ARCHIVES

2018.01.02
四谷では珍しい建造物、『本性寺』に徳川家康の守り神が?!
徳川家康が伊達政宗を恐れていた証『毘沙門天』 伊達政宗は戦国時代のルーキー。幼少期に病気にかかり右目を失明し眼帯で隠している容姿でご存知の方が多いでしょう。 1600年の関ヶ原の戦いで政宗は徳川率い
2018.01.02
「半蔵門」の名前とともに後世に語り継がれることとなった、忍者『服部半蔵』の槍が新宿『西念寺』にあった!
実は忍者ではない2代目服部半蔵正成が有名なのに、忍者の代名詞のように思われている服部半蔵 東京メトロの駅名にもなっている皇居、つまり元江戸城の「半蔵門」の名は、忍者の代表として今に知られる『服部半蔵
2017.12.13
近くて遠い、東京新名所「赤坂迎賓館」
学生、ビジネスマンでいつも賑わう四ツ谷駅から徒歩7分、いつもなにげに見てはいるし、誰でも名前は知っている「迎賓館」。一体誰がどのような目的で建設したのかご存知でしょうか。広大な敷地に、細部までこだわり
2017.12.12
四ツ谷にある行列必須のたいやき屋「わかば」。たい焼きの東京御三家と呼ばれています
たいやきに「御三家」があることをご存知でしたか。その御三家と呼ばれるたい焼き屋では、ある共通点があります。それはたい焼きの作り方です。今回は「天然物」と呼ばれるたい焼きを作り上げる御三家の1つ、四谷に
2017.12.12
あの有名な怪談に登場する女性は、存在していた。でも実際には全然違うお話
於岩稲荷田宮神社、「おいわいなりたみやじんじゃ」と読みます。地下鉄丸ノ内線の四谷三丁目駅から徒歩5分ほどの場所にあるこの神社は日本では昔からよく知られているあるお話で有名な場所です。ご存知でしょうか。
marumugi
2017.12.11
若き商店会長と、おいしいビールでまったりとした時間を楽しむ
常連以外の若いお客さんも歓迎の街へー神楽坂から移転した若き商店会長 荒木町の一番新宿寄り、杉大門通りに抜ける道のビルの2階にある地ビールバーが「まる麦」。店主の那須正樹さんはまだ40代ですが荒木町商
2017.12.11
すり鉢のように窪んだ地形を実感できる場所から、荒木町の歴史におもいを馳せる
東京は、高低差の多い街である(?) 日本の地図を見ると、東京のある関東平野は広大であり、より広い範囲に市街地が広がりやすかったことがよくわかります。ただ、平野といってもどこまでも平らな地形をしている
sharikimon
2017.12.11
近世江戸時代、近代明治時代以降、そして昭和の歴史の痕跡を巡る散歩
江戸時代は荒木町全体が一人の大名の屋敷だった「車力門通り」はその時代からの名前 丸ノ内線四谷三丁目駅と津の守坂に挟まれた荒木町周辺は、この一帯すべてがかつては高須藩松平摂津守義行の屋敷があった場所で
stroll
2017.12.10
都心のど真ん中に奇跡的に残った「昭和」の風情と味を楽しむ
画一化した時代と流行の背を向け続ける街~荒木町 懐古趣味、というのはいつの時代にもあるものですが、今の日本はさしづめ空前の「昭和ブーム」といえる時代でしょう。 現在の日本の年号が「平成」。その前の
rojiura
2017.12.10
「路地裏の名店」はこの街のためにある言葉。荒木町へ出かけてみよう
「路地」は本来「道」の意味ではなかった 日本には「路地裏の名店」という言葉があります。「路地」はもともと「露地=覆いのない地面」という意味の言葉で、英語の「alley=庭園や公園にある小径」とほぼ同
2017.10.11
坂道に寺社、そして迷宮ばりの路地裏グルメスポット。見どころ満載の新宿・四谷をぶら歩き!『四谷荒木町と寺町』
四谷三丁目駅付近が見どころ満載なエリアなのを知ってますか? 迷路のように石畳の路地が入り組む通な大人のグルメスポット・荒木町や、約25もの寺社がひしめく四谷寺町エリアは、ぶらぶら歩きにもってこいの場
2017.08.04
聖武天皇の偉業を称える!奈良・東大寺『鏡池水上舞楽台』で舞楽と慶讃能奉納
東大寺では毎年、5月2日に、東大寺や大仏建立の功労者、聖武天皇(しょうむてんのう)の命日のお祭り、聖武天皇祭が開催されます。今日は、東大寺境内にある鏡池水上舞楽台で行われる、舞楽と能の奉納についてご紹
2017.07.27
約300人の僧侶たちの華やかな練り行列に感動!奈良東大寺『聖武天皇祭』
聖武天皇祭(しょうむてんのうさい)は、奈良の東大寺で毎年、聖武天皇の亡くなった5月2日(旧暦)に行われる命日法要です。東大寺の大仏は、奈良時代(710〜794)の天皇、聖武天皇の発願により造られました
2017.06.27
古代豪族たちの古墳のメッカ!奈良で生まれたユニークな木工古墳グッズ 『Double Mound』をご紹介!
奈良のクラフト市で、個性的な木工品を販売されている方に出逢いました。 そのモチーフは、「古墳」。ユニークな古墳グッズと、奈良の古墳へのこだわり、また、どこで買う事ができるかなどをご紹介します。
2017.05.24
世界的アーティストから学べる!東洋言語学院で夏限定の日本文化体験サマーコースに参加しよう!!
もうすぐ夏休み!日本への旅行を考えているけれど、普通の旅行プランでは満足できない方や、日本に住んでいてもっとディープなジャパンを知りたい方におススメの「東洋言語学院サマーコース」をご紹介します。

Places To Go

close