美しい外観が特徴!築城400年の彦根城

日本の国宝に指定されている名城は全部で5つ。松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城。
今回はその中の彦根城について、ご紹介します。
天守ももちろんかっこいいのですが、いくつもの重文の櫓(やぐら)や玄宮園など見どころが満載です。二重の堀に囲まれた城壁がほぼ昔のまま残っており、まるで江戸時代にタイムスリップしたようなスポットです。またお城の周辺にはノスタルジックな町家風の商店街「キャッスルロード」もあるので、併せて散策を楽しめます。

  DESTINATIONS, 滋賀,

彦根城


【 目次 】

石の積み方で築城した時代背景が分かる!

まずはこの坂を登っていきます。
彦根城

そしてまず目にするのは、こちら、天秤櫓。
彦根城

左右の石垣の積み方が違うのですが、わかりますか?
右は牛蒡積みといって、細長い石を奥に伸びるように並べた築城当初の積み方。左は落とし積みで、下方に落とし込むように積む、幕末の積み方です。積み方だけでも、時代の違いがわかるんです。

そして天守へ向かうにはこの廊下橋を渡らなければなりません(もしくはこの高い石垣をのぼらなければなりません)ので、敵陣が攻めてくると、橋を落すことで守備の時間を稼ぐ仕組みにもなっているんです。
こういうところからも、この櫓の重要性はもちろん、この城がいかに堅固なのかがわかりますね。

いよいよ天守閣へ

天守は3階3重で規模としてはかなり小ぶりですが、様々な破風(窓枠の飾り)があり細部まで美しく、味わいのあるお城です。
彦根城
内部もたくさんの仕掛けが施されています。中でも私がとても興味深かったのは、2階の廊下。部屋の周囲を囲む廊下は一段低く、斜めになっており、敵陣が攻め入ったとき、走りにくい武者走りの造りになっていました。

また天守から眺める城壁や庭園、また遠くに見える琵琶湖の風景がとても綺麗でした。

彦根城

彦根城

日本を開国に導いた井伊直弼の生家と庭園「玄宮園」

彦根城に隣接する玄宮園。こちらは彦根城の入場券を提示すれば、入ることができます。
遠くのほうに天守閣が見えて、とても趣ある美しい庭園です。
庭園の奥には、鳳翔台と言われるお茶室があります。お抹茶とともに、箱根銘菓「埋れ木」をいただくことができます。当時の大名気分で白亜の天守を背に最高の庭園を眺めながらの一服はいかがですか?

桜と紅葉の時期は特に素晴らしく、夜はライトアップもされるそうです。
四季折々の楽しみ方ができるので、何度でも訪れたい場所ですね。

楽々園
井伊直弼の生家「楽々園」
玄宮園
「玄宮園」
 鳳翔台
「鳳翔台」

彦根城を一通り、散策したあとは、彦根城のすぐ南にある夢京橋キャッスルロードへ。白壁と黒格子の町屋風に統一された街並みは江戸時代の城下町をイメージしています。
歴史情緒感じる彦根の場所で一日のんびり過ごしてみてください!

キャッスルロード
夢京橋キャッスルロード
キャッスルロード
夢京橋キャッスルロード

Map

滋賀県彦根市金亀町1-1

関連記事

AUTHOR

HATSU

HATSU

Editor / Writer

ジャイアンツファンの三重県人。お休みの日はほとんど家にいない、いつも気づいたら、外にいる放浪人。日本の地域と世界がつながるのはすぐそこ!面白い世界を作るために奮闘中。

Information

Address 滋賀県彦根市金亀町1-1
Hours 8:30〜17:00
Price 一般600円、小・中学生200円
Close 年中無休
Access JR琵琶湖線 「彦根駅」 下車 徒歩 15分
Phone 0749-22-2742
Website http://www.hikoneshi.com/jp/castle/