水上バスで浅草やお台場から寄り道!四季折々の花々が咲き乱れる日本庭園【浜離宮恩賜庭園】

【浜離宮恩賜庭園】は、約250,215平方メートルもの広大な敷地を持ち、海水を引き入れた『潮入の池』と、二つの『鴨場』がある江戸時代の代表的な大名庭園です。東京には他にもいくつか潮入りの池を携える江戸時代ゆかりの庭園はありましたが、現在も実際に海水が出入りしているのはこの庭園だけ!
この庭園には美しい花々と、趣のある御茶屋があり、日本の四季を感じながらゆったりとした時間を過ごす事ができます。それでは早速庭園の見所を探ってみましょう!

2017-04-17   TRAVEL DESTINATIONS, 東京,


【 目次 】

季節を彩る美しい花々をご紹介!春はやっぱり桜!!

【浜離宮】では3月下旬からソメイヨシノが咲き始め、中旬からは八重種のサトザクラなどが満開となります。ウコンやギョイコウ等の珍しい品種も次々と咲き始め、多種多様な桜を楽しむ事ができますよ。

浜離宮
中の御門付近に咲くソメイヨシノ
提供:公益財団法人東京都公園協会

庭園内では、四季を通して美しい花々が華やかに咲き乱れます。

浜離宮
四季折々の花々
提供:公益財団法人東京都公園協会

初春にはウメ、春にはナノハナやサクラ、そしてフジ。夏にはハナショウブやキバナコスモス、そして夏から秋にかけてはコスモス、秋には紅葉、冬にはジュウガツザクラやロウバイなど、1年を通して庭園の色合いが移り変わります。

忘れてならないのは、樹齢が300年以上にもなると言われる『三百年の松』。都内では最大級の黒松で、太い枝が低く張り出したその存在感は一見の価値ありです。

浜離宮
大手門付近にある『三百年の松』
提供:公益財団法人東京都公園協会

花も団子も楽しめる庭園!月替わりの和菓子で一服@中島の御茶屋

広い庭園を散策して疲れた後は、総延長118mもある檜造りの橋『お伝い橋』を渡って『中島の御茶屋』で一休み。
こちらでは、しっとりとした空間と丁寧な接客の中、月替わりの季節のお菓子とお抹茶をいただけます。

中島の御茶屋
3月の抹茶と上生菓子セット(720円)
提供:公益財団法人東京都公園協会

趣のある建物から、越冬の為に飛来した水面に優雅に浮かぶ水鳥を眺めながら、上品な抹茶と和菓子をいただくと、思わず日本人で良かった!と感じずにはいられません。お抹茶は+200円を支払うとおかわりができますよ。

中島の御茶屋
水面に反射する紅葉
提供:公益財団法人東京都公園協会

桜のシーズンと、紅葉シーズンは入場者数も増える為、御茶屋の利用者も増えるのだそうです。ゆったり過ごしたい方は、ハイシーズンを外すと良いですね。

中島の御茶屋

  • 営業時間:9:00-16:30
  • 定休日:年末年始(12/29-1/1)
濱見世
花木園にある売店『濱見世』

園内には『濱見世』という売店もあります。こちらではお団子やおかき、飲み物やお土産等を販売しているので、園内散策の際に立ち寄ってみてください。

濱見世(花木園内売店)

  • 営業時間:9:00-16:30
  • 定休日:年末年始(12/29-1/1)

浜離宮へのアクセスは水上バスがオススメ!

【浜離宮】は、都営地下鉄、ゆりかもめ、JR、東京メトロなど様々な最寄り駅が隣接していますが、オススメは水上バスでのアクセス!東京水辺ラインや東京都観光汽船で浅草やお台場を観光した後に、是非とも庭園散策をしながらゆっくり過ごして、都会の喧騒を忘れてみてください。(入園料別途)

水上バス
隅田川にかかる特徴的な橋や、東京名所である建造物も見所!

船内からはスカイツリーや東京タワー等の押さえておきたい名所が見られ、東京観光を違った角度から楽しむことができます。

桜の時期とゴールデンウィークは開園時間延長!

【浜離宮】では、桜の時期とゴールデンウィークに合わせて開園時間を延長します。
3月25日(土)~4月9日(日)の美しい桜が見頃になる時期に開園時間を1時間延長し、9時から18時までOPEN!(最終入園は17時30分)

浜離宮
ソメイヨシノ(左)イチヨウ(右上)ウコン(右下)

また、新緑を楽しめるゴールデンウィーク期間中の4月29日(土・祝)~5月7日(日)も同様に開園時間が1時間延長されます。中でも5月4日の「みどりの日」は無料開園日で、誰でも無料で入園できるのは嬉しいですね。ぽかぽか陽気の中花びら舞い散る桜と、新緑の庭園をのんびり散策してみませんか?

浜離宮
新緑が美しい浜離宮恩賜庭園

東京駅にも近く、都会の中心に位置しているのにも関わらず、このゆったりとした空間と四季折々の緑や花々は美しい!の一言です。海外の方々はもちろんの事、日本人にも是非とも味わってもらいたい日本庭園ですよ。

関連記事

AUTHOR

koume

koume

福岡出身で現在東京在住の小梅です!オーストラリアに5年 半、フィリピンやカンボジアでの海外生活を通して、日本の素晴らしさを再確認しました 。新たな視点で日本人にも外国人にも楽しんでもらえる記事作りを目指します☆

Information

Address 東京都中央区浜離宮庭園1-1
Hours 9:00-17:00(入園は16:30まで)
Price 一般:300円/65歳以上:150円
Close 年末年始(12/29-1/1)
Access ●大手門口
都営大江戸線・ゆりかもめ「汐留駅」徒歩7分
都営大江戸線「築地市場駅」徒歩7分
●中の御門口
都営大江戸線「汐留駅」(10出口)徒歩5分
ゆりかもめ「汐留駅」徒歩5分
●船
東京水辺ライン[両国・浅草(二天門)・お台場海浜公園など]
東京都観光汽船[浅草(雷門・浅草寺)行き<日の出桟橋経由>]
Phone 03-3541-0200
Website http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index028.html