京都より古い!1,000年以上の歴史がある町「奈良」

2016年7月30日 Writter: Hideki Motosue
serials nara

どこで買えるんですか?奈良の柿の葉寿司おすすめ13選

どこで買えるんですか?奈良の柿の葉寿司おすすめ13選 柿の葉寿司は、奈良県内だけでかなりの数のお店があり、どの店がいいか悩みますね。そこで、人気と評判がいいお店を13店舗まとめてみました! 1.柿の葉すし本舗 たなか 奈良の柿の葉寿司といえばここ、『たなか』です。明治後期創業で現在は直営32店舗まで成長した柿の葉寿司の代表格です。東京にも出店していますので東京在住の方も気軽に奈良の味を楽しめます! 柿の葉すし本舗 たなか 創業:明治後期 店舗数:直営32店舗(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、東京)、取扱店舗38(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、滋賀、東京、埼玉、福岡、羽田空港、関西空港、伊丹空港、サービスエリアなど) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(なら本店、五条本店等) 公式サイト:https://www.kakinohasushi.co.jp/ オンラインショップ:https://www.kakinohasushi.co.jp/onlineshop/ Rie Hamabeさん(@veriiiiiy)が投稿した写真 – 2016 6月 4 2:23午前 PDT 2.柿の葉ずしのヤマト ヤマトは、「たなか」と並ぶ柿の葉寿司の有名店です。ネット上でもよく『おいしいのは「たなか」なのか?「ヤマト」なのか?』の論争まで出ており、ぜひ「たなか」と食べ比べてみてください!。 柿の葉ずしのヤマト 創業:昭和44年 店舗数:11店舗(奈良、和歌山) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(五条本店、御所店、宝来店等) 公式サイト:http://www.kakinoha.com/ オンラインショップ:http://www.kakinoha.com/chumon/ 3.柿の葉寿司 ゐざさ(中谷本舗) 奈良の吉野地方で有名なお米屋さんだった中谷本舗、おいしいお米で作った柿の葉すしは、これがまたおいしいんです!柿の葉すし以外は、笹の葉で包んだオリジナルのゐざさ寿司も試してみてはいかがでしょうか? 柿の葉寿司 ゐざさ(中谷本舗) 創業:大正10年 店舗数:直営5店舗(奈良)、百貨店・駅9店舗(※百貨店:日本橋髙島屋、新宿高島屋、横浜髙島屋、新横浜フードメゾン、JR名古屋髙島屋。駅:近鉄奈良駅、近鉄八木駅、近鉄橿原神宮駅、JR大宮駅)、取扱店2店舗(JR京都駅新幹線構内、JR新大阪駅新幹線構内) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(奈良本店、夢風ひろば店、平城山店等) 公式サイト:http://www.izasa.co.jp/ オンラインショップ:http://www1.enekoshop.jp/shop/izasa/ 4.平宗 江戸末期創業の平宗は、創業当初から寿司の販売をしています。そのため、絶品なお味が評判になり、昭和天皇にも献上したことがあるそうです。今でもたびたびテレビに取り上げられますので、どこの柿の葉すしがいいかで悩むのであれば、「平宗」はおすすめです。 平宗 創業:文久元年(1861年) 店舗数:路面店7店舗(奈良)、百貨店・駅9店舗(百貨店:近鉄生駒店、上本町、阪神梅田(大阪)、KITTE丸の内(東京)、駅:近鉄郡山駅、大阪上本町駅、近鉄京都駅、近鉄大和西大寺駅、近鉄難波駅)、取扱店6店舗。 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(吉野本店、奈良店等) 公式サイト:http://www.hiraso.jp/ オンラインショップ:http://kakinoha.co.jp/index.html 5. 柿の葉寿司 ひょうたろう 桜の名所『吉野山』の人気店『ひょうたろう』は、吉野大峯ケーブル三条駅から徒歩5分ほど、銅の鳥居のすぐ横にあります。レトロな外観、パッケージも素朴ですが、逆に味への期待ができます!桜の季節になると開店早々に売り切れることもあるようですので、前日までに予約しておくことがおすすめです。ちなみに、キャッチフレーズが「2日目がおいしい」だそうです。 柿の葉寿司 ひょうたろう 店舗数:1 住所:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山429 営業時間:(通常)8時半~17時、(桜シーズン)9時~17時 定休日:月曜日 店内飲食・休憩スペース:なし 食べログ:http://tabelog.com/nara/A2905/A290501/29000233/ 松SAIさん(@wam0127sai)が投稿した写真 – 2016 5月 14 1:37午前 PDT 6.柿の葉寿司 やっこ 『ひょうたろう』とともに吉野山に店を構える『やっこ』は、『ひょうたろう』と同じく桜シーズンになると大混雑になる名店です。創業当初から守ってきたまろやかな味が、初めて柿の葉寿司にチャレンジする人にも受け入れられやすいです。店内では食堂を併設しており、柿の葉寿司とうどん、そうめんのセットが食べられます。もちろん自家製甘味も堪能できます! 柿の葉寿司 やっこ 創業:1910年代(大正年間) 店舗数:1 住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山543 営業時間:9時~17時 定休日:毎週水曜日(4月・11月は無休) 店内飲食・休憩スペース:あり(食堂、甘味処併設、テーブル席:45席、座敷:18席) 電話:0746-32-3117 公式サイト:http://www.yakko-yoshinoyama.com/ オンラインショップ:http://www.yakko-yoshinoyama.com/sell/sell.html @ShowAyanocozey 今トレンドに入っている「柿の葉寿司」ですが、私の地元では家庭科の調理実習で作り方を習うほどの奈良県民のソウルフードなので、是非食べて頂きたいです!特に吉野山にある「やっこ」さんの柿の葉寿司は絶品です♡ pic.twitter.com/LprYrVPhH3 — たぴ (@_TiGERBiLLY_) 2016年6月2日 7. 柿の葉すし 山の辺(やまのべ) 『山の辺』といえば、全国ニュースでも取り上げられた『紅葉の柿の葉寿司』が有名です。見た目はもちろん、やさしい鯖と酢飯の味わいもまた大人気です。ハレの日に贈られたら、ギュッとしますね。 柿の葉すし 山の辺(やまのべ) 店舗数:1 住所:奈良県桜井市山田676-2 営業時間:10時~17時 定休日:火曜日、第二・第三水曜日 店内飲食・休憩スペース:なし 電話:0744-45-3675 公式サイト:http://www.kakinohasushi.net/ オンラインショップ:http://www.kakinohasushi.net/product.html 「山の辺」さんの柿の葉寿司、まだあった。 pic.twitter.com/riVIkcMwh4 — まるえつ (@maruetsu55) 2015年11月13日 8.柿の葉すし 醍予(だいよ) […]

Read More

奈良に伝わる伝統料理『柿の葉寿司』にこめられた先人の知恵を知ろう

kakinohazushi

包みを開くのが楽しい! 奈良の郷土料理『柿の葉寿司』とは? みなさんがよく知っている「寿司」とはちょっと違う、まるでプレゼントのように丁寧に包まれている『柿の葉寿司』。これは奈良県に古くからある伝統料理のひとつ。その歴史は江戸時代にさかのぼります。奈良といえば、海に面していない地域。和歌山の港で採れた魚を商人が運ぶとき、冷蔵設備がない時代ですから、魚が傷まないようにたっぷり塩がされていたのだそう。しかし奈良に着く頃には塩がまわってとてもしょっぱくなってしまい、煮たり焼いたりしても食べられない……そこで、魚の身を薄くそいでご飯にのせて食べるようになったことがきっかけだと言われています。 柿の葉で包むのは、柿がいっぱいあったから……だけじゃなかった!? なぜ、柿の葉で包まれているのでしょうか。奈良県は柿の名産地なので、柿の葉っぱがいっぱいあったからというのも、理由のひとつかもしれません。しかし大きな理由がもうひとつ。実は柿の葉には殺菌作用があることが古くから知られていて、笹や竹の皮などと同じように、食品を包むことにも使われてきたのです。いわば、天然の“ラップフィルム”だったんですね。しかも柿の葉の香りが食品に移り、味わい豊かになる。柿の葉寿司には先人の知恵がいっぱいなのです。 お魚の種類にはバリエーションがあるらしい! 奈良、京都などで見かける柿の葉寿司には、鯖、または鮭がのっています。現在では他にも、お店によって穴子や小鯛などをのせたアレンジも見られます。また石川県では鯖の上に酢飯をのせ、さらにその上に青藻やさくらえびをのせて葉で包むという、ちょっと違った柿の葉寿司もあるのだそう。お寿司が好きな方はぜひ、どちらも探してみてください!

Read More

奈良、柳生の里に伝わる郷土料理、葉っぱに包まれている『朴葉すし』

houba-zushi

朴の葉につつまれたお寿司 お寿司といえば、ご飯の上にネタがのっている姿を思い浮かべますよね?でも、奈良には葉っぱに包んでだす郷土料理があるんです。中でも有名なのは柿の葉寿司ですが、同じ日本人にもあまりしられていない大きな朴の葉にくるまれた素朴なお寿司があります。 柳生の里でとれた朴の葉でいただく朴葉寿司 朴葉すしは、平成13年5月に柳生の民宿、久保田亭で誕生しました。元々は、朴柏弁当という朴の葉に包まれた子供の為のおやつでした。この頃の柳生には、柳生を代表するようなお土産がなく、旅行会社の人からのリクエストもあり、このお弁当から着想を得て、朴葉寿司がつくられました。朴葉寿司は朴の葉に、ふき佃煮、鮭酢漬、シーチキン甘煮、じゃこちりめん、しじみ、紅生姜とほんのりお酢のきいたご飯が包まれています。 朴葉寿司は、朴の木の新芽の時期の5月〜6月が一番香りがよく、おいしくいただけるシーズンです。 朴の木と日本人の生活の関わり 朴の木は古代から日本人の生活に深く結びついてきました。朴の葉は20cmから40cm, 日本の樹木の中で一番大きいといわれ、大きな葉は古代には儀式や写経、食べ物を包んだり、お酒を飲むときの器として使われてきました。現代でも、朴の葉は香りがよく、殺菌効果があるためお寿司やお餅をつつんで朴葉すしや朴葉餅をつくる材料としてつかわれています。葉は落ち葉になっても火に強いので、葉の上に味噌や食材をのせてやく朴葉味噌や朴葉焼きといった料理にもなります。木材は堅く、下駄の歯や版画用の板、和包丁の柄やまな板、日本刀の鞘にも使われています。 Map 奈良県奈良市柳生町325

Read More

かわいい鹿の大群がホルンの美しい音色で集まる?!奈良の『鹿よせ』

鹿よせ

1892年(明治25年)に「鹿よせ」は鹿の保護施設である鹿苑(ろくえん)の完成式にあわせて始まりました。
戦中戦後に一時行われなくなったものの、再開され、現在も奈良の鹿とふれあうイベントとして親しまれています。春日大社の近く、飛火野(とびひの)と呼ばれる野原で行われます。

Read More

酒造りの神様と清酒のルーツに会いに『奈良』旅

杉の葉でつくられた新酒を知らせるオーナメント 日本酒を売る酒屋の軒先につるされた丸い玉をみた事がありますか?それは、杉玉と呼ばれる酒屋のシンボルです。杉玉は、スギの葉を集めてボール状にしたもので、酒屋の軒先につるされ、新酒ができたことを知らせます。始めは青々としていた杉玉が、時間がたつにつれ茶色く変化していく様子で、お酒の熟成の度合いを知らせるのです。日本酒を売る酒屋を知らせる看板としての役目もあります。日本酒は、米と麹と水を主原料にした日本独自の製法でつくられる醸造酒です。 杉玉が杉の葉から作られる理由 奈良には大神神社という日本最古の神社があります。この神社は三輪山をご神体とし、本殿をもたず拝殿から三輪山を仰ぎ見る古神道の形態を残しています。杉の木をご神木とし、酒と杜氏(蔵人の監督者かつ酒蔵の最高製造責任者)の神様を祀り、全国の酒造家や杜氏から信仰を集めています。毎年11月には、「酒祭り」が行われ、酒造関係者が多数参列し、醸造の安全を祈り、お守りの護符と神社でつくられた杉玉を持ち帰ります。 夢のお告げとお酒の神様 大神神社がお酒の神様として信仰されるようになったのには、日本書紀に記された物語にあります。 古代•祟神天皇時代、国が疫病の流行により混乱した際、天皇が大物主大神様から子孫の太田田根子を祭主に酒をつくり奉納するようにとの夢でお告げをうけ、高橋活日命に命じ一夜で酒をつくらせ奉納したところ、疫病は去り、国が平定し再び栄えたということです。 この言い伝えから、酒造の神様を大物主大神、杜氏の神様は高橋活日命として祀られるようになりました。 清酒発祥の地 奈良は日本清酒発祥の地としても知られています。日本では、僧坊酒と呼ばれる日本酒が、平安時代から江戸時代にかけて大寺院で造られました。中でも特筆するのは奈良の正暦寺で、この寺で近代醸造法の基礎となる酒造技術が確立されたことで、日本清酒発祥地とされています。 奈良を訪れる機会があれば、三輪のお酒の神様やお寺で造られたお酒のこと、日本人とお米との深い関係について思いを巡らせてください。 【写真提供:奈良市観光協会】 日本清酒発祥地として知られる『正暦寺』 ■拝観料: 正暦寺 福寿院客殿 大人 500円 小人 200円(小学生のみ) 団体割引 大人400円 小人150円(小学生のみ) ※団体参拝は20名様以上から団体割引を適用いたします。 【写真提供:奈良市観光協会】 【写真提供:奈良市観光協会】 Map 奈良市菩提山町157番 正暦寺

Read More

日本の歴史好きならぜひ訪れてほしい!平和を願う侍の隠れ里 奈良『柳生』

剣豪の隠れ里 奈良、柳生の里は近鉄奈良駅からバスで約1時間ほどのところにあります。にぎやかな奈良駅界隈から、バスで山あいの道をいくと四方を山にかこまれた山里にたどりつきます。穏やかな山並みに囲まれた里の内部には、静かな風景が広がっています。 隠れ里の自然の風景や歴史的建造物だけでなく、何気ない民家の屋根の形や橋の装飾など注目して歩くとおもしろい発見があります。 侍にゆかりの土地をたずねて 柳生は、日本を代表する剣術流派の一つ柳生新陰流の発祥地です。徳川幕府に仕えて剣法を指南した柳生一族のふるさととしても知られています。 ここの見所は何といっても、侍の隠れ里。柳生家の侍、柳生十兵衛は剣の修行のため諸国を放浪して自分の腕を磨きました。この諸国漫遊に旅立つ前、先祖の墓地に植えた十兵衛杉といわれる杉の木や、剣豪の伝説を伝える一刃石があります。十兵衛も眠る柳生家の菩提寺の芳徳禅寺、剣塚などがあります。剣だけでなく、花しょうぶ園ではしょうぶの花を楽しむこともできます。 静けさのある美しい山里の風景に、素朴な石に刻まれた彫刻をみることができ、剣豪が実際に修行したり歩いた場所を再体験できるところが魅力です。 人を殺すのではない、人を生かす平和の剣術 柳生家の侍は剣は人を殺すための技術ではなく、世の中の平和を維持する兵法の一つであり、その姿勢であるとときました。戦いに明け暮れた戦国時代(15C末〜16C末)をへて、江戸時代は大きな戦争や内乱もない平和な時代でした。その時代の徳川幕府の右腕として働いた侍が、平和の剣術の思想をもっていたことは興味深いですね。この侍たちが、歩いた場所を歩きながら彼らの精神にふれるのはいかがですか? Map 奈良県奈良市柳生町155-1

Read More

近鉄奈良駅でおなじみの待ち合わせ場所。その目印は、『行基像』!

近鉄奈良駅前の行基像

駅前にたたずむお坊さんの像。これは誰? 奈良県の近鉄奈良駅前にある小さな噴水の近くに、お坊さんの像が立っています。この像は、地元の人たちが待ち合わせをするときの目印として、親しまれています。ここは、奈良の人も実はお坊さんの名前も知らずに、待ち合わせの場所としてあたりまえのように使っている場所です。 いったい誰なのでしょう? このお坊さんは、行基という名前の奈良時代(710~794)の僧侶です。行基は行基菩薩とも呼ばれます。菩薩とは仏教の仏様の位のことで、自分のためだけでなく、他人の利益になることも考えつつ修行する人のことをいいます。菩薩といわれた行基はどのような僧侶だったのでしょうか? 菩薩といわれた僧侶、行基 行基は、668年に大阪で生まれ、奈良で仏教について学びました。彼はこの時代の僧侶の規則をやぶり、寺院の外にでて、民衆のためにたくさんの社会事業をおこないました。 737年にペストが大流行した際には、病と重税に苦しむ農民のために池や橋、家をつくり、食料や薬をあたえました。朝廷からこれらの活動を弾圧されても、行基は活動を続けたと言います。 これらの活動から、行基は民衆に行基菩薩とよばれ、尊敬されるようになります。弾圧していた朝廷は、行基のもつ技術力や民衆を動員する力を大仏建設に協力を仰ぐ事になります。745年には、日本で初めて大僧正という僧の最高位になり、行基の指導のもとに大仏がつくられることになりました。 待ち合わせをする間、行基のことをしばし回想 この時代の僧侶は、出世のことばかりを考えているものが多かったのに対して、行基は寺院からでて民衆の苦しみと共に生き、その苦しみを和らげるための社会事業に身を投じました。 近鉄奈良駅にたたずむ、行基像の前には、現在でも托鉢する僧侶の姿をみることができます。行基は、全国各地で多くの寺院の建立に携わりました。そのあまりの多さに、代表的なお寺を挙げるのが困難なほどです。 行基が名前も知られずに奈良の人たちに親しまれているように、これらの寺院も当たり前のように、奈良の人たちの生活の中に生きづいています。仏教と僧侶の世界が今も交差する、そんな場所奈良へぜひ一度訪れてみてください。 近鉄奈良駅を訪れる時は、奈良時代に生きた僧、行基のことを思い出してください。 Map 奈良県奈良市東向中町29

Read More

菅原家発祥の地とも言われる、奈良の『菅原天満宮』で130品種の梅を愛でよう!「盆梅展」

ume

盆梅展は菅原家発祥とされる奈良、菅原の里にある菅原道真を祀る菅原天満宮で毎年春(2-3月)に行われている梅の盆栽展です。130品種200鉢の梅の盆栽がいっせいに展示されます。梅は菅原道真にとって特別な意味をもつ花でした。その生涯と、花との関わりを紹介します。

Read More

1,300年前に建てられた世界最古の木造建築!謎が謎を呼ぶ奈良『法隆寺』

houryu_top

法隆寺は聖徳太子が建立した現存する世界最古の木造建築とされ、1993年に日本で最初に世界文化遺産登録されました。奈良というと奈良時代(710~794)の東大寺のイメージが強いですが、それよりも古い初期仏教美術と飛鳥時代(592~710)の文化を1400年の長い歴史とともに伝えています。飛鳥文化はギリシャ•インド•中国(南北朝文化)•朝鮮に影響を受けた国際色豊かな文化が特徴です。
日本では聖徳太子とともに、謎の多いお寺としても知られています。今回は、そのミステリーに迫ります!

Read More

学問の神様「菅原道真」の先祖は初代横綱だった!?奈良の菅原姓発祥地で紐解く

相撲

奈良県菅原町にある菅原天満宮は、菅原道真の生誕の地と菅原姓の発祥地とされ、菅原家の三神、天穂日命(あまのほひのみこと)、野見宿禰命(のみのすくね)、菅原道真を祀っています。この3神をヒモ解くと面白いことが分かりました。天穂日命を祖神とし、菅原道真につらなる菅原家3代がどのような人物だったかを紹介します。

Read More