miki iwai

Miki Iwai

Writer


日本の文化が大好きで日本各地の温泉や伝統芸能、神社の儀礼祭祀をみるために旅行する傍ら能楽・書道・作歌(和歌を詠む)を嗜んでいます。皆さんに私の文章を通して、日本にしかない素敵な文化をお伝えしていけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

投稿記事

SPECIAL
そば
2015.10.05
広島県竹原で、日本酒マイスターに挑戦!『藤井酒造 酒蔵交流館』
竹原観光のお供は酒造アイスのモナカで決まり! 竹原は日本酒と塩の貿易で栄えた街です。それだけでなく、竹原の街は100年の歴史を閉じ込めてしまったような、不思議な雰囲気を持つ街です。詳細はこちら そんなタイムスリップしてしまった街にただ、食事をしに行くだけでは”mottai nai”! そこ
2015.10.03
紅葉を満喫!恋の願いの叶う山『竈門神社』【福岡・大宰府】
宝満山で心と体の健康を目指そう! 福岡といえば、言わずと知れたグルメの街! 明太子やとんこつラーメン、水炊きにもつ鍋なべ、屋台飯など、美味しいものは尽きません。福岡観光は全ての女性の敵である「体重増加」間違いなしの旅と言っても過言ではありませんよね!? でも、お腹が一杯でも大丈夫!福岡にはなん
2015.09.04
和洋折衷の美味なる共演 新潟『越後湯沢』で楽しむ和フランス 魚沼キュイジーヌ料理「むらんごっつぉ」
魚沼キュイジーヌ料理 むらんごっつぉ むらんごっつぉは「HATAGO 井仙」の和の雰囲気漂う建物の一角にあります。 店内も和の雰囲気が漂い、客席は黒と優しい黄土色で統一されたハイセンスな空間になっています。 こちらで戴ける前菜に使われている山菜や魚は、全て周辺の山や川で採れた新鮮なもの
SPECIAL
2015.08.28
世界にも類を見ない、海に浮かぶ神秘の神社 広島『厳島神社』
海外の旅行者にも大人気の「厳島神社」とは 海外の旅行者から大変人気がある場所のひとつ、広島。そんな広島観光に欠かせないのが、この宮島です。特に海に建つ赤い大鳥居、皆さんもどこかで見たことがあるのではないでしょうか?今回は、この神秘の厳島神社を御紹介しましょう。 厳島神社の建物はそのほとんど
SPECIAL
竹原
2015.08.27
昔の日本の日常を残す、広島『竹原』の街を冒険しよう!
日本人の故郷に降り立って 竹原の重要伝統的建造物群保存地区の最寄り駅はJR呉線の竹原駅です。 この竹原、広島空港からリムジンバスを利用しても約30分ほどで来ることができるのですが、今回あえて私は、電車でのアクセスをおススメしたいと思います。 その理由は、呉線からの瀬戸内海の絶景と竹原駅にありま
宗像大社辺津宮(へつみや)
2015.08.05
3つの神社を一気にお参りできる!福岡の海の守り神『宗像大社』
今年新装した真新しい社殿 辺津宮(へつみや) 福岡県宗像市にある、宗像大社の辺津宮(へつみや)はJR鹿児島本線の東郷駅より車で15分ほどの所にあります。 2015年43年ぶりに社殿が新装されたことでも、話題となりました。真新しい社殿はどこから見ても荘厳で、周囲の樹木と調和も大変美しく、見と
越後湯沢駅改札前
2015.08.05
日本の酒が楽しめるアミューズメントステーション!? 新潟『越後湯沢駅』
駅で利き酒(ききざけ)体験ができる!?「利き酒越の室」へ行こう 越後湯沢駅は、日本でもめったにない日本酒を存分に楽しむことができる駅です。 CoCoLoがんぎ通り先に、日本酒のことが何でも分かる観光スポット「ぽんしゅ館」があります。ここでなんと、日本酒の利き酒体験ができるんです。これであなたも
古本屋
2015.08.04
世界でも類を見ない古書店街『神田神保町』は、実は隠れたグルメの街です
貴重書の宝庫 『神田神保町』古書店街 みなさんは、本はお好きですか?私は古本屋めぐりをするのが大好きです。そんな私が、とっておきの古本屋街をご紹介します。 それは東京の神田神保町。約170軒もの古本屋が立ち並ぶ、世界一の古本屋街と言われています。そのどこも店の本棚も、収まりきらないほど
SPECIAL
四天王寺大黒堂
2015.07.28
大阪中心部からすぐ!1400年前の昔から大阪に建つ聖徳太子ゆかりのお寺 大阪『四天王寺』
『四天王寺』の宝たち 四天王寺の敷地内には数々の重要文化財があります。六時礼讃堂や鳥居、湯屋方丈、極楽浄土の庭の六角亭がそれに当たります。また、四天王寺の中心伽藍は赤と白のコントラストの美しい建物です。堂宇の中には、複数の仏像が奉安してあり、荘厳な雰囲気が漂っています。一歩足を踏み入れ
akitajo
2015.06.19
世界に誇れる日本のお城『秋田城跡』
「城柵」それは日本で最も古い城 秋田城のような日本で最も古い城のことを「城柵(じょうさく)」と言います。この城の特徴は「城」とは言いながらも、王や王妃がいないことです。 秋田城は8世紀(733年)の初め頃、日本海に近い秋田県のこの場所に作られました。ここにいた人達は、主に国の役人の人達で今でいう市
2015.05.28
『紫』で見る日本の文化
「紫」それは高貴の色 その昔日本では、紫という色が本当に貴重でした。今から1400年前の奈良時代に紫色の服を着ることができたのは一部の高級官僚と天皇家だけでした。それもそのはず、紫という色を衣服につけるには紫草の根を採取し色素を抽出していくのですが、栽培が困難な上染色にも手間がかかったため
2015.05.07
『赤』で見る日本の文化
赤の日本文化 「赤」それは能舞台の揚幕にも使われた日本の伝統色。中国で「赤」と言えば「火」を表す色ですが、日本では全く違う文化が展開されてきました。それは、破魔と美を重んじる日本独特の文化です。 今回はあなたをそんな色彩豊かな、日本文化の世界にお連れします。 日本の赤 ―それは権力者
2015.04.30
国府はお祭り騒ぎ 『くらやみまつり』
武蔵国一の大社 大國魂神社 くらやみまつりは大國魂神社のお祭りのひとつです。大國魂神社はこの東京が武蔵国と言われた約1200年前から、この地にあり、1200年前神社が建立された際同じ敷地内には国府と呼ばれる官公庁の施設が建っており、1000年くらい前までは武蔵国の中心はこの大國魂神社周辺だったと言
2015.04.23
大江戸線沿線で日本の伝統を愛でる『ミュージアムめぐり』
東京をぐるっと!めぐる都営大江戸線に乗って、伝統工芸を楽しもう! 都営大江戸線は東京の地下深くを走る、地下鉄のひとつです。都営大江戸線には34駅の停車駅があり山手線と同じく、23区をぐるっとめぐっています。この路線の沿線には日本の伝統を感じるスポットが沢山あります。その中から、今回は青山一丁目駅に
2015.04.10
神に人に物の怪に!? 面(おもて)で見る能楽の世界
能楽の変身道具面(おもて)の数々 能楽は800年以上の歴史ある伝統芸能にして日本が誇る舞台芸術です。 とはいえ、多くの演劇と同じように、演じるのは普通の人間です。普通の人間が演目の登場人物になりきるためには装束や面(おもて)が必要になります。また、能役者の多くは今も昔も男性が多く、人が人でないもの