう意味があり、どんな由来があるのか知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?神無月とは文字通り神がいなくなる月のことで、日本では毎年旧暦10月に全国の神が島根県の「出雲大社」に集まって会議をすると言われています
彼岸花
2015.09.19
日本人も意外と知らないお墓参りの文化、『お彼岸』とは?
仏教から派生した「お彼岸」は日本だけに見られる風習 日本に興味がある皆さんは、「お彼岸」という言葉を聞いた事がありますか?彼岸という言葉は、元々サンスクリット語の「パーラミター」から由来しており、漢語で「到彼岸」の略だといいます。これは「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むこ
江戸のファストフード
2015.09.17
江戸時代の侍が食べていたファストフードが食べられる! 浅草の大人気和食居酒屋『宮戸川』が江戸川橋にもオープン!
当時のサムライが愛した料理をフレッシュな素材でいただく! 東京はグルメの町!数多くの美味しいレストランや居酒屋が色々なエリアに存在しています。オシャレなイタリアンや和食と融合したフレンチ等、日本でしか食べられないユニークな料理がある一方で、意外と昔の日本人が食べていた物を「お手頃価格で食べられ
敬老の日
2015.09.15
『敬老の日』って何?文字通り、お年寄りを敬う日です!
2015年は9月21日!お年寄りを敬おう! その国の祝日は、その国の歴史や文化を大きく映すもの。毎年9月の第3月曜日に設定されたこの敬老の日も、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨とした慣習の一つです。日本では敬老の日に祖母や祖父に手紙を渡したりプレゼントをあげ
SPECIAL
西方寺階段
2015.09.04
映画「時をかける少女」のロケ地にもなった広島『西方寺』へGO!
映画「時をかける少女」に出て来る階段を登ろう! 「時をかける少女」という1983年の映画をご存知ですか?日本のアニメが好きな方は聞いた事があるかもしれません。2006年にはアニメ版も制作された大人気作です。元は小説だったのですが大ヒットしその後はドラマ、アニメ、実写化と様々な形でリリースされて
ボリス・ミルコヴスキー
2015.09.03
【ドイツで日本発見!】Goodpatchベルリン支社で働くってどんな感じ?日本と海外を繋ぐ挑戦—ボリスさんにインタビュー
Goodpatchとは? 渋谷に本社オフィスを構えるGoodpatchはスタートアップ企業。同社は2011年にCEO土屋尚史氏により創設され、以来日本で最大手のUIデザイン会社として成功し続けています。「UI(ユーザー・インタフェース)って何?」という方もいるかもしれませんが、UIとは簡単に言
ドイツ人墨絵師匠のリタ
2015.08.13
【ドイツで日本発見!】世界中で墨絵を15年以上教え続けているドイツ人に習う『墨絵ワークショップ』
墨絵作品に囲まれて学ぶ墨絵ワークショップ 以前、ベルリンのギャラリー 「Under The Mango Tree」で墨絵アーティストのKatharina Hacker(カタリーナ・ハッカー)のインタビュー記事をご紹介しましたが、今回のワークショップはその彼女の個展期間中に彼女の師匠であるRit
SPECIAL
2015.08.11
歴史好きなら絶対訪れたい!日本100名城に選ばれた『広島城』
軍事の中心だった広島城の歴史 広島城の築城は慶長4年(1599) だと言われています。築城前は安芸国守護によって命じられていた武田氏によって治められていましたが、戦国時代になってから毛利元就が武田氏を滅ぼし、厳島の戦いで陶氏に勝利した以降、広島の地は毛利氏によって統治されることとなりま
SPECIAL
広電
2015.08.10
広島観光に欠かせない『路面電車』でお得に観光を楽しむ方法
https://youtu.be/bgcFWzEtvCQ 100年以上続いて来た広島の路面電車 広島といえば、市内を走る路面電車。広い道路に走るカラフルな路面電車は広島市の街の景観に趣を与えています。地元民には「広電」という呼称で愛され、観光客にとっても広島を廻るには欠かせない乗り物です
沖縄全島エイサーまつり
2015.08.07
秋の気配を感じる季節になりました『9月前半イベント』
9月1日(金) 2017 近江中山の芋競べ祭り:滋賀県 Photo by: 歴史探訪京都からー旧木津川の地名を歩く会ー 東西2つの集落が、神前で里芋の長さを競い合う祭で、これに似た祭は全国どこにもなく、まさに天下の奇祭といわれています。平安時代末期から続けられている勧農行事といわれていますが、
Sumie artist
2015.08.06
【ドイツで日本発見!その8】ドイツ人墨絵アーティスト『Katharina Hacker』に聞く墨絵の魅力とは?
日本の墨絵スタイルで描かれるヨーロッパの風景たち カタリーナが墨絵を学び始めたのは今から8年前の2007年のこと。元々大学ではイラストレーションを先行していた事から絵画への教養があった彼女ですが、墨絵を15年以上教えているドイツ人の師匠Rita Böhm (リタ・ボーン)の元で5年間墨絵の
富士河口湖灯籠流し
2015.07.30
ご先祖様に思いを馳せるシーズン『8月後半イベント』
8月16日(日) 富士河口湖灯籠流し: 山梨県南都留 灯籠流しは、死者の魂を弔って灯籠(灯篭)やお盆の供え物を海や川に流す日本の行事です。(Wikipedia参照) 地域ごとに開催時期は異なるものの、主にお盆のシーズンに亡くなった先祖への敬いとして火を送る習慣があります。この富士河口湖で行われる灯
先生と参加者
2015.07.29
【ドイツで日本発見!その7】ベルリンで行われた『ビーガン日本食』ワークショップへ潜入!
日本での認知度は低い絶対菜食主義者、「ビーガン」とは? ここドイツでも日本食といえば、ヘルシーな印象が強く持たれており健康志向な人々からは日本食の価値が再発見され、注目を集めています。そんなヘルシーな日本食という文化を持つ日本ですが、肉や魚だけでなく卵や乳製品など動物性の材料を一切摂取しない「
たいやきを焼くスタッフ
2015.07.23
【ドイツで日本発見!その6】ベルリンのマーケットで注目を集める『たいやき屋台』
ベルリンは日本文化天国!? ハイセンスな若者が多く集まるフリーマーケットNowKoelln Flowmarkt(ノイケルン・フローマークト)でまたまた日本の「粉もの」に出会いました!同じマーケットで2つも日本の食に出会うとは感激です。屋台のオーナーは現在ベルリンで学生としてデザインを勉強されて

翻訳記事

2016.06.29
日本の神社仏閣の柱などに貼られているこの紙、何か知っていますか?『千社札』
江戸時代に庶民の間に世の中の安泰と家内安全を願い、数多くの神社仏閣を巡礼して歩く千社参りが流行しました。その巡礼のときに納札した木の札が「千社札」といわれ、時代とともに徐々にかたちが変化し、いま私たちが神社仏閣で見るような千社札になっています。
てるてる坊主
2016.06.23
雨の日は『てるてる坊主』にお願い!本当は怖いその由来
窓に吊るされた布でつくられたこの人形をみたことはありますか?日本は今、ちょうど梅雨と呼ばれる雨期のシーズンなので見た!という人もいるかもしれません。実はこれ、日本に古くから伝わる”てるてる坊主”という晴天を祈る民間風習なんです。