京都より古い!1,000年以上の歴史がある町「奈良」

serials nara

目次

2016年7月30日 FOODS & DRINKS

どこで買えるんですか?奈良の柿の葉寿司おすすめ13選

dbbc34a54866b57afdd9a859e4c93755_s

どこで買えるんですか?奈良の柿の葉寿司おすすめ13選 柿の葉寿司は、奈良県内だけでかなりの数のお店があり、どの店がいいか悩みますね。そこで、人気と評判がいいお店を13店舗まとめてみました! 1.柿の葉すし本舗 たなか 奈良の柿の葉寿司といえばここ、『たなか』です。明治後期創業で現在は直営32店舗まで成長した柿の葉寿司の代表格です。東京にも出店していますので東京在住の方も気軽に奈良の味を楽しめます! 柿の葉すし本舗 たなか 創業:明治後期 店舗数:直営32店舗(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、東京)、取扱店舗38(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、滋賀、東京、埼玉、福岡、羽田空港、関西空港、伊丹空港、サービスエリアなど) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(なら本店、五条本店等) 公式サイト:https://www.kakinohasushi.co.jp/ オンラインショップ:https://www.kakinohasushi.co.jp/onlineshop/ Rie Hamabeさん(@veriiiiiy)が投稿した写真 – 2016 6月 4 2:23午前 PDT 2.柿の葉ずしのヤマト ヤマトは、「たなか」と並ぶ柿の葉寿司の有名店です。ネット上でもよく『おいしいのは「たなか」なのか?「ヤマト」なのか?』の論争まで出ており、ぜひ「たなか」と食べ比べてみてください!。 柿の葉ずしのヤマト 創業:昭和44年 店舗数:11店舗(奈良、和歌山) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(五条本店、御所店、宝来店等) 公式サイト:http://www.kakinoha.com/ オンラインショップ:http://www.kakinoha.com/chumon/ 3.柿の葉寿司 ゐざさ(中谷本舗) 奈良の吉野地方で有名なお米屋さんだった中谷本舗、おいしいお米で作った柿の葉すしは、これがまたおいしいんです!柿の葉すし以外は、笹の葉で包んだオリジナルのゐざさ寿司も試してみてはいかがでしょうか? 柿の葉寿司 ゐざさ(中谷本舗) 創業:大正10年 店舗数:直営5店舗(奈良)、百貨店・駅9店舗(※百貨店:日本橋髙島屋、新宿高島屋、横浜髙島屋、新横浜フードメゾン、JR名古屋髙島屋。駅:近鉄奈良駅、近鉄八木駅、近鉄橿原神宮駅、JR大宮駅)、取扱店2店舗(JR京都駅新幹線構内、JR新大阪駅新幹線構内) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(奈良本店、夢風ひろば店、平城山店等) 公式サイト:http://www.izasa.co.jp/ オンラインショップ:http://www1.enekoshop.jp/shop/izasa/ 4.平宗 江戸末期創業の平宗は、創業当初から寿司の販売をしています。そのため、絶品なお味が評判になり、昭和天皇にも献上したことがあるそうです。今でもたびたびテレビに取り上げられますので、どこの柿の葉すしがいいかで悩むのであれば、「平宗」はおすすめです。 平宗 創業:文久元年(1861年) 店舗数:路面店7店舗(奈良)、百貨店・駅9店舗(百貨店:近鉄生駒店、上本町、阪神梅田(大阪)、KITTE丸の内(東京)、駅:近鉄郡山駅、大阪上本町駅、近鉄京都駅、近鉄大和西大寺駅、近鉄難波駅)、取扱店6店舗。 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(吉野本店、奈良店等) 公式サイト:http://www.hiraso.jp/ オンラインショップ:http://kakinoha.co.jp/index.html 5. 柿の葉寿司 ひょうたろう 桜の名所『吉野山』の人気店『ひょうたろう』は、吉野大峯ケーブル三条駅から徒歩5分ほど、銅の鳥居のすぐ横にあります。レトロな外観、パッケージも素朴ですが、逆に味への期待ができます!桜の季節になると開店早々に売り切れることもあるようですので、前日までに予約しておくことがおすすめです。ちなみに、キャッチフレーズが「2日目がおいしい」だそうです。 柿の葉寿司 ひょうたろう 店舗数:1 住所:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山429 営業時間:(通常)8時半~17時、(桜シーズン)9時~17時 定休日:月曜日 店内飲食・休憩スペース:なし 食べログ:http://tabelog.com/nara/A2905/A290501/29000233/ 松SAIさん(@wam0127sai)が投稿した写真 – 2016 5月 14 1:37午前 PDT 6.柿の葉寿司 やっこ 『ひょうたろう』とともに吉野山に店を構える『やっこ』は、『ひょうたろう』と同じく桜シーズンになると大混雑になる名店です。創業当初から守ってきたまろやかな味が、初めて柿の葉寿司にチャレンジする人にも受け入れられやすいです。店内では食堂を併設しており、柿の葉寿司とうどん、そうめんのセットが食べられます。もちろん自家製甘味も堪能できます! 柿の葉寿司 やっこ 創業:1910年代(大正年間) 店舗数:1 住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山543 営業時間:9時~17時 定休日:毎週水曜日(4月・11月は無休) 店内飲食・休憩スペース:あり(食堂、甘味処併設、テーブル席:45席、座敷:18席) 電話:0746-32-3117 公式サイト:http://www.yakko-yoshinoyama.com/ オンラインショップ:http://www.yakko-yoshinoyama.com/sell/sell.html @ShowAyanocozey 今トレンドに入っている「柿の葉寿司」ですが、私の地元では家庭科の調理実習で作り方を習うほどの奈良県民のソウルフードなので、是非食べて頂きたいです!特に吉野山にある「やっこ」さんの柿の葉寿司は絶品です♡ pic.twitter.com/LprYrVPhH3 — たぴ (@_TiGERBiLLY_) 2016年6月2日 7. 柿の葉すし 山の辺(やまのべ) 『山の辺』といえば、全国ニュースでも取り上げられた『紅葉の柿の葉寿司』が有名です。見た目はもちろん、やさしい鯖と酢飯の味わいもまた大人気です。ハレの日に贈られたら、ギュッとしますね。 柿の葉すし 山の辺(やまのべ) 店舗数:1 住所:奈良県桜井市山田676-2 営業時間:10時~17時 定休日:火曜日、第二・第三水曜日 店内飲食・休憩スペース:なし 電話:0744-45-3675 公式サイト:http://www.kakinohasushi.net/ オンラインショップ:http://www.kakinohasushi.net/product.html 「山の辺」さんの柿の葉寿司、まだあった。 pic.twitter.com/riVIkcMwh4 — まるえつ (@maruetsu55) 2015年11月13日 8.柿の葉すし 醍予(だいよ) […]

Read More

2016年10月12日 DESTINATIONS

手ぶら観光が実現!観光案内と手荷物一時預かり・配送サービスをワンストップで! 『クロネコならTABI』

title_naratabi

『クロネコならTABI』は三条通にある観光案内所です。猿沢池や興福寺に近く、奈良公園の入り口に位置します。JNTO(日本政府観光局)より認定外国人観光案内所の認定を受けており、周辺地域の道案内、観光情報の提供も行っています。窓口の対応言語は、日本語と英語が中心です。
また、奈良県と宅配業者のヤマト運輸が連携協定を結び、宿泊先までの手荷物の配達や一時預かりなどのサービスを提供しています。

Read More

2016年9月27日 DESTINATIONS  FOODS & DRINKS

奈良町で利き酒のできる酒蔵『春鹿醸造元 今西清兵衛商店』 隣の今西家書院も注目!!

harushika

今西清兵衛商店は、世界遺産・元興寺から徒歩約5分ほどのところにある日本酒の造り酒屋です。お店の裏手には酒蔵があり、こちらで醸造された「春鹿」という銘柄のお酒や様々なグッズを販売しています。店内では、季節により異なる5種類のお酒が利き酒できます。隣の重要文化財指定(1950年)の今西家書院とともに、ぜひ、訪れたいお店です。

Read More


2016年7月15日 CULTURE  DESTINATIONS

学問の神様「菅原道真」の先祖は初代横綱だった!?奈良の菅原姓発祥地で紐解く

相撲

奈良県菅原町にある菅原天満宮は、菅原道真の生誕の地と菅原姓の発祥地とされ、菅原家の三神、天穂日命(あまのほひのみこと)、野見宿禰命(のみのすくね)、菅原道真を祀っています。この3神をヒモ解くと面白いことが分かりました。天穂日命を祖神とし、菅原道真につらなる菅原家3代がどのような人物だったかを紹介します。

Read More

2016年7月8日 DESTINATIONS

1,300年前に建てられた世界最古の木造建築!謎が謎を呼ぶ奈良『法隆寺』

houryu_top

法隆寺は聖徳太子が建立した現存する世界最古の木造建築とされ、1993年に日本で最初に世界文化遺産登録されました。奈良というと奈良時代(710~794)の東大寺のイメージが強いですが、それよりも古い初期仏教美術と飛鳥時代(592~710)の文化を1400年の長い歴史とともに伝えています。飛鳥文化はギリシャ•インド•中国(南北朝文化)•朝鮮に影響を受けた国際色豊かな文化が特徴です。
日本では聖徳太子とともに、謎の多いお寺としても知られています。今回は、そのミステリーに迫ります!

Read More

2016年6月8日 DESTINATIONS

菅原家発祥の地とも言われる、奈良の『菅原天満宮』で130品種の梅を愛でよう!「盆梅展」

ume

盆梅展は菅原家発祥とされる奈良、菅原の里にある菅原道真を祀る菅原天満宮で毎年春(2-3月)に行われている梅の盆栽展です。130品種200鉢の梅の盆栽がいっせいに展示されます。梅は菅原道真にとって特別な意味をもつ花でした。その生涯と、花との関わりを紹介します。

Read More

2016年2月13日 DESTINATIONS

覚えておきたい奈良の観光案内所1 かわいい「しかまろくん」グッズがいっぱい!『奈良市観光センター』 地元民おすすめの観光情報も!

奈良市観光センター

奈良市繁華街には観光案内所が3つあります。今回はその中でも奈良市観光センターは、やすらぎの道の三条通りの交差点にある観光案内所をご紹介します。JR奈良駅と近鉄奈良駅の間にあり、英語と日本語の案内がメインの観光案内所です。
マスコットキャラクターしかまろくんグッズも充実しています。

Read More

2016年4月3日 CULTURE  DESTINATIONS  EVENTS

かわいい鹿の大群がホルンの美しい音色で集まる?!奈良の『鹿よせ』

鹿よせ

1892年(明治25年)に「鹿よせ」は鹿の保護施設である鹿苑(ろくえん)の完成式にあわせて始まりました。
戦中戦後に一時行われなくなったものの、再開され、現在も奈良の鹿とふれあうイベントとして親しまれています。春日大社の近く、飛火野(とびひの)と呼ばれる野原で行われます。

Read More

2016年2月19日 DESTINATIONS

覚えておきたい奈良の観光案内所3 JR奈良駅からすぐ!4か国語対応の『奈良市総合観光案内所』

奈良市総合観光案内所

奈良市総合観光案内所は、日本政府観光局が認定する外国人観光客案内所の最高ランクであるカテゴリー3の要件となっている観光案内所です。カテゴリー3認定所では、多言語での案内が常時対応可能です。 2015年12月1日に内装を一新し、新コーナーとともにリニューアルオープンしました。

Read More

2016年2月17日 DESTINATIONS

覚えておきたい奈良の観光案内所2 近鉄奈良駅に着いたら、まずここで情報を入手!『近鉄奈良駅総合観光案内所』

近鉄奈良駅総合観光案内所

近鉄奈良駅総合観光案内所は、近鉄奈良駅内にある総合観光案内所です。ここでは、英語で対応可能なスタッフが常駐して、奈良県内の観光案内を提供しています。
キャラクターのしかまろくんが目印ですよ。

Read More

2015年1月23日 DESTINATIONS

『東大寺の鹿』とかくれんぼ:とある奈良の鹿のとある朝

deer in Todaiji Temple

こんにちは。 僕は見ての通り鹿です。奈良の東大寺に住んでいます。 僕は武甕槌命(タケミカヅチノカミ)っていう神様をのせて来たからここでは神聖な存在なんだ。 まぁ、僕はおせんべいがもらえればそれでいいんだけどね。 そんな僕だけど毎日東大寺を見守っているよ。 ときどき我ながら、自分は本当に良い場所に暮らしてるって思うよ。 朝のパトロール、パトロール・・・ ・・・う~んやっぱり暇だな。 ちょっと休憩。かくれんぼでもしない? さぁ僕はどこでしょう? あっ・・・!しまったみつかっちゃう! さぁわかるかな? ここだよ~~まだわからない?けっこう大ヒントだけどなぁ・・・。 それじゃ、この中から僕を見つけに東大寺に遊びに来てよね。 Map 奈良県奈良市雑司町406−1

Read More

2015年8月27日 DESTINATIONS

奈良時代の首都 平城京とその宮殿跡『平城宮跡』

平城宮跡の第一次大極殿

平城宮跡は奈良市にある平城京の中枢機関の宮殿跡です。平城京は奈良時代(710年から784年)におかれた日本の首都です。平城宮跡は1998年に古都奈良の文化財として、考古遺跡としては日本で初めて、世界遺産に登録されました。

Read More

2015年11月18日 DESTINATIONS

奈良の職人技に感動!入場無料の『なら工藝館』

一刀彫制作風景

なら工藝館は、奈良県の伝統工芸品の中で優れた作家や職人さんの作品を常設で展示している施設です。10月27日から11月3日まで、開催された工芸フェスティバル2015にいってきました。展示室には、各分野の新作38点が並び、また私が足を運んだ日には、秋篠手織と陶芸の制作体験、一刀彫と奈良漆器の制作実演がおこなわれていました。

Read More

2015年7月28日 DESTINATIONS

剣の達人と天狗の戦いの伝説を伝える、不思議な形の石『一刀石』

一刀石

奈良、柳生の天石立神社にある一刀石は、剣豪の柳生石舟斎と天狗との戦いの伝説を伝える奇岩として知られています。石舟斎が修行中に現れた天狗を一刀で斬ったと思った瞬間、天狗は消え、そこにこの巨石があったと伝えられています。

Read More

2015年8月7日 EVENTS

奈良氷室神社のかき氷の祭典『ひむろしらゆき祭』

神前の前に集まる出店者と氷点前のために用意された氷(祈願祭)

奈良、氷室神社には氷の神様が祀られており、全国の製氷販売業者や氷売り業者からの信仰を集めています。氷の神を祀る氷の聖地ともいえる氷室神社で、日本人の大好きなかき氷と氷室神社の繁栄を祈念し、2014年の夏から始まったお祭です。

Read More

2014年8月12日 DESTINATIONS

こんなに間近で野生動物を見ることができます『奈良の鹿』

鹿せんべいをあげるときには、まわりに十分に注意をしなくてはいけませんよ! 奈良は、1300年以上前に日本の首都だったという、大変歴史のある場所です。 世界遺産も多く、観光客にも大変人気の場所ですが、その話はまた、別の記事でお知らせしましょう。 今日は、奈良公園に住んでいる鹿をご紹介します。 奈良では、鹿は古来より春日大社の神様の使いとされ、大事にされてきました。奈良公園に住む鹿は、国の天然記念物に指定されています。この約1,200頭もの鹿たちは、人に飼われているわけではありません。全て野生なんですよ。 野生の鹿は警戒心が強く、あまり人になつきませんが、奈良公園の鹿は人のすぐ近くまで寄ってきます。この鹿と触れ合いたいのであれば、ぜひ「鹿せんべい」を手に入れてください。鹿せんべいは、公園内の売店で売っています。 お勧めは、まわりにあまり鹿がいないところにある売店で購入することです。混雑した売店のまわりの鹿は、「誰か早くせんべいを買わないかな」と待ち構えているため、せんべいを買ったとたんにあなたは一気に鹿に囲まれ、後ろから前から、鼻でつつかれることでしょう。気が付いたら、せんべいは鹿に奪われているはずです。気を付けてくださいね。 少し離れてのんびりした鹿のところまでたどり着いたら、せんべいを1枚ずつ差し出してみてください。鹿が近づいてきますので、ゆっくりと後ずさりしながら、ていねいにせんべいをあげましょう。 全部なくなったら、両手を広げて鹿に見せてください。これが「もうなくなったよ!」の合図です。かわいらしい鹿とのひと時を楽しんでください。 ですが、鹿はあくまでも野生動物です。特に発情期などは警戒心が強く、時に人を襲うこともありますので、十分に注意してくださいね。 ■奈良公園 近鉄奈良駅より 徒歩5分 JR奈良駅より 徒歩約20分 営業時間 年中無休 入園料 無料 鹿せんべい 150円 鹿せんべいと鹿 / puffyjet IMG_3825 / tetchang Map

Read More

2015年1月24日 FOODS & DRINKS

奈良に伝わる伝統料理『柿の葉寿司』にこめられた先人の知恵を知ろう

kakinohazushi

包みを開くのが楽しい! 奈良の郷土料理『柿の葉寿司』とは? みなさんがよく知っている「寿司」とはちょっと違う、まるでプレゼントのように丁寧に包まれている『柿の葉寿司』。これは奈良県に古くからある伝統料理のひとつ。その歴史は江戸時代にさかのぼります。奈良といえば、海に面していない地域。和歌山の港で採れた魚を商人が運ぶとき、冷蔵設備がない時代ですから、魚が傷まないようにたっぷり塩がされていたのだそう。しかし奈良に着く頃には塩がまわってとてもしょっぱくなってしまい、煮たり焼いたりしても食べられない……そこで、魚の身を薄くそいでご飯にのせて食べるようになったことがきっかけだと言われています。 柿の葉で包むのは、柿がいっぱいあったから……だけじゃなかった!? なぜ、柿の葉で包まれているのでしょうか。奈良県は柿の名産地なので、柿の葉っぱがいっぱいあったからというのも、理由のひとつかもしれません。しかし大きな理由がもうひとつ。実は柿の葉には殺菌作用があることが古くから知られていて、笹や竹の皮などと同じように、食品を包むことにも使われてきたのです。いわば、天然の“ラップフィルム”だったんですね。しかも柿の葉の香りが食品に移り、味わい豊かになる。柿の葉寿司には先人の知恵がいっぱいなのです。 お魚の種類にはバリエーションがあるらしい! 奈良、京都などで見かける柿の葉寿司には、鯖、または鮭がのっています。現在では他にも、お店によって穴子や小鯛などをのせたアレンジも見られます。また石川県では鯖の上に酢飯をのせ、さらにその上に青藻やさくらえびをのせて葉で包むという、ちょっと違った柿の葉寿司もあるのだそう。お寿司が好きな方はぜひ、どちらも探してみてください!

Read More

2015年3月12日 DESTINATIONS

奈良時代から日本を見守る『春日大社』の神様が、住まいを建て替え

title_kasugataisya

起源は奈良に都ができた時代。四柱の神様が宿る『春日大社』 今からおよそ1300年前……768年のこと。日本の国の繁栄と国民の幸せを願って建立されたのが『春日大社』です。まず最初に、茨城県・鹿島神宮から武甕槌命(タケミカヅチノミコト)をお迎えして祀られます。その後、経津主命(フツヌシノミコト)、天児屋根命(アメノコヤネノミコト)、比売神(ヒメガミ)という、尊い神々様をお迎えしました。国宝である春日大社の御本殿が四つあるのは、このそれぞれの神様を宿しているからなのです。 20年ぶりに、神様の住まいを建て替える「式年造替」 春日大社では創建以来、20年ごとに社殿の修繕が行われてきました。これは神様の尊さをあらためて認識し、次世代へと伝え継ぐという日本古来の行事です。今年はちょうどその節目にあたり、神様には仮殿に一時的にお遷りいただく「仮殿遷座祭(かりでんせんざさい)」が来る3月27日に執り行われます。修復を終えて元の本殿にお還りになるのは、来年の11月。この間にも貴重な儀式がいくつも行われるそうです。 奈良で有名なあの動物。実は神様の使者だった! ちなみに、奈良といえば、「鹿」が多いことでも知られていますが、鹿は古くから神の使いと言われてきました。これは、武甕槌命が白鹿に乗ってきたことが理由だという説があります。かわいらしい使者たちも、この地から日本を見守り続けていてくれたのですね。春日大社だけでなく、隣接する奈良公園でもたくさん出会えるでしょう。 Map 奈良県奈良市春日野町160

Read More

2015年3月17日 DESTINATIONS

酒造りの神様と清酒のルーツに会いに『奈良』旅

title_Sake

杉の葉でつくられた新酒を知らせるオーナメント 日本酒を売る酒屋の軒先につるされた丸い玉をみた事がありますか?それは、杉玉と呼ばれる酒屋のシンボルです。杉玉は、スギの葉を集めてボール状にしたもので、酒屋の軒先につるされ、新酒ができたことを知らせます。始めは青々としていた杉玉が、時間がたつにつれ茶色く変化していく様子で、お酒の熟成の度合いを知らせるのです。日本酒を売る酒屋を知らせる看板としての役目もあります。日本酒は、米と麹と水を主原料にした日本独自の製法でつくられる醸造酒です。 杉玉が杉の葉から作られる理由 奈良には大神神社という日本最古の神社があります。この神社は三輪山をご神体とし、本殿をもたず拝殿から三輪山を仰ぎ見る古神道の形態を残しています。杉の木をご神木とし、酒と杜氏(蔵人の監督者かつ酒蔵の最高製造責任者)の神様を祀り、全国の酒造家や杜氏から信仰を集めています。毎年11月には、「酒祭り」が行われ、酒造関係者が多数参列し、醸造の安全を祈り、お守りの護符と神社でつくられた杉玉を持ち帰ります。 夢のお告げとお酒の神様 大神神社がお酒の神様として信仰されるようになったのには、日本書紀に記された物語にあります。 古代•祟神天皇時代、国が疫病の流行により混乱した際、天皇が大物主大神様から子孫の太田田根子を祭主に酒をつくり奉納するようにとの夢でお告げをうけ、高橋活日命に命じ一夜で酒をつくらせ奉納したところ、疫病は去り、国が平定し再び栄えたということです。 この言い伝えから、酒造の神様を大物主大神、杜氏の神様は高橋活日命として祀られるようになりました。 清酒発祥の地 奈良は日本清酒発祥の地としても知られています。日本では、僧坊酒と呼ばれる日本酒が、平安時代から江戸時代にかけて大寺院で造られました。中でも特筆するのは奈良の正暦寺で、この寺で近代醸造法の基礎となる酒造技術が確立されたことで、日本清酒発祥地とされています。 奈良を訪れる機会があれば、三輪のお酒の神様やお寺で造られたお酒のこと、日本人とお米との深い関係について思いを巡らせてください。 【写真提供:奈良市観光協会】 日本清酒発祥地として知られる『正暦寺』 ■拝観料: 正暦寺 福寿院客殿 大人 500円 小人 200円(小学生のみ) 団体割引 大人400円 小人150円(小学生のみ) ※団体参拝は20名様以上から団体割引を適用いたします。 【写真提供:奈良市観光協会】 【写真提供:奈良市観光協会】 Map 奈良市菩提山町157番 正暦寺

Read More

2015年3月19日 DESTINATIONS

興福寺のたもと、みんなの憩う『猿沢池』

sarusawa01-1

お寺めぐりもいいけど、ならまちもおすすめ。ならまち散策に疲れたら、猿沢池で一休み。 奈良にはならまちという江戸時代以降の町家が数多く立ち並ぶ地域があります。 歴史的な町並みの中に、カフェや資料館、和菓子屋さん、料理屋さん…があり散策するには最適の場所です。 ならまちを歩き疲れたときに、ほっと一息いれることのできる場所が猿沢池のほとりです。 猿沢池は、興福寺から歩いて5分ほどのところにある池です。 池の周りにはベンチがおかれていて、興福寺の五重塔と柳の風情ある風景を楽しむことができます。 池の中を覗き込むと、ゆったりと泳ぐ鯉や亀の姿をみる事ができると思います。 実は人口の池 この池はもともと興福寺の放生会のためにつくられた放生池です。 放生会というのは、万物の生命をいつくしみ、捕らえられた生き物を解き放つ宗教儀式です。 放生会は春に行われます。 桶に入れられた金魚に戒めが僧侶により告げられ、般若心経とともに猿沢池に放たれます。 戒は人が仏になろうとするとき、お釈迦さまの教えに入る際に誓う約束ごとのようなもので、般若心経は尊い仏教のお経です。仏教には輪廻の思想があり、すべての生き物に魂がやどると考え、生命を大切にし慈しみます。お釈迦さまは、いきとしいきるものがやがて輪廻をめぐり仏となることができるととかれました。 釈迦と魚 釈迦が前世、流水長者としていきた頃、2人の子供とともに歩いていると水の枯れた池でたくさんの魚が 死にかけているところをみました。長者は魚たちに哀れみの心をもち、20頭の象に水と餌を運ばせ、魚たちに与え、死後、天界に生まれるようにと説法をしました。魚たちは死後、天界に転生し、長者に報恩の華と宝珠をふらせたといいます。魚たちに戒をさずけ池に放つのは、将来仏になるための仏縁を結び次のよき輪廻へ解放する行為でもあるのです。 それにしても、猿沢池では戒を授けられた魚たちが泳いでいるとは、仏教との関わりの深い奈良ではの出来事ですね。 猿沢池 ■入場料:無料 Map 奈良県奈良市登大路町

Read More

2015年6月10日 DESTINATIONS

奈良の唐招提寺で触れてみよう 美しい水の花『蓮』

title_hasu

蓮の咲く寺 唐招提寺 奈良、唐招提寺は唐の高僧•鑑真大和上が奈良時代に創建した寺院です。1998年に古都奈良の文化財の一部としてユネスコより世界遺産に登録されました。 唐招提寺では、開創以来、蓮を大切に栽培してきました。約130の蓮鉢と、境内2ヵ所の蓮池があり、鉢植えは6月中旬から7月下旬、蓮池は7月中旬から9月初旬まで花が楽しめます。 蓮の花のステージと仏像 金堂にはいると、仏像をみる事ができます。仏像の足元をみて下さい。ステージのような花のデザインの台座に気がつくはずです。 仏像が座る、もしくは立っている台座は蓮の花を表しています。蓮の花は、台座にデザインされているだけでなく、仏像の手に持たれていることもあります。蓮の花は仏教の教えを象徴する花です。 お釈迦さまの話には蓮の花が象徴的な意味をもって現れます。 お釈迦様が生まれ歩み始めたとき、大地が割れ大きな蓮の花がさきました。お釈迦様はその蓮の中にたち「天上天地唯我独尊」と第一声をあげたといいます。このことから、蓮は仏教で仏の座とされます。 仏教伝来と蓮の花文様 蓮の花文様は飛鳥時代(529~710)の仏教伝来と共に朝鮮半島経由で日本へ入ってきました。飛鳥時代に蘇我氏の氏寺として6世紀末から7世紀初頭に奈良に建てられた、日本で初めてのお寺、飛鳥寺の瓦は蓮の文様をしています。この寺の建立にあたり、百済(朝鮮)から各方面の技術者が招聘されました。その中には瓦師と呼ばれた瓦つくりの技術者がいました。彼らが指揮した瓦づくりには、その当時の百済の瓦の影響がみられました。その文様が、蓮だったという訳です。仏教が伝来した頃から、蓮の装飾と寺院との関係は始まっていたといえます。 水辺にさく、極楽浄土の花 蓮は水の花ともいわれ、池や湖などの水辺に群生します。蓮の花は7月から8月に開花します。水中の地下茎から茎を水面にだし、白色からピンクの美しい花を咲かせます。朝早くに花が咲き、昼頃には閉じるので、蓮の花の開花が見たい場合は、朝早起きしないといけません! 仏教では、蓮は極楽浄土の神聖な池に咲く花として信じられており、お寺の境内に植えられるようになりました。日本のいくつかの寺院では、境内の蓮の花をみる事ができます。 Map 奈良市五条町13-46

Read More

2015年6月29日 DESTINATIONS

奈良の侍の里柳生。ここでしか買えない小さな「瓦の家紋」のお土産は、『十兵衛食堂』で!

十兵衛食堂でお土産を!

看板に注目!日本の2枚笠のロゴの十兵衛食堂 剣豪の里、柳生は奈良市の中心部から、バスで1時間ほどのところにあります。 近鉄奈良駅から、約50分、柳生上のバス停向かいすぐに十兵衛食堂があります。十兵衛食堂では、うどんやそばなどの麺類、丼物、山菜定食などが食べられます。冬には牡丹鍋(イノシシ鍋)も楽しめます。木製の看板に十兵衛の名前と、日本の笠を2つ重ねたロゴが掲げられています。 柳生の里は、日本の侍、柳生一族ゆかりの土地です。史跡を巡る際、この笠のロゴのマークを目にする機会が何度があると思います。 食堂の名前の由来 十兵衛食堂の名前は、柳生一族の侍、柳生十兵衛からきています。十兵衛は柳生の豪族、柳生一族に生まれた江戸時代(17C〜19C)の剣士です。諸国を放浪し、武者修行に明け暮れさまざまな逸話を残しました。この逸話をもとに、十兵衛を題材にした小説や映画が日本でつくられました。十兵衛は、片目眼帯の姿でえがかれます。彼は幼少のころ剣の練習をしていたとき、失明したといわれています。映画や小説の世界の存在ではなく、柳生には彼が諸国漫遊に出かける前に植えたといわれる杉の木や、彼が設立した1万3千人の門弟を指導した正木坂道場、彼のお墓のある芳徳寺が実在しています。 柳生一族のシンボル!2枚笠の小さな家紋のお土産! お店の看板のロゴは、柳生家の家紋です。日本人には、名字があり、それぞれの家の家系を示す家紋を持っています。柳生十兵衛の生まれた柳生家に伝わる家紋は、柳生笠です。柳生がさは笠紋の一つで、市女笠という種類の笠を2つ並べたものを図案化しています。この家紋の小さな瓦を、十兵衛食堂ではお土産として販売しています。価格は300円ととてもお手頃です。他にも、お茶などのお土産もあります。 柳生の里にゆかりの深い柳生一族のシンボルでもある家紋をお土産に、小さな瓦をみるときには柳生の里と柳生一族のことを思い出してください Map 奈良県奈良市柳生町83-3

Read More

2015年7月1日 FOODS & DRINKS

奈良、柳生の里に伝わる郷土料理、葉っぱに包まれている『朴葉すし』

houba-zushi

朴の葉につつまれたお寿司 お寿司といえば、ご飯の上にネタがのっている姿を思い浮かべますよね?でも、奈良には葉っぱに包んでだす郷土料理があるんです。中でも有名なのは柿の葉寿司ですが、同じ日本人にもあまりしられていない大きな朴の葉にくるまれた素朴なお寿司があります。 柳生の里でとれた朴の葉でいただく朴葉寿司 朴葉すしは、平成13年5月に柳生の民宿、久保田亭で誕生しました。元々は、朴柏弁当という朴の葉に包まれた子供の為のおやつでした。この頃の柳生には、柳生を代表するようなお土産がなく、旅行会社の人からのリクエストもあり、このお弁当から着想を得て、朴葉寿司がつくられました。朴葉寿司は朴の葉に、ふき佃煮、鮭酢漬、シーチキン甘煮、じゃこちりめん、しじみ、紅生姜とほんのりお酢のきいたご飯が包まれています。 朴葉寿司は、朴の木の新芽の時期の5月〜6月が一番香りがよく、おいしくいただけるシーズンです。 朴の木と日本人の生活の関わり 朴の木は古代から日本人の生活に深く結びついてきました。朴の葉は20cmから40cm, 日本の樹木の中で一番大きいといわれ、大きな葉は古代には儀式や写経、食べ物を包んだり、お酒を飲むときの器として使われてきました。現代でも、朴の葉は香りがよく、殺菌効果があるためお寿司やお餅をつつんで朴葉すしや朴葉餅をつくる材料としてつかわれています。葉は落ち葉になっても火に強いので、葉の上に味噌や食材をのせてやく朴葉味噌や朴葉焼きといった料理にもなります。木材は堅く、下駄の歯や版画用の板、和包丁の柄やまな板、日本刀の鞘にも使われています。 Map 奈良県奈良市柳生町325

Read More

2015年7月6日 DESTINATIONS

日本の歴史好きならぜひ訪れてほしい!平和を願う侍の隠れ里 奈良『柳生』

title_yagyu

奈良市内からバスで1時間ほどのところにある、隠里、柳生。ここは日本の有名な剣豪を排出した柳生一族ゆかりの土地です。

Read More

2015年10月27日 DESTINATIONS

なつかしいからくりおもちゃを手にとって遊べる『奈良町からくりおもちゃ館』

奈良町からくりおもちゃ館

奈良町からくりおもちゃ館は、1890年頃に建てられた伝統的な町家で昔ながらのおもちゃに触れて遊ぶことができる体験型の施設です。併設されている工房では、毎月1回から、からくりおもちゃの魅力や日本の伝統的な文化•技術を伝える目的で、製作体験講座を開催しています。からくりおもちゃは200点あり、2ヵ月に1回程度展示替えが行われます。

Read More

2015年10月31日 DESTINATIONS

1300年前に建てられた奈良•春日大社を修理!『檜皮•お砂奉納千人行列』

檜皮 お砂奉納千人行列

春日大社の20年に一度の本殿修理「第六十次式年造替」を祝う奉祝行事、檜皮•
お砂奉納千人行列が10月17日と18日に奈良で開催されました。 地元および全国の方達が奉祝に参加する行事として、社殿などの修繕に使われる屋根材の檜皮と、御本殿完成後に御本殿内院や後殿に敷き詰められるお砂が千人行列によって運ばれました。

Read More

2015年7月8日 DESTINATIONS

近鉄奈良駅でおなじみの待ち合わせ場所。その目印は、『行基像』!

近鉄奈良駅前の行基像

昭和45年(1970年)に近鉄奈良駅再開発事業の完成を記念して、東大寺大仏殿に向かって立つ行基菩薩をモチーフに奈良の伝統的な焼き物の赤膚焼きでつくられました。途中、心ない者の手で破壊されましたが、平成7年(1995年)にブロンズ像で復元されました。地元では、行基の立つ広場は「行基広場」と呼ばれ、待ち合わせの場所として親しまれています。

Read More