京都より古い!1,000年以上の歴史がある町「奈良」

2016年7月30日 Writter: Hideki Motosue
serials nara

どこで買えるんですか?奈良の柿の葉寿司おすすめ13選

dbbc34a54866b57afdd9a859e4c93755_s

どこで買えるんですか?奈良の柿の葉寿司おすすめ13選 柿の葉寿司は、奈良県内だけでかなりの数のお店があり、どの店がいいか悩みますね。そこで、人気と評判がいいお店を13店舗まとめてみました! 1.柿の葉すし本舗 たなか 奈良の柿の葉寿司といえばここ、『たなか』です。明治後期創業で現在は直営32店舗まで成長した柿の葉寿司の代表格です。東京にも出店していますので東京在住の方も気軽に奈良の味を楽しめます! 柿の葉すし本舗 たなか 創業:明治後期 店舗数:直営32店舗(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、東京)、取扱店舗38(奈良、大阪、京都、兵庫、和歌山、滋賀、東京、埼玉、福岡、羽田空港、関西空港、伊丹空港、サービスエリアなど) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(なら本店、五条本店等) 公式サイト:https://www.kakinohasushi.co.jp/ オンラインショップ:https://www.kakinohasushi.co.jp/onlineshop/ Rie Hamabeさん(@veriiiiiy)が投稿した写真 – 2016 6月 4 2:23午前 PDT 2.柿の葉ずしのヤマト ヤマトは、「たなか」と並ぶ柿の葉寿司の有名店です。ネット上でもよく『おいしいのは「たなか」なのか?「ヤマト」なのか?』の論争まで出ており、ぜひ「たなか」と食べ比べてみてください!。 柿の葉ずしのヤマト 創業:昭和44年 店舗数:11店舗(奈良、和歌山) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(五条本店、御所店、宝来店等) 公式サイト:http://www.kakinoha.com/ オンラインショップ:http://www.kakinoha.com/chumon/ 3.柿の葉寿司 ゐざさ(中谷本舗) 奈良の吉野地方で有名なお米屋さんだった中谷本舗、おいしいお米で作った柿の葉すしは、これがまたおいしいんです!柿の葉すし以外は、笹の葉で包んだオリジナルのゐざさ寿司も試してみてはいかがでしょうか? 柿の葉寿司 ゐざさ(中谷本舗) 創業:大正10年 店舗数:直営5店舗(奈良)、百貨店・駅9店舗(※百貨店:日本橋髙島屋、新宿高島屋、横浜髙島屋、新横浜フードメゾン、JR名古屋髙島屋。駅:近鉄奈良駅、近鉄八木駅、近鉄橿原神宮駅、JR大宮駅)、取扱店2店舗(JR京都駅新幹線構内、JR新大阪駅新幹線構内) 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(奈良本店、夢風ひろば店、平城山店等) 公式サイト:http://www.izasa.co.jp/ オンラインショップ:http://www1.enekoshop.jp/shop/izasa/ 4.平宗 江戸末期創業の平宗は、創業当初から寿司の販売をしています。そのため、絶品なお味が評判になり、昭和天皇にも献上したことがあるそうです。今でもたびたびテレビに取り上げられますので、どこの柿の葉すしがいいかで悩むのであれば、「平宗」はおすすめです。 平宗 創業:文久元年(1861年) 店舗数:路面店7店舗(奈良)、百貨店・駅9店舗(百貨店:近鉄生駒店、上本町、阪神梅田(大阪)、KITTE丸の内(東京)、駅:近鉄郡山駅、大阪上本町駅、近鉄京都駅、近鉄大和西大寺駅、近鉄難波駅)、取扱店6店舗。 営業時間:店舗によって異なる 店内飲食・休憩スペース:一部併設(吉野本店、奈良店等) 公式サイト:http://www.hiraso.jp/ オンラインショップ:http://kakinoha.co.jp/index.html 5. 柿の葉寿司 ひょうたろう 桜の名所『吉野山』の人気店『ひょうたろう』は、吉野大峯ケーブル三条駅から徒歩5分ほど、銅の鳥居のすぐ横にあります。レトロな外観、パッケージも素朴ですが、逆に味への期待ができます!桜の季節になると開店早々に売り切れることもあるようですので、前日までに予約しておくことがおすすめです。ちなみに、キャッチフレーズが「2日目がおいしい」だそうです。 柿の葉寿司 ひょうたろう 店舗数:1 住所:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山429 営業時間:(通常)8時半~17時、(桜シーズン)9時~17時 定休日:月曜日 店内飲食・休憩スペース:なし 食べログ:http://tabelog.com/nara/A2905/A290501/29000233/ 松SAIさん(@wam0127sai)が投稿した写真 – 2016 5月 14 1:37午前 PDT 6.柿の葉寿司 やっこ 『ひょうたろう』とともに吉野山に店を構える『やっこ』は、『ひょうたろう』と同じく桜シーズンになると大混雑になる名店です。創業当初から守ってきたまろやかな味が、初めて柿の葉寿司にチャレンジする人にも受け入れられやすいです。店内では食堂を併設しており、柿の葉寿司とうどん、そうめんのセットが食べられます。もちろん自家製甘味も堪能できます! 柿の葉寿司 やっこ 創業:1910年代(大正年間) 店舗数:1 住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山543 営業時間:9時~17時 定休日:毎週水曜日(4月・11月は無休) 店内飲食・休憩スペース:あり(食堂、甘味処併設、テーブル席:45席、座敷:18席) 電話:0746-32-3117 公式サイト:http://www.yakko-yoshinoyama.com/ オンラインショップ:http://www.yakko-yoshinoyama.com/sell/sell.html @ShowAyanocozey 今トレンドに入っている「柿の葉寿司」ですが、私の地元では家庭科の調理実習で作り方を習うほどの奈良県民のソウルフードなので、是非食べて頂きたいです!特に吉野山にある「やっこ」さんの柿の葉寿司は絶品です♡ pic.twitter.com/LprYrVPhH3 — たぴ (@_TiGERBiLLY_) 2016年6月2日 7. 柿の葉すし 山の辺(やまのべ) 『山の辺』といえば、全国ニュースでも取り上げられた『紅葉の柿の葉寿司』が有名です。見た目はもちろん、やさしい鯖と酢飯の味わいもまた大人気です。ハレの日に贈られたら、ギュッとしますね。 柿の葉すし 山の辺(やまのべ) 店舗数:1 住所:奈良県桜井市山田676-2 営業時間:10時~17時 定休日:火曜日、第二・第三水曜日 店内飲食・休憩スペース:なし 電話:0744-45-3675 公式サイト:http://www.kakinohasushi.net/ オンラインショップ:http://www.kakinohasushi.net/product.html 「山の辺」さんの柿の葉寿司、まだあった。 pic.twitter.com/riVIkcMwh4 — まるえつ (@maruetsu55) 2015年11月13日 8.柿の葉すし 醍予(だいよ) […]

Read More

手ぶら観光が実現!観光案内と手荷物一時預かり・配送サービスをワンストップで! 『クロネコならTABI』

title_naratabi

『クロネコならTABI』は三条通にある観光案内所です。猿沢池や興福寺に近く、奈良公園の入り口に位置します。JNTO(日本政府観光局)より認定外国人観光案内所の認定を受けており、周辺地域の道案内、観光情報の提供も行っています。窓口の対応言語は、日本語と英語が中心です。
また、奈良県と宅配業者のヤマト運輸が連携協定を結び、宿泊先までの手荷物の配達や一時預かりなどのサービスを提供しています。

Read More

奈良町で利き酒のできる酒蔵『春鹿醸造元 今西清兵衛商店』 隣の今西家書院も注目!!

harushika

今西清兵衛商店は、世界遺産・元興寺から徒歩約5分ほどのところにある日本酒の造り酒屋です。お店の裏手には酒蔵があり、こちらで醸造された「春鹿」という銘柄のお酒や様々なグッズを販売しています。店内では、季節により異なる5種類のお酒が利き酒できます。隣の重要文化財指定(1950年)の今西家書院とともに、ぜひ、訪れたいお店です。

Read More

奈良名物の柿の葉寿司は関東でも買えます!東京、神奈川、埼玉の店舗まとめ

3925539881604309cfc71a7f60a033d4_s

いますぐ食べたい時ってありますよね

Read More

学問の神様「菅原道真」の先祖は初代横綱だった!?奈良の菅原姓発祥地で紐解く

相撲

奈良県菅原町にある菅原天満宮は、菅原道真の生誕の地と菅原姓の発祥地とされ、菅原家の三神、天穂日命(あまのほひのみこと)、野見宿禰命(のみのすくね)、菅原道真を祀っています。この3神をヒモ解くと面白いことが分かりました。天穂日命を祖神とし、菅原道真につらなる菅原家3代がどのような人物だったかを紹介します。

Read More

1,300年前に建てられた世界最古の木造建築!謎が謎を呼ぶ奈良『法隆寺』

houryu_top

法隆寺は聖徳太子が建立した現存する世界最古の木造建築とされ、1993年に日本で最初に世界文化遺産登録されました。奈良というと奈良時代(710~794)の東大寺のイメージが強いですが、それよりも古い初期仏教美術と飛鳥時代(592~710)の文化を1400年の長い歴史とともに伝えています。飛鳥文化はギリシャ•インド•中国(南北朝文化)•朝鮮に影響を受けた国際色豊かな文化が特徴です。
日本では聖徳太子とともに、謎の多いお寺としても知られています。今回は、そのミステリーに迫ります!

Read More

菅原家発祥の地とも言われる、奈良の『菅原天満宮』で130品種の梅を愛でよう!「盆梅展」

ume

盆梅展は菅原家発祥とされる奈良、菅原の里にある菅原道真を祀る菅原天満宮で毎年春(2-3月)に行われている梅の盆栽展です。130品種200鉢の梅の盆栽がいっせいに展示されます。梅は菅原道真にとって特別な意味をもつ花でした。その生涯と、花との関わりを紹介します。

Read More

覚えておきたい奈良の観光案内所1 かわいい「しかまろくん」グッズがいっぱい!『奈良市観光センター』 地元民おすすめの観光情報も!

奈良市観光センター

奈良市繁華街には観光案内所が3つあります。今回はその中でも奈良市観光センターは、やすらぎの道の三条通りの交差点にある観光案内所をご紹介します。JR奈良駅と近鉄奈良駅の間にあり、英語と日本語の案内がメインの観光案内所です。
マスコットキャラクターしかまろくんグッズも充実しています。

Read More

かわいい鹿の大群がホルンの美しい音色で集まる?!奈良の『鹿よせ』

鹿よせ

1892年(明治25年)に「鹿よせ」は鹿の保護施設である鹿苑(ろくえん)の完成式にあわせて始まりました。
戦中戦後に一時行われなくなったものの、再開され、現在も奈良の鹿とふれあうイベントとして親しまれています。春日大社の近く、飛火野(とびひの)と呼ばれる野原で行われます。

Read More

覚えておきたい奈良の観光案内所3 JR奈良駅からすぐ!4か国語対応の『奈良市総合観光案内所』

奈良市総合観光案内所

奈良市総合観光案内所は、日本政府観光局が認定する外国人観光客案内所の最高ランクであるカテゴリー3の要件となっている観光案内所です。カテゴリー3認定所では、多言語での案内が常時対応可能です。 2015年12月1日に内装を一新し、新コーナーとともにリニューアルオープンしました。

Read More