明治の森にある、落差33mの壮大な『箕面大滝』

標高約100~600mの箕面市北部山地に広がる風光明媚な自然公園(国定公園)。幅5m、落差33mもある壮大な箕面の滝から森林を縫うような渓谷となっていて、一帯には980種もの植物や3,000種を超える昆虫が生息しています。大阪府の貴重な自然の森であるとともに、東海自然歩道の西の起点でもあります。四季折々の風情が楽しめ、春の桜、冬の樹氷や氷柱、そしてとくに晩秋の紅葉がたいへん美しい。箕面山は古くから山岳仏教の聖地で、役行者が開いたという修験道の根本道場・瀧安寺(箕面寺)などの古刹も見られます。




「大阪観光局」よりご提供

Map

Mino-Koen, Mino City, Osaka Pref.

関連記事

AUTHOR

Tadaima Japan Editorial Team