傘を忘れるな!日本の暦「水無月」に騙されないで!

日本では古くから伝わる風習が、日々の生活の中に根付いています。食事、街中、そして今あなたがいる部屋の中にも、日本の古き良き風習を見つけることができます。

部屋を見渡して、カレンダーを見てください。月の数字の横に、難しい漢字があります。これは日本の旧暦の月の名前です。昔の日本では、月一つ一つに名前があったのです。それぞれ四季を感じさせる美しい名前がついています。
今日は6月の旧暦の由来について説明します。じめじめした梅雨を楽しんでもらえると嬉しいです。

竹下通り傘


【 目次 】

みなさんこんにちは。BeyondBorderです。私たちは帰国子女・海外留学/赴任経験者のキャリアサポートを行っています(^ ^)

6月に入り、これから日本では、ジメジメとした雨の多い季節になりますね。
6月は別名「水無月」と呼ばれていますよね。梅雨の時期に入り、水が無い月ではないのに、どうして6月のことを水無月と呼ぶのでしょうか?

みずたまり

水無月は水の無い月ではない!本当の意味とは?

水無月は旧暦の6月に当たります。この時期は「田んぼに水を引く月」でもあります。皆さんが感じるように、6月は「水の無い月」ではなく「水の月」なのです。

青田

ここで「無」という文字に疑問が残りますよね?
水無月の由来を紐解く鍵はここにありました。
実は、その「無」は、連体助詞として、名詞と名詞をつなぐ助詞としての役割を果たします。
「無」は、「の」という意味です。
「水無月」は、多くの人がそう感じるように「水の月」という意味になります。

やっぱり水無月は水の無い月だった!?

多くのモノの由来に、それぞれ様々な由来があるように、「水無月」の由来にも諸説あります。
先ほど、水無月は6月の旧暦であるとお伝えしましたが、旧暦では現在の暦と多少のズレがあります。旧暦と現在の暦を照らし合わせてみると、6月は現在の7月上旬から8月上旬頃になるのです。
つまり、当時の6月は真夏の暑い時期で、梅雨の時期ではないので、水が無い時期になるのです。

青空に傘

言葉には様々な意味が込められています。日本の6月は雨が多く、ジメジメしていてあまり良いイメージがないかも知れません。
しかし、6月に隠された言葉の意味や、季節の情緒を感じることで、違った日本の楽しみ方ができるかもしれません。
最後に!傘を忘れずに!
もし忘れても心配ご無用!!
日本では傘は消耗品として認識されているので、いつでも、どこでも、安く購入できます。

この記事は帰国子女・海外留学/赴任経験者のキャリアサポートを行っている「Beyond Border」からの寄稿です。情報共有・お悩み投稿・お仕事探しで自分らしいライフプランを実現させませんか!?
「海外経験×ワーク・ライフ=Beyond Border」

関連記事

AUTHOR

Tadaima Japan Editorial Team