全国の有名和菓子店が勢揃い!奈良林神社の『饅頭まつり』とオススメの和菓子店『中西与三郎』をご紹介!

奈良の漢國神社(かんごうじんじゃ)内にある林神社(りんじんじゃ)日本唯一の饅頭の社、奈良『林神社』で饅頭の歴史を再発見してみよう!は、日本で唯一のお饅頭の神社として知られ、日本で初めて餡入りのお饅頭をつくったといわれる、林浄因(りんじょういん)がお祀りされています。
毎年、林浄因の命日の4月19日には、全国の和菓子関係者が集まり、菓子業界の発展と繁栄を祈願する饅頭まつりが行われます。今回は、この饅頭まつりと、林神社周辺のオススメ創作和菓子店をご紹介します。

饅頭まつり


【 目次 】

菓子繁栄を祈る!「饅頭まつり」とは

毎年4月19日に開催されている林神社の「饅頭まつり」に行ってきました。

林神社入り口

簡易売店

林神社へは、朝10時頃に着きました。いつもは、ひっそりとした雰囲気でほとんど参拝する人をみることはないのですが、この日は、神社の前に、お饅頭やお菓子を売る簡易売店が設置され、たくさんの人でにぎわっていました。

林神社の正面に設けられた業界関係者席の近くには、全国の和菓子・菓子業関係者から奉献されたお菓子がずらりと並べられました。

奉納和菓子
奉納された和菓子

奉納されたお菓子のよく名前を見てみると、全国の老舗の和菓子屋さんの名前がみられ、菓子業界関係者の信仰を集めている様子が伺えます。

参列者

11時になると、業界関係者が席につき、神事が始まりました。

塩瀬総本家奉納
神前の塩瀬総本家奉納のお饅頭

御幣奉納

大きな木の棒に鮮やかな色の布と紙垂(しで)のついた御幣(ごへい)が、3本、神前に捧げられた後、祝詞が読まれ、菓子業界の更なる発展と繁栄を参拝者一同と共に祈願しました。

玉串奉納

つづいて、榊(さかき)に紙垂のついた玉串(たまぐし)が、神主さんから業界関係者の方に手渡され、それぞれ捧げられます。

塩瀬総本家会長

業界関係者席には、林浄因の子孫で塩瀬総本家の会長の姿もあり、家業と業界の繁栄をお祈りされていました。

お饅頭

参拝客

最後は、宮司さんと奉賛会会長の挨拶で例大祭は終わり、参拝者に抹茶と餡入りのお饅頭が配られました。お饅頭を一口、口にしようとたくさんの人が並び、林浄因が初めてお饅頭をつくってから、現代にいたるまで、日本でお饅頭が愛されている様が、伝わってきました。

中西与三郎
中西与三郎

奈良町散策で立ち寄りたい、こだわりの創作和菓子店「中西与三郎」

菓子祖神といわれる林浄因が鎮座する奈良で、林神社から徒歩でいくことができるオススメの創作和菓子やさんを、ご紹介します。

身代わり申
身代わり申

中西与三郎(なかにしよさぶろう)は、奈良ならではの、創作和菓子を伝統の味とともに伝える和菓子店です。奈良町のシンボルともいえる庚申さんのお守り、身代わり申をモチーフにした奈良町らしいお干菓子や生菓子を販売されています。

身代わり申の生菓子
身代わり申の生菓子

生菓子は、20年ほど前にお茶席での依頼があり作り始めたそうで、白あずきと奈良県産の大和芋が原料です。

身代わり申の干菓子
身代わり申の干菓子

お干菓子は、和三盆糖(わさんぼうとう)という日本独自の砂糖と、奈良の吉野葛から作られています。
他にも、奈良名産の大和茶を餡につかったお饅頭やわらび餅もあります。

店内

定番の和菓子の他に、季節おりおりの和菓子と、夏にはかき氷も提供しています。店内には、飲食スペースがあり、店内でお召しがりいただくことも、お好みの和菓子をお土産としてお持ち帰りすることもできます。
奈良町散策の際、季節のお菓子やお抹茶とともに、中庭の見えるお席でゆったりとくつろいで疲れを癒す時間は、奈良ならではの贅沢なひとときです。
遠方の方は、サイトで通信販売もされているので、ぜひ一度サイトをのぞいてみてください。

和菓子制作体験もオススメ!

創作和菓子店「中西与三郎」では、和菓子の手作り体験もしています。季節の生菓子2つとお干菓子1つを、お作りいただいた後、店内でお抹茶と一緒にお召し上がりいただくか、お土産としてお持ち帰りすることができます。
【定員】16名
【所用時間】1時間程度
【参加費】2,160円

お申し込みは、オフィシャルサイトhttp://www.naramachi.jp/index.html から可能です。奈良町の情緒あふれる空間で、手作り体験を通して、日本の和菓子に触れることもオススメです!

奈良町の他の観光案内はこちら!
なつかしいからくりおもちゃを手にとって遊べる『奈良町からくりおもちゃ館』

「雨樋」をおしゃれに見せる、日本の和風建築が面白い!

1秒間に3回餅をつく高速技! 昔ながらの手つき・無添加にこだわる『中谷堂』のよもぎ餅

『鍾馗さん』の呼び名で親しまれている奈良の魔除け瓦像!奈良町散策で必ず見つかるヒントを大公開!

奈良町で利き酒のできる酒蔵『春鹿醸造元 今西清兵衛商店』 隣の今西家書院も注目!!

関連記事

AUTHOR

kyoami

kyoami

Writer/ Translator

民具や生活道具、伝統工芸、日本のアンティーク好き。生活の中で生まれた日本人独自のセンスや技術、その背景にある宗教観や由来をさぐります。

Information

Address 奈良県奈良市脇戸町23
Hours 9:00〜18:00
Price -
Close -
Access 近鉄奈良駅2番出口より東向き商店街、もちいどのセンター街を南へ徒歩10分
Phone 0742-24-3048
Website http://www.naramachi.jp/index.html