PICKUP!

目次

2017年3月10日 TRAVEL DESTINATIONS

あの感動が甦る!!映画「君の名は。」のモデルになったスポットを探しに行こう!

バス

公開から半年以上たった今でも大人気の映画「君の名は。」。
今回は君の名は。をもっと深く楽しみたい方へ、実際に訪れる事が出来るモデルになったスポットをご紹介します。

Read More

2015年7月2日 TRAVEL DESTINATIONS

1泊2日で行ける~秘境Trip in 静岡~Vol.2 スリル満点の『夢の吊り橋』に願いをかける…

知る人ぞ知る、大井川最後の秘境地 SLの終点「千頭駅」から13:20発の寸又峡温泉行の路線バスに乗りこみます。 ※前回の記事はこちら→Vol.1 『SL機関車』で昭和初期にタイムスリップ! 道幅の狭い山道をゆっくりと登っていき、次第にすれ違う車も無くなっていきます。40分ほど山の中を進んだところで辿り着いたのが…、 高低差100m・全長約16km、手付かずの原生自然林が多く残っており、大井川最後の秘境とも言われる「寸又峡」です。 いくつかの温泉宿とお土産屋がありますが、他は一帯が山に囲まれているので、本当に静かで空気が澄んでいます。まさに秘境の名にふさわしいといった、そんな場所。 何もない贅沢って、こういうことを言うんだろうなぁ。 手付かずの大自然を散策する、3つのハイキングコース 南アルプスの登山口でもある「寸又峡」は、主なハイキングコースが3つあります。 寸又川の清流に沿って川沿いを散策する「グリーンシャワーロード」、アカヤシオの群生地である外森山を登る「外森山ハイキングコース」、そして、夢の吊橋を巡る「寸又峡プロムナードコース」です。 ※詳細は→寸又峡イラストマップ どのコースも1時間~2時間程度で散策できるので、じっくりと全部のコースを巡ることも出来ます。上級者は、ハイキングコースの先にある朝日岳や沢口山などへの本格的な登山を楽しむのも良いですよ。 さて、そこまで体力に自信のない私たちは、温泉街を通ってプロムナードコースを散策です! 新緑が鮮やかな遊歩道を歩きます。 下に見えるのが、「猿並橋」。グリーンシャワーロードの散策ルートです。 どこまでも続く山の壮大なパノラマは、圧巻。 「天子(てんし)のトンネル」 天子の鬼の風(龍神の風)が吹くという言い伝えがあり、この風に触れると無病息災が叶うと言われています。 これぞ秘境の絶景、青と緑の幻想的世界 散歩道をゆっくりと散策しトンネルを抜けると、目に入ってくるのは、眼下に広がるエメラルドグリーンの湖。その、吸い込まれそうなくらいの鮮やかさに圧倒されながら、急な階段をさらに降って行くと… 目にまぶしい新緑の緑に、美しいエメラルドグリーンの湖、そして長くしなやかに伸びた「夢の吊り橋」が。 これぞ秘境の絶景。本当に美しく繊細で、神秘的な空気に包まれます。綺麗… 夢の吊り橋は、大間川と寸又川の合流点である大間ダムにかかっている全長90m・高さ8mの吊り橋。夢に出そうなくらい幻想的、そして渡るのが怖くて夢に見そうな橋という意味からその名がつけられたんだそう。 吊り橋の真ん中で願いをかける 足を1歩踏み出すと、ギシギシという音と共に橋が揺れます。2枚の板はしっかりしていますが、下を向くと板の隙間から8m下の湖がはっきりと見えます。 定員は10名、そして一方通行のこの橋。渡り出したら戻ることは出来ません。思いのほか揺れるのでゆっくりと渡りましょうね。 気持ちの良い風と自然の匂いを感じながら橋の真ん中まで歩きます。 実はここ、橋の真ん中で恋の願いをするとその恋が叶えられる。という、とってもロマンチックな伝説を持つ橋として有名なんです!どうりでまわりにカップルが多いと思ったら…!納得。 こんな素敵なロケーションで恋を願ったら、確かに叶いそうな予感がしますね。 イケメンと付き合えますよーに! …なんて。 ◇川やダムの色はなぜ青い?? 寸又川の水は、底まで透けて見えるほど透明でとってもきれいな水。 普通の水に含まれている微粒子が本当に少ない為、波長の短い青い光だけが選択されて反射して水が青く見えるのだそう。 この現象のことを「チンダル現象」といいます。(水を入れ替えたプールの水が青く見えたり、空や海が青く見えたりするのに似た現象です。) ちょっと難しいですが、とにかく、透きとおるほど綺麗な水ってこと! 休みながらゆっくりと、304段 吊り橋を渡り切ってほっとしたのもつかの間、この先に待ち受けるのは304段もの階段。 看板には、「休みながらゆっくりと304段です」と丁寧に書かれてありました。 一度橋を渡ったら後戻りはできません、覚悟を決めて一気に急な階段を登り切ります! (もちろん、途中に休憩スペースもあるので、自分のペースでゆっくり登ってくださいね。) 登った先には、昔、森林鉄道のトロッコが走っていたという飛龍橋が。橋の上から遠目でみる「夢の吊り橋」も、また違って見えて綺麗です。 南アルプスの清流が育む「川根茶」 散策を終えて温泉街に戻ってきたら、お土産屋さんで一休み。 寸又峡がある川根本町は、全国でも有数な茶産地として川根茶を生産しています。南アルプスを源とする清流が、澄んだ香りと深くまろやかな味わいの、おいしいお茶を育ててくれます。 こちらの「長島園」では川根茶の他にも、抹茶のソフトクリームも販売しています。 沢山歩いて火照った身体に、ひんやりあま~いソフトが美味しい!お茶の風味がしっかり香って、優しい甘さが上品な味わいです。 ついつい我慢できずに写真を撮る前に一口食べてしまいました…! さて次回は、歩き疲れた身体を癒すべく極上のスポットをご紹介!おたのしみに~ Map 〒428-0411 静岡県榛原郡川根本町千頭279

Read More

2017年4月6日 EVENTS  FESTIVALS & EVENTS  WORKSHOP

讃岐うどん職人とゲストハウスに集まるみんなで一緒に「うどん打ち体験」!

『江戸東京博物館』、『すみだ北斎美術館』、そして相撲など、様々な見所が満載の両国にある『ゲストハウスFete』にて「うどん打ち体験」を開催します!

Read More

2015年5月25日 GOODS  SEASONAL

もう間もなく日本は雨の季節をむかえます。雨対策を万全にして『梅雨』を楽しもう!

rainy-season

春から夏へ季節が変わる時の約1か月、雨の季節がやってくる 日本は今、一年の中でも最も過ごしやすい季節を迎えています。しかし、もうすぐ1か月余りも続く雨の季節がやってきます。 その季節の事を「梅雨」と呼びます。日本では、北海道と小笠原諸島以外のほぼすべての地域に梅雨があります。 東アジアの各国でも同じ時期に雨の季節がやってきます。雨季の一つ、とも言えますね。 梅雨とは、もともとは、中国から入ってきた言葉なのですが、ちょうどこの雨の季節、梅の実が熟すことから、漢字で「梅の雨」と書いて梅雨と読まれたという説があります。 日本には、たくさんの「雨の名前」があります 日本はもともと、雨の多い国です。その恵みに感謝するためでしょうか。それともさまざまな雨の降り方に表情を見出したからでしょうか。日本語には、たくさんの雨の名前があります。 梅雨のことも「五月雨(さみだれ)」と言ったりします。漢字で書くと「五月に降る雨」という意味です。 また、「男梅雨」「女梅雨」という言葉もあります。男らしくざーっと勢いよく降るのが「男梅雨」。しとしとと長く降り続くのが「女梅雨」。日本らしい風情のある言葉ですね。 雨が多いとちょっと憂鬱・・・そんな気分を解消してくれるレイングッズ 梅雨に入ると、毎日雨や曇りのどんよりした天気が続きますが、そんな気分を一気に解消してくれるような、楽しいレイングッズがたくさんありますよ。 お勧めなのは、レインブーツ。 最近は、オフィスにも履いて行ける、おしゃれなレインブーツがたくさん出ています。 そして、ポンチョ。 愛犬のお散歩や、自転車でのお買い物など、傘がさせないときには便利ですよ。 それから、雨傘にも日傘にもなる便利なツーウェイ傘! 雨も紫外線も防げるなんて、なんて便利!これを持っている女性は多いですよ。 皆さんも色々なレイングッズで、雨の季節を楽しんでくださいね。

Read More

2016年6月22日 CULTURE  SEASONAL  TRAVEL DESTINATIONS

梅雨の季節、花の色が変化する、移り気な花『紫陽花』を見よう!

title_ajisai

みなさんの国の紫陽花はどんな色と花の形をしていますか?紫陽花の原種は実は日本にあるんです!日本の紫陽花は青い色が多く、雨に濡れたその姿は梅雨の季節にみずみずしい彩りをそえます。紫陽花をよく見ると、同じ株なのに色が違うことがあります。今回はその色の不思議に迫ります!

Read More

2015年8月7日 FOODS & DRINKS

秋田の旨い料理となまはげショー『なまはげ 銀座店』東京銀座で古民家造りの店内が楽しい!

秋田郷土料理 きりたんぽ鍋と地酒「なまはげ 銀座店」

和の雰囲気漂う古民家作りの店内で美味しい地方の名物料理を銀座で味わおう! 東京から北に4時間かけて行かないと味わえない秋田のおいしい郷土料理がここ、東京” 銀座”で食べられます! そして、130年前に建てられた趣きある日本家屋を移築した店内は雰囲気も抜群!しかも、大晦日にしかやってこない厄払いの神様“なまはげ”が毎日やってくるんです! メニュー ショー 店内 INFORMATION Phone 03-3571-3799 美味しい食事をみんなで囲みながら、地方の文化を体験したい方には何と言ってもおすすめのレストラン!“なまはげ”の見た目はちょっと怖いけど、厄を払うために怖い顔、怖い姿をしているのだそう。そこも楽しんで、みんなで盛り上がろう! 有名な郷土料理。比内地鶏やきりたんぽ鍋、刺身など。 おすすめは、「比内地鶏」。比内地鶏は、日本全国で150種類以上ある「地鶏」「銘柄鶏」の中でも、“究極の地鶏”と呼ばれている逸品です。柔らかいけど、しっかりとした噛みごたえで、くせも無く、上質で風味のよい脂を持つ鶏肉。一度食べたら、他の鶏肉がもう食べれないかも!比内地鶏のメニューは、比内地鶏の豪華塩焼き、豪華唐揚げ、つくね焼き、手羽先唐揚げ、もつの唐揚げなどたくさん。その中でも一番人気は塩焼きです。 もう一つ、秋田を代表する料理と言えば、「きりたんぽ鍋」。お店の一番人気メニューです!この料理にも比内地鶏は欠かせません。 大きな鍋に、比内地鶏でじっくり時間をかけてダシをとったスープを入れて、そこに炊き立てのご飯を荒つぶし、串に巻きつけ炭火でこんがり焼いた「きりたんぽ」と、ねぎ、きのこ、ごぼう、せりなど厳選食材と、そしてここにもまた比内地鶏を入れて、コトコト煮た料理。「きりたんぽ鍋」は秋田ではごくごく普通にどこの家庭でも食べられる、いわば「おふくろの味」です。食べ方は、大なべに入っている具とスープをひとりひとりに取り分け、みんなでシェアをして食べます。一つのなべを家族や仲間と囲んで、シェアしながら食べると、話しが弾んで、より親密になると言われています。この日本の食文化も楽しんでください! 飲み物も充実!米どころ秋田の全39蔵から取り揃えた日本酒は100銘柄以上!!めずらしい日本酒も多数ご用意していますのでチェックしてくださいね。 大人気の「なまはげ」ショー! 大迫力で、見た目もちょっとこわいけど、実は縁起物!厄払いの神様がやってきます!お店が暗くなり、音楽がかかると、突如、ものすごい足音でなまはげが!!! なまはげは秋田の一部の地域で行われている伝統行事。大晦日に各家庭を回り、怠け者を懲らしめ厄を払う神様の使者。ワラで出来た服を着て、片手には包丁、片手には桶を持っています。そんな出で立ちで「泣く子はいねが~」、「悪い子はいねが~」と野太い声で叫びながら、大晦日の夜、家々を回るのです。 このレストランのなまはげ、本場さながら、迫力満点!怠け者は、なまはげにこっぴどく叱れますよ!覚悟してください! 日本伝統の古民家づくりの店内。雰囲気抜群で写真スポットがいっぱい! 店内は、日本家屋エリアとかまくらエリアがあります。日本家屋エリアは、130年前に建てられた豪華な屋敷をそのまま移築したもので、しっかりとした木で作られた店内は、趣きがあり、重厚な雰囲気があります。日本の昔ながらの家庭の雰囲気が味わえるエリア。こちらは畳の部屋となっており、靴を脱いで上がりましょう。 そしてもう一つ、かまくらエリア。かまくらは、雪国の秋田ならでは。積み上げた雪の山をくり抜いて空間と入り口を作った家のようなものです。本物のかまくらの中に居るようなゆっくりくつろげるスペースで、こちらは靴を脱がずに、入れる個室空間となっています。照明に照らせれ、とても幻想的な雰囲気が味わえます。 どちらのスペースもおすすめです。あなたは日本家屋?かまくら? 東京にいながら、日本の地方を楽しめる、銀座の穴場スポット!この「なまはげ」が店頭で待ってます。目印にお越しくださいね。 「Tadaima Japanを見ました!」とスタッフにお声掛けいただくと、振舞い酒をサービス中!なまはげと一緒に乾杯しましょう! Map 東京都中央区銀座8-5-6 中島商事ビル9F

Read More

2016年4月3日 CULTURE  FESTIVALS & EVENTS  TRAVEL DESTINATIONS

かわいい鹿の大群がホルンの美しい音色で集まる?!奈良の『鹿よせ』

鹿よせ

1892年(明治25年)に「鹿よせ」は鹿の保護施設である鹿苑(ろくえん)の完成式にあわせて始まりました。
戦中戦後に一時行われなくなったものの、再開され、現在も奈良の鹿とふれあうイベントとして親しまれています。春日大社の近く、飛火野(とびひの)と呼ばれる野原で行われます。

Read More

2017年1月20日 CULTURE  FESTIVALS & EVENTS  WORKSHOP

着物はカジュアルに着こなせ!一味違う着物スタイルで街を歩こう!

海外旅行者からも人気の高い「着物着付け体験」。
我々日本人でも普段から着物で過ごしている人は少ないので、着物を着ると何となく周りの風景まで変わって見えるような、非日常的気分になりますよね。
でも、たまには伝統的な着物以外に、一味違った着物体験にチャレンジしてみませんか?
着物スタイリストの前島ミシェル由衣さんは、着物に洋服や帽子、アクセサリーなどと組み合わせ、ある意味「ぶっ飛んだ」着物スタイリングを得意としています。
「オシャレで注目される着物で街を歩いてみたい!」と言う方は、ぜひチャレンジしてみてください!

Read More

2016年3月12日 DESTINATIONS  TRAVEL DESTINATIONS

伊勢神宮でお願いごとをするのはNG!? これだけは気をつけたい8つのこと!

伊勢神宮

三重出身のHatsuが地元情報をお届けします。
伊勢志摩の観光名所といえば、「伊勢神宮」。2,000年という遠い昔からここ伊勢市に鎮座する神社で、日本全国の神社のトップです。昔から日本人なら一生に一回は訪れたい場所とされ、最近ではパワースポットとしても人気の場所です。
由緒正しきお伊勢詣り、きちんとした参拝の仕方を知って、しっかりパワーをいただきましょう。気をつけたいポイントをいくつかご紹介します。

Read More

2016年3月26日 DESTINATIONS  TRAVEL DESTINATIONS

出雲大社から一本で、島根県随一の絶景:夕日を見に行こう!

宍道湖の夕景

島根県が誇る日本有数の夕日は、宍道湖で!日が沈む瞬間を、ゆっくりと湖岸で眺めませんか?

Read More

2016年4月23日 DESTINATIONS  TRAVEL DESTINATIONS

京文化を受け継ぐ下町【人形町】で着物体験と町内散策を満喫する『人形町1日おすすめプラン』

人形町散策

TadaimaJapanのスタッフが【人形町】初体験のKちゃんと着物で町内散策!ヘルシーなお豆腐ランチにのんびりと桜を楽しめる公園、そして【甘酒横丁】の食べ歩き。粋で下町情緒溢れる【人形町】で日本の伝統を紐解いていきます。

Read More