博多商人の「粋」に触れる!博多駅にも近い日本庭園「楽水園」で優雅なひと時を

みなさん、こんにちは!「 ぶらぶら福岡 」の永渕です。博多まち歩き「ぶらぶら福岡」のコースから、今回は優雅な日本庭園「楽水園」をご案内しましょう。博多駅近くの住宅街に突然現れるこの庭園は、池泉回遊式の優雅な情緒が漂い、撮影スポットとしても大人気なんですよ!

2016-08-09   DESTINATIONS, 福岡,

Tokonoma


【CONTENTS】
ビルの谷間にある、優美で小さな日本庭園でほっと一息
四季折々で違った表情を見せる園内で、和の心を感じて
地中深くからかすかに響く、静寂の音色に耳を澄ます
風雅な庭園を楽しみつつ、茶室でお抹茶をいただけます。

ビルの谷間にある、優美で小さな日本庭園でほっと一息

みなさん、こんにちは!「ぶらぶら福岡」の永渕です。
今回は博多駅から徒歩12分、住宅街の一角に突然現れる日本庭園「楽水園」をご案内します。この庭園は1906年に博多商人の下澤善右衛門親正(しもざわ ぜんえもん ちかまさ)が別荘として造った庭園を、1995年に福岡市が受け継ぎ、整備されたものです。この楽水園の「楽水」とは、親正の雅号なんだとか。

The entrance

The pond

四季折々で違った表情を見せる園内で、和の心を感じて

Hakatabei

約2900㎡の敷地を囲うのは、「博多塀」と呼ばれるユニークな外観のもの。これは豊臣秀吉が戦災で廃墟となりそうだった博多の町を復興する際に、焼け石や焼け瓦などを粘土に塗り込めて作った丈夫な塀なんです。「リサイクル」とはいえ、とても個性的でオシャレなデザインですね!

池の周りをゆったり散策できる池泉回遊様式の園内は、中央に池が配置され、色鮮やかな鯉をたくさん見る事ができます。池のそばで手を叩いてみてください、人懐こい鯉たちが一斉に寄ってきますよ。

Carp in the pond

池の周囲には、小さいけれど美しい滝が配置され、夏の暑い時期にはさわやかな涼を感じることができます。また、茶会を開く野点広場では、夏には新緑、秋には紅葉など、四季の移ろいを楽しむこともできます。

Waterfall

Nodate

地中深くからかすかに響く、静寂の音色に耳を澄ます

Suikinkutsu

この庭園でぜひ試していただきたいのが、茶庭に設置された水琴窟(すいきんくつ)。水琴窟とは、つくばいの排水口の下の地中に作った空洞へ水滴を落下させ、その水滴の反響音を楽しむ風流な庭園装飾です。つくばいから備え付けの柄杓で穴の中へ水を垂らすと、地中奥深くからかすかに響く音色が・・・。その透き通った静かな音が、五感をしみじみと癒してくれますよ。

風雅な庭園を楽しみつつ、茶室でお抹茶をいただけます。

楽水園には親正が建てた茶室を復元した「楽水庵」の他に、茶室が3部屋あります。お茶会等で利用されていない時は、誰でもお抹茶をいただくことができます(一服300円:季節のお菓子付)。茶室の前に広がる、侘び寂び感漂う日本庭園を眺めながら静かに抹茶を味わうのは、とても贅沢な時間ですね。

woman in the tea-ceremony room

A view from the tea-ceremony room

Matcha and Japanese sweets

博多の豪商たちが大事にしていた生活の中の「粋」を感じに、ぜひ訪れてみてください。

Map

福岡県福岡市博多区住吉2-10-7

※この記事は「ぶらぶら福岡」からの寄稿です。
福岡に訪れた外国人の皆さんに福岡・博多の歴史文化を体験してもらう「博多まち歩き・ぶらぶら福岡」。外国人ガイドの手配や着物の着付けなどいろんなサービスを行っています。もちろん日本人の方も大歓迎です。
詳しい案内はこちら http://burabura-fukuoka.jp/
(日本語、英語、繁体字、簡体字サイトあり)

関連記事

AUTHOR

hide

hide

Writer

福岡県在住。2015年から外国人の為の博多まち歩き事業を始めました。 夢は、自然・歴史・文化が豊かな福岡そして九州の魅力を世界に発信する事です。

Website Facebook

Information

Address 福岡県福岡市博多区住吉2-10-7
Hours 9時~17時
Price -
Close 毎週火曜
Access JR博多駅(博多口)から徒歩12分
Phone 092-262-6665
Website http://rakusuien.net/