Tadaima Japanセレクト!フォトジェニックな日本

目次

2015年10月29日 TRAVEL DESTINATIONS

東京の一押し紅葉スポット!ため息が出るほどきれいな神宮外苑『いちょう祭り』

いちょう祭り

神宮外苑は、東京都港区・新宿区にまたがる洋風の庭園で、明治神宮が管轄しています。敷地内には、明治神宮野球場もあり、都民の憩いの場所として知られています。いちょう並木は、神宮外苑が完成とほぼ同時、1923年に作られました。
樹齢100年を超えるいちょうは、全部で146本。9M間隔で300Mにもわたり、美しい並木道を作り出しています。

Read More

2015年1月23日 TRAVEL DESTINATIONS

『東大寺の鹿』とかくれんぼ:とある奈良の鹿のとある朝

deer in Todaiji Temple

こんにちは。 僕は見ての通り鹿です。奈良の東大寺に住んでいます。 僕は武甕槌命(タケミカヅチノカミ)っていう神様をのせて来たからここでは神聖な存在なんだ。 まぁ、僕はおせんべいがもらえればそれでいいんだけどね。 そんな僕だけど毎日東大寺を見守っているよ。 ときどき我ながら、自分は本当に良い場所に暮らしてるって思うよ。 朝のパトロール、パトロール・・・ ・・・う~んやっぱり暇だな。 ちょっと休憩。かくれんぼでもしない? さぁ僕はどこでしょう? あっ・・・!しまったみつかっちゃう! さぁわかるかな? ここだよ~~まだわからない?けっこう大ヒントだけどなぁ・・・。 それじゃ、この中から僕を見つけに東大寺に遊びに来てよね。 Map 奈良県奈良市雑司町406−1

Read More

2015年2月19日 TRAVEL DESTINATIONS

雄大な富士山と海が見渡せる、人々の心をいやす『吾妻山公園』

今が満開!黄色のじゅうたんを敷いたような菜の花畑 この写真をご覧ください! なんと鮮やかで、なんと美しい花畑でしょう!見ているだけで、笑顔になってしまうような、素敵な景色ですよね。 ここは、神奈川県にある吾妻山公園です。まさに今が見ごろの菜の花畑は、毎週末に多くの家族連れでにぎわっています。 この公園は高台にあるため、360度ぐるりと景色が楽しめます。箱根の山々や雄大な富士山、そして太平洋までも見渡せます。一面が芝生ですので、何とも言えない開放感と安心感に包まれる、そんな気分になれる公園です。 人々の心をいやすために作られた、地元に愛される公園 吾妻山は、もともと景色のいい山として地元の人に親しまれていましたが、戦後の混乱の中、整備も行き届かず荒廃してしまいました。 それを悲しく思った地元の方々は、5年もの歳月をかけて山を整備し、今の吾妻山公園をつくったのです。約30年前のお話です。 それから、10年ほど前から菜の花が植えられるようになり、今のように見事な菜の花畑が知られるようになりました。 今では、地元の方のお散歩コースとしても親しまれています。 もしあなたが、箱根の温泉に行く予定にしているならば、少し寄り道をして菜の花畑を見に行ってみませんか?お散歩をする地元の方とすれ違いざまのあいさつを交わすのも、旅の楽しみの一つかもしれませんよ。 JR東海道線 二宮駅より徒歩すぐ Map 神奈川県中郡二宮町二宮 吾妻山公園

Read More

2014年10月30日 TRAVEL DESTINATIONS

信州の自然に包み込まれる感覚……他では出会えない乗鞍岳の『三本滝』

年間を通じて見どころいっぱい! 信州・乗鞍高原で自然の恵みを享受する 長野県にある乗鞍岳とは、北アルプス中部山岳国立公園にある標高3026mの山。同じく信州にある山岳観光地・上高地と並んで、四季折々の自然の魅力あふれる場所として知られています。乗鞍高原一帯は、一年を通して自然を満喫できます。秋の時期は美しい紅葉が見られ、標高3000mの山頂付近ではハイマツの緑とナナカマドの赤のコントラストが、訪れる人々の目を楽しませてくれます。 “日本の滝百選”に選ばれた『三本滝』が見せる、他にはない絶景とは 乗鞍岳の東側の裾野には、大きな3つの滝があります。「番所大滝」、「善五郎の滝」、そして日本の滝百選の指定を受けた『三本滝』。どれも清々しい美しさを誇る滝ですが、特に『三本滝』の珍しいところは、水源が異なる3つの滝が一ヶ所に合流していること。岩肌を伝うように流れてくる滝、豪快な水しぶきを上げて流れる滝など、50m~60mの高さから滝つぼへ集まる様子は圧巻です! 春の芽吹きが待ち遠しい! 植物いっぱいの高原を散策しよう 登山、スキー・スノーボード、温泉などを楽しめる乗鞍高原一帯は、一年を通して豊かな自然を満喫することができます。他ではあまり見ることができない沢山の花や植物、野鳥、動物たちに出会えることでしょう。紅葉の季節のあと、雪深い冬を過ぎたころからは、散策を楽しむのがお勧め。長野を訪れたら、ぜひ乗鞍の原生林と滝の美しさを堪能してください。 Map

Read More

2015年9月7日 TRAVEL DESTINATIONS

海に浮かぶ幻想的な大鳥居を見に行こう 『厳島神社ライトアップ』

厳島神社夜景

夕食の後、夜の厳島神社を見に行こう 今夜は宮島にお泊りですか? そんな方にぜひお勧めなのが、夜の厳島神社です。 昼間の厳島神社や、干潮時の大鳥居を見たときは、多くの観光客でにぎわっていましたが、今はとっぷり日も暮れて、人もまばら。 日中のにぎやかな雰囲気が嘘のように静かで、波の音だけが聞こえてきます。 私たちは、旅館で夕食を食べた後、ライトアップされている厳島神社を身に、足を運んでみました。 幻想的な大鳥居は必見! なんといっても美しいのは、海に浮かぶ大鳥居。ライトに照らされた大鳥居が、さらに海面に映し出され、とても幻想的な光景を見ることができました。この美しさに導かれ、たくさんの神様が舞い降りてきているのではないかと思うほどです。 ここでもしばらく見とれてしまいましたよ。 旅館でお食事の後は、ライトアップを見に、お散歩に出ることをお勧めしますよ。 街の明かりと大鳥居、月と厳島神社、水面に揺れる大鳥居・・・その魅力ははかり知れませんね。 ライトアップは、日没から23時ごろまでほぼ毎日行われています。 もちろん、宮島に宿泊をしない方でも、ライトアップを見ることはできますよ。ただし、帰りのフェリーの時間だけは事前にチェックしておきましょう! Map 広島県廿日市市宮島町1-1

Read More

2016年6月11日 FESTIVALS & EVENTS  TRAVEL DESTINATIONS

水上から!!隅田川花火大会を事前予約で、優雅に楽しむ!おすすめプラン

Sumida_Fireworks_001

今年も隅田川花火大会では2万発の花火が夏の夜空に上がります。暑い夏をひと時忘れさせる美しい花火を特別なシチュエーションで見てみませんか。

Read More

2015年2月21日 FESTIVALS & EVENTS  SEASONAL

うっとりするほど幻想的で美しい雪国の景色を楽しもう『湯西川温泉かまくら祭り』

800年以上前の伝説が、今も息づく山里の温泉 ここは栃木県の秘湯、湯西川温泉。日光からもほど近いこの温泉は、長い歴史があります。今から800年以上も前に日本で栄華を誇っていた「平家」が、山口県での大きな戦いに敗れ、滅亡しました。生き残った人々は、命からがら全国に散りました。これを「平家の落人伝説」と言います。 そのうちのひとつが、湯西川温泉です。ここでは、当時の人々の生活がわかる資料館や、古いお寺が今も残っていて、今は人気の観光スポットとなっています。 凍てつく夜でも、優しい光に癒されます そんな湯西川温泉では、毎年冬に「かまくら祭り」が開催されています。 この幻想的な景色をご覧ください。高さ40㎝ほどの小さなかまくらの中には、ガラスコップに包まれたろうそくが。 これは、メイン会場である沢口河川敷会場では約1000個、平家集落会場では約200個も並べられ、大変美しく幻想的な雰囲気を醸し出しています。 うっとりしてしまいますね。 ミニかまくらライトアップは、17:30~21:00に行われます。木曜定休。 他にも楽しいイベントがいっぱい!足湯もおススメ! このかまくらは、何でしょうか?温泉の入り口のようですね。ここに入ってみると・・・実は中に足湯があるんです。冷え切った足を温めるには、最高ですよね!中でつながっているので、カップルでも一緒に楽しむことができますよ! このかまくらに埋もれた自動販売機なども、人気のスポットです。 他にも、かまくらの中で楽しめる「かまくらバーベキュー」も人気のアクティビティですよ。(予約には電話が必要ですので、ご注意ください。日本語対応のみ) 日本はこれから、少しずつ春を迎えようとしていますが、北国はまだまだ冬まっさかりです。この季節をぜひ皆さんにも楽しんでいただきたいなと思います。 ■湯西川温泉かまくら祭り ~3月8日(日)まで開催 入場時間 9:00~21:00 ミニかまくら点灯時間 17:30~21:00 【かまくらバーベキュー】 営業時間11:00~15:00 ご予約受付 10:00~15:00 ご予約電話番号 0288-98-7005 料金 「バーベキュー用かまくら」使用料(1棟)1,000円+「バーベキュー料理代」1人前1,500円(※2人前より) ご利用時間 1回50分 ■アクセス 野岩鉄道湯西川温泉駅から日光交通バス湯西川温泉行き乗車約30分 「本家伴久旅館前」下車徒歩約15分 Map 栃木県日光市湯西川温泉

Read More

2015年1月19日 SEASONAL  TRAVEL DESTINATIONS

夜の海面に浮かぶ幻想的な灯り。白浜の冬の風物詩『風待ち船』とは

kazemachi

静かな夜の海に連なる灯りの正体は、停泊中の船でした こ波の音だけが静かに響く、夜の伊豆・白浜の海。月の明かりでもなければ真っ暗なはずの海面に、ずらりと灯りが並ぶ幻想的な夜景に出会えることがあります。これは、イカリをおろして停泊中の船なのだそう。下田沖は、貨物船などの船舶の往来がとても過密なエリア。その船がある時期だけ、灯りをともしながら待機することがあるのです。 『風待ち船』が見られるのは、西風が強くなる冬の時期だけ 白浜の冬の風物詩として知られるこの景色は、『風待ち船』と呼ばれています。冬の季節は、風速30メートルもの西風が吹く場合があるのだそう。船は行く手を阻まれてしまうため、風が止むのを待っているのです。冬の夜の海にぼんやりと灯る何曹もの船の灯りは、とても幻想的ですね。 もちろん暖かい季節も! 美しい白浜の海は1年を通して堪能したい 白浜といえば、白い砂浜が美しい広大なビーチが有名です。そしてその白い砂と対称的に、眼前に広がるエメラルドグリーンの海。訪れるすべての人を魅了します。海といえばビーチレジャーを思い浮かべると思いますが、こうして冬にしか出会えない風景もありますので、ぜひチェックしてみてください。 Map 静岡県下田市白浜2745-1

Read More

2014年9月24日 SEASONAL  TRAVEL DESTINATIONS

100万本の「彼岸花」が妖しく咲き乱れる、『曼珠沙華の里 巾着田』

ご先祖様に感謝の気持ちを伝える、日本だけの行事「お彼岸」 仏教では4月と9月下旬の昼と夜の長さがほぼ同じになる日を「彼岸」と言い、あの世とこの世へ繋がる道がもっとも通じやすくなる日と言われています。このお彼岸の時期には「彼岸花(曼珠沙華」」という美しい赤い花を日本全国で見ることができます。 儚く美しい景色は、とても幻想的です 秋の彼岸の時期に咲くことやお墓の周りに植えられることが多いので、「死人花」「幽霊花」とも呼ばれ、その名の通り、咲く姿はどこか不気味で妖しくもあります。 まっすぐに伸びた茎に鮮やかな花だけがついていて、葉は見あたりません。花が終わってから葉が出てくるのです。しかも1日に10cm近くも茎が伸び、瞬く間に50センチ位になり、1週間ほどで花も茎も枯れてしまいます。そんな儚さがよりいっそう美しさを際立てます。 100万本の彼岸花が咲き乱れる「巾着田」 そんな彼岸花を見られる場所は、埼玉県の巾着田です。 ここでは100万本の彼岸花が咲き乱れ、この世のものとは思えない荘厳な景色をみせてくれます。この時期に日本に来られる方はぜひ彼岸花の妖しい美しさに触れてみてください。 「巾着田曼珠沙華公園」 営業時間:8時30分~17時15分 入場料:300円 Map

Read More

2014年10月15日 SEASONAL  TRAVEL DESTINATIONS

黄金色の絨毯が広がる『箱根・仙石原ススキ草原』

日本の秋の風物詩、ススキが見頃をむかえます。 日本では秋になると黄金色に色づいたススキが野原や河川敷に生い茂り、秋の深まりを感じさせてくれます。 ススキと日本人は昔から親しい関係でした。茅葺屋根という屋根を作るための原料や家畜のえさとして生活に欠かせない重要なものだったので、村の近くには「茅場」と呼ばれるススキの為の草原があったそうです。現在では茅場はなくなりましたが、ススキを十五夜に飾る習慣が残っています。 また「秋の七草」とも呼ばれ、秋を代表する植物の1つです。春にも七草がありますが、春の七草はお粥にして食べて味わい、秋の七草は花を見て楽しみます。 昔は生活の重要な資材として、現在は秋の訪れを感じさせてくれる風情豊かな植物として愛されているんですね。 幻想的なススキ草原へ行ってみよう。 箱根の仙石原ススキ草原では広大な敷地に美しいススキが広がります。11月頃には山々の紅葉も見頃となり、黄金色のススキと美しい紅葉のコラボレーションが楽しめます。 ススキ草原では他の雑草が生えてこないように毎年春に野焼きを行い一度すべて焼き払います。広大な敷地の野焼きは大変な作業でが、多くの地域の人たちの協力によって美しい風景が維持されているのです。 優しい秋風に揺れる草原の一本道を歩けば、ノスタルジックな気分で忙しい生活を忘れさせてくれるでしょう。ぜひ幻想的なススキ草原へ足をのばしてみてください。 仙石原ススキ草原へのアクセス 箱根湯本駅から箱根登山バス桃源台線(T路線)約30分「仙石高原」バス停下車すぐ 新宿駅から小田急箱根高速バス「仙石高原」バス停下車すぐ 特別運行バス 運行日 2014年10月4日(土)~11月9日(日) ※土・日・祝日限定 運賃 強羅駅~仙石高原(ススキ草原) 560円 Map

Read More

2015年10月8日 SEASONAL  TRAVEL DESTINATIONS

群馬県にあるダム湖『碓氷湖』で、ウォーキングしながら紅葉を楽しもう

碓氷湖

湖のまわりを歩きながら紅葉を堪能 日本はそろそろ、本格的な秋の訪れを迎えます。今日は少し早目の今月下旬から見ごろを迎える、群馬県の碓氷湖の紅葉をご紹介しましょう。 群馬県安中市にある碓氷湖は、坂本ダムを作った時にできた、人造の湖です。 何といってもおススメなのは、碓氷湖の周辺が遊歩道として整備されていること。湖のまわりを1周するのに約20分、約1.2キロの道をゆったりとした気持ちで歩くことができます。 廃線になった鉄道跡地「アプトの道」に足を延ばす 時間に余裕のある方にお勧めしたいのが、全長約13kmの「アプトの道」という遊歩道を歩く約4時間のウォーキングです。実は、この碓氷湖の遊歩道は、「アプトの道」の一部なんですよ。 アプトの道は、今はもう廃線となってしまった鉄道の線路が敷かれていた跡地を遊歩道としたもので、トンネルの中や橋の上を歩く大変人気のコースです。アプトの道は、JR信州線の横川駅を始点・終点としています。 東京からは新幹線と在来線を乗り継いで約1時間半。この写真のようによく晴れた秋の日、今年初めての紅葉狩りに出かけてみてはいかがですか? 横川駅の目の前にある「おぎのや」さんでは、「日本一人気の駅弁」にも輝いたことのある「峠の釜めし」が売られていますよ。ぜひぜひ、ご堪能ください。 Map 群馬県安中市松井田町坂本

Read More

2015年10月21日 SEASONAL  TRAVEL DESTINATIONS

11月下旬からが見頃!今話題の石川県で『兼六園』の紅葉を観よう!

兼六園

石川県金沢市に位置する兼六園は日本の日本三名園に挙げられる代表的な大名庭園。園内には様々な自然があり、四季を通して美しい景観を楽しむ事ができます。秋はモミジ、カエデ、サクラ、ケヤキ、ドウダンツツジなどが紅葉します。11月20日からの幻想的なライトアップは必見!

Read More

2016年11月18日 FESTIVALS & EVENTS  SEASONAL  TRAVEL DESTINATIONS

紅葉の東京を歩こう、厳選の6スポットを写真で紹介!

title_autumn_foliage

11月に入り、東京も一段と気温の下がる日が増えてきました。今回は晩秋の澄んだ空気に浮かび上がる東京の色づく木々を写真でご紹介します。

Read More

2014年6月25日 TRAVEL DESTINATIONS

東京から手軽に行ける、広大なラベンダー園『たんばらラベンダーパーク』【群馬】

東京から手軽に行ける、関東一のラベンダー園 日本で見られるラベンダー畑と言えば、北海道を思い出す方も多いかもしれません。 スキー場としても有名な群馬県玉原高原は、夏は関東一のラベンダー園として多くの観光客の人気を集めています。 見ごろは、7月中旬~8月の中旬で、約5万株のラベンダーが咲き誇ります。ラベンダー以外にも様々な高山植物が色とりどりの花を咲かせていて、園内の彩りの丘には6色の花の帯を見ることができます。 標高1,300mの高地にありますが、ラベンダー園の中腹まではスキー用のリフトが動いています。リフトで登って、ゆっくりと歩きながら降りてくるのがおススメです。 園内では、ラベンダー入りのソフトクリームなども販売されていますよ。 家族旅行にもお勧めです 玉原高原は、冬はスキーのゲレンデとして有名ですよね。そこにあるラベンダーパークは、その名のとおりラベンダーがとても美しい公園です。 暑い夏でも標高が高い場所にあるので、少しひんやりとしていて涼しく感じました。 ラベンダーの香りには安静効果があると言われており、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安やイライラを解消してくれるそうです。お仕事や家事などで疲れを感じたら、ここに行ってみるといいかもしれないですね。 また、ゆっくりと自然の中で楽しめるため、家族旅行にもお勧めですよ。 Map 群馬県沼田市玉原高原

Read More

2014年6月30日 TRAVEL DESTINATIONS

地獄谷野猿公苑【長野・下高井郡】

【Photo by Yuri Suzuki】 世界で唯一、温泉に入る野生の猿 地獄谷野猿公苑は、標高850メートルの高地にあり、大変に雪深い環境にあります。切り立った崖と立ち上る温泉の煙が、まるで地獄のようだというところから、「地獄谷」という地名になりました。 ここは、ニホンザルの生息地です。そして、世界で唯一、温泉に入る野生のサルがいることでも有名な場所です。 サルたちは昔から温泉に入っていたわけではありません。ある冬、子ザルが偶然に露天風呂に入ったそうです。それにつられて、仲間のサルたちも徐々に温泉に入ることを覚えました。寒い冬は、温かくて気持ちよかったんでしょうね。その気持ちよさは、サルたちの表情を見れば、一目瞭然です。 【writer Aquico】 【Photo by Yuri Suzuki】 海外の方からもとても人気の高い観光地の一つです。 サルたちは人間を怖がることも少なく、いたずらもあまりしないようで、とてもかわいかったです。 冬に行くのがおススメですが、とても寒いので、ぜひ温かい格好と動きやすい服装をしてくださいね。 【Photo by Yuri Suzuki】 【Photo by Yuri Suzuki】 Map 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

Read More

2014年7月2日 TRAVEL DESTINATIONS

鳴門の渦潮【徳島・鳴門市】

【Photo by Yuri Suzuki】 日本一の速さで流れる渦潮を体験! 瀬戸内海の鳴門海峡では、潮の干満によって渦潮が発生します。これを「鳴門の渦潮」と言います。大きなものになると直径20メートルにも達します。 また、春と秋の大潮の時期にできる渦の大きさは、直径30メートルにもなります。これは世界一の大きさだと言われています。 渦潮が見られるのは、1日2回。満潮と干潮の前後1時間くらいです。渦潮は太陽と月の引力によって作られているのですから、神秘的ですよね。 雷のような大きな音で渦潮が流れていく様子は、まさに圧巻。自然の威力を感じます。 渦潮は、観光船や橋の上からも見ることができます。 【writer Aquico】 【Photo by Yuri Suzuki】 お勧めは、「うずしお観潮船」という観光船です。 約30分の旅で、間近で渦潮を見ることができます。かなりの迫力ですよ! 船内はゆったりとしていますので、家族旅行にもいいですね! 【Photo by Yuri Suzuki】 【Photo by Yuri Suzuki】 Map 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦大毛264−1

Read More

2014年7月4日 TRAVEL DESTINATIONS

日本一のモグラ駅『土合駅』【群馬・利根郡】

【Photo by Yuri Suzuki】 日本一の、モグラ駅とは!? 群馬県谷川岳の山中にある「土合」という駅をご存知ですか? JR上越線の山あいにあるこの無人駅。高崎行きは普通のホームなのですが、長岡行のホームは何と、地下70メートルに位置する「日本一のモグラ駅」なのです。 地上から長岡行のホームに行くためには、連絡通路を143メートル歩き、さらに462段の階段を降りなくてはなりません。少なくとも10分はかかります。 そんな地下深い場所ですが、標高は583メートルもあるんですよ。駅のホームというよりは、地下のシェルターのような場所です。 谷川岳に登る前のウォーミングアップに最適だと、この長い階段にチャレンジする人もいるそうですよ。階段を登れば、山の頂上に立った気持ちになれるかもしれないですね。 【writer Aquico】 【Photo by Yuri Suzuki】 地下深いトンネルの中なので、夏でもとても涼しく感じました。というよりも寒いくらいです。エスカレーターやエレベーターはありませんので、頑張って自力で上り下りする必要があります。 子供たちは、秘密基地に来たようだと喜びますが、大人には体力以外に気力も必要かもしれないですよ。 【Photo by Yuri Suzuki】 【Photo by Yuri Suzuki】 Map 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽218-2

Read More

2014年7月10日 TRAVEL DESTINATIONS

横浜 赤レンガ倉庫

ロマンチックな夜景デートはいかがですか? 横浜は、古い時代の建物や、異国情緒あふれる街並みが残る、歴史ある街である一方、カフェや洋服屋などが立ち並ぶ、おしゃれな街でもあります。 赤レンガ倉庫は、1910年ごろに建設された歴史的建造物をそのまま利用した、商業施設です。赤レンガ倉庫の1号館は、イベントホールや展示スペースなどの文化施、2号館は、レストランやショップが立ち並び、横浜港の眺望を楽しむことができます。 横浜は夜景が美しいことでも有名です。近くには海沿いの公園(山下公園)もありますので、カップルでゆっくり歩きながら、愛を語り合うのもいいかもしれませんよ。 横浜は、都会でありながら空も海も広く、自然がたくさんあって、とても開放的な気持ちになれる場所です。 赤レンガ倉庫の中には、おしゃれな雑貨屋さんやカフェもあります。ぜひ横浜のデートコースのひとつに加えてみてください。素敵な雰囲気に包まれて、二人の気持ちが盛り上がること、間違いなしですよ。 Map

Read More

2014年7月16日 TRAVEL DESTINATIONS

渋谷の交差点

3,000人が行き交うスクランブル交差点 渋谷は、多くのデパート、CDショップ、劇場、映画館、レストラン、カラオケ、ライブハウス、クラブなどが立ち並ぶ、若者の街です。 また、とても人が多い街としても有名です。ハチ公前のスクランブル交差点では、1回の青信号で、多い時で約3000人の人が渡ります。毎回、大勢の人たちが互いにぶつかることもなく、青信号の時間内にきちんと横断歩道を渡り切ります。海外の人からは、規則正しく秩序が守られている、とても日本人らしい光景だと言われます。 日本人にとっては、日常茶飯事なのであまり意識をして行動をしているわけではないですが、周りの人に当たらないように、少しずつみんなで気を付けているという日本人の「気遣い」の表れなのかもしれませんね。 週末の日中などは、特に混雑していますよ。 地方出身の友人が初めてこのスクランブル交差点に来たとき、「今日は祭でもあるのか?」と思ったそうです。毎日このくらいの人通りがあるのだと知って、大変驚いたと言っていました。 人ごみをすり抜けるには多少コツがいりますが、慣れてしまえばスムーズに渡れます。傘をさしていても同じですので、日本人は人との距離の取り方が上手なのかもしれないですね。 Map

Read More

2014年7月30日 TRAVEL DESTINATIONS

伊勢神宮へお参りしてみましょう~内宮編~

日本人の総氏神「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀る「皇大神宮(こうたいじんぐう)(内宮)」 外宮の次は、内宮にお参りしましょう。外宮から内宮へは、バスかタクシーで15分程度です。 手水舎で清めたら、ご正宮に向かってください。ここに神様が祀られています。 お参りは、お賽銭を入れ、「二拝二拍手一拝」と言って、二度の最敬礼をしたのち、二度手を打ちます。最後にもう一度最敬礼をするのが作法です。 伊勢神宮は、日本全国にたくさんある神社の中で、昔から特別な神社として敬われてきました。正式名称は「神宮」と言い、三重県伊勢市とその周辺にある125のお社の総称でもあります。 伊勢神宮では、年間で約1,500ものお祭りが行われています。中でも20年に一度、神様が新しい社殿にお引越しをする「式年遷宮」は、とても大きなお祭りです。最近では、2013年に行われ、日本国中でも大きな話題になりました。 まだできたばかりの真新しい正宮を見に来てみませんか。 内宮はとても広いです。しっかりと長時間歩くつもりでお参りするのがよいと思います。 2013年の式年遷宮があったためか、観光客が多くにぎわっていました。 早朝の伊勢神宮のお参りがとてもすがすがしくてよい、と友人から教えてもらいましたので、今度は朝早く行ってみようと思います。 Map

Read More

2014年9月20日 TRAVEL DESTINATIONS

「火山大国」日本で地球の鼓動を感じられる山『阿蘇山』

この度は、平成28年熊本地震により被災し、亡くなられた方々の ご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様および親族、関係者の 皆様に心からお見舞いを申し上げます。 被害からの復興が少しでも早くなされる事を心よりお祈り申し上げます。 現在、阿蘇山上へ向かう登山道が通行不能になっております。ご旅行をご予定の方は、ご注意ください。 世界最大規模という豪快な地形が垣間見せる美しい景色 みなさんは、日本が世界有数の「火山大国」であることをご存知でしょうか。1万年以内に噴火した火山は活火山と呼ばれますが、日本には100を超える活火山が点在しています。実に、地球上に存在する活火山の7パ-セントが日本にあるのです。 そんな「火山大国」の日本でも強い存在感を放つのが、世界最大規模のカルデラを有する阿蘇山です。カルデラとは火山活動により、地面が陥没してできた大きなくぼ地のような地形であり、周囲をぐるりと囲うように山が連なります。 阿蘇山はカルデラの中から周囲を一望できるのですが、これは世界でも珍しいものです。草千里ケ浜からは噴煙を上げる火山をバックに、草原と湖を見ることができます。その景色は「美しい」の一言。   阿蘇山へ来たらやっぱりこれ!!危険と隣り合わせの火口見学へ さらに阿蘇山は、火口をすぐ近くで見ることが可能です。ロープウェーか有料道路を使えば、火口のすぐ近くまで行くことができます。もくもくと立ち上る煙は迫力満点。火山が現在でも活動を続けていることを感じることができます。 ただし、火山活動が活発になると入山規制が出され、入れなくなることもあります。そうでなくとも火口付近は硫黄の匂いが強く、空気も砂っぽいため、気分が悪くなることもあります。自分の体調を考慮しながら登るようにしましょう。 自然の力を感じる場所であるため、人の手で完璧に整備された観光スポットでありません。まるで人を拒むような秘境へ比較的手軽に行けるのは、阿蘇山の大きな魅力でもあります。   火山がもたらした恵みを、帰る前に日本の文化を堪能しよう また、火山地帯には温泉がたくさんあり、もちろん阿蘇山周辺にもたくさんあります。「湯治」という温泉に入って傷を癒す風習が、日本にあることをご存知でしょうか。「ちょっと疲れた」という方は、ぜひ立ち寄って心身ともにリラックスして帰ってください。 美しい景色、火山活動、温泉という「火山大国」としての日本を、思う存分堪能できる阿蘇山。機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。     Map

Read More

2014年10月27日 TRAVEL DESTINATIONS

巨大建造物マニア必見!都会の安全を守る地下神殿『首都圏外郭放水路』とは!?

台風や大雨による洪水被害から都心を守る巨大地下施設 この大きな空間はいったいなんでしょうか!? 埼玉県春日部市の地下にある「首都圏外郭放水路」は、台風や大雨で溢れそうになった中小規模の川の水を地下に取り込んで、調節をしながら大きな川に流すための世界最大級の地下放水路です。 2006年に完成したこの施設により、春日部及び首都圏の浸水被害が確実に減少しました。1年に平均6~7回稼働するそうです。 写真の空間は、「調圧水槽」といって、洪水の水を一時的に蓄えておく水槽です。その規模は、長さ177M、幅78M、高さ18Mもあり、59本の鉄筋コンクリート柱で支えられています。 日本の最先端の土木技術を結集して作られた 首都圏外郭放水路は、地下50Mに作られた施設です。こんな地下深くに巨大な調圧水槽を作った場合、なんと地下水の揚圧力で水槽が浮き上ってしまう恐れがあるとのこと。それを支えるのが、重さ500トンの59本の鉄筋コンクリート柱なんだそうです。 その他にも、洪水を取り込む直径30M、深さ70Mもの5本の巨大立坑や、毎秒200立方メートルの水を排水する14000馬力タービンなど、そのどれもがとてつもないスケールでできています。 見学は事前に申し込みを 首都圏外郭放水路は、1日3回定員25名で見学会が開かれています。平日のみの開催ですが、事前に申し込めば誰でも見学できますので、壮大なスケールの地下施設を訪れてみてはいかがでしょうか。 足元が滑りやすいため、運動靴でご参加ください。かかとの高い靴やサンダルでは、見学ができませんよ。 また、見学会は日本語で行われますので、日本語のわかるお友達などと一緒にご参加ください。詳しくは、こちらのページをご覧ください。 Map

Read More

2014年12月1日 TRAVEL DESTINATIONS

古代日本人にとっての理想の楽園『那谷寺』

natatemple

古代から続く自然崇拝と仏教の融合。那谷寺は自然との調和を大切にするお寺です 那谷寺は石川県JR加賀温泉駅からタクシーで15分、またはキャンバスというバスに乗って25分で到着します。来る2017年には開創1300年となる歴史のあるお寺です。 那谷寺の横にそびえる白山はもともとその美しい山容のために人々から優麗な女神の住む山として神聖視され、信仰の対象となっていました。その白山に登り、白山の神が十一面観音と同じ神であることを感得した泰澄法師によって717年にはじめて開かれたのが始まりです。仏教の寺院であるにもかかわらず、縄文時代から続く日本の自然智の信仰と融合した形で存続してきたという稀有な歴史を持つお寺です。 日本の四季を楽しもう!いつ見ても美しい庭園は「奇岩遊仙境」が見物 「奇岩遊仙境」は太古の海底噴火の跡だと言い伝えられてきました。まるで山水画のようなこの美しい風景に、古代の人々は生まれ変わったらこのような景色とともに過ごしたいと願っていたそうです。1200年以上人々の理想の楽園として存続してきたこの風景は、現代に生きる私たちが見ても心動かされるものがあります。 本殿の堂内を一周して清く生まれ変われる!?「胎内くぐり」を体験しよう! 現代に生きる私たちと違い、縄文時代の日本人は主に狩猟によって生命を維持していました。そのため古代の人たちの宗教観には、命を殺めることの罪や穢れを母の胎内に見立てた洞窟をくぐり抜けて清め、白山のような清らかな人間としてまた胎内(洞窟)から生まれ変わることを祈る気持ちがありました。 本殿は洞窟内にあるので、堂内を一周すると「胎内くぐり」を経験することができます。 日頃のストレスや悩みもこの「胎内くぐり」をすれば浄化されるかもしれませんね。那谷寺に来た際はぜひお試しあれ。 ■料金  拝観料 大人600円、 小学生300円、 幼児0円 、障害者手帳の表示で300円(重文書院/庭園の拝観は大人のみ+200円) Map 石川県小松市那谷町ユ122

Read More

2014年12月15日 TRAVEL DESTINATIONS

『柴又帝釈天』へのフーテンお散歩?下町ロマンを感じる1日

shibamata

天気の良い日は柴又へ!『柴又帝釈天』の見どころ 柴又は東京の東部に位置する葛飾区に存在しています。中心部からのアクセスも良く、東京の戦後のおもかげが残っているレトロなこの地は日帰り観光にぴったりで、毎日多くの観光客が訪れています。古い記録によると、柴又帝釈天は文化文政(1809~1829)の頃からすでに存在していたそうです。仏教の守護神である「帝釈天」が祀られています。柴又帝釈天の見どころは「浄行菩薩」です。「浄行菩薩」を洗うことで罪や穢れを拭い、患っている体の部分を拭くことで体の不調が治ると信じられてきました。 もうひとつは法華経説話を具現化した彫刻も見どころです。帝釈天には彫刻ギャラリーがあり、別途料金はかかりますがその見事な精緻さに驚き感動する人が多数います。彫刻ギャラリーのチケットを買うと大庭園も見ることができ、お茶のサービスもあるのでゆっくりすることができますよ。 お散歩途中で食事や和菓子で一息つくのも楽しみ 柴又帝釈天参道にはお食事処や食べ歩きできる和菓子など一息つける場所がたくさんあります。特に「とらや」というお団子屋さんは柴又名物。ここに来たら名物の草団子を食べないわけにはいきません。 「とらや」は日本で大ヒットした映画の撮影地だった! 日本人の間では「柴又」といえば世界最長シリーズとしてギネスブックにも公認された映画「男はつらいよ」の主人公「寅さん」の故郷というイメージがすっかり定着しています。 この映画は1969年から1997年まで全48シリーズ+特別編の全49回にわたって放映され、大ヒットしました。 ~映画『男はつらいよ』~から分かる日本? 「男はつらいよ」の中では主人公の寅さんは故郷柴又に居つかないフーテンの旅人です。毎回ストーリーは寅さんの夢から始まり、地方の旅から故郷の柴又に帰ってきては騒動を起こします。毎回旅先では寅さんは美しい女性に恋をしたり失恋したり面白い人間模様を繰り広げるため、こちらも見ているうちに自然と寅さんが放っておけない存在に。柴又は寅さんにとって地方をあちこち回る旅の拠点のようなもので、この映画を見ると日本のほかの地方の様子もうかがい知ることができるので日本旅行の参考になるかもしれませんよ。 Map 東京都葛飾区柴又7−10−3

Read More

2015年1月9日 TRAVEL DESTINATIONS

伝統的な日本家屋と光の芸術が融合した宿泊施設『光の館』

hikarinoie

芸術界の巨匠ジェームス・タレルが作った宿泊施設 新潟県十日町市にはアメリカの芸術家ジェームス・タレルが製作した「光の館」という建築があります。これは、2000年に行われた「越後妻有大地の芸術祭」の為に作られました。 タレルは光と空間をテーマに、光と知覚を繊細にコントロールした体験型のインスタレーション数多く発表しています。この光の館は見学だけではなく宿泊することができるので、大変人気の施設となっています。タレルの作品は日本には金沢21世紀美術館や直島の地中美術館にもあり、日本の芸術界でも人気の作家です。 日本家屋で体感する光の芸術 新潟は豪雪地であるため、雪に埋もれないように床を上げるという条件の中、日本文学の巨匠・谷崎潤一郎の小説からインスピレーションを受け、タレルはこの地域に伝わる伝統的な建築様式で光の館を作りました。日本家屋と自身の作品を見事に融合させたのです。 宿泊部屋の屋根は可動式で開閉し、屋根を開けると四角く切り取られた空が現れます。ごろんと寝転がって天井を見上げると、青空から夕焼けのオレンジ、夜の漆黒と美しい空の移り変わりを眺めることができます。 そしてお風呂には光ファイバーが設置されており、全身を光で包まれたような幻想的な気分を味わえます。 Reconfirm the beauty of nature. 自然の美しさを再確認 美術館で鑑賞するだけでは体験することのできない、宿泊するからこそ感じられるこの光の館は、普段は気にとめない空の移り変わり、自然の美しさを再認識させてくれる素晴らしい作品となっています。 新潟県の大自然の中に佇む伝統的な日本家屋と現代美術の見事な融合を体感してみてください。 光の館 宿泊料金:施設利用料20,000円+1人当り利用料4,000円(小学生2000円、小学生未満無料) Map 新潟県十日町市上野甲2891

Read More

2015年2月6日 TRAVEL DESTINATIONS

豊かな自然いっぱいの伊豆半島にある『出合滝』で恋が叶う!?

deaidaki

火山群の地に生まれた美しい滝、『河津七滝』を散策しよう 美しく穏やかな海と、緑豊かな高原が広がる静岡県・伊豆半島。自然いっぱいのこの地にはたくさんの名所がありますが、今回ご紹介したいのは、豊富な水をたたえた滝。火山群の影響により流れ出た溶岩流が作り出した景観は、まさに絵画のようです。河津川の上流から下流に向かって7つの滝があり、総称して『河津七滝(ななだる)』と呼ばれています。ちなみに滝を“たる”と呼ぶのは、古く平安時代から続いている貴重な民俗語であり、水が垂れるという意味の「垂水(たるみ)」が、そのルーツと言われています。 七つの滝にはそれぞれに七福神が鎮座。さて『出合滝』で待っていたのは? 滝のある風景を眺めながら散策するだけでも楽しい「河津七滝」ですが、この七つの滝にちなんだ「七福神」の像があることも覚えておいてください。もしも恋愛の願いごとがある人は、上流から6番目に位置する『出合滝』へ行ってみて! 2つの川の流れがひとつになることからこの名前がついたのですが、こちらには恋愛成就の神様とされる「出合弁財天」の像がありますよ。 温泉、桜、新緑……日本らしい風土が堪能できるエリアです 静岡県・河津といえば温泉地としても知られています。ほかにも、厳しい寒さの残る冬に咲き誇る「河津桜」も有名です。2015年は2月10日から約1ヶ月間、「河津桜まつり」が開催される予定。今年も全国から多くの人々が、一足早い春を堪能しに訪れることでしょう。伊豆を旅する際には、ぜひ自然豊かな河津の町を歩いてみませんか? <URL> 河津七滝 観光ナビ http://www.nanadaru.com 河津桜まつり http://www.kawazuzakura.net Map 静岡県賀茂郡河津町梨本

Read More

2015年2月9日 TRAVEL DESTINATIONS

禅とお茶と竹の庭『報国寺』で心落ち着くお茶のひととき

報国寺

  落ち着いた雰囲気が人気の鎌倉『報国寺』 報国寺は神奈川県鎌倉市にあるお寺です。東京駅からJR横須賀線直通 約60分、品川駅より約50分で到着するので都内からのアクセスも良く、落ち着いたデートがしたいカップルにデートスポットとして人気を得ているほか、周辺には他にも多くの歴史的寺院や高徳院の巨大仏像など観光スポットが多いため観光客も多く訪れています。     入り口で抹茶チケットを忘れずに購入しよう 報国寺は見どころの竹の庭を拝観するのに200円、そしてお寺の奥には休耕庵という茶席があり、そこで抹茶をいただくことができます。ここでお茶をいただくには入り口で500円の抹茶券を購入しておく必要があります。せっかくここまで来たのなら、抹茶は是非とも試していただきたいポイントです。美しいお庭を見ながらの抹茶はなんだか心が洗われる気がします。   かわいらしい砂糖菓子をお供に気軽に抹茶を楽しんで 抹茶が出される茶道では、お茶は3口以内に飲まないといけないなど飲み方に細かいルールがあったり、お菓子を食べるタイミングも決められていますが、ここではもっと気軽に抹茶を楽しむことができます。思い思いに抹茶を楽しんでみてください。土日は混雑することが多いので平日の朝を狙って心落ち着く静かなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。 ■ウェブサイト (日本語) http://www.houkokuji.or.jp/index.html (英語) http://www.houkokuji.or.jp/english.html   Map 神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目2-7-4

Read More

2015年2月24日 TRAVEL DESTINATIONS

日本一の早咲きの梅は、今が満開!『熱海梅園梅まつり』

日本古来の「花見」は桜ではなく梅でした みなさんは、「日本の花見」と聞いて思い浮かべる花は、なんですか?そう、「桜」ですよね。 実は、今から1000年ほど前の日本では、花見と言えば梅の花を指していました。梅はその清楚で静かな美しさから、昔の歌に詠まれることも多く、日本人になじみ深い花です。 また、学問の神様と言われる菅原道真が梅をこよなく愛したことから、梅は学問の神様のシンボルとして使われることもありますよ。 早咲きから遅咲きまで、咲く時期の違う梅が58品種457本! その梅の花が見ごろを迎えているのが、「熱海梅園」です。 熱海梅園の梅は、日本一の早咲きと言われており、なんと12月に咲き始めます。遅咲きの梅が今頃開花し始めていますので、ずいぶん長い期間楽しめますよね。 ここで見ることができる梅の種類は、なんと58種。 真っ白なものや、薄いピンク、濃いピンク、そして花弁が何重にも重なったものなど、実に様々な種類があります。花は大きくても直径が3センチ。そして、とても甘い香りがします。見ているだけで心が穏やかになっていく優しい花です。 一足早い春を感じるため、梅まつりの開催期間中は10万人近い観光客が訪れるそうですよ。 また、期間中は甘酒が配られたり、足湯を体験できたり、様々なイベントステージもあります。 熱海の温泉でゆっくりした後は、ぜひ熱海梅園まで足を延ばしてみましょう。 ■熱海梅園梅まつり 期間:2015年1月10日(土)~3月8日(日) 時間:8:30~16:00 料金:熱海市内宿泊者は、100円 ※宿泊先がわかるもの(予約表や領収証等)を提示    一般300円、中学生以下は無料 アクセス:JR熱海駅より伊東線に乗って、JR来宮駅で下車。徒歩約10分 Map 静岡県熱海市梅園町8 熱海梅園

Read More

2015年3月2日 TRAVEL DESTINATIONS

美しいハテルマブルーが輝く、日本最南端の島『波照間島』へ行こう!

波照間島の最大の魅力のひとつ、ニシ浜ビーチ ご覧ください。 この青い空。白い砂。そしてエメラルドグリーンに輝く海。ため息が出るほどの美しさ。 ここは、日本最南端の島、波照間島のニシ浜ビーチです。美しい海がたくさんあることで有名な沖縄の中でも、この透き通った「ハテルマブルー」の海は、本当に素晴らしい! ニシ浜の「ニシ」とは、沖縄の方言で「北」を意味し、波照間島の北側にこのビーチはあります。 砂浜は真っ白でさらさらしており、約1キロほど続くビーチを素足で歩くのもとても気持ちがいいものです。 潮が満ちて晴れた日は、より鮮やかなハテルマブルーを楽しめるので、ぜひ満潮の予報などもチェックしたいですよね。 できれば島に泊まって、満天の星空を見てほしい! 波照間島は石垣島から高速船で60分、飛行機で25分、フェリーで2時間と、決してアクセスがいいわけではありません。でも、この島のこのビーチに行くためだけに訪れる観光客も少なくありません。 ここでの過ごし方のおススメは、まずはシュノーケリング。遠浅の海なので、子供でも楽しむことができます。少し泳ぎに自信のある方は、沖まで行くと、珊瑚や熱帯魚が見られるでしょう。 もう一つは、ゆったりとした時間を過ごしたい人のために、「夕日」と「星空」をおススメします。ここに写真はありませんが、水平線に沈んでいく太陽をのんびりと眺めるのは、日ごろの喧騒を忘れさせてくれます。 そしてなんといっても、浜に寝転んで波の音を聞きながら見る満天の星空。 「自分はなんて小さな人間なんだろう」なんて、ありがちなことを本気で考えてしまうような、不思議な気持ちにさせてくれるはずです。 ニシ浜ビーチ シャワー(無料)、トイレあり 波照間港から自転車で7分 Map 沖縄県八重山郡波照間ニシ浜

Read More

2015年3月3日 TRAVEL DESTINATIONS

カニやブリ!冬の味覚がいっぱい!金沢の台所『近江町市場』

新幹線開業でアクセスがぐんとよくなる、金沢へ行こう 2015年3月14日。いよいよ北陸新幹線が開業します。 これにより、東京金沢間は、これまでより1時間20分も早く、約2時間半で結ばれることになります。日本は今、北陸新幹線の開業に合わせ、富山や金沢など北陸の魅力を伝えるメディアもたくさんあり、一気に注目度が高まっています。 今日は、金沢の台所と呼ばれている「近江町市場」を紹介しましょう。 地元では、最初の「お」にアクセントをつけて、「おみちょ」と呼びます 近江町市場は、通称「おみちょ」。地元の人は最初の「お」にアクセントをつけて呼びます。ここは300年ほどまで、滋賀県の商人がやってきて作った市場と言われています。その当時、滋賀県は「近江」と呼ばれていたので、「近江町市場」となったそうです。 今では約185件の商店や飲食店が軒を連ね、石川県の特産品である海産物や、加賀野菜と呼ばれるこの土地でしか採れない野菜などが売られています。 お買い物するなら、朝9時のオープンからがおススメ。品物が一番揃っていますので、ぜひ早めに訪れてみてください。 どうしても新鮮なうちに食べたい!そんなあなたに最適です たくさん並んだ魚介類は、ぜひ新鮮なうちに食べたいもの。でも、海外から観光に来ている方は、お土産として持ち帰ることは難しいですよね。 でも、あきらめてはいけません!お店によっては、新鮮な魚介類をその場で買って食べられるところもありますよ。 近江町市場では、目で見るだけではなく、ぜひ舌でも楽しんでみてください。 また、価格交渉は基本的にできないことになっていますので、注意してください。 定休日 店によって異なるが、水曜日定休のお店が多い 英語のガイドマップ http://ohmicho-ichiba.com/ohmicho/pdf/en.pdf Map 金沢市上近江町50番地

Read More

2015年4月6日 TRAVEL DESTINATIONS

北陸新幹線も開通!注目される金沢『ひがし茶屋街』は昔の古い街並みが残る日本のお茶屋街とは?

京都・祇園に並ぶ日本の茶屋文化を残す重要な茶屋町 石川県は金沢、浅野川の東岸に位置する「ひがし」は、文政3年(1820)に形成された茶屋街です。茶屋街については以前TadaimaJapanの過去記事取り上げましたが、2015年3月14日には北陸新幹線が開通し、東京―金沢間がおよそ2時間半で移動できるようになるため、金沢は今特に注目を集めています。 そもそもお茶屋とは? お茶屋は一般的な「カフェ」とは違い、芸舞妓がお客様をもてなし、お客同士が楽しむ社交の場として発展してきました。そのため今でも紹介者なしでの夜の利用はできないシステムをとっているお茶屋が多く存在します。(一見さんお断り)一般の日本人の中でもお茶屋遊びを経験したことのある人は圧倒的に少ないのが現状です。なぜそこまで厳しくする必要があるのか疑問に思う方もいると思いますが、お茶屋では芸舞妓が芸を見せたり、飲食をする場というだけではなく、お客さんの旅のお世話をするコーディネーターとしての役割もあるのです。しかも遊んだ後に現金のやりとりをするとしらけてしまうという配慮から、支払いは後から銀行へ振り込む形をとっているためお客とお茶屋の間に信頼関係のベースがないと難しいのです。 それでも夜のお茶屋街を散策していると芸妓の奏でる太鼓や三味線の音が聞こえてくるのでそれも風情があって面白いですよ。でも、どうせ来たならお茶屋の内部を覗いてみたいですよね?そんな方には日中はカフェとしてオープンしている懐華樓で、お茶屋の見学を別途750円ですることができるのでおすすめです。そのほかにも志摩やお茶屋文化会館でも見学をすることができるので金沢ひがしに来た際は是非見学をしてみるのも楽しいですよ。 今お茶屋街での花嫁道中が密かなブームに! そんなお茶屋文化が発展しているひがし茶屋街ですが、もうひとつ見逃せないのが美しいお茶屋街の街並みを闊歩するこの花嫁道中。様々な会社が金沢ひがし茶屋街での結婚式や披露宴のプランを提案し、お茶屋街の魅力発信に力を入れています。花嫁は金沢伝統のスタイルで加賀友禅をまとい、新郎と一緒に誇らしげにお茶屋街を歩く姿がとても素敵です。親戚一同が後を歩き、街ゆく人々に祝福され、自分が主役となれるまさに”晴れの日”を味わうことができるこの花嫁道中、あこがれる人が多いのもうなずけます。観光中見かけることができたらラッキーですね! Map 石川県金沢市東山1

Read More

2015年5月4日 TRAVEL DESTINATIONS

波照間島のもう一つの顔が見られる『高那崎』

自然が見せる優しさと厳しさを感じよう 以前、紹介した波照間島。前回は美しい砂浜を紹介しましたが、実は他にも行ってほしい場所があります。せっかく離島まで行くですから、波照間島の魅力を余すところなく堪能しましょう。 南国の楽園といった印象の「ニシ浜ビーチ」とは対照的な表情を見せてくれるのが、島の最南端に位置する「高那崎」です。ゴツゴツした岩肌に波が打ち付け、水しぶきが豪快に舞い上がる光景は、観光気分で浮かれた人たちに自然の厳しさを教えてくれます。 『高那崎』は波照間島のあるがままの表情 最南端にある波照間島の最南端ですから、日本国内でこの場所よりも南に行くことはできません。「最南端の碑」の他に「平和祈願の碑」「波照間の碑」と全部で3つの碑があり、記念撮影にはもってこいです。 「日本最南端の地」という響きから観光地化が進んでいるかと思いきや、岩場が広がっているだけのほとんど何もないような場所です。高那崎へ通じる通称「蛇の道」も、まるで地面から隆起した岩で自然と出来上がったような雰囲気が漂います。 日本でもアジアでもない特別な場所 考えてみれば、この場所は東シナ海に浮かぶ小さな島。年にいくつも通過する巨大台風に代表されるように、自然の厳しさと向き合い続けてきた場所といえるでしょう。リラックスできるリゾートとしての波照間島ではなく、リアルな波照間島を垣間見ることができます。 周囲15キロほどの決して大きくない島の中で、正反対の表情を見せてくれる波照間島。日本でありながら、ユーラシア大陸の影響を強く受け、沖縄本島のようにアメリカ文化も流れてきておらず、一つの島で完結した一つの世界を持つ、まさに離島といえる場所です。秘境好きにはぜひ訪れてほしい土地です。 Map 沖縄県八重山郡竹富町波照間

Read More

2015年5月18日 SEASONAL  TRAVEL DESTINATIONS

TadaimaJapanフォトグラファーYuri Suzukiによる『三春の滝桜』の刹那

takizakura

三春町の「滝桜」 三春町は福島県田村郡に位置します。その名前の通り梅、桃、桜の花が一気に咲く事からこの名前がつけられたそうです。なんともかわいらしい由来ですね。町内にはおよそ1万本の桜の木が植えられており、その中でも際立って有名なのがこの「滝桜」。シーズンには一目この雄大な姿を見ようと多くの観光客が訪れます。今回はTadaimaJapanフォトグラファーのYuri Suzukiがベストな滝桜ショットを撮影してくれました。私もシーズンが終わった今、カメラのデータから今年の桜の写真を見直していると、ふわっと桜吹雪が目の前を通り過ぎて行くあの感覚と少ししっとりした気候を思い出し、心のどこかがツンとします。 はかないからこそ重要。滝桜、その雄大さと相反する散りゆく刹那なさ 日本人にとって桜が重要な花である理由にはいくつか諸説があります。桜は厳しい冬を終え、待ちわびた春の訪れを美しい桃色で彩ってくれる花だから、1年に1回、それも1週間だけ豪勢に花を吹かせるその様が日本人の理想とする生き方そのものだから、4月という日本の新生活スタートの時期にピッタリのイメージを持つ花だから、等々・・・私にとって一番説得力があるのは「生命の息吹」と「散り行く儚さ」を同時に体現する桜の姿に「諸行無常」(この世の存在に変化しないものはないということ)を感じ、それが切ないからだということです。 そんな「諸行無常」な桜が咲くシーズンは日本人にとって新たな生活が始まるシーズンでもあります。新たに高見を目指したり、重要な決断をする人もいるでしょう。桜の花が木から散って別れるように、人もまた今までいた場所や人から離れたりします。全て変わっていってしまうことは切なく悲しいことに聞こえるかもしれませんが、それは違います。桜は人はどんな風にも変わり続けられる事、そして連続する生命の喜びを教えてくれる希望に満ちた花なのです。 もう5月も後半、1ヶ月前に桜の下であなたは何を誓いましたか?今年の決断を今ここでもう一度振り返ってみてもいいかもしれませんね。 Map 福島県田村郡三春町字大町1番地の2

Read More

2015年5月26日 TRAVEL DESTINATIONS

神界、ニライカナイに最も近いとされる沖縄の『久高島』の聖域を巡る旅

cat walking the street

本島からフェリーや高速船で20分、そこは沖縄が生まれた場所 久高島は沖縄本島南部の知念より約5kmの沖合に浮かぶ周囲7.75kmほどの細長くて平らな島です。沖縄には数多くの神聖な場所が存在しますが、ここ久高島は沖縄県の人々も「神の島」として一目置く神聖な島です。琉球王国(現在の沖縄)を造った祖神アマミキヨが最初に降り立って国造りを始めた地として今も久高島の各地には多くの聖地が存在し、島民によって崇められています。この島へ行くには安座真港からフェリーや高速船を使い、約20分の道のりです。安座真港は那覇空港から車で40分程の場所にあるので那覇市内からの日帰り旅行も可能です。 島をぐるっと廻ってみよう! 船に乗ったのもつかの間、すぐに久高島の港へ到着です。透き通る青い海に感動してビーチへ直行したくなる気持ちも分かりますが、ここは沖縄の中でも神の島として崇められる特別な島。せっかくですから自転車をレンタルしてまずは島をぐるっと廻って、この島の持つ神聖なエネルギーを感じてみましょう。有名なスポットはアマミキヨが降り立ったとされるカベール岬、イシキ浜、ウパーマ、海水浴もできるメーギ浜などです。島内には多くのパワースポットが存在しますが、久高島は島全体がパワースポットと言っても過言ではないくらい沢山の聖域があるのです。そのため、中にはフボー御嶽のように男子禁制の聖域なども存在します。現在も全面的に立ち入りができませんが近くにいくだけでも何か神聖なエネルギーを感じる事ができると思います。 久高島訪問の際は敬意を払う事を忘れずに・・・ 久高島は観光地として開かれている場所ではありますが、島にはおよそ200人程度の人々が住んでいて島の自然や聖地を慈しんで生活しています。観光客はあくまでも、見学させていただいているという気持ちを持って、御嶽や立ち入り禁止の聖域やエリアに踏み入らないようにしましょう。また、島内にある珊瑚や石、植物等を持ち出す事は神の怒りを触発すると言われており、持ち帰りは御法度です。こうしたルールが多いのはそれだけこの久高島が神聖な聖域であるということを証明しているということですね。是非、この説明がつかないような包み込まれるエネルギーを感じに久高島へ遊びに行ってみてください。 Map 久高島  

Read More

2015年5月27日 TRAVEL DESTINATIONS

特集:世界遺産に登録されている『斎場御嶽』-琉球時代に思いを馳せ、祈りを捧げる

Utaki

斎場御嶽(せーふぁうたき)とは? 斎場御嶽は沖縄県南城市にあります。御嶽とは南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で斎場御嶽は琉球開闢伝説にも現れる琉球王国最高の聖地とされており、琉球王国時代、国家的な行事に「聖なる砂」を神の国久高島から運び入れてここ斎場御嶽に敷き詰めていました。斎場御嶽では今でも琉球王国の聖地巡礼の行事を今に伝える東御廻り(アガリウマーイ)の参拝地として多くの人々に崇拝されている神聖な場所です。 敬意を払い、斎場御嶽へ「お邪魔」しましょう 斎場御嶽は原則男子禁制の聖地でした。琉球国王でさえ、入場するときは特別な許可を得たと言われています。緑が青々と生えるこの神聖な場所は世界遺産登録されたことで一気に入場者が増えました。しかし、ここはただの観光地ではなくもとは祈りを捧げる場所。聖域にお邪魔させていただくという気持ちで、身なりをしっかり整えて敬意を払いましょう。 御門口ではまず、自己紹介をしてみましょう 入り口の参道に入ると、6つの香炉が場内の聖域の分身としてあなたを迎えます。そこで声に出して自分の名前を言ってみましょう。御嶽に入る事は神聖な領域に入るという事で、人のうちにお邪魔させて頂くことと同じです。そして、名字を名乗る事であなたのご先祖様も御嶽につれてくる事ができると考えられています。 琉球王国の聞得大君に思いを馳せる 斎場御嶽の最初の拝所は大庫理(うふぐーい)です。大きな石がずしんと腰を下ろすかのようにして鎮座しています。この場所では沖縄で古くから信じられてきた女性の霊力に対する信仰をもとにした「おなり神」の最高位である聞得大君を神女たちが祝福し、琉球王国の繁栄を願ってきました。この聞得大君は琉球王国最高位の権力者である国王と、王国全土を霊的に守護するものとして崇められてきた存在です。聞得大君は琉球王国の神事を担う、大変重要な存在でした。パワースポットとしても注目される斎場御嶽、霊力の高いこの場所には何か感じるものがあるかもしれません。 Map 沖縄県南城市知念久手堅

Read More

2015年6月2日 TRAVEL DESTINATIONS

沖縄がまだ琉球ですらなかった時代の残り香が漂う『今帰仁城跡』

nakijin castle

2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産に登録された今帰仁城跡 今帰仁城跡は、小高い丘の上に築かれた広さ4ヘクタールの広大な敷地を誇る史跡です。美しい海をバックに、堅牢な城郭が伸びる壮観な風景を見ることができます。 しかし、ただ「石垣がかっこいいな」「きれいな景観だな」で終わってしまうようでは、今帰仁城を満喫したとは言えません。なぜならここは、本土とは全く違う沖縄の歴史を感じられる貴重な場所だからです。 せっかくですので、沖縄の歴史を少し勉強して今帰仁城跡を120%楽しみましょう。ただ美しいだけだった景観が、ノスタルジックで感慨深いものに変わるはずです。 三つの大国が1世紀にも渡り、にらみ合いを続けた時代 14世紀の沖縄は北山王国、中山王国、南山王国という三つの大国が覇を争う時代でした。今帰仁城は、そのうちの一つである北山王国の主城とされていた場所です。15世紀になると、北山王国は後の琉球王国国王である尚巴志に滅ぼされますが、今帰仁城はその後も北部を治める重要な拠点として利用され続けました。 歴史を知ったうえで今帰仁城を見てみましょう。山を囲うように高さ8mの城壁が、1.5kmにわたり蛇行してそびえ立ちます。また、入り口である正門と裏門は非常に小さく、進入するのは非常に困難。専門家でなくとも、この城を攻略するのが至難の業だということが実感できるはずです。 さて、北山王国を滅ぼした尚巴志は、この難攻不落の城をどのように攻略したのでしょうか。それは、非常にシンプルな方法でした。北山王の側近を賄賂で寝返らせ、志慶真門から攻め入り陥落させたのです。どれほど立派な物を作っても、使うのは人だというのは、今も昔も変わらないのかもしれません。 観光の際に、少し注意が必要なこと 写真からもお分かりいただけると思いますが、観光の際にはたくさんの坂を上ることになります。加えて、舗装されていない道や、木の杭が出っ張っている場所もあるので、観光の際には少し気を付けて歩くようにしましょう。 また、今帰仁城は日本一早く咲く「カンヒザクラ」の名所としても人気があります。しかし、1月頃に咲き始め、2月には既に花が散ってしまいますので、お目当ての方は確認してから行く方が無難です。これらに注意して、今帰仁城を満喫してくださいね。 Map 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101

Read More

2015年6月10日 TRAVEL DESTINATIONS

座間味島といえばマリンスポーツ!『ケラマオーシュン』で天然水族館を堪能

zamami island, ocean

様々なマリンスポーツが体験できる『ケラマオーシュン』 前回の記事でも紹介した座間味島は那覇からほど近くに位置する離島で、その海の透明度の高さが売りです。この島ではシュノーケリングやスキューバダイビングなどあらゆるマリンスポーツが堪能できます。今回お世話になったのは慶良間島国立公園にあるグラスボートとシュノーケリングのお店「ケラマオーシュン」さんです。このお店ではグラスボートというボートの床がガラス張りになったボートに乗って海中の生物を観察できるいわば天然水族館を楽しむことができます。もっと海の生物に近寄りたい人はボートからシュノーケリングをすることもできます。 運が良ければウミガメ、マンタが見られるかも?! 座間味島はダイビングのメッカと呼ばれる程ダイバーの中では有名なロケーションです。その青く透き通る美しさに魅了され、様々な写真家や映像作家がこの海を撮影した事もこの島が有名になった一因でもあります。座間味島には200種類を超える珊瑚礁が生息し、その美しくてどこか不思議な姿に魅了されるダイバーは数知れず。なんといってもやはり海の透明度が高いことがダイビングのロケーションとして人気の理由だそうで、どこまでも続くような青いケラマオーシュンに抱かれているとまるで竜宮城に来てしまったかのような幻想的で、非現実的な間隔に陥ります。 シュノーケリング後は「もずくそば」を食べよう! 思いっきりマリンスポーツを堪能した後はお腹がすくもの。ケラマオーシュン近くに位置する「もずくそば 和山海雲」では座間味の名産もずくを使用した「もずくそば」が食べられます。もずくとは食用の海藻のことで日本ではこれをお酢と合わせて食べるのが主流です。見た目が黒くて最初はびっくりしてしまうかもしれませんが、このコリコリとした食感は一度食べてみるとけっこうクセになるかもしれません。ここ「和山」ではオーナーが自ら養殖したもずくが麺に練り込まれているのでもずく初心者でも食べ易いのがウリ。マリンスポーツ後の空腹にしみるかつおダシのスープがうまい!座間味島に来た際は是非試してみてください! 【もずくそば 和山海雲】 住所:〒901-3402 沖縄県島尻郡座間味村座間味9番地 Website: http://www.wayamamozuku.jp Map 沖縄県島尻郡座間味村座間味8  

Read More

2015年9月1日 TRAVEL DESTINATIONS

ここでしか体験できない!船で厳島神社大鳥居をくぐろう!『宮島参拝遊覧船』

miyajima yakatabune

夕暮れ時、30分間の海の旅に出かけましょう 干潮の大鳥居を満喫したら、そろそろ潮が満ちてきました。私たちは、あらゆる角度から厳島神社、大鳥居を楽しもうと、今度は屋形船に乗りこむことにしました。 厳島神社から屋形船乗り場までは、歩いて10分もかかりません。乗り場の一番奥、宮島3号桟橋に向かいます。 この船の旅の一番のだいご味は、大鳥居を船でくぐれること!海の上から参拝できるなんて、こんな体験はめったにすることができません。 そしてなんと、この日のお客さんは私たちだけ!貸切状態で乗り込むことができました。 潮が満ち、日も傾きかけ、あたりの色も景色も変わってきました。これもまた絵になります。さっそく乗り込みましょう! 海の参道から神様に会いに行こう 桟橋を出発し、徐々に厳島神社に近づいていきます。干潮だった時には、大鳥居の周りにもたくさんの人がいましたが、今は海の中に堂々と立ち、近づいて行けるのは私たちだけ。とても特別な体験をしていることに、心が躍ります。 そして、ついに海から厳島神社に向かって、大鳥居をくぐります。 海の参道を通って神様に会いに行くなんて、なんて素敵な体験でしょう! 2つの漢字で表記された大鳥居の看板にも注目 くぐる瞬間、ぜひ注目していただきたいのが、大鳥居の扁額です。扁額とは簡単に言うと看板のこと。鳥居に掲げられているものは、神社の名前が入っていることが多いです。この大鳥居の扁額の文字は、表と裏で違うんですよ。 神社側には、「伊都岐島神社」と書かれています。これは、厳島神社ができたときの漢字とのこと。これはとても古い日本語の表記方法なのです。海側に書かれた「嚴嶋神社」は、もう少し後の時代の表記だそうです。 この写真ではわかりづらいですが、それぞれ書体も違うんですよ。 大鳥居の向こうに沈む夕日やナイトクルーズもおすすめ 約30分ほどの船の旅を終えて上陸すると、太陽が間もなく西の空に沈むところでした。 昼間は真っ青だった空も海も、茜色に染まり、その中に浮かび上がる大鳥居のなんと美しいことでしょう。しばらくの間見とれてしまいました。皆さんはこの写真でも十分に美しいと思っていただけると思いますが、実際には自分の周り全部が夕日に照らされ、この写真におさまりきれない世界が広がっていました。 私たちは日が沈む前の時間帯に船に乗りましたが、ライトアップをされた大鳥居をくぐることができるナイトクルーズも、さらに幻想的でおすすめです。 Map 広島県廿日市市宮島町1162番地18

Read More

2014年6月28日 CULTURE  TRAVEL DESTINATIONS

京都四條 南座

【Photo by Yuri Suzuki】 歌舞伎発祥の地に建つ、日本最古の劇場 歌舞伎の歴史は長く、約400年前から続いています。京都四條南座が建っている場所は、歌舞伎の発祥の地と言われています。京都南座の現在の建物は、1929年に建てられました。1991年に改装されて現在の姿になり、その伝統的な建築様式から、国の有形文化財に指定されています。伝統を感じられるとても立派な建物です。 歌舞伎の演目は、700以上もあると言われています。そのすべての役を男性が演じており、化粧、衣装、持っている道具を変えることにより、役柄の特徴を表しています。 時々、舞台上の役者に大きな掛け声をかけるお客さんがいますが、それは劇の雰囲気を盛り上げるためのものであり、役者を応援している声なのです。 京都四條南座のある祇園は、昔ながらの街並みや舞妓や芸妓がいることでも知られています。 日本の伝統文化にどっぷり浸りたい、そんな旅をしたい方には大変おすすめの場所です。 【writer Aquico】 【Photo by Yuri Suzuki】 京都にはたくさんの観光地や見どころがありますが、京都四條南座もそのうちの一つです。 歌舞伎の観劇には、フォーマルな格好をして、おめかししていかなければいけない、というイメージがありましたが、実際にはもっと気軽に訪れられる場所でした。 リーズナブルな座席でも舞台はよく見えますし、幕間にお弁当やお土産を買うことができ、1日いても飽きることはありません。 観劇の後は、祇園の京町家造りのバーに立ち寄り、おしゃれなカクテルを飲んでみるのも、お勧めですよ。 【Photo by Yuri Suzuki】 【Photo by Yuri Suzuki】 Map 京都府京都市東山区中之町(四条通)198

Read More

2015年5月25日 TRAVEL DESTINATIONS

沖縄特集:ガンガラーの谷を探索。ガイドツアーで巨大な鍾乳洞や沖縄の自然に触れる

特集:TadaimaJapanがお勧めする沖縄旅【南部編】
青い空、エメラルドグリーンの海、美味しい郷土料理、あたたかい人達、歴史的建造物な

ど、どれをとっても見どころ満載の沖縄!

TadaimaJapanがお勧めする、沖縄満喫の旅をシリーズでご紹介します。

Read More

2015年7月20日 TRAVEL DESTINATIONS

大阪の派手文化をそのまま再現したようなネオン!『道頓堀』は必見です。

道頓堀のグリコサイン

大阪の道頓堀は日本橋から大黒橋までの地域を指します。このエリアには様々な飲食店が所狭しと立ち並び、食べ歩きやグルメの街としても知られています。この派手なネオンは大阪名物の必見ポイント。夜の大阪に繰り出そう!

Read More

2015年8月21日 TRAVEL DESTINATIONS

2015年7月 世界遺産に登録!40年前に廃墟となり、時代の流れに取り残された島『軍艦島』【長崎】

軍艦島

長崎県にある端島は、通称「軍艦島」と呼ばれる無人島です。本来は、南北に約320M、東西に約120Mの小さな島でしたが、1897年からの埋め立て工事により、約3倍の面積となりました。この島は炭鉱として栄え、全盛期には5,000人を超える住民がいましたが、1974年の閉山とともに、無人島となりました。

Read More

2015年8月27日 TRAVEL DESTINATIONS

昔の日本の日常を残す、広島『竹原』の街を冒険しよう!

竹原

広島県竹原市は塩田を中心とした製塩とその輸送の拠点として17世紀~20世紀まで発展した街です。昭和57年に重要伝統的建造物群に指定されました。この保存地区は竹原が発展した時期の日本の商家をそのまま残したもので、今でも日常生活が営まれている建物ばかり!そのため、京都や奈良、金沢などのような観光地とは少し異なる趣きある街並みの中に日本人の日常が詰まっています。

Read More

2015年8月28日 TRAVEL DESTINATIONS

世界にも類を見ない、海に浮かぶ神秘の神社 広島『厳島神社』

厳島神社は広島県宮島にある由緒正しい神社です。1500年ほどの歴史があると言われています。厳島神社では宮島全体を御神体としています。そのため海に大きな鳥居が建っています。また、国宝に指定されている平家納経をはじめとして多くの文化財があります。1996年世界文化遺産に認定されました。

Read More

2015年9月24日 TRAVEL DESTINATIONS

秋晴れの日に出かけたい!『旧古河庭園』の秋のバラフェスティバル

旧古河庭園

毎年恒例の「秋のバラフェスティバル」 旧古河庭園では、毎年春と秋には、「バラフェスティバル」が開催されています。 ここではバラの鑑賞だけでなく音楽会なども催されており、半日ほどをゆったりとした気分で過ごすことができます。 秋のバラは、香りも色も、長い期間楽しめるとされています。レトロな雰囲気の漂う建物を背景に、美しいバラが咲き誇る様子は、見ているだけで心が豊かになります。まるでお姫様になったような錯覚に陥るかもしれません。 「プリンセスミチコ」「プリンセス オブ ウェルズ」「イングリッド・バーグマン」「マリア カラス」などと名付けられた花たちもありますよ。 異国情緒漂う洋館が美しい旧古河庭園 日本が近代国家として本格的に世界と交流を持ち始めた20世紀初頭以降、日本では多くの洋館が建てられました。日本の伝統的な建築様式とは異なった、石造り、レンガ、タイルや庭園は、日本に新しい建築の風をもたらしました。 イギリスの建築家と日本庭園の庭師が作り出した和洋の調和 この旧古河庭園は、高台の一番上には洋館が建ち、斜面にはイタリア・フランス式の技法が組み合わされた洋風庭園、丘の下には日本庭園が配置。洋風建築と和風庭園が見事な調和を表現しています。 この洋館と洋風庭園は、日本近代建築の父と呼ばれるイギリス人建築家のジョサイア・コンドルによるものです。コンドルは他にも、日本の重要文化財となる建築物を多く手掛けています。日本庭園は、近代日本庭園の先駆者と呼ばれる小川治兵衛によって作られました。 旧古河庭園は、保存状態がとてもよいとして、国の名勝指定を受けています。 よく晴れた秋の日、ゆったりとした気持ちでお出かけするのもいいですよね。 ■旧古河庭園 「秋のバラフェスティバル」 10月10日(土)~10月25日(日) Map 東京都北区西ヶ原一丁目

Read More

2015年10月11日 TRAVEL DESTINATIONS

湿原とススキと山の木々のグラデーションが美しい『秋の覚満淵』【群馬】

覚満淵

小さな湿原の紅葉を楽しもう 群馬県赤城山の標高1,360mにある、小さな湿原「覚満淵」。ここの紅葉が間もなく見ごろを迎えます。 覚満淵は、周囲が1kmもない湿原ですが、周囲をぐるっと遊歩道が整備されているので、30分ほどのゆったりとしたハイキングが楽しめると人気があります。 今の季節は、ちょうど紅葉の時期。標高が高いですので、10月の中旬には見ごろとなります。 日本で有名な湿原と言えば「尾瀬」がありますが、覚満淵は尾瀬よりも小さな湿原という意味で「小尾瀬」と呼ばれたりもします。 草の黄色いグラデーションが美しい 紅葉などの赤くなる木々は、ここでは見られません。覚満淵の紅葉の美しさはなんといってもこの「黄色」です。まるで黄金色のじゅうたんを敷いたかのような美しい黄色の「草紅葉」が見る者の心を奪います。 少し遊歩道を歩いてみましょう。 途中にベンチなども設置されているので、少し疲れたときには座って、景色を楽しむのもいいかもしれないですよね。 この日は少し曇りがちでしたが、低く垂れこめた雲が幻想的な雰囲気を作り出していました。真っ赤なもみじの紅葉も素敵ですが、こういった落ち着いた雰囲気の場所で、秋を感じるのもまた、いいですよね。 Map 群馬県前橋市富士見町赤城山 覚満淵

Read More

2015年11月22日 TRAVEL DESTINATIONS

東京に来たら必ず訪れたい!息をのむほどに美しい絢爛豪華な建築、『目黒雅叙園』

座敷棟宴会場

別名「昭和の竜宮城」とも言われる、東京は目黒にある「目黒雅叙園」は木造建築で作られた「百段階段」と、階段沿いに作られた7つの座敷棟宴会場のうち4つが東京都指定の有形文化財に指定されています。この施設はレストランやホテル、ウェディング式場の複合施設ですが、常にイベントやツアーを開催しており、一般の人も見学する機会があります。

Read More

2015年12月25日 TRAVEL DESTINATIONS

迫力2倍!?神秘的な光景を目にできる『鏡池』

鏡池

鏡池は戸隠連峰がくっきりと写りこみ、幻想的で美しい景色を見せてくれる絶景スポット。近くには人気の戸隠神社や、美味しいカフェもあり、たくさんの見どころがあります。ただし、風が吹くときれいに写真が撮れないので、運も必要です。

Read More

2016年4月24日 TRAVEL DESTINATIONS

20万本の色鮮やかなチューリップが咲きそろう!!越後丘陵公園『チューリップまつり』

チューリップ

日本の各都道府県には、郷土を代表するものとして選び定められた花、県花というものがあります。新潟県、富山県は共にチューリップが県花になっており、新潟県は、切り花の出荷率が日本一、富山県は、球根の出荷率が日本一です。両県共に、日本の春をチューリップで彩る重要な役割を担っています。
今回は、その新潟県にある国営越後丘陵公園で開催されている“チューリップまつり”をご紹介します。

Read More