サムライや忍者の時代にタイムスリップ

目次

2015年5月1日 DESTINATIONS

出雲大社 参拝ルート いざ古代への入り口へ

出雲大社 参拝方法

年間200万人を超える参拝客でにぎわう出雲大社。意外と知られていない、正式な参拝方法をご紹介します。 1. 勢溜(せいだまり)に立つ木製の鳥居をくぐり、出雲大社参道に入ります。ここが出雲大社神域の入口です。(参道入り口のあたりを勢溜といいます) 2. 参道の途中、右手に小さな社があります。これは祓社(はらいやしろ)といって、心身を祓い清める4柱の祓井神(はらいどのかみ)が祀られています。まずはここでお参りし、心身を清めます。 3. 坂を下ると祓橋(はらいのはし)と呼ばれる太鼓橋があります。 そこから境内までは松並木になっており、樹齢数百年の松がお出迎え。 よく見ると参道は、松並木によって真ん中と両側の三つに分かれています。 参道の真ん中は神様が通られるので、端を歩くと言われていますが、ここ出雲大社も昔は中央の参道は神職の人や皇族のかただけで、一般の通行はできませんでした。 もちろん現在は一般の通行も可能です。 4. 入り口から徒歩で約5分ほど参道を歩き、境内の入口付近に行くと、右手にはここ出雲大社の主祭神、大国主大神と兎の像が見えてきます。 5. その像と反対側の参道の端には手水舎があり、ここで手と口を清めます。 1.柄杓を右手に持って水を汲み、まずは左手に水をかけます。 2.柄杓を左手に持ち替えて水を汲み、右手に水をかけます。 3.柄杓を再び右手に持ち、水を左手に受けて口をすすぎます。 (柄杓に直接口を付けてないように注意してください) 4.もう一度左手に水をかけ、最後に柄杓を立てて残った水で柄の部分を洗い清めます。 5.柄杓を元の位置に伏せて戻します。 6. 手を清め、境内へ向かうと、背後に八雲山、東方に亀山、西方に鶴山がそびえ、厳かにたたずむ社殿が見えます。 入り口には高さ6m、柱の直径は52㎝の銅鳥居が構えています。 毛利元就の孫の孫にあたる毛利綱広が1666年に寄進したもので、柱の銘文には「日神者地神五代之祖天照大神、月神者月読尊也、須佐之男命雲陽大社神也」と刻まれている事から、当時の祭神は須佐之男命であったことがうかがえます。 7. 鳥居を抜けると、1959年に新築された、戦後最大の木造神社建築である拝殿があります。 神社の礼拝は「二拝、二拍手、一拝」が一般的ですが、ここ出雲大社は「二拝、四拍手、一拝」と、独特の拝礼で行います。(拝はおじぎ) 手を合わす際、指の節と節をあわせて「節合わせ(不幸せ)にならないように、右手を少しずらすといいそうです。 8. そしてこの拝殿にかけられているひときわ印象的な大注連縄。 長さ6.5m、重さ1t。一般の神社の注連縄とは逆向きなのが特徴です。拝殿に向かって左手にある神楽殿には長さ13m、重さ4.5tという日本最大級の注連縄があります。 9. 拝殿の後ろに回ると八足門(やつあしもん)があり、本殿を正面から参拝できます。 一般の参拝はここまでとなります。 本殿と八足門の間には楼門があり、正月五カ日は八足門が開放され、この楼門前まで入る事が出来ます。 ※この記事の内容は、出雲のおすすめスポットを紹介するサイト、【出雲観光ガイド】の記事です。 出雲の観光の詳細はこちらhttp://www.izumo-kankou.gr.jp/ (日本語のみ) ●出雲大社 島根県出雲市大社町杵築東195 参拝可能時間/6:00~20:00 年中無休 アクセス:山陰道出雲ICよりR431を出雲大社方面へ。車で15分。 山陰道斐川ICよりR9を出雲市方面へ、県道28号線経由出雲大社方面へ。車で約30分 一畑電車出雲大社前駅より徒歩約10分 http://www.ichibata.co.jp/railway/ JR出雲市駅より一畑バス「出雲大社」、「出雲大社・日御碕」行きバス「出雲大社」バス停下車、徒歩約1分 http://www.ichibata.co.jp/bus/rosen/taisha.html Map 島根県出雲市大社町杵築東195

Read More

2015年1月28日 DESTINATIONS

敵からの攻撃に1か月も耐えた、難攻不落の名城『鶴ヶ城』

tsurugajyo

約630年前から続く、会津若松市のシンボル 福島県会津若松市にそびえるのは、約630年前に作られたという鶴ヶ城。正式には若松城と言います。 つくられた当初は、お城というよりも館程度の建物だったそうです。その後、7層にもなる天守閣が建てられました。その壁は黒く立派なものだったそうです。 1868年に起こった戊辰戦争の際には、1か月もの間会津勢が立てこもり、敵方が大変苦労したという話が残っており、「難攻不落の城」としても有名です。 その後老朽化した天守閣は取り壊され、1965年に鉄筋コンクリート製の天守閣が再建されました。 また、現在は天守閣のリニューアル工事を行っていますが、外観及び展望からの景色は通常どおり楽しむことができるそうです。   400年前の大地震に耐えた、天守閣の石垣 鶴ヶ城の石垣は、様々な年代のものが重ねられていることでも有名です。 最も古いのは、天守閣の石垣で、自然のままの形の石を積み上げています。傾斜が緩やかで、裾野が広いのが特徴です。 今から約400年前、この地域を襲ったマグニチュード6.9、震度6以上の地震がこの地を襲いました。民家2万戸が倒壊したそうですが、この石垣は崩れることはなかったそうです。 ただ無造作に積んであるように見える石垣ですが、先人の築城技術に驚かされます。       Map 福島県会津若松市追手町1−1

Read More

2016年6月24日 CULTURE  DESTINATIONS

100万人都市、江戸ってどんなところだったの?侍の時代を体感しよう! 【江戸東京博物館】

001EDOHAKU

侍に芸者、浮世絵から歌舞伎までよくよく耳にはするけれど、実際に江戸時代の人々の生活や文化のこと、どのくらい知っていますか?今回Tadaima Japanは江戸東京博物館を外国人旅行者と同館ボランティアガイドさんの案内で歩いてきました!

Read More

2015年12月29日 DESTINATIONS

博多にいるなら、不老長寿・商売繁盛、そして縁結びの神様、『櫛田神社』へ!

櫛田神社

みなさん、こんにちは!「ぶらぶら福岡」の永渕です。
博多っ子が初詣で行く場所と言えば、ここ!「櫛田神社」!こちらに奉納されている博多祇園山笠は、夏の風物詩として、とても有名なお祭りです。今回は昔から、「お櫛田(くしだ)さん」の愛称で地元の人に親しまれている、博多の守り神をご紹介します。

Read More

2015年12月3日 DESTINATIONS

伝説の池で恋占い!縁結びの聖地『八重垣神社』(島根)

八重垣神社

島根県松江市にある八重垣神社は「鏡の池」で出来る、鏡の池「縁占い」が大人気!八重垣神社は、良縁や子宝に恵まれるスポットとしても有名で、幸せになりたい人がたくさん訪れています。片思い中の人や、良い縁に恵まれたい人は必見の“縁結び”のパワースポットです。

Read More

2016年1月20日 DESTINATIONS

美しい外観が特徴!築城400年の彦根城

彦根城

日本の国宝に指定されている名城は全部で5つ。松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城。
今回はその中の彦根城について、ご紹介します。
天守ももちろんかっこいいのですが、いくつもの重文の櫓(やぐら)や玄宮園など見どころが満載です。二重の堀に囲まれた城壁がほぼ昔のまま残っており、まるで江戸時代にタイムスリップしたようなスポットです。またお城の周辺にはノスタルジックな町家風の商店街「キャッスルロード」もあるので、併せて散策を楽しめます。

Read More

2015年12月26日 DESTINATIONS

2016年11月までがチャンス!400年続いた日本の台所!『築地市場』の大満足ツアー!

マグロの解体の様子

NATSUKIの独自の視点で、変化する東京を紹介していきます!
今回は、日本の台所とも言われている「築地市場」。ここでは毎日、日本各地の魚介類や農産物がたくさんのトラックと共に運び込まれ、一般のお客様でもお買い物ができる市場として連日、日本人だけではなく、多くの外国人観光客の方もたくさん訪れる、言わずと知れた東京の看板スポットです!
そんな築地市場が2016年11月をもって閉鎖。移転してしまうという事で、最後のチャンス?かもしれないので、私、東京人が築地観光ツアーをご紹介したいと思います!

Read More

2016年2月1日 DESTINATIONS

2000年以上の歴史を誇る、聖地『戸隠神社』すべて回ってパワーアップ!

戸隠神社

創建から2000年以上の歴史を誇り、神道の聖地とも呼べる戸隠神社。奥社・九頭龍社・中社・火之御子社・宝光社の5社からなり、それぞれで違ったご利益が受けられます。全て回るには、歩いて約2~3時間。山道なので、体力に自信のない方は、叶えたい望みに効能のある社を選んで回ってみると良いでしょう。

Read More

2015年12月9日 DESTINATIONS

恋に悩んでいる方必見!紫式部も恋愛祈願していた『上賀茂神社』(京都)

絵馬

上賀茂神社は、別名、賀茂別雷神社といい賀茂別雷大神という神様を祀っています。
別雷とは、若雷という意味で、祀られているのは若々しく力に満ちた雷の神様ということになり、厄除•落雷除•電気産業の神様として信仰されています。

Read More

2015年8月21日 DESTINATIONS

ようこそ、歴史のまち博多へ!日本一のお茶「八女茶」を味わう!【福岡】

title_sakura

みなさん、こんにちは!「ぶらぶら福岡」http://burabura-fukuoka.jp/の永渕です。 この夏からスタートした、博多まち歩き「ぶらぶら福岡」。博多は2000年も前から中国と交流を深めていた歴史深い場所です。そんな福岡に訪れた観光客、とくに外国人の皆さんに福岡・博多の歴史・文化を体験してもらおうと、4つの“まち歩きコース”を用意しました。 今回はその中から「博多お寺めぐり」コースをご紹介します! 日本一のお茶「八女茶」を味わおう! まずはお茶の世界にご案内しましょう! 博多駅から歩いて10分ほどのところにある「博多茶くら」。ここは玉露茶で全国に名高い福岡県八女地方の八女茶の専門店です。ご主人の西さんが、お茶の種類や製法について、またおいしい煎茶の入れ方についてのセミナーを開いてくれます。 なんと!八女茶はお茶の品評会で玉露・煎茶の2つの部門ともに日本一に輝いている銘茶です。※玉露は日本茶の中でも最高位のお茶で通常飲まれるお茶は煎茶になります。 甘みと香りが強く、とても味わい深い、上質なお茶です!博多に来たら、駅からすぐですので、ぜひ立ち寄って、一度味わってみてください!おすすめです。 お茶屋さんに結納品? こちらのお店には豪華な結納品が展示されています。結納とは、将来的な結婚、すなわち婚約の成立を公にするために両家で贈り物を納め合う伝統的なしきたりです。地方により、贈り物や執り行う場所が異なります。 お茶屋さんに結納品があるというのは、日本でもここ九州北部の独特の文化です。日本茶の始まりが博多だったからとも言われています。もちろん「健康と長寿」を願うお茶も、博多では伝統的な結納品の一つです。 結納品はお祝いの席で用いられるものですので、見た目も鮮やかで、とても美しい!結納品はなかなか目にする機会がないので、店主西さんが語る日本の婚約・結納のしきたりを聞きながら、じっくり見てくださいね。 *博多茶くら 博多の繁栄を願い、作られた「博多千年門」 次にご紹介するのが、「茶くら」から歩いて5分のところにある、博多の寺社町エリアへと導くウエルカムゲート「博多千年門」です。 2014年3月に完成した、高さ8mの木造瓦葺の四脚門。実に堂々としたもので、細部まで綺麗な模様が施されています。じっくり眺めてくださいね! そしてこの木材、樹齢千年なんだとか!ぜひ触って、パワーを感じてください!! 「博多千年」「萬年正續」の二つの扁額が掲げられ、博多の町の千年・万年続く繁栄を祈っています。「萬年正續」の扁額は博多ゆかりの高僧聖一国師が約千年前に修行した中国の萬壽寺の現住職が書いたもので、千年にも渡る日中友好の証でもあります。 まるで庭園のような通り「承天寺通り」 周囲の「承天寺通り」は、車道を小川、歩道を遊歩道に見立てた歴史を感じる風情ある町並みです。とても静かで落ち着いた通りで、博多駅から近いこんなところに趣きある空間があるなんて本当に驚きです!着物を着て、ゆっくり散策してみるのも粋ですよ! ※この記事は「ぶらぶら福岡」からの寄稿です。  福岡に訪れた外国人の皆さんに福岡・博多の歴史文化を体験してもらう「博多まち歩き・ぶらぶら福岡」。外国人ガイドの手配や着物の着付けなどいろんなサービスを行っています。もちろん日本人の方も大歓迎です。 詳しい案内はこちら http://burabura-fukuoka.jp/ (日本語、英語、繁体字、簡体字サイトあり) Map 福岡市博多区博多駅前1-24-14

Read More

2015年11月1日 DESTINATIONS

博多のど真ん中!おすすめの『禅寺』を巡ろう!【福岡県】

承天寺

みなさん、こんにちは!「ぶらぶら福岡」の永渕です。 福岡・博多は京都・奈良に次いで神社・仏閣の数が多いって事をご存知ですか? 特に禅寺の数は群を抜いています。 その理由は、中世博多は中国との貿易港だった事と、黒田藩以降、城下町としても栄えた事に由来します。(武家の文化は禅宗です)特に禅寺が多い博多地区では、ミニ鎌倉散策の風情を楽しめます。都会のど真ん中なのにこの雰囲気。贅沢です!しかも、博多のお寺は拝観料が無料なんです!嬉しいですよね。 今回は博多まち歩き「ぶらぶら福岡」の「博多お寺巡り」コースをご案内しましょう。 A:石庭が人気の「承天寺」 当時盛んだった日宋貿易と共に、中国でブームだった禅宗を学んで聖一国師が、南宋出身の博多商人の援助を受けて、1241年に開山したのが承天寺です。 以来、博多の多くの禅寺が、中国との貿易で財を成した博多の豪商達の援助によって建立されました。 ここ承天寺には、“日本発祥”の地がたくさんあるんです。博多の代名詞とも言える夏の祭り「博多祗園山笠」や中国で製法技術を学んで伝えた「饂飩」や「蕎麦」、「饅頭」、「博多織」です。 また承天寺の近くには、「お茶の発祥の地」として知られる日本最初の禅寺・聖福寺や、「ういろう発祥の地」として知られる妙楽寺があるなど、最初に伝えられた場所が数多くあります。 「洗濤庭(せんとうてい)」と呼ばれる人気の石庭。砂は玄界灘を表し、その向こうが中国、方丈裏の日本庭園が日本と、承天寺が日本と中国の架け橋であったことを表しています。ライトアップウォーク期間中の11月19日(木)~23日(月・祝)だけ見ることができます。縁側に腰をかけて、ゆっくりとご覧ください。 珍しい唐風の作りの仏殿「覺皇殿」。その他境内には、元寇で沈んだ元船の「碇石」や、オッぺケペー節で有名な川上音二郎の墓もあります。 ●承天寺 住所:福岡市博多区博多駅前1-29-9 アクセス:地下鉄「祇園駅」から徒歩5分 シティループバス「ぐりーん」博多駅交通センターから徒歩10分 B:大仏と五重塔が人気の「東長寺」 806年に弘法大師空海によって開かれ、弘法大師創建としては日本最古の霊場。その後福岡藩黒田家の菩提寺となりました。五重の塔や福岡大仏(仏殿内)の他、「六角堂」、歴代藩主の墓所等が見所です。 2011年に完成した「五重の塔」。純木造総檜造りで美しい姿を見せています。一番の撮影スポットです。こちらには空海が持ち帰ったと言われる仏舎利(釈迦の骨)が納められています。 一番の見どころが1992年に完成した「福岡大仏」。残念ながら撮影はNGのため、写真はないのですが、高さ10.8m重さ30t木造の坐像としては日本一の大きさです。背面には五千体の小仏が祀られています。台座の中は「地獄極楽めぐり」のトンネルになっており、ミステリアスな気分が味わえます。 こちらは、福岡藩主黒田家墓所。禅宗独特の五輪塔の景観は鎌倉の寺院を思い出します。2代目藩主忠之の墓は何と日本で二番目の大きさだとか。 ●東長寺 住所:博多区御供所町2-4 アクセス:地下鉄「祇園駅」すぐ 電話:092-291-4459 OPEN:9:00~17:00 今回ご紹介したお寺のほか沢山の寺院がライトアップされる、博多の秋の風物詩「博多ライトアップウオーク2015博多千年煌夜」が11月19日(木)~23日(月・祝)に開かれます。幻想的な世界に包まれる博多に是非お越しください!詳しい案内はこちら ※この記事は「ぶらぶら福岡」からの寄稿です。 福岡に訪れた外国人の皆さんに福岡・博多の歴史文化を体験してもらう「博多まち歩き・ぶらぶら福岡」。外国人ガイドの手配や着物の着付けなどいろんなサービスを行っています。もちろん日本人の方も大歓迎です。 詳しい案内はこちら (日本語、英語、繁体字、簡体字サイトあり)

Read More

2015年11月12日 DESTINATIONS

日本は受験シーズン到来!学問の神様がいる『湯島天満宮』へお参りに行ってみませんか?

湯島天満宮

湯島天満宮は文京区湯島にある神社です。東京メトロ湯島駅から徒歩2分のアクセスにあり、毎年多くの参拝客が訪れています。創建は古く、雄略天皇2年(458)1月、雄略天皇の勅命により始めは天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社として創建されたとされており、その後住民の請願により今では学問の神として親しまれる菅原道真が勧請されました。

Read More

2016年2月6日 EVENTS

【2月/3月開催決定】大人気の名古屋おもてなし武将隊が浅草に参上!「サムライ・忍者ショー」

名古屋おもてなし武将隊

400年前より蘇りし武士集団「名古屋おもてなし武将隊」がお届けする、日本伝統文化の総合体験イベントが2月と3月に開催決定!

Read More

2016年2月8日 DESTINATIONS

“青い目をした近江商人”が活躍したまち、歴史保存地区近江八幡

八幡堀とヴォーリズ記念館

昔ながらの日本の風景 近江八幡といえば古くは羽柴秀次(豊臣秀吉の甥)が16世紀末に八幡城を築いて以来、大阪と江戸を結ぶ交易地として発展し、近江商人が活躍してきた由緒あるまちです。映画「るろうに剣心」のロケ地である八幡掘りや日牟礼八幡宮は重要な歴史遺産であり、このまちの伝統の長さを象徴しています。 しかし、近江八幡の魅力はそれだけではありません、、、100年以上前に海の彼方からこの地にやってきた一人の外国人の存在なくして、現在のこのまちを語ることはできないのです。 近江八幡のまちにやってきた外国人 1905年24歳の時にウィリアム・メレル・ヴォーリズはアメリカから海を渡って近江八幡の地を踏みました。キリスト教の宣教のためにやってきたヴォーリズさんでしたが、伝道師であることにとどまらず、経営者であり教育者であり作家であり建築家であり、さらには作曲家でもありました。リップクリームのメンソレータム(現在はメンターム)を初めて米国から輸入して販売したのも彼の設立した近江兄弟社なんですよ。 ヴォーリズさんは第二次世界大戦下に母国の敵である日本に帰化し、生涯をこの地で過ごしました。古い歴史を持つ近江八幡に多方面において西洋の息吹を吹き込むことに成功したのは、その並々ならぬ固い意志と温かい人柄があったからこそといいます。 彼の残した教育施設である近江兄弟学園のハイド記念館を見てきました。 近江八幡では他にも下記のようなヴォーリズ建築を見ることができます。 旧八幡郵便局(左上)、市立郷土資料館(右上)、近江兄弟社アンドリュース記念館(左下)、八幡商業高校(右下)、村岡邸、日本キリスト教団 近江八幡教会 牧師館など ヴォーリズさんの作品は目を瞠るようなものではありませんが、素朴で親しみやすい建物になっていると思います。全国で手がけられた建築にご興味がある方はこちらをご覧ください。 近江八幡のおいしいお菓子 この地を拠点とする有名なお菓子屋さんが「クラブハリエ」と「たねや」です。日本と西洋の文化が並列する近江八幡らしく西洋建築風の「クラブハリエ」と日本家屋風の「たねや」はお向かいさんどうしです。 「クラブハリエ 日牟礼館」でお茶とケーキを頂いてきました。残念ながらヴォーリズ建築部分「日牟礼カフェ特別室」は予約制のため入ることはできませんでした。それでも数々の建築を手がけたヴォーリズさんを偲ぶようなミニチュアのおうちを飾ったお庭と日牟礼館を窓越しに眺めながらいただくスイーツは格別なのでした。 日本と世界の“キョリ”はますます近づいています。そんな社会に生きる私たちは、100年ほど前から異なる文化が共存してきたこの柔軟なまちから学ぶところがあるのではないでしょうか。 近江八幡と国宝の城がある彦根は電車でわずか15分!お出かけの際はぜひ彦根も訪れてください。 Map 滋賀県近江八幡市宮内町

Read More

2015年2月9日 DESTINATIONS

禅とお茶と竹の庭『報国寺』で心落ち着くお茶のひととき

報国寺

  落ち着いた雰囲気が人気の鎌倉『報国寺』 報国寺は神奈川県鎌倉市にあるお寺です。東京駅からJR横須賀線直通 約60分、品川駅より約50分で到着するので都内からのアクセスも良く、落ち着いたデートがしたいカップルにデートスポットとして人気を得ているほか、周辺には他にも多くの歴史的寺院や高徳院の巨大仏像など観光スポットが多いため観光客も多く訪れています。     入り口で抹茶チケットを忘れずに購入しよう 報国寺は見どころの竹の庭を拝観するのに200円、そしてお寺の奥には休耕庵という茶席があり、そこで抹茶をいただくことができます。ここでお茶をいただくには入り口で500円の抹茶券を購入しておく必要があります。せっかくここまで来たのなら、抹茶は是非とも試していただきたいポイントです。美しいお庭を見ながらの抹茶はなんだか心が洗われる気がします。   かわいらしい砂糖菓子をお供に気軽に抹茶を楽しんで 抹茶が出される茶道では、お茶は3口以内に飲まないといけないなど飲み方に細かいルールがあったり、お菓子を食べるタイミングも決められていますが、ここではもっと気軽に抹茶を楽しむことができます。思い思いに抹茶を楽しんでみてください。土日は混雑することが多いので平日の朝を狙って心落ち着く静かなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。 ■ウェブサイト (日本語) http://www.houkokuji.or.jp/index.html (英語) http://www.houkokuji.or.jp/english.html   Map 神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目2-7-4

Read More

2015年12月1日 DESTINATIONS

わずか40センチ!岩の間を通らないとたどり着けない!?神秘の『韓竃神社』(出雲)

韓竈神社

島根といえば縁結びの神様がいる「出雲大社」が有名ですが、地元で古くから「かんかまさん」と呼ばれ親しまれている古い神社「韓竈神社(からかまじんじゃ)」があります。
「からかま」とは朝鮮から渡来した「釜」を意味し、鉄器文化との深い関係があるとされています。

Read More

2015年12月2日 DESTINATIONS

戦闘仕様の勇ましい『松本城』(長野県)

松本城

気高き漆黒の松本城! 5重6階の天守は日本最古で、戦国時代の当時のままの天守が保存されています。 漆黒の松本城は別名「烏城」とも呼ばれ、とても勇敢な外観をしており人気が高い城の一つです。特に冬、雪が積もったときは、黒と白のコントラストが際立ち、綺麗だと評判です。 天守閣に入るまでに1時間ほど並びますので、時間に余裕を持って早めにお出かけしてください。夏休みや5月初旬のゴールデンウィークなど混雑時は4時間待ちになる時もあるそうです。 では少し天守内部をご紹介します。 軍事的にも優れた城 松本城は見た目がかっこいいだけでなく軍事的にもとても優れたお城なんです。美しく豪華に見せることよりも戦いに勝つことを最優先に考えられて作られました。窓が少ない代わりに、矢挟間(矢を放つための小窓)、鉄砲挟間(鉄砲を撃つための小窓)、石落とし(石垣を登ってきた兵に石などを落とす出窓のようなもの)などがたくさんあり、攻撃力はもちろん、防御力も備えた戦闘仕様の造りとなっています。 当時のこだわりなど細部を見ながら、内部を見学すると、400年前にタイムスリップした感覚になります。 内部には工夫がたくさん 天守内部は暗くて、柱がとても多いです。 1階は食料・武器・弾薬の倉庫だったようです。 3階には一切窓がないのが特徴で、ここは、作戦部屋として使われていました。外から見ると5階建てなのですが、実は6階建て。ここに秘密があったのですね。外からは存在がわからないため「秘密の部屋」とも言われています。 4階は城主が過ごすために設けられた部屋でとても明るくなっています。 5階は重臣たちが集まり重要な話し合いをしていたのだとか。 最上階は展望台となっています。 各階の役割がとてもわかりやすいので、こういった違いを見比べながら見学するのも楽しいですね。 日本一急な階段! 7つある階段のうち4階に設置されている階段は、日本で一番急な階段として有名で、その勾配は61度だとか。これも1分1秒でも敵の侵入を遅らせたいという思いがこの不自然なまでの勾配を作り上げたと考えると感慨深いものがあります。 この階段、上るときも注意が必要ですが、降りるときがとても危険です。ゆっくり慎重に進んでくださいね。女性の方はスカートよりズボンを履いていくことをおすすめします。 松本城公園内には松本市立博物館があり、松本城の歴史や松本の暮らしなどがより詳しく紹介されています。この施設は松本城の観覧券を掲示すれば、無料で入ることができますので、ぜひ立ち寄ってみてください 松本に行ったら、蕎麦がおすすめ 松本城見学のあとは、城下町散策がおすすめ!昔の町並みがそのまま残り、玩具や古民具・骨董のほか、駄菓子や飲食などたくさんの店舗があります。またここ長野は蕎麦どころとしても有名で、たくさんの蕎麦屋さんを目にします。麺の細さ、色、つゆの味など人によって好みが違うのでいろんなお店を食べ歩きしてみるのもおすすめですよ。私もお昼と夜、お蕎麦を食べました! お蕎麦の食べ方はこちらの記事で紹介しています。 Map 松本市丸の内4番1号

Read More

2016年1月8日 DESTINATIONS

貴族が夢見た極楽浄土。京都宇治『平等院』

平等院

1052年、藤原頼通が父 道長より譲り受けた別荘を仏寺とし、平等院とする。翌年には鳳凰堂を造立し阿弥陀如来を安置。1994年古都京都の文化財の一つとして世界遺産登録されました。2012年9月より、行われた鳳凰堂の修理も2014年に完了し、平安時代に使われていた伝統的な丹土という赤色で塗り直された美しい景観がよみがえりました。

Read More

2015年7月1日 DESTINATIONS

大阪城に隣接する『大阪歴史博物館』 1350年超の歴史を体感!

titile_Osaka-Museum-of-Hist

1350年余りの歴史を刻む難波長柄豊崎宮跡の上に、NHK大阪放送会館と共同で建設されました。遺跡を保存・活用し、40年間大阪城の本丸にあった大阪市立博物館を継承し、大阪の歴史を研究・紹介していくために2001年に開館。地下に難波長柄豊崎宮の遺構/2階に歴史に関する情報を集めた「なにわ歴史塾」/6階に特別展示室/10~7階にかけてグラフィックや映像、情報端末などで大阪を4つの時代・角度から紹介する常設展示室。とくに10階の展示会では、直径70cmもある朱塗りの円柱が立ち並ぶ奈良時代の難波宮の大極殿を原寸大に復元しており、見応え十分です。


Read More

2015年8月11日 DESTINATIONS

歴史好きなら絶対訪れたい!日本100名城に選ばれた『広島城』

title_hiroshimajo

広島市に位置する広島城は日本100名城(2006)に選ばれた有名な、歴史あるお城です。敷地は広大で城全体が「広島城址公園」となっており、空爆によって崩壊した大天守の中では歴史博物館として開かれています。

Read More

2015年6月2日 DESTINATIONS

沖縄がまだ琉球ですらなかった時代の残り香が漂う『今帰仁城跡』

nakijin castle

2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産に登録された今帰仁城跡 今帰仁城跡は、小高い丘の上に築かれた広さ4ヘクタールの広大な敷地を誇る史跡です。美しい海をバックに、堅牢な城郭が伸びる壮観な風景を見ることができます。 しかし、ただ「石垣がかっこいいな」「きれいな景観だな」で終わってしまうようでは、今帰仁城を満喫したとは言えません。なぜならここは、本土とは全く違う沖縄の歴史を感じられる貴重な場所だからです。 せっかくですので、沖縄の歴史を少し勉強して今帰仁城跡を120%楽しみましょう。ただ美しいだけだった景観が、ノスタルジックで感慨深いものに変わるはずです。 三つの大国が1世紀にも渡り、にらみ合いを続けた時代 14世紀の沖縄は北山王国、中山王国、南山王国という三つの大国が覇を争う時代でした。今帰仁城は、そのうちの一つである北山王国の主城とされていた場所です。15世紀になると、北山王国は後の琉球王国国王である尚巴志に滅ぼされますが、今帰仁城はその後も北部を治める重要な拠点として利用され続けました。 歴史を知ったうえで今帰仁城を見てみましょう。山を囲うように高さ8mの城壁が、1.5kmにわたり蛇行してそびえ立ちます。また、入り口である正門と裏門は非常に小さく、進入するのは非常に困難。専門家でなくとも、この城を攻略するのが至難の業だということが実感できるはずです。 さて、北山王国を滅ぼした尚巴志は、この難攻不落の城をどのように攻略したのでしょうか。それは、非常にシンプルな方法でした。北山王の側近を賄賂で寝返らせ、志慶真門から攻め入り陥落させたのです。どれほど立派な物を作っても、使うのは人だというのは、今も昔も変わらないのかもしれません。 観光の際に、少し注意が必要なこと 写真からもお分かりいただけると思いますが、観光の際にはたくさんの坂を上ることになります。加えて、舗装されていない道や、木の杭が出っ張っている場所もあるので、観光の際には少し気を付けて歩くようにしましょう。 また、今帰仁城は日本一早く咲く「カンヒザクラ」の名所としても人気があります。しかし、1月頃に咲き始め、2月には既に花が散ってしまいますので、お目当ての方は確認してから行く方が無難です。これらに注意して、今帰仁城を満喫してくださいね。 Map 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101

Read More

2015年6月16日 DESTINATIONS

琉球王国時代からの現代まで続く聖地「玉城城跡」

Tamagusuku Castle Remain

標高約180メートルの天然の要塞に築かれた城跡。急な階段を上ると、石灰岩をくり抜いた印象的な円形の城門があり、ここからは久高島や沖縄本島の中南部が一望できます。当時から現在に至るまで聖地を巡る「東御廻り(あがりうまーい)」の拝所の1つとして参拝者が絶えません。

Read More

2015年6月19日 DESTINATIONS

世界に誇れる日本のお城『秋田城跡』

akitajo

「城柵」それは日本で最も古い城 秋田城のような日本で最も古い城のことを「城柵(じょうさく)」と言います。この城の特徴は「城」とは言いながらも、王や王妃がいないことです。 秋田城は8世紀(733年)の初め頃、日本海に近い秋田県のこの場所に作られました。ここにいた人達は、主に国の役人の人達で今でいう市役所や区役所の職員の人達と外国から日本と貿易をするために来日した今でいう大使など外国の高級官僚の人達でした。この秋田城では外交官の人達をもてなしたり、北海道や青森県、秋田県の地域から送られてくる服従の気持ちを表す品々とそれに対するお返しの交換がされました。 カラフルな築地塀(ついぢべい)からタイムスリップ!? 秋田城跡は迎賓館と蝦夷と呼ばれる、日本の北方で狩りをしながら生活する人達を管理する官公庁の役割を果たしていました。 現在の青森県や北海道は、8世紀の当時まだ未開の地で、そこに住む人々は国が作った建物をまだ見たことがありませんでした。そこにこの長く続く黄土色の壁と赤い柱と黒い瓦と白い漆喰でできた門を持つ建物が現れたら、当時の蝦夷達は国の力の大きさと技術と造形の美しさにただただ、驚いたことでしょう。是非あなたも1300年前のカラフルな役所に驚嘆して下さい! 1300年前の水洗トイレ!?最先端のおもてなし 秋田城跡には、日本で最も古い水洗トイレの一つがあります。1300年前の水洗トイレは現代の技術によってきれいに復元されています。水洗トイレの復元跡に入ってみると昔のトイレも現代と同じく、3つの個室に区切られ、現在のまたぐ水洗トイレと同じ内装になっています。 トイレの内側も現代の公衆トイレと遜色ないほどの出来栄えです。 さらに驚くべきことに、この水洗トイレを科学的に調べた結果、この水洗トイレはゲスト用の設備として作られたことがわかっています。 想像力を呼び起こす日本の復元建築 この秋田城は、最新の研究成果をもとに現代によみがえった歴史的建造物です。壁や柱の色は当時のものを忠実に再現したものです。門扉の前に立てば、そこから昔の役人が出てきそうな雰囲気さえあります。また、このトイレを使った外交官は日本滞在の快適さに驚いたことでしょう。こんな想像が溢れてくるほど復元された秋田城は魅力的です。 是非一度、秋田城跡にお越しください。 Map 秋田県秋田市寺内焼山9-6

Read More

2014年12月29日 DESTINATIONS

日本を代表する縁結びの神様、『出雲大社』で初詣

izumotaisha

  日本最古の神社 縁結びの神様として知られる大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をまつる出雲大社。712年に書かれた日本最古の歴史書といわれる「古事記」にその創建が記されているほどの古社。 広さ約2万7000平方メートルの境内には、国宝の本殿を中心に拝殿、摂社8社、末社3社、文庫、宝庫、彰古館などが建ち並んでいます。現在の本殿は1744年に建立。高さ24mで、白木を用いた日本で一番古い神社建築様式でもある大社造りの代表建築です。 本殿西にある神楽殿。ここにはなんと長さ13m、周囲9m、重さ5tという日本でも最大級のしめ縄が有名です。     気持ちを込めて、良縁祈願! 良縁で有名な出雲大社ですが、「良縁」とは男女の縁のことだけではないんです。 「子宝」の縁、「お金」の縁、「仕事」の縁・・・全ての良縁がここ出雲大社にはあるのだとか。 なので、既婚者も恋愛には興味のない方もぜひ訪れたいパワースポットです!   参拝の仕方を覚えて行こう! 一般的には「2礼2拍手1礼」ですが、出雲大社の正式な参拝作法は「2礼4拍手1礼」で行います。 賽銭を入れ90度の礼を2回。その後、4回手をたたき、手を合わせ、お願い事を伝えます。そして、最後に再び90度の礼を1回すれば終了です。 本殿の前でしっかり自分の思いを神様に伝えましょう。 素敵なご縁に恵まれた2015年を送れるよう、出雲神社へ初詣にお出かけしてはいかがですか。   参拝ルートの詳細はこちらをご覧ください。 Map 島根県出雲市大社町杵築東195

Read More

2015年1月12日 DESTINATIONS

赤城山の頂にそびえる神聖な『赤城神社』

akagi

山岳信仰に由来した神社 群馬県前橋市にある赤城神社は、赤城山の山頂標高1300mに鎮座する荘厳な神社です。大きな自然の中に囲まれながら、目の前に広がる大沼の湖と美しく映える朱い橋を見ればその神聖なエネルギーに誰もが癒されるでしょう。赤城神社は古来から人々が信仰してきた赤城山と湖、そして赤城大明神が奉納されています。 【Photo by Yuri Suzuki】 願掛け緋鯉に願いを託して・・・。 赤城神社には、古来から湖に願いを託した緋鯉を放流し、成就のあかつきには再び緋鯉を奉納する信仰があります。そのため昔から人々は鯉に餌を与え丁重に扱ってきたのだそうです。一般の参拝者も境内で餌を購入し、橋の下にいる鯉に餌をあげることができます。でも決して釣ろうなどと思わないでくださいね!重い病気や苦しみからの回復を託された鯉を釣ってしまうと、「祟り鯉」と呼ばれ、その災難を被ることになってしまいますので要注意です。 女性の願いが叶うパワースポット神社 赤城大明神に召された女神赤城姫にお参りすると、女性の願いをかなえてくれ、また美しい子供を授かることができるとされてきました。安産や交通安全、学業成就、商売繁盛などの願いを山と湖の神様である赤城大明神に御祈願してもらうこともできます。赤城山は登山初心者にも上りやすい山なので、天気が良ければ車ではなく登山で行くこともおすすめします。何はともあれ、是非この絶景をお見逃しなく。 Map 群馬県前橋市富士見町赤城山 4-2

Read More

2015年10月19日 DESTINATIONS

広がる緑と静けさに守られた日本屈指の名社『香取神宮』【千葉】【映像あり】

香取神宮

ここは、全国約400社ある香取神社の総本社です。
12万3000㎡もの広大な敷地を有する香取神宮。日本に伝存する最古の正史「日本書紀」に登場する「経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が祭られた日本屈指の名社です。千葉県の北側である香取市にあり年間200万の人が訪れます。

Read More

2015年9月7日 DESTINATIONS

海に浮かぶ幻想的な大鳥居を見に行こう 『厳島神社ライトアップ』

厳島神社夜景

夕食の後、夜の厳島神社を見に行こう 今夜は宮島にお泊りですか? そんな方にぜひお勧めなのが、夜の厳島神社です。 昼間の厳島神社や、干潮時の大鳥居を見たときは、多くの観光客でにぎわっていましたが、今はとっぷり日も暮れて、人もまばら。 日中のにぎやかな雰囲気が嘘のように静かで、波の音だけが聞こえてきます。 私たちは、旅館で夕食を食べた後、ライトアップされている厳島神社を身に、足を運んでみました。 幻想的な大鳥居は必見! なんといっても美しいのは、海に浮かぶ大鳥居。ライトに照らされた大鳥居が、さらに海面に映し出され、とても幻想的な光景を見ることができました。この美しさに導かれ、たくさんの神様が舞い降りてきているのではないかと思うほどです。 ここでもしばらく見とれてしまいましたよ。 旅館でお食事の後は、ライトアップを見に、お散歩に出ることをお勧めしますよ。 街の明かりと大鳥居、月と厳島神社、水面に揺れる大鳥居・・・その魅力ははかり知れませんね。 ライトアップは、日没から23時ごろまでほぼ毎日行われています。 もちろん、宮島に宿泊をしない方でも、ライトアップを見ることはできますよ。ただし、帰りのフェリーの時間だけは事前にチェックしておきましょう! Map 広島県廿日市市宮島町1-1

Read More

2015年10月3日 DESTINATIONS

紅葉を満喫!恋の願いの叶う山『竈門神社』【福岡・大宰府】

IMAG3151

福岡県筑紫野市と太宰府市の間に標高829.6mの宝満山という山があります。この山は古くから「御笠山」の愛称で知られ、今でも縁結びのパワースポットになっています。また、この宝満山は九州自然歩道の一部にもなっており、プロ・アマ問わず最近ブームの山歩き愛好家の散歩道にもなっています。2013年10月鳥海山(東北地方)、富士山(東海地方)に次いで全国で三番目に国の史跡に指定されました。

Read More

2015年8月28日 DESTINATIONS

世界にも類を見ない、海に浮かぶ神秘の神社 広島『厳島神社』

itsukushima08

厳島神社は広島県宮島にある由緒正しい神社です。1500年ほどの歴史があると言われています。厳島神社では宮島全体を御神体としています。そのため海に大きな鳥居が建っています。また、国宝に指定されている平家納経をはじめとして多くの文化財があります。1996年世界文化遺産に認定されました。

Read More

2015年5月27日 DESTINATIONS

特集:世界遺産に登録されている『斎場御嶽』-琉球時代に思いを馳せ、祈りを捧げる

Utaki

斎場御嶽(せーふぁうたき)とは? 斎場御嶽は沖縄県南城市にあります。御嶽とは南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で斎場御嶽は琉球開闢伝説にも現れる琉球王国最高の聖地とされており、琉球王国時代、国家的な行事に「聖なる砂」を神の国久高島から運び入れてここ斎場御嶽に敷き詰めていました。斎場御嶽では今でも琉球王国の聖地巡礼の行事を今に伝える東御廻り(アガリウマーイ)の参拝地として多くの人々に崇拝されている神聖な場所です。 敬意を払い、斎場御嶽へ「お邪魔」しましょう 斎場御嶽は原則男子禁制の聖地でした。琉球国王でさえ、入場するときは特別な許可を得たと言われています。緑が青々と生えるこの神聖な場所は世界遺産登録されたことで一気に入場者が増えました。しかし、ここはただの観光地ではなくもとは祈りを捧げる場所。聖域にお邪魔させていただくという気持ちで、身なりをしっかり整えて敬意を払いましょう。 御門口ではまず、自己紹介をしてみましょう 入り口の参道に入ると、6つの香炉が場内の聖域の分身としてあなたを迎えます。そこで声に出して自分の名前を言ってみましょう。御嶽に入る事は神聖な領域に入るという事で、人のうちにお邪魔させて頂くことと同じです。そして、名字を名乗る事であなたのご先祖様も御嶽につれてくる事ができると考えられています。 琉球王国の聞得大君に思いを馳せる 斎場御嶽の最初の拝所は大庫理(うふぐーい)です。大きな石がずしんと腰を下ろすかのようにして鎮座しています。この場所では沖縄で古くから信じられてきた女性の霊力に対する信仰をもとにした「おなり神」の最高位である聞得大君を神女たちが祝福し、琉球王国の繁栄を願ってきました。この聞得大君は琉球王国最高位の権力者である国王と、王国全土を霊的に守護するものとして崇められてきた存在です。聞得大君は琉球王国の神事を担う、大変重要な存在でした。パワースポットとしても注目される斎場御嶽、霊力の高いこの場所には何か感じるものがあるかもしれません。 Map 沖縄県南城市知念久手堅

Read More

2014年12月1日 DESTINATIONS

古代日本人にとっての理想の楽園『那谷寺』

natatemple

古代から続く自然崇拝と仏教の融合。那谷寺は自然との調和を大切にするお寺です 那谷寺は石川県JR加賀温泉駅からタクシーで15分、またはキャンバスというバスに乗って25分で到着します。来る2017年には開創1300年となる歴史のあるお寺です。 那谷寺の横にそびえる白山はもともとその美しい山容のために人々から優麗な女神の住む山として神聖視され、信仰の対象となっていました。その白山に登り、白山の神が十一面観音と同じ神であることを感得した泰澄法師によって717年にはじめて開かれたのが始まりです。仏教の寺院であるにもかかわらず、縄文時代から続く日本の自然智の信仰と融合した形で存続してきたという稀有な歴史を持つお寺です。 日本の四季を楽しもう!いつ見ても美しい庭園は「奇岩遊仙境」が見物 「奇岩遊仙境」は太古の海底噴火の跡だと言い伝えられてきました。まるで山水画のようなこの美しい風景に、古代の人々は生まれ変わったらこのような景色とともに過ごしたいと願っていたそうです。1200年以上人々の理想の楽園として存続してきたこの風景は、現代に生きる私たちが見ても心動かされるものがあります。 本殿の堂内を一周して清く生まれ変われる!?「胎内くぐり」を体験しよう! 現代に生きる私たちと違い、縄文時代の日本人は主に狩猟によって生命を維持していました。そのため古代の人たちの宗教観には、命を殺めることの罪や穢れを母の胎内に見立てた洞窟をくぐり抜けて清め、白山のような清らかな人間としてまた胎内(洞窟)から生まれ変わることを祈る気持ちがありました。 本殿は洞窟内にあるので、堂内を一周すると「胎内くぐり」を経験することができます。 日頃のストレスや悩みもこの「胎内くぐり」をすれば浄化されるかもしれませんね。那谷寺に来た際はぜひお試しあれ。 ■料金  拝観料 大人600円、 小学生300円、 幼児0円 、障害者手帳の表示で300円(重文書院/庭園の拝観は大人のみ+200円) Map 石川県小松市那谷町ユ122

Read More

2014年7月30日 DESTINATIONS

伊勢神宮へお参りしてみましょう~内宮編~

日本人の総氏神「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀る「皇大神宮(こうたいじんぐう)(内宮)」 外宮の次は、内宮にお参りしましょう。外宮から内宮へは、バスかタクシーで15分程度です。 手水舎で清めたら、ご正宮に向かってください。ここに神様が祀られています。 お参りは、お賽銭を入れ、「二拝二拍手一拝」と言って、二度の最敬礼をしたのち、二度手を打ちます。最後にもう一度最敬礼をするのが作法です。 伊勢神宮は、日本全国にたくさんある神社の中で、昔から特別な神社として敬われてきました。正式名称は「神宮」と言い、三重県伊勢市とその周辺にある125のお社の総称でもあります。 伊勢神宮では、年間で約1,500ものお祭りが行われています。中でも20年に一度、神様が新しい社殿にお引越しをする「式年遷宮」は、とても大きなお祭りです。最近では、2013年に行われ、日本国中でも大きな話題になりました。 まだできたばかりの真新しい正宮を見に来てみませんか。 内宮はとても広いです。しっかりと長時間歩くつもりでお参りするのがよいと思います。 2013年の式年遷宮があったためか、観光客が多くにぎわっていました。 早朝の伊勢神宮のお参りがとてもすがすがしくてよい、と友人から教えてもらいましたので、今度は朝早く行ってみようと思います。 Map

Read More

2015年7月1日 DESTINATIONS

1300年の歴史を誇る大阪『勝尾寺』で勝運を授かろう!

title_Katsuoji

仏法の祈願力には時の朝廷の権力も及ばないといわれたことから、王に勝つ寺「勝王寺」と号されました。後に王の字を尾に控え、以来「勝尾寺」と号されています。各時代の覇者が勝ち運を祈り、勝ち運信仰の歴史を辿っています。


Read More

2014年7月29日 DESTINATIONS

伊勢神宮へお参りしてみましょう~外宮編~

衣食住、産業をつかさどる食物の神様「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」を祀る「豊受大神宮(外宮)」 三重県伊勢市に、伊勢神宮はあります。 伊勢神宮は、天照大御神をお祀りする「内宮(ないくう)」と豊受大御神をお祀りする「外宮(げくう)」のふたつから成ります。この両方をお参りするのが、正式な伊勢神宮のお参りです。 ここではまず、外宮を紹介しましょう。お祀りしている豊受大御神は、お米のほか、衣食住の恵みを与える産業の守り神です。 お参りの仕方は、外宮も内宮もほぼ同じです。まずはそれぞれの神様が祀られているご正宮にお参りしましょう。 参道の真ん中は神様の通り道ですので、はじを歩きます。 鳥居をくぐる前には、軽く一礼をしましょう。 手水舎は、参詣者が手や口をすすいで清めるところです。作法は少し、難しいですよ。  ・右手で柄杓をもって、水を一杯すくいましょう  ・左手に少し水をかけて、清めます  ・左手に柄杓を持ち替えて、右手に水をかけて清めます  ・また右手に持ち替えて、左手に水をすくって口をゆすぎます  ・もう一度左手を清めます  ・最後に柄杓を垂直にして、持っていた柄の部分に水をかけて清めます 覚えられましたか? お参り方法の続きは、内宮編でお話ししましょう。 伊勢神宮をゆっくり見たいなら、1日時間を取った方がよいでしょう。 神社にお参りするときは、いつも身の引き締まる思いがするものですが、伊勢神宮の場合は、いつにも増している感じを受けました。神様がいる場所に来たな、という感じです。 外宮は、伊勢市駅から歩いて10分ぐらいですので、まずは外宮からお参りするといいと思いますよ。 Map

Read More

2014年9月22日 DESTINATIONS

江戸・東京を守り続けてきた神田明神で、『獅子舞おみくじ』を体験!

omikuji_01

江戸の地に鎮座して約1300年。東京を見守り続ける『神田明神』 日本へ観光に訪れる方々に人気のスポットとして、常に上位にあるのが「神社・仏閣」。その土地の歴史や文化に触れることはもちろん、建造物や庭園の美しさを目にすることが好きという方も多いでしょう。東京では、縁結びや商売繁盛のご利益があるという『神田明神』も観光名所のひとつです。 朱漆塗りの御社殿だけじゃない! 絶対に見て、体験したい「獅子舞おみくじ」 神田明神といえば、目にも鮮やかな総朱漆塗りの美しい社殿がよく知られていますが、見どころはそれだけではありません。神社につきものの「おみくじ」、こちらにはちょっとユニークな「獅子舞おみくじ」があります。お金を入れてボタンを押すと、獅子舞がお囃子の音に合わせて舞いながら、おみくじを運んでくれるというユニークなもの。外国人向けに英文で書かれたおみくじもあるので、気軽に楽しめるでしょう。 守護獣「狛犬」はこんなところにも!? あちらこちらを探してみよう 神社といえば、門や社殿の両脇に、左右一対で向き合う「狛犬」の像を見かけると思います。神田明神の狛犬は珍しく、正面向き。しかも筋肉がどっしりとついた、たくましい姿なのが特徴的です。さらに御社殿に向かって右手には、関東三大獅子の一つとして奉献された「獅子山」が、また社殿の柱にも狛犬が……? 神田明神に訪れた際は、他の神社よりも多くの場所に配されている珍しい狛犬のこともぜひ、探してみてください。 Map

Read More

2015年3月6日 DESTINATIONS

伊勢神宮に来たら絶対見逃せない!伊勢神宮外宮~『おかげ横丁』散策が楽しすぎる!

okage_06

「おかげ横丁」散策への道は伊勢市駅に始まる 三重県といえば伊勢神宮、というほどあまりにも名の知れた伊勢神宮。ここは全国に1万8千社ある神明神社の総本社であり、至高至貴神社として全国の神社の本宗として仰がれているとても神聖な場所なのです。TadaimaJapanでも伊勢神宮の外宮と内宮の紹介をしているので興味のある方は過去記事を是非見てみてください。 →外宮について →内宮について それでは出発です。 まずは伊勢市駅で降りて、まっすぐ歩いたら外宮にたどり着きます。 神社に入る前は手水舎で手と口を洗い、身を清めます。 詳しい参拝の方法はこちらの記事をチェック! 鳥居をくぐって・・・   外宮は適度な広さで、生い茂る緑を眺めながらのお散歩がとても楽しい。   早朝に行くと混雑を避けてゆっくりと参拝できるのでおすすめです。   今度は外宮を出て、バスで内宮へ移動します。揺られること10分程度、内宮前で下車すると、目の前にはなにやら面白そうな商店街が。これが伊勢神宮名物「おかげ横丁」です!   着くなり早速腹ごしらえです。 やっぱり伊勢に来たら食べておきたい「伊勢うどん」 太麺でもちもちしていて食べごたえがありました!すこし甘い醤油が食欲をそそります。食事というよりおやつのような感覚で食べられるうどんです。 ここに来たら食べ歩きしかないというくらい、おいしそうなお店がずらりと軒を連ねています。そしていろんなお店が試食をさせてくれるのでそれだけでもお腹が膨れてきました。 こちらはインパクトのある干物屋さん!エイの顔が怖すぎです・・・。「クワッ!」とこっちを見ています。 ここでも、干物を焼いてその場で試食させてくれるので店内はお客さんでいっぱい! お腹が膨れてきたところで今度は甘酒を買ってみました。 甘酒にしょうがを入れて飲むとおいしいって知ってましたか?味にアクセントがついてちょっと大人な甘酒になるんです。 食べ過ぎたのでしばし休憩・・・。 ねこも休憩してました・・・。 おかげ横丁の建物は江戸から明治にかけて伊勢路の主要な建物が移築・再現されていて統一感があり、三重の名産品や風情まで一度に堪能できるのでおすすめです。 コンビニだって日本家屋仕様、さすがです。 おみやげを買える場所もありすぎるほどたくさん! 紹介しきれないほどの魅力がたっぷりなおかげ横丁。伊勢神宮に訪れた際は是非立ち寄ってみてください。今回紹介していない内宮についてはこちらの記事もチェックしてみてくださいね。 【writer wasabi】 Map 三重県伊勢市宇治館町1

Read More

2015年8月3日 DESTINATIONS

外国人の人気観光スポット№1!『伏見稲荷大社』元巫女の私がご案内します。

千本鳥居top

日本全国に稲荷神社が、30,000社あるといわれています。
稲荷大社は、稲を祀る神、つまり五穀豊穣の神社として老若男女に親しまれています。
伏見その稲荷神社の総本宮が、京都伏見にある伏見稲荷大社です。

Read More

2015年9月20日 DESTINATIONS

鎌倉ぶらり散歩(1) 境内の湧水でお金を洗うと何倍にも増える!?金運アップのパワースポット『銭洗弁天』

銭洗い

鎌倉幕府の始祖・源頼朝は、長い戦乱で庶民が苦しい生活をしているのを憂いていました。ところが文治元年(1185年)の巳の月の巳の日、「ここから西北の仙境で湧いている福水で神仏を祀れば、世の中は天下泰平に治まる」という、宇賀神からの夢のお告げを得たのです。翌日、その霊泉を見つけた頼朝公はここに宇賀神を祀る社を建立し、お告げどおりに祈ったところ、世の中は平和になり、庶民の生活も改善したというのが「銭洗弁天」の起源です。

Read More

2015年10月1日 DESTINATIONS

鎌倉ぶらり散歩(2) 鎌倉の人気観光スポットNo.1!開運パワーに満ちた『鶴岡八幡宮』

鶴岡八幡宮

鎌倉の街を体現する神社。鎌倉はこの神社から発展を遂げました。 古都・鎌倉には歴史的観光スポットが数多くありますが、長谷の大仏と並んで一番有名なのがココ、「鶴岡八幡宮」です。 鶴岡八幡宮は1180年にこの地に遷座されて以来、鎌倉武士の守護神として厚い信仰を集めてきました。 もともと鎌倉はこの神社を中心に据えた都市計画によって形成された街なんです。 出世運に子宝、縁結び…。不思議なパワーに満ちた、鎌倉きってのパワースポット! 「八幡宮」とは武神と言われる応神天皇(おうじんてんのう)を主神に祀った神社のことで、この鶴岡八幡宮も武運の神様として全国の武家から崇敬を集めてきました。 そのため、この神社は出世運や仕事運、勝負運にご利益があると言われていて、多くの武将たちも戦勝祈願に訪れた場所なんです。 仕事運・勝負運アップを願って、武神を祀った本宮をいざ参拝! 何はともあれ、まずは本宮へ参拝に行ってみましょう。 まっすぐ続く参道を進むと、本宮の手前に舞殿があります。 この舞殿では神前結婚式が行われている時があるので、運が良ければ遭遇できるかも! こんな場所での結婚式なんて素敵ですね。 朱色が鮮やかな本宮へと続くこの大石段は61段。上るのは結構大変ですが、上りきったら後ろを振り返ってみてください。美しい鎌倉の街が見渡せますよ。空気の澄んだ日には鎌倉の海の水平線を望むこともできます。 階段を上がりきったところにある華麗な建造物が「桜門」です。 目が覚めるような素晴らしい色彩ですね! ここで忘れずにチェックしてほしいのが、桜門中央にある「八幡宮」の額の「八」の字。よ~く見ると、神聖な神の使いとされる二羽の鳩の形になっているんですよ! この門には、他にも美しい彫刻があちこちに施されているので、チェックしてみてください。 この門の奥に本宮(上宮)があります。 仕事運や出世運、勝負運アップを願って、姿勢を正して「二拝(深いおじぎ)・二拍手(柏手)・一拝」でお参りしましょう。 お参りの後、自分の中にエネルギーがふつふつと湧いてくるのを感じられるかもしれませんよ。 この本宮(上宮)は大石段下にある若宮(下宮)とともに、国の重要文化財に指定されています。 それでは鶴岡八幡宮のパワースポット・トップ3をご紹介します。 (1)生命力のパワースポット「大銀杏の木」 本宮へと続く大石段の左わきにある大銀杏の木。 樹齢1000年を超えるというこの木は、高さ推定30m、幹の太さは約7mもあったそう。 この神社の長い歴史をすぐ近くで見守ってきたシンボル的存在でしたが、2010年に発生した強風で根こそぎ倒れてしまったのです。回復不能と言われていたのですが、その後、その根元があった場所から小さな若芽が次々と芽吹いてきました。 倒伏した大銀杏の樹幹部分は再生可能な高さ4mに切断して、芽が出てきた場所のすぐ脇に移植され、それ以来ここは「生命力が漲る場所」として、生命再生のパワースポットと言われています。 (2)縁結び・安産のパワースポット「政子石」 この鶴岡八幡宮を創建した鎌倉幕府初代将軍・源頼朝とその妻・政子はおしどり夫婦として知られ、この神社は安産や夫婦円満などのご利益でも有名です。 鶴岡八幡宮入口のすぐ右手にある源氏池には「旗上弁財天社」があり、そのすぐ裏手に「政子石」があります。 これは源頼朝が妻・政子の安産を祈願した石で、子宝や安産にご利益があるそうです。 また、最近では良縁を願ってお参りに来る若い女性の姿も多く見られます。 この源氏池と参道を挟んで反対側にある平家池は、夏になるとそれぞれ見事な蓮の花が池を埋めます。源氏池には源氏の旗色の白い蓮の花が、平家池には平家の旗色、赤い蓮の花が咲いて、まさに「浄土」のような光景になります。 (3)不思議なパワーを持つ「鶴亀石」 境内の東側には、本宮と対照的な黒塗りの社殿の「白旗神社」があります。 そのちょっと手前にあるのが、台座に置かれた「鶴亀石」と呼ばれる大きな2つの石。 この2つの石の表面を水で洗うと、鶴と亀の模様が輝き現れるという、おめでたい石なのだそう。 まだ試したことはないのですが、何だかこれまたご利益がありそう…。 凛とした空気とゆったり流れる時間の中、不思議なパワーがたっぷり充電されたような、非常に穏やかな気分になりました。 他にも見どころがたくさんありますので、800年を超える歴史と自然が調和するこの神社をあなたも是非、訪れてみてくださいね。 Map 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

Read More

2015年10月15日 DESTINATIONS

TVアニメ「神様はじめました◎」の舞台設定のモデルとなったレトロな町、川越『小江戸』を探索!

小江戸町並み

埼玉県川越市は江戸時代には親藩・譜代の川越藩の城下町として栄えた都市で、歴史まちづくり法という日本の法令によってその歴史的な町並みが残されています。都心から1時間というアクセスの良さも後押しし、年間約620万人が訪れる観光地として有名な川越は、TVアニメ化された「神様はじめました◎」のモデルとなった場所としても知られています。

Read More

2014年7月22日 DESTINATIONS

浅草神社を知っていますか?

お寺の隣の神社 浅草に浅草寺があることは知っていますよね。でも、隣に浅草神社があることを知っていますか。 なぜお寺(仏様)と神社(神様)が同じ場所に建っているのでしょうか。先に建てられたのは、浅草寺です。浅草寺は観世音菩薩さまを祀るために、3人の漁師によって建てられました。その後、3人を神として祀ったのが浅草神社です。だから、浅草神社は「三社様」と呼ばれており、「三社祭り」は浅草地域で最大の祭りとなっています。 浅草神社では、巫女舞教室体験、浴衣の着付け教室など日本の伝統文化が楽しく体験できます。もしかしたら日本の伝統的な神前結婚式を見ることができるかもしれません。 浅草に来たら、浅草寺だけではなく、お隣の浅草神社も参拝してください。 浅草寺はいつも人が多くて混雑していますが、隣の浅草神社には意外と気付かないかもしれません。 浅草神社は浅草寺の本堂のすぐ右隣にあります。 ゆっくりと参拝することができますので、巫女さんからお守りを買ったり、絵馬を描いたりしてみてはいかがですか。 Map

Read More

2015年6月22日 EVENTS

大山阿夫利神社で古くから伝わる信仰『大山詣』を体験してみよう!

大山詣り

神奈川のもうひとつの見所「大山」 神奈川県の有名な観光地と言えば横浜、鎌倉、箱根でしょう。それに続く第四の観光核として注目を集めるのがここ阿夫利神社のある大山です。阿夫利神社は今から二千二百余年以前の人皇第十代崇神天皇の御代に創建されたと伝えられている式内社で、多くの伝統文化を引き継ぎ、今も尚大山を訪れる多くの登山者を四季折々の美しい山容で魅了しています。 江戸(1603-1868)から伝わる山岳信仰 その昔江戸時代には「大山詣」という山岳信仰が流行していました。大山は江戸からも近く、手軽な参拝先として人気がありました。大山詣とは、大山へ登山し神社を参拝するという一種のレジャーを兼ねた信仰で、帰りに江の島参詣や鎌倉見物をするなどして小旅行として楽しまれていたようです。この様子は古典落語「大山詣り」の中にも表されています。大山詣に出かける前に人々は東京の隅田川で水浴びをし「懺悔懺悔(さんげさんげ)、六根清浄(ろっこんしょうじょう)」と唱えながら、道中の無事を祈りました。六根清浄とは仏語で眼・耳・鼻・舌・身・意の6つの感官の汚れを払って清らかすることを意味します。大山への登山は当時の江戸の人々にとってとても特別な行いでした。 6月26日から「大山町並み探訪ツアー」が始まります! 大山詣はもともと旧暦の6月27日から7月17日までがお参りの期間でした。それに合わせて大山阿夫利神社では6月26日に大山へお詣りする際に多くの人が通った子易地区のツアーを開催します。この地域には今も多くの神社やお寺が残り、当時の江戸の人々が辿った大山詣の道筋を体験する事ができます。大山のプロフェッショナルである「先導師」が案内してくれるまたとないこの機会をお見逃しなく!違うテーマのツアーが9月まで毎月全4回行われます。詳細はウェブサイトをチェックしてみてくださいね。(全てのツアーは先着順、要予約。) ➡ツアーの詳細はこちら! Map 〒259-1107 神奈川県伊勢原市大山355

Read More

2015年8月5日 DESTINATIONS

3つの神社を一気にお参りできる!福岡の海の守り神『宗像大社』

宗像大社辺津宮(へつみや)

玄界灘を望む福岡県宗像市にある由緒正しい神社、宗像大社。
宗像大社には辺津宮(へつみや)、中津宮(なかつみや)、沖津宮(おきつみや)の3つのお宮があり、ここは、『日本書紀』や『古事記』にゆかりのある三人の女神様を祀っています。海と航海に御利益があります。また、2015年7月世界文化遺産推薦候補にも決定し、現在日本の中で最も話題となっている観光地の一つです。2017年の世界遺産登録実現を目指しています。

Read More

2015年9月1日 EVENTS

秋、満月の下で奏でられる悠久の調べ。日枝神社『中秋管絃祭』【映像あり】

中秋管絃祭

東京のオフィス街、永田町のど真ん中に位置する赤坂の日枝神社。最初にいつ創建されたのかは不明ですが、江戸城の鎮守として、長く東京の街を守ってきた由緒ある神社です。
6月には江戸三大祭りの一つ、山王祭が開催されることでも有名です。

Read More

2015年8月12日 DESTINATIONS

鯉とゆかりの深い広島を象徴する『広島護国神社』

IMG_0085

広島護国神社は初詣での参拝客数が中国地方で最多を誇る神社です。歴史は神社としては比較的新しく、1872年に戊辰戦争の戦没者を奉祀するために創建されました。それから、太平洋戦争に至るまで、9万余の戦死者の霊をお祀りしています。

Read More