夜遊びするならここ!

serials nightspots

目次

2016年2月11日 DESTINATIONS

CLUBとマグロがコラボ!?今話題のエンターティメント集団が織りなすTOKYO Night Party!!

「マグロハウス」イベントの様子

NATSUKIの独自の視点で、変化する東京を紹介していきます!
いま、東京のナイトシーン、そしてエンターティメント界を賑わしているパーティークリエイターが話題を集めています。今回、その注目の人物「Afromance」がCLUBイベントを開催するということで、潜入し、NATSUKI自身も思いっきり楽しんじゃいました!
今回はその模様を、皆さんにお伝えしたいと思います!

Read More

2015年8月7日 FOODS & DRINKS

秋田の旨い料理となまはげショー『なまはげ 銀座店』東京銀座で古民家造りの店内が楽しい!

秋田郷土料理 きりたんぽ鍋と地酒「なまはげ 銀座店」

和の雰囲気漂う古民家作りの店内で美味しい地方の名物料理を銀座で味わおう! 東京から北に4時間かけて行かないと味わえない秋田のおいしい郷土料理がここ、東京” 銀座”で食べられます! そして、130年前に建てられた趣きある日本家屋を移築した店内は雰囲気も抜群!しかも、大晦日にしかやってこない厄払いの神様“なまはげ”が毎日やってくるんです! メニュー ショー 店内 INFORMATION Phone 03-3571-3799 美味しい食事をみんなで囲みながら、地方の文化を体験したい方には何と言ってもおすすめのレストラン!“なまはげ”の見た目はちょっと怖いけど、厄を払うために怖い顔、怖い姿をしているのだそう。そこも楽しんで、みんなで盛り上がろう! 有名な郷土料理。比内地鶏やきりたんぽ鍋、刺身など。 おすすめは、「比内地鶏」。比内地鶏は、日本全国で150種類以上ある「地鶏」「銘柄鶏」の中でも、“究極の地鶏”と呼ばれている逸品です。柔らかいけど、しっかりとした噛みごたえで、くせも無く、上質で風味のよい脂を持つ鶏肉。一度食べたら、他の鶏肉がもう食べれないかも!比内地鶏のメニューは、比内地鶏の豪華塩焼き、豪華唐揚げ、つくね焼き、手羽先唐揚げ、もつの唐揚げなどたくさん。その中でも一番人気は塩焼きです。 もう一つ、秋田を代表する料理と言えば、「きりたんぽ鍋」。お店の一番人気メニューです!この料理にも比内地鶏は欠かせません。 大きな鍋に、比内地鶏でじっくり時間をかけてダシをとったスープを入れて、そこに炊き立てのご飯を荒つぶし、串に巻きつけ炭火でこんがり焼いた「きりたんぽ」と、ねぎ、きのこ、ごぼう、せりなど厳選食材と、そしてここにもまた比内地鶏を入れて、コトコト煮た料理。「きりたんぽ鍋」は秋田ではごくごく普通にどこの家庭でも食べられる、いわば「おふくろの味」です。食べ方は、大なべに入っている具とスープをひとりひとりに取り分け、みんなでシェアをして食べます。一つのなべを家族や仲間と囲んで、シェアしながら食べると、話しが弾んで、より親密になると言われています。この日本の食文化も楽しんでください! 飲み物も充実!米どころ秋田の全39蔵から取り揃えた日本酒は100銘柄以上!!めずらしい日本酒も多数ご用意していますのでチェックしてくださいね。 大人気の「なまはげ」ショー! 大迫力で、見た目もちょっとこわいけど、実は縁起物!厄払いの神様がやってきます!お店が暗くなり、音楽がかかると、突如、ものすごい足音でなまはげが!!! なまはげは秋田の一部の地域で行われている伝統行事。大晦日に各家庭を回り、怠け者を懲らしめ厄を払う神様の使者。ワラで出来た服を着て、片手には包丁、片手には桶を持っています。そんな出で立ちで「泣く子はいねが~」、「悪い子はいねが~」と野太い声で叫びながら、大晦日の夜、家々を回るのです。 このレストランのなまはげ、本場さながら、迫力満点!怠け者は、なまはげにこっぴどく叱れますよ!覚悟してください! 日本伝統の古民家づくりの店内。雰囲気抜群で写真スポットがいっぱい! 店内は、日本家屋エリアとかまくらエリアがあります。日本家屋エリアは、130年前に建てられた豪華な屋敷をそのまま移築したもので、しっかりとした木で作られた店内は、趣きがあり、重厚な雰囲気があります。日本の昔ながらの家庭の雰囲気が味わえるエリア。こちらは畳の部屋となっており、靴を脱いで上がりましょう。 そしてもう一つ、かまくらエリア。かまくらは、雪国の秋田ならでは。積み上げた雪の山をくり抜いて空間と入り口を作った家のようなものです。本物のかまくらの中に居るようなゆっくりくつろげるスペースで、こちらは靴を脱がずに、入れる個室空間となっています。照明に照らせれ、とても幻想的な雰囲気が味わえます。 どちらのスペースもおすすめです。あなたは日本家屋?かまくら? 東京にいながら、日本の地方を楽しめる、銀座の穴場スポット!この「なまはげ」が店頭で待ってます。目印にお越しくださいね。 「Tadaima Japanを見ました!」とスタッフにお声掛けいただくと、振舞い酒をサービス中!なまはげと一緒に乾杯しましょう! Map 東京都中央区銀座8-5-6 中島商事ビル9F

Read More

2015年12月13日 EVENTS

セクシーで大胆なポールダンス競技!潜入レポ

The venue

NATSUKIの独自の視点で、変化する東京を紹介していきます!
今回は11月29日(SUN)に東京、麻布十番のクラブ「ELE TOKYO」で行われたポールダンスの競技大会「POLE BATOLE TOKYO」の潜入レポをお届けします。
TOKYOの夜は時に刺激的で官能的な側面ものぞかせてくれます。セクシーで官能的なダンサーに、貴方も目を奪われてしまうはず!

Read More

2015年6月24日 DESTINATIONS

古き良き花街の香りを残す神楽坂で庶民の湯『銭湯』を体験!

title_sento

江戸時代情緒あふれる街・神楽坂 大都会新宿区神楽坂、表通りは今でこそ大型チェーン店が軒を並べていますが 一歩入ると江戸情緒が漂う、古きよき花街の小道が顔をだします。 最盛期の明治時代(1868年~1912年)には700名もの芸者が在籍し、現在でも華やかな高級料亭や史跡などが点在している「大人の街」に庶民の風呂「銭湯」があるのをご存知でしょうか。 ※芸者:芸者は、主に料亭の宴席で歌や日本舞踊、三味線等の楽器や会話によって、お客をもてなす女性の事で、基本的に娼婦とは異なります。 銭湯の歴史 12世紀末・平安時代末期、京都に銭湯の原型の様なものが現れました。その後およそ300年の時代を経て江戸時代(1603年~1863年)に栄えました。明治12年(1879年)まで実情男女混浴だったそうです。 その後銭湯は庶民の風呂として一般的に親しまれ、戦後人口が増えるにつれ、至るところで銭湯が建築され、自家風呂が普及するまでほぼ100%の人々が生活の一部として利用されてきました。 現在は自家風呂が一般化し、生活必需品として銭湯を利用する人が減少し、多くの銭湯が姿を消して行きましたが、広々とした大浴場は開放的で気持ちが良く、人々の癒しとコミュニケーションの場として依然活躍しています。 創業以来薪でお湯を沸かす古き良き銭湯『熱海湯』 表通りから程なく近いまるで猫の抜け道のような細い小道に入ると細い階段があり「熱海湯階段」と呼ばれています。 その昔は、芸者達が「熱海湯」で一番風呂に入り、化粧を整えてから、夜のお座敷に出かけいったという話から、「芸者小道」とも言われています。そして辺りには、ほのかに薪を燃やす香ばしい匂いが漂います。 1954年創業以来薪と備長炭でお湯を沸かす熱海湯、外観は千鳥破風と呼ばれる建築様式の屋根を持つ伝統的な東京銭湯。しばしばテレビドラマのロケ地としても使われるとか。 右は男湯、左は女湯。靴を靴箱に入れ木札の鍵をしっかりもっていざ!中へ! ドアを開けると番台と呼ばれる小さなエントランスがあります。 番台とは男湯と女湯の間に小さな席が設けられていて、入浴料、飲み物や入浴雑貨等の販売、盗難防止の監視役、そして常連さんとのお喋り相手等の、様々な仕事を担っています。 番台に座っている経営者のご夫婦いずれかが番をしているので、直接手渡しで入浴料を払います。 現在は大人460円です。おむつ台があり小さなお子様もご一緒に入れます。 なんとこちらの「熱海湯」では無料でタオルを貸してくれます。 大浴場にボディソープもシャンプーも用意してあるので、手ぶらでも訪れる事ができる都内では珍しい銭湯です。経営者ご夫婦の心遣いが伺えますね。 清潔感のある脱衣所。高い天井の明かり窓から差し込む光はやさしく開放感があります。 男湯の脱衣所には小さな中庭があり、木彫りの観音様と金魚のいる池があるのが、何とも風情があります。 男湯と女湯にかかる壁一面のペンキ絵は、江の島から望む富士山が堂々と鎮座! この「ペンキ絵」歴史があり、富士山の風景は約100年前から銭湯の定番として各地で描かれています。 正面のタイル絵には金魚、男女の堺の仕切にはアルプス風の風景が描かれています。室内にいても外で温泉にでも入っているかのような小技があちこちに仕掛けられているのが日本の銭湯です。 桶はケロリンではなく日本の人気ゲーム「モモテツ」の広告タイプ。都内でもいくつかの銭湯でしか見られない珍しいもの。 お湯の入り方 番台の横と浴場の入り口に外国人向けの銭湯の入り方がわかりやすいイラストと言葉で解説してくれますが、ここでも予習しておきましょう。 ① 日本の銭湯では必ず身体を洗ってから湯船に入ります。固定シャワーも設置されていますが、桶と椅子を用意して日本風にゴシゴシ洗うのも一興です。 ② 蛇口は水とお湯に分かれていて、蛇口をひねるのではなく、タップを押して出すのが特徴です。 お湯は割と熱いのでご注意を!桶の中で丁度良い温度にして使用します。 ③ 泡が完全になくなったらさぁ!湯船へ! タオルは湯船に入れてはいけません。長い髪は縛って入りましょう。 ④ こちらの銭湯のお湯は少し温度が高めと感じる方も多いようです。 お湯が熱い場合には湯船の淵についている蛇口を捻り水で薄める事が可能ですので、ご安心ください。 薪で炊いているせいかお湯はなんとも優しく身体にしみじみと沁み、疲れが一気に飛んでいくような気がします。 身体が火照ったら、周りの人に掛らない様、水またはぬるま湯を浴びて再度湯船に入るのを繰り返すのも気持ちが良いのでお試しあれ! ⑤ 脱衣所に上がる際には身体を拭いて、水気をとって上がりましょう。事前にタオルを濡れないように洗い場に持込むのがポイントです。自分の使った洗面台のシャワーの上などに置くのが良いでしょう。 ⑥ 上がったら水分補給 冷えた牛乳もあります。腰に手をあてて飲むのが日本流です。 ⑦ 昔ながらのドライヤーもあります。使用料は30円。 もちろん現代風のドライヤーも用意されていて30円で使用する事ができます。 夜の熱海湯は近所の方々の憩いの場となっていて、お客さんの喋り声で賑わいます。 今は生活必需品では無くなってしまった銭湯ですが、通われている方々が楽しく会話を楽しみ過ごす必要不可欠な場所です。昔は子供がここで公共の場のマナーを習得する場でもありました。 古き良き日本をこの「熱海湯」で体験する事ができるでしょう。 熱めのお風呂に入った後は爽快感がたまりません。夜の帳がおりた神楽坂の町に一杯くり出すのも乙ではないでしょうか。是非お試しあれ。 Map 東京都新宿区神楽坂3-5-4

Read More

2014年12月4日 DESTINATIONS

日本最古の地下商店街『浅草地下街』はレトロでエキゾチック?

asakusa chikagai

50年前にオープンした地下街には一風変わったお店がいっぱい! 浅草地下街は日本の戦後1955年に創業しました。地下街は改装等をしていないので老朽化が進み、雨漏りしていることもしばしば。そんな地下街ですが中華料理屋にタイ料理、ベトナム料理店や占いのお店、ラーメン屋や床屋が軒を連ねアジアでレトロな雰囲気を醸し出しています。 訪れた記念に700円で髪を切ってみてはいかが!? 地下街には実にさまざまなお店があります。アジアらしい料理店や下町の人情あふれるあったかい居酒屋などなど・・・。そんな中ひそかに話題になっているのがこの700円カット。日本の相場からするとありえないほど安いこの床屋さんは「女性はショートヘアのみ、子供は小学4年生以上」という制限がありますが、これも含めて他の床屋とは違っていて面白いですね。 レトロな雰囲気の大衆酒場は安くておいしい! 地下街にある酒場は観光地化が進み価格が高騰してきている浅草にあっても安くお酒を飲み、B級グルメを楽しめる穴場スポットです。地下街はちょっと入りにくい雰囲気があるかもしれませんが、地元の人に愛されるあったかいお店がたくさんありますよ。浅草に来た際は是非訪れてみてください。 Map 東京都 台東区 浅草1-1-12

Read More

2015年9月12日 FOODS & DRINKS

伏見稲荷大社から電車で10分。美味しすぎて本当は教えたくない!京都伏見の住民が愛する『お酒と京のうまいもん』

title_fushimiumai

今回は、伏見稲荷大社から京阪電車で約10分「伏見桃山駅」周辺をご紹介します。
伏見といえば、日本酒を造る酒蔵が多くあることで有名です。
美味しい日本酒は、美味しい水とお米が必要です。
伏見は、もともと「伏水」と書かれていたほど、質の高い伏流水が豊富にあります。
その水から作られるお酒とご飯をお楽しみください♪

Read More

2015年5月22日 DESTINATIONS

映画監督藤井道人さんとオシャレなお散歩『赤城神社』〜新宿『BABEL BAR』【映像あり】

映画監督藤井道人さんとオシャレなお散歩『赤城神社』〜新宿『BABEL BAR』

日本を紹介するフランスのTV番組、toco toco tvをご紹介 toco toco tvは、毎回日本人のゲストが日本のお気に入りの場所を紹介する、フランスのTV番組です。TadaimaJapanでは、toco toco tvさんの番組をご紹介していきます。 今日は、映画監督の藤井道人さんと一緒に東京神楽坂にある赤城神社、そして新宿のバベルバーをご紹介! 「神楽坂が大好きで6年住んでいます」藤井さんが神楽坂を紹介してくれました 藤井さんがお気に入りの場所として今回紹介してくれたのは東京「神楽坂」。新宿駅や東京駅からもほど近いこの場所は、政治家や経済界の重鎮達が多く集まる料亭が立ち並ぶことで有名です。それだけでなく昔から多くの作家がこの街に住み、この江戸風情残る街に感化されてきました。東京にありながら京都のような落ち着きや趣を持つこの場所は、映画監督である藤井さんにとって自身の制作に集中できる、とっておきの場所なのだそうです。 リニューアルした「赤城神社」週末はマーケットもやっています みなさんの多くは神社と聞くと神聖で厳かなイメージを持つのではないでしょうか。でもここ赤城神社は言うなれば「おしゃれ」な神社。本殿は日光がよく差すガラス張りで、奉られている神様を見る事もできます。リニューアルされ、より洗練された本殿では歌舞伎の上演や、週末には市場やフリーマーケットが開催されるなど多目的に開かれています。そして併設されているカフェはなんとイタリアンカフェ!神楽坂という可能性に満ちた街だからこそ、こうした新しい神社の形を提案することができるのかもしれません。 夜は藤井さんの隠れ家、新宿「バベルバー」へ! 「バベル・バー」は新宿御苑のすぐ裏にあり、新宿駅からも徒歩ですぐ見つける事ができます。このバーは藤井さんと仲間が運営する「バベル・レーベル」というレーベルが、クリエーター達のためにつくったたまり場、いわばサロンのような場所だそうです。クリエーター達が夜な夜なここに集まり映像について熱く語っています。日本の映画について語りたい人やクリエーターと交流してみたい方は是非バベルバーへ遊びにいってみてはいかがでしょうか。 TWITTER: https://twitter.com/tocotocotv FB: https://fr-fr.facebook.com/tocotocotv INSTAGRAM: http://instagram.com/tocotocotv/ Map 新宿区赤城元町 1-10

Read More

2015年5月29日 FOODS & DRINKS

歌と料理とおいしいお酒で沖縄を満喫!絶対に訪れたい沖縄料理店『ちぬまん』

chinuman entrance

沖縄の近海で採れた新鮮な魚と沖縄の名酒をぜひ味わって! 沖縄料理店「ちぬまん」は沖縄県内に全8店舗展開しているチェーンの居酒屋です。沖縄らしいにぎやかな装いの店舗に入店前から心が躍ります♪ここでは市場でセリ落としてきた新鮮な刺身がリーズナブルな値段で食べられる事が一押しですが、その他にも沖縄の定番料理である豚の角煮の「ラフテー」や「ゴーヤーチャンプルー」、「紅芋コロッケ」なども大人気!ここに来たら必ず食べたい一品たちです。お酒にもこだわりがあり、沖縄県の各地の酒造所から取り寄せた泡盛の種類が豊富!強くてコクのあるキリッとした泡盛を飲みながら食べるゴーやチャンプルー、想像しただけで酒好きにはたまらないですよね! 店内では島唄三味線のライブが見れる!美しい三味線の音で沖縄の夜に酔いしれて・・・ ちぬまんでは料理やお酒の他に店内で無料の島唄三味線ライブも慣行しています。おいしいお酒と料理を楽しみながらのライブはもう言う事がないくらい幸せなひとときです。これこそ旅の楽しみと言えましょう。ライブが行われるのは全3店舗。泉崎店、国際通り牧志店、国際通り安里店です。各店舗によって開催される曜日や時間が異なるので事前にウェブサイトでチェックしてから行きましょう。酔いが回って良い気分になってきたら恥ずかしさを捨てて歌い手さんと一緒に一緒に島唄を合唱してみたらどうでしょうか!きっと楽しい思い出になりますよ。 【店舗情報】 ●泉崎店 沖縄県那覇市泉崎2-4-2番 営業時間:PM5:00~深夜00:00 ●国際通り牧志店 沖縄県那覇市牧志1-2-26 営業時間:ランチ11:30~15:00 夜17:00~24:00 ●国際通り安里店 沖縄県那覇市安里1丁目1-58 光生ビル1F 営業時間:夕方5:00~夜12:00 Map 沖縄県那覇市牧志1-2-26

Read More

2015年8月26日 FOODS & DRINKS

上野の大人気スポット「アメ横」で日本の屋台を満喫!お魚屋さん編『浜ちゃん』

上野アメ横屋台

Hi~SUSHI GIRLのMomoです〜!
大好きなお寿司、お魚を堪能できるお店を中心に紹介していきます!

今回は、日本を大満喫できる屋台スタイルの地魚屋台を紹介〜!
場所は、山手線上野駅の前に広がる「アメヤ横丁」の中にある地魚屋台「浜ちゃん」

Read More

2015年9月7日 DESTINATIONS

海に浮かぶ幻想的な大鳥居を見に行こう 『厳島神社ライトアップ』

厳島神社夜景

夕食の後、夜の厳島神社を見に行こう 今夜は宮島にお泊りですか? そんな方にぜひお勧めなのが、夜の厳島神社です。 昼間の厳島神社や、干潮時の大鳥居を見たときは、多くの観光客でにぎわっていましたが、今はとっぷり日も暮れて、人もまばら。 日中のにぎやかな雰囲気が嘘のように静かで、波の音だけが聞こえてきます。 私たちは、旅館で夕食を食べた後、ライトアップされている厳島神社を身に、足を運んでみました。 幻想的な大鳥居は必見! なんといっても美しいのは、海に浮かぶ大鳥居。ライトに照らされた大鳥居が、さらに海面に映し出され、とても幻想的な光景を見ることができました。この美しさに導かれ、たくさんの神様が舞い降りてきているのではないかと思うほどです。 ここでもしばらく見とれてしまいましたよ。 旅館でお食事の後は、ライトアップを見に、お散歩に出ることをお勧めしますよ。 街の明かりと大鳥居、月と厳島神社、水面に揺れる大鳥居・・・その魅力ははかり知れませんね。 ライトアップは、日没から23時ごろまでほぼ毎日行われています。 もちろん、宮島に宿泊をしない方でも、ライトアップを見ることはできますよ。ただし、帰りのフェリーの時間だけは事前にチェックしておきましょう! Map 広島県廿日市市宮島町1-1

Read More

2015年9月16日 FOODS & DRINKS

広島の美味しい日本酒と旬の食材をゆっくり楽しむなら、『そらきゅう』がおススメ!

お刺身盛り合わせ

2010年にオープンした居酒屋。空に向かってきゅ~っと美味しいお酒を呑む、という意味で「そらきゅう」という店名になったとのこと。
たくさんの日本酒と旬の食材をそろえる人気のお店です。

Read More

2015年10月10日 DESTINATIONS

大阪の大パノラマを堪能できる『梅田スカイビル 空中庭園』から珍光景を見よう!

梅田スカイビルの絶景

©Osaka Convention & Tourism Bureau
イギリスの新聞「TIMES」で「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」に選ばれた梅田スカイビル。173mの展望台から大阪の珍光景、なんと高速道路がビルの中を走っているという信じられない光景が見られるんです。

Read More