東京月島の「もんじゃ焼」はみんなで焼いて、食べて、おいしさ倍増!おすすめ特大甘海老もんじゃ

外国人に大人気のJAPANESE FOOD。東京の下町地域で食べられてきた「もんじゃ焼」もとってもおいしい日本食です。今回はもんじゃ焼きのお店が軒を連ねる東京の下町「月島」から、もんじゃ焼きの魅力とともに初心者にも安心の焼き方までご紹介します。

  FOODS & DRINKS, 東京,


東京下町のソウルフード

「もんじゃ焼き」食べたことありますか?日本人でも食べたことがない方が多いですよね。焼き上がりの見た目はちょっと変わっていますが、いろいろな味をみんなでワイワイ楽しめる美味しい日本食です。今回は「もんじゃ焼きの町」として知られる東京の下町は月島にお出かけしたので、その魅力をお届けしますね。

月島もんじゃストリート
月島もんじゃストリート

もんじゃ焼きの基本形は水で溶いた小麦粉に刻んだキャベツが入っています。それを鉄板で薄く焼いておこげをいただきます。もともとは駄菓子屋さんで子供のおやつとして食べられていました。けれど最近では食事として進化を遂げています。
見てください!使われているこの豪華な具材。美味しくないわけがありません。

もち明太チーズ
明太子が丸ごと1つ!もち明太チーズ

具材によっていろんな味を楽しめます

投入する具材によって味と食感が変わるので、いくつ食べてもあきません。和風の味が楽しみたいなら「もち明太」、ちょっとエスニックな味を求めるなら「カレーベビスター」。それからイタリアンなら「トマトチーズ」なんてもんじゃ焼きまであるんですよ。

カレーベビースター
カレーベビースター

50店以上もある月島のもんじゃ焼きのお店ですが、それぞれに個性のある具材のもんじゃ焼きを出しているので、自分の好みの具材を入れているもんじゃ焼き屋さんを探してみるのもおすすめです。えびが大好きなわたしは「甘えび」のもんじゃ焼きを出す裏路地の「来る実」さんにお邪魔しました。

月島裏路地
裏路地にも「もんじゃ焼き」のお店が

焼き方、お見せします

こちらが名物「甘えびもんじゃ」です!他にはないということで採用された甘えび

甘えびもんじゃ

さてさて、どうやって焼くのか見てみましょう!
まずはキャベツとえびを鉄板に拡げます(小麦粉液は残しておいてくださいね)

具材投入

具材をコテで刻みながら炒めます

炒め&刻み

一番大切な工程、炒めた具材で「土手」をつくります
「土手」のつくりが甘いと後で小麦粉液を投入したときに決壊しますよ

土手

小麦粉液を半分くらい流しいれます、ぐつぐつさせます
土手の周りに膜ができたら、残りの半分をいれます

流しいれ

この後、秘密の工程でさらに甘えびのうまみを注入・・・

平らに延ばして完成!

もんじゃ完成

小さいコテでジュっとしながら食べます、やけどしないでくださいね
ほんのり甘い上品な味がしました、もちろんえびの食感もします。

自分で焼くのはちょっと難しい気がするかもしれません。でも、大丈夫!お店の人に頼めば焼いてくれます(ちなみに甘えびもんじゃはお店の人にしか焼けません)。1枚目は焼き方をしっかり観察して、2枚目は自分で焼いてみるのも楽しいですよ。

ビール片手に、鉄板の上で分け合いながら食べる「もんじゃ焼き」。お互いの距離も縮まって、会話も弾むこと請け合いです。

関連記事

AUTHOR

Kumo

Writer / Translator

旅がすき、旅人もすき 露天風呂と美味しいお酒、それから楽しい人たちに出会いたい 英語で日本を語るべく精進の日々