ここは古代の世界を感じるミニテーマパーク?!博多住吉神社

みなさん、こんにちは!「 ぶらぶら福岡 」の永渕です。
博多まち歩き「ぶらぶら福岡」のコースから、ご案内しましょう。
博多駅から徒歩約10分の所にある由緒ある、「住吉神社」。境内を一周すると古代から近世までの色々な世界を楽しめます。

2016-09-07   DESTINATIONS, 福岡,

sumiyoshi jinja_title


【CONTENTS】
1800年以上の歴史を誇る、全国に2000社以上ある住吉神社の始原
古来より「すみよしさん」と親しまれてきた、開運除災・航海安全・船舶守護の神様
古代力士像の右手のシワに触れて、パワーをもらおう!
曲がった松が一夜にしてまっすぐになった!? 神社の御神木「一夜の松」
宝くじを購入する前に、志賀神社福分小判にタッチ!
総ひのき造りの日本有数の名舞台・能楽殿

1800年以上の歴史を誇る、全国に2000社以上ある住吉神社の始原

博多に行ったら、博多駅近くの日本庭園「楽水園」の茶室で、抹茶をいただきながら一息ついた後、巨大ショッピングモール「キャナルシティ博多」でショッピング!・・・もいいですが、キャナルシティの裏手にあるこの神社にも足を伸ばしてみるのをおススメします!
底筒男神(そこつつのおのかみ)、中筒男神(なかつつのおのかみ)、表筒男神(うわつつのおのかみ)の住吉三神を住吉大神としてお祀りする住吉神社。全国に2129社ある住吉神社の中でも、日本最初の神社(日本第一住吉宮)と古書に記されており、1800年以上の歴史を誇ります。
広大な敷地の中にある社殿は、神社建築の最も古い様式の一つ「住吉造り」と言われるもので、直線的な外観を持ち、質素さ、簡素さが特徴です。屋根は他の神社建築に見られる反りはなく、古式の直線構造。社殿の出入り口も直線型妻入式(つまいりしき)と呼ばれ、この社殿は国の重要文化に指定されています。

sumiyoshi jinja_1

sumiyoshi jinja_2

古来より「すみよしさん」と親しまれてきた、開運除災・航海安全・船舶守護の神様

約1800年前、第14代仲哀天皇の妃、神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓征伐(現在の朝鮮半島南部)へ向かった際、神功皇后の軍勢は住吉大神の守護により三韓の軍勢を降しました。その後、住吉大神は航海・海上の守り神として厚く信仰されてきたのです。
当時、福岡市の中心部はまだ埋め立て前で、海が入り込んでいた中世の博多古図では、博多湾の入り江の岬にこの神社があるのが見えます。

sumiyoshi jinja_3

古代力士像の右手のシワに触れて、パワーをもらおう!

社殿の近くに、古代の力士をかたどった勇ましい像が建っています。そこで、この力士像の右手をよく見てみてください、右手のシワが漢字の「力」という形に見えませんか?そこから、この力士像の右手に触れると「力」をもらえると云われています。大相撲の新横綱は、戦前までは横綱の免許を受けに熊本の吉田司家に行った帰りに、必ずここへ参拝に訪れたとか。この古代力士像は、右手の掌に書かれた手の平に触れるとパワーを貰える、パワースポットとして人気です。
その他にも、境内には屋外土俵や浅香山(元大関魁皇)部屋の稽古場もあります。

suyomiyoshi jinja_4
古代力士像

sumiyoshi jinja_5

sumiyoshi jinja_6
屋外土俵
sumiyoshi jinja_7
浅香山部屋

曲がった松が一夜にしてまっすぐになった!? 神社の御神木「一夜の松」

社殿の左手に、この神社の御神木「一夜の松」があります。
今から約570年前、式年遷宮(25年ごと)の社殿造営の際、社殿にさしかかった松が造営の邪魔になるため、談合の末、翌日にこの松を切ることに決まりました。しかしその当日、まるでその話し合いを聞いて驚いたかのように、その松の木は一夜のうちにまっすぐになったとか。
そんな伝説が残る松の木も、現在、少し傾いているので、次回の社殿造営の際も一夜にしてまっすぐに!なんて事が起こるかもしれませんよ。

一夜の松
一夜の松

宝くじを購入する前に、志賀神社福分小判にタッチ!

志賀大神を氏神とする大分県の志賀氏が、神に祈って宝くじを購入したところ、当選して大金を得たということで、幸運のおすそ分けとして最近、この小判を神社に奉納したのだとか。これに触ると金運が上がるパワースポットとして人気になっています。宝くじを購入する時は、金運が上がるというこの小判にタッチしてみては?

sumiyoshi jinja_9
滋賀神社福分小判

sumiyoshi jinja_10

sumiyoshi jinja_11

総ひのき造りの日本有数の名舞台・能楽殿

境内の南側には、これまで様々な名手が舞台に立ってきた西日本有数の歴史建造物である、能楽殿があります。
昭和13年の設立で福岡市有形文化財。現代では珍しい桟敷席があり、舞台は総ひのき造りです。舞台の床下に置かれた数個の甕と格子天井の構造は、音響効果を最大に生かした当時のハイテク技術とか。舞台の対面に掛かる大きな額の文字は、福岡県生まれの第32代内閣総理大臣・広田弘毅(1878~1948)の筆によるものです。
最近では能や狂言だけでなく、コンサートライブやトークショー、落語など多彩な催しに使われています。

sumiyoshi jinja_12

sumiyoshi jinja_13

sumiyoshi jinja_14

※この記事は「ぶらぶら福岡」からの寄稿です。
福岡に訪れた外国人の皆さんに福岡・博多の歴史文化を体験してもらう「博多まち歩き・ぶらぶら福岡」。外国人ガイドの手配や着物の着付けなどいろんなサービスを行っています。もちろん日本人の方も大歓迎です。
詳しい案内は  こちら
(日本語、英語、繁体字、簡体字サイトあり)

関連記事

AUTHOR

hide

hide

Writer

福岡県在住。2015年から外国人の為の博多まち歩き事業を始めました。 夢は、自然・歴史・文化が豊かな福岡そして九州の魅力を世界に発信する事です。

Website Facebook

Information

Address 福岡県福岡市博多区住吉3-1-51
Hours 9:00~17:00
Price -
Close -
Access JR博多駅・地下鉄博多駅より徒歩約10分
Phone 092-291-2670
Website http://chikuzen-sumiyoshi.or.jp/index.html