稲からできる『藁』!実は日本人の知恵がたくさん詰まっています

日本人に主食として食べられているお米ですが、食べられる部分以外はどのように使われてきたのでしょうか?お米を脱穀した後に残る稲の茎の部分は乾燥させて藁として日本人に様々な形で活用されてきました。お米が主役だとすると、藁はその脇役ともいえる存在ですが、意外や意外、日本人の生活に密着した長い歴史があります。

  CULTURE,

稲かけ


【 目次 】

すべてに無駄がないエコ

お米が収穫される秋、日本では田んぼでは刈り取った後の稲を干している光景をみることができます。昔の農家では、冬の農閑期には藁細工で生活用具を作っていました。そして残った藁を落ち葉と一緒に積み重ねて腐らせて田んぼの肥料としたり、家畜に飼料として与えていました。また藁から作られた生活用具は、たとえ壊れても、燃やしてしまえば灰が肥料になり土にかえるので、無駄がありません。こうして稲のすべてを有効活用し、循環型の生活を営んでいたのです。

稲かけと収穫の終わった田んぼ

藁で作った生活用具って?

草鞋(わらじ)という履物や雨笠、雪靴など、その用途の場は広範囲に及びました。ビニール袋や紙袋がなかった時代には、藁で食べ物の食べ残しやお土産を包んで持ち帰ったりもしたそうです。藁葺き屋根といって、屋根を藁でふくこともありました。
現在、藁にかわる安価な素材が登場したことや時代の流れにより、こうした生活用具や屋根を普段の生活の中でみる機会は減ってしまいました。

藁葺き屋根
藁葺き屋根

日本食の代表、納豆にも藁を使用

日本食の納豆も、昔は藁に包まれて売られていました。藁に包まれた納豆は保温力が強く、1本の藁にはなんと1000万個の「納豆菌」が含まれていたといいます。また、原料の大豆が納豆になる途中でだすアンモニア臭を藁が吸収して消してくれるので、臭いを気にせずおいしく食べることができました。現在は、衛生上の観点から、プラスチックの容器にはいった物が主流になっていますが、こだわりをもって、昔ながらの藁納豆を製造しているメーカーもまだ健在しています。

納豆
納豆

藁と伝統文化

藁は日本人の祭礼や伝統行事とも深いかかわりあいがあります。
お正月に飾る「しめ縄飾り」や神社で見る「しめ縄」も実は、藁からできています。
しめ縄飾りのないお正月やしめ縄のない神社…考えただけでも味けないですよね。日本の各地域には、このような藁細工の技術や伝統を残そうと工房を立ち上げたり、活動を続けている人たちがいます。秋になると田んぼでよくみる藁ですが、実は日本人の伝統文化を陰でささえてきた歴史と、ものを無駄にせず上手く活用していく智恵がそこにはあったのです。奥深いですね。

しめ縄飾り
しめ縄飾り
しめ縄
神社のしめ縄

関連記事

AUTHOR

kyoami

kyoami

Writer/ Translator

民具や生活道具、伝統工芸、日本のアンティーク好き。生活の中で生まれた日本人独自のセンスや技術、その背景にある宗教観や由来をさぐります。