あの有名な怪談に登場する女性は、存在していた。でも実際には全然違うお話

於岩稲荷田宮神社、「おいわいなりたみやじんじゃ」と読みます。地下鉄丸ノ内線の四谷三丁目駅から徒歩5分ほどの場所にあるこの神社は日本では昔からよく知られているあるお話で有名な場所です。ご存知でしょうか。ここでは、そのよく知られているお話も交えながら、この神社についてご紹介します!


恐ろしいあの「四谷怪談」のあらすじをおさらい

日本で有名な“怪談”といえば、「四谷怪談」。ご存知「お岩さん」の悲劇です。タイトルに‘四谷‘とつくだけあり、現在の新宿区四谷と関係しているお話であることになります。

出典 「乱歩」http://ranpo.co/article/6045953636977086465

四谷怪談は、すでに妻がいながらもお金に目がくらみ、他の女性と結婚することを決めてしまった伊右衛門という男性と、伊右衛門の妻であるお岩さんの物語です。伊右衛門は他人を介し、顔がただれる薬を妻であるお岩さんに盛らせ、結果お岩さんは自分の顔を見て発狂し、誤って自分に刀を刺し、死んでしまうという哀しいお話です。お岩さんは死んでしまった後も、旦那の伊右衛門を祟り、憎しみからか毎晩枕もとで「うらめしや、うらめしや」と言い続けていたというのが一番記憶に残っているシーンではないでしょうか。

実際のお岩さんは良妻賢母な女性であった?

こんなひどい夫であれば祟りが起こるのも納得…と思いつつ、幽霊として登場するお岩さんにも怖い印象を持つのは無理もありません。しかし、現実のお岩さんはとても“いい人”だったそうで、お岩さんと伊右衛門も本当はとても仲の良い夫婦だったのだとか。武士であった伊右衛門の稼ぎがよくないときには、お岩さんが自らお金持ちの家に奉公に出て、生活を支えたと言われています。奉行中もお岩さんは近くの稲荷神社へ行き、早く2人一緒に暮らせるようにと熱心に拝んでいたそうです。お岩さんの奉行の頑張りぶりが認められてからは、伊右衛門が出世できるようお岩さんが働いていたそのお屋敷の人が取り計らい、2人は幸せに暮らしたというのが実際のお話、と言われております。しかし、さらに調べれば、お岩さんと伊右衛門については諸説あるようです。伊右衛門のロクデナシ話は本当であり、実際は夫婦円満だった、という話が、家名を守るための作り話である、という説まであるようで、本当のところは何もわからないということなのでしょうか。

「東海道四谷怪談」は江戸の人間にうけることを狙った創作

ではなぜこんなお話が生まれたかというと、鶴屋南北の歌舞伎狂言「東海道四谷怪談」はお岩さんが亡くなった200年後、幕末に近いころに作られました。お岩さんの名前だけを借り、江戸時代に起きた様々な事件を台本に取り込み、出来上がったと言われています。また、「東海道四谷怪談」は、赤穂事件を基にした「忠臣蔵」と、表裏一体で歌舞伎の演目として上映されました。当時、表話と裏話を交互に上演した手法が斬新で大ヒットに繋がりました。

出典 「歌舞伎の基本・歌舞伎入門ガイド」
https://goo.gl/QQYKU9
お岩さんが信仰していた稲荷神社は、近隣の人々から“お岩さんの稲荷“と呼ばれていたそうです。お岩さんは田宮家の家系であったため、於岩(お岩)稲荷田宮神社という社名になったのは実際の話を聞くと納得します。
家内安全、無病息災、商売繁盛などのご利益があります。しかし、四谷怪談のイメージが強いためか、縁切りのご利益を信じている参拝者も多く訪れるそうです。

これだけのわかりやすいストーリーが背景にある神社ですので、一度参拝されてみてはいかがでしょうか。商売繁盛を信じて行くもよし、あるいは縁切りを信じて行くもよし。実際のお岩さんがどのような人だったかはわかりません。しかし、四谷怪談に出てくるあの有名な女性と関係の深い神社だと思えば、足を運ぶきっかけになるのではないかと思います。

関連記事

AUTHOR

Tadaima Japan Editorial Team

Information

Address 東京都新宿区左門町17
Hours -
Price -
Close -
Access 東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩5分 / JR中央線 信濃町駅 徒歩10分
Phone -
Language 日本語
Website -