1秒間に3回餅をつく高速技! 昔ながらの手つき・無添加にこだわる『中谷堂』のよもぎ餅

中谷堂は、奈良・猿沢池の近く三条通りに面し、もちいどのセンター街のちょうど入口あたりにある高速餅つきで有名な和菓子(餅)店です。日本伝統の餅つきを見られるのと同時に、つきたて・無添加の美味しいよもぎ餅を買い求めることができます。

2016-09-16   CULTURE, DESTINATIONS, FOODS & DRINKS, 奈良,

高速餅つき


【CONTENTS】
古くからの手作業による餅つきのお店
職人たちの息の合ったコンビネーション!驚きの高速餅つき
おいしさの秘密は高速で餅を打つ製法にあり!
看板商品・よもぎ餅。よもぎ餅の緑色はどこから来ているの?
看板商品よもぎ餅は、食べ歩きにももってこい!

杵と臼

古くからの手作業による餅つきのお店

丸くてふっくらとした形のお餅。お餅はどうやって作られるか知っていますか?
お餅は蒸した餅米を臼に入れ、杵で何度も打って作ります。
これを餅つきといい、お正月や節句、祝い事などおめでたい行事で行なわれてきました。現代の主流は、機械を使った餅つきですが、中谷堂では、日本での古くからの風習である手作業での餅つきを行っており、その作業を間近で見ることができます。

職人たちの息の合ったコンビネーション!驚きの高速餅つき

中谷堂の餅つきの見所はなんといってもそのスピード!なんと1秒間に3回もついているともいわれる高速餅つきなんです。餅つきは、お餅を杵で打つ「つき手」と、お餅を同じ所ばかり打たないように、手で餅をひっくり返す「返し手」との共同作業で行なわれます。なんとも、息のあった神業です!

pound mochi at high-speeds!

pound mochi at high-speeds!

pound mochi at high-speeds

おいしさの秘密は高速で餅を打つ製法にあり!

中谷堂のお餅の美味しさの秘密は、高速餅つきにあります。
餅つきは、古来、お正月のように寒い時期に行われるものです。しかし、冷めてしまったお餅をついてもおいしいお餅を作ることはできません。お餅が熱いうちに一気に餅をついて仕上げることで、やわらかい粘りと適度にこしのあるお餅が出来上がるそうです。

高速餅つきは、単なるパフォーマンスではなく、美味しいお餅をつくる基本的なこつなんですね。

看板商品・よもぎ餅。よもぎ餅の緑色はどこから来ているの?

ついているお餅の色を見ると分かると思いますが、よもぎ餅は草色をしています。中谷堂では、つきたての美味しいよもぎ餅を販売しています。

Mugwort
よもぎ

よもぎは、日本各地に自生している多年草です。独自の香りがあり、日本では古来から毒気や邪気を払う力があると信じられ、おひたしやよもぎ餅などにして食べられてきました。

Mugwort mochi
よもぎ餅

このよもぎ餅、外側にきな粉がまぶしてあり、実際に食べてみるとやわらかく伸びて、口いっぱいに広がるよもぎの風味と、甘過ぎない粒餡のコンビネーションが美味しいと評判なんです。

Mugwort mochi is good to eat while walking!

看板商品よもぎ餅は、食べ歩きにももってこい!

中谷堂の看板商品であるよもぎ餅は、1個130円。8個以上買うとお買い得になります(8個1,000円)。店頭で紙に包んで渡してくれるので、食べ歩きにももってこいですね。※2016年8月現在
他にはおせんべいなども販売しています。

餅つきの時間は売れ具合によって行なっているため不定期ですが、来客の多い午後に行なうことが多いようです。餅つきをしている時は、人だかりができるので分かりやすいと思います。

お店は、道路に面していて、とても立寄やすい雰囲気です。奈良を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

Nakatanido

Map

〒630-8217奈良県奈良市橋本町29

関連記事

AUTHOR

kyoami

kyoami

Writer/ Translator

民具や生活道具、伝統工芸、日本のアンティーク好き。生活の中で生まれた日本人独自のセンスや技術、その背景にある宗教観や由来をさぐります。

Information

Address 〒630-8217奈良県奈良市橋本町29
Hours 10:00~19:00
Price -
Close 不定休
Access 近鉄奈良駅2番出口より東向き商店街南へ通り抜けた左手前、もちいどのセンター街入口、徒歩約5分
Phone 0742-23-0141
Website http://www.nakatanidou.jp