鎌倉ぶらり散歩(2) 鎌倉の人気観光スポットNo.1!開運パワーに満ちた『鶴岡八幡宮』

【 目次 】鎌倉の街を体現する神社。鎌倉はこの神社から発展を遂げました。出世運に子宝、縁結び…。不思議なパワーに満ちた、鎌倉きってのパワースポット!仕事運・勝負運アップを願って、武神を祀った本宮をいざ参拝!(1)生命力のパワースポット「大銀杏の木」(2)縁結び・安産のパワースポット「政子石」(3)不思議なパワーを持つ「鶴亀石」Map 鎌倉の街を体現する神社。鎌倉はこの神社から発展を遂げました。 古都・鎌倉には歴史的観光スポットが数多くありますが、長谷の大仏と並んで一番有名なのがココ、「鶴岡八幡宮」です。 鶴岡八幡宮は1180年にこの地に遷座されて以来、鎌倉武士の守護神として厚い信仰を集めてきました。 もともと鎌倉はこの神社を中心に据えた都市計画によって形成された街なんです。 出世運に子宝、縁結び…。不思議なパワーに満ちた、鎌倉きってのパワースポット! 「八幡宮」とは武神と言われる応神天皇(おうじんてんのう)を主神に祀った神社のことで、この鶴岡八幡宮も武運の神様として全国の武家から崇敬を集めてきました。 そのため、この神社は出世運や仕事運、勝負運にご利益があると言われていて、多くの武将たちも戦勝祈願に訪れた場所なんです。 仕事運・勝負運アップを願って、武神を祀った本宮をいざ参拝! 何はともあれ、まずは本宮へ参拝に行ってみましょう。 まっすぐ続く参道を進むと、本宮の手前に舞殿があります。 この舞殿では神前結婚式が行われている時があるので、運が良ければ遭遇できるかも! こんな場所での結婚式なんて素敵ですね。 朱色が鮮やかな本宮へと続くこの大石段は61段。上るのは結構大変ですが、上りきったら後ろを振り返ってみてください。美しい鎌倉の街が見渡せますよ。空気の澄んだ日には鎌倉の海の水平線を望むこともできます。 階段を上がりきったところにある華麗な建造物が「桜門」です。 目が覚めるような素晴らしい色彩ですね! ここで忘れずにチェックしてほしいのが、桜門中央にある「八幡宮」の額の「八」の字。よ~く見ると、神聖な神の使いとされる二羽の鳩の形になっているんですよ! この門には、他にも美しい彫刻があちこちに施されているので、チェックしてみてください。 この門の奥に本宮(上宮)があります。 仕事運や出世運、勝負運アップを願って、姿勢を正して「二拝(深いおじぎ)・二拍手(柏手)・一拝」でお参りしましょう。 お参りの後、自分の中にエネルギーがふつふつと湧いてくるのを感じられるかもしれませんよ。 この本宮(上宮)は大石段下にある若宮(下宮)とともに、国の重要文化財に指定されています。 それでは鶴岡八幡宮のパワースポット・トップ3をご紹介します。 (1)生命力のパワースポット「大銀杏の木」 本宮へと続く大石段の左わきにある大銀杏の木。 樹齢1000年を超えるというこの木は、高さ推定30m、幹の太さは約7mもあったそう。 この神社の長い歴史をすぐ近くで見守ってきたシンボル的存在でしたが、2010年に発生した強風で根こそぎ倒れてしまったのです。回復不能と言われていたのですが、その後、その根元があった場所から小さな若芽が次々と芽吹いてきました。 倒伏した大銀杏の樹幹部分は再生可能な高さ4mに切断して、芽が出てきた場所のすぐ脇に移植され、それ以来ここは「生命力が漲る場所」として、生命再生のパワースポットと言われています。 (2)縁結び・安産のパワースポット「政子石」 この鶴岡八幡宮を創建した鎌倉幕府初代将軍・源頼朝とその妻・政子はおしどり夫婦として知られ、この神社は安産や夫婦円満などのご利益でも有名です。 鶴岡八幡宮入口のすぐ右手にある源氏池には「旗上弁財天社」があり、そのすぐ裏手に「政子石」があります。 これは源頼朝が妻・政子の安産を祈願した石で、子宝や安産にご利益があるそうです。 また、最近では良縁を願ってお参りに来る若い女性の姿も多く見られます。 この源氏池と参道を挟んで反対側にある平家池は、夏になるとそれぞれ見事な蓮の花が池を埋めます。源氏池には源氏の旗色の白い蓮の花が、平家池には平家の旗色、赤い蓮の花が咲いて、まさに「浄土」のような光景になります。 (3)不思議なパワーを持つ「鶴亀石」 境内の東側には、本宮と対照的な黒塗りの社殿の「白旗神社」があります。 そのちょっと手前にあるのが、台座に置かれた「鶴亀石」と呼ばれる大きな2つの石。 この2つの石の表面を水で洗うと、鶴と亀の模様が輝き現れるという、おめでたい石なのだそう。 まだ試したことはないのですが、何だかこれまたご利益がありそう…。 凛とした空気とゆったり流れる時間の中、不思議なパワーがたっぷり充電されたような、非常に穏やかな気分になりました。 他にも見どころがたくさんありますので、800年を超える歴史と自然が調和するこの神社をあなたも是非、訪れてみてくださいね。 Map 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

鶴岡八幡宮


【 目次 】

鶴岡八幡宮

鎌倉の街を体現する神社。鎌倉はこの神社から発展を遂げました。

古都・鎌倉には歴史的観光スポットが数多くありますが、長谷の大仏と並んで一番有名なのがココ、「鶴岡八幡宮」です。
鶴岡八幡宮は1180年にこの地に遷座されて以来、鎌倉武士の守護神として厚い信仰を集めてきました。
もともと鎌倉はこの神社を中心に据えた都市計画によって形成された街なんです。

出世運に子宝、縁結び…。不思議なパワーに満ちた、鎌倉きってのパワースポット!

「八幡宮」とは武神と言われる応神天皇(おうじんてんのう)を主神に祀った神社のことで、この鶴岡八幡宮も武運の神様として全国の武家から崇敬を集めてきました。
そのため、この神社は出世運や仕事運、勝負運にご利益があると言われていて、多くの武将たちも戦勝祈願に訪れた場所なんです。

鶴岡八幡宮

仕事運・勝負運アップを願って、武神を祀った本宮をいざ参拝!

何はともあれ、まずは本宮へ参拝に行ってみましょう。
まっすぐ続く参道を進むと、本宮の手前に舞殿があります。
この舞殿では神前結婚式が行われている時があるので、運が良ければ遭遇できるかも!
こんな場所での結婚式なんて素敵ですね。

鶴岡八幡宮

朱色が鮮やかな本宮へと続くこの大石段は61段。上るのは結構大変ですが、上りきったら後ろを振り返ってみてください。美しい鎌倉の街が見渡せますよ。空気の澄んだ日には鎌倉の海の水平線を望むこともできます。

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

階段を上がりきったところにある華麗な建造物が「桜門」です。
目が覚めるような素晴らしい色彩ですね!
ここで忘れずにチェックしてほしいのが、桜門中央にある「八幡宮」の額の「八」の字。よ~く見ると、神聖な神の使いとされる二羽の鳩の形になっているんですよ!
この門には、他にも美しい彫刻があちこちに施されているので、チェックしてみてください。

桜門中央の龍の彫刻
桜門中央の龍の彫刻
龍の両サイドには虎の彫刻
龍の両サイドには虎の彫刻

この門の奥に本宮(上宮)があります。
仕事運や出世運、勝負運アップを願って、姿勢を正して「二拝(深いおじぎ)・二拍手(柏手)・一拝」でお参りしましょう。
お参りの後、自分の中にエネルギーがふつふつと湧いてくるのを感じられるかもしれませんよ。
この本宮(上宮)は大石段下にある若宮(下宮)とともに、国の重要文化財に指定されています。

それでは鶴岡八幡宮のパワースポット・トップ3をご紹介します。

鶴岡八幡宮

(1)生命力のパワースポット「大銀杏の木」

本宮へと続く大石段の左わきにある大銀杏の木。
樹齢1000年を超えるというこの木は、高さ推定30m、幹の太さは約7mもあったそう。
この神社の長い歴史をすぐ近くで見守ってきたシンボル的存在でしたが、2010年に発生した強風で根こそぎ倒れてしまったのです。回復不能と言われていたのですが、その後、その根元があった場所から小さな若芽が次々と芽吹いてきました。
倒伏した大銀杏の樹幹部分は再生可能な高さ4mに切断して、芽が出てきた場所のすぐ脇に移植され、それ以来ここは「生命力が漲る場所」として、生命再生のパワースポットと言われています。

鶴岡八幡宮

(2)縁結び・安産のパワースポット「政子石」

この鶴岡八幡宮を創建した鎌倉幕府初代将軍・源頼朝とその妻・政子はおしどり夫婦として知られ、この神社は安産や夫婦円満などのご利益でも有名です。
鶴岡八幡宮入口のすぐ右手にある源氏池には「旗上弁財天社」があり、そのすぐ裏手に「政子石」があります。
これは源頼朝が妻・政子の安産を祈願した石で、子宝や安産にご利益があるそうです。
また、最近では良縁を願ってお参りに来る若い女性の姿も多く見られます。
この源氏池と参道を挟んで反対側にある平家池は、夏になるとそれぞれ見事な蓮の花が池を埋めます。源氏池には源氏の旗色の白い蓮の花が、平家池には平家の旗色、赤い蓮の花が咲いて、まさに「浄土」のような光景になります。

鶴岡八幡宮

(3)不思議なパワーを持つ「鶴亀石」

境内の東側には、本宮と対照的な黒塗りの社殿の「白旗神社」があります。
そのちょっと手前にあるのが、台座に置かれた「鶴亀石」と呼ばれる大きな2つの石。
この2つの石の表面を水で洗うと、鶴と亀の模様が輝き現れるという、おめでたい石なのだそう。
まだ試したことはないのですが、何だかこれまたご利益がありそう…。

鶴岡八幡宮

凛とした空気とゆったり流れる時間の中、不思議なパワーがたっぷり充電されたような、非常に穏やかな気分になりました。
他にも見どころがたくさんありますので、800年を超える歴史と自然が調和するこの神社をあなたも是非、訪れてみてくださいね。

Map

神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

関連記事

AUTHOR

Waddy

Waddy

writer/ translator

東京生まれ・東京育ちのバリバリ江戸っ子です!放浪大好き、非日常的体験も大好きです。生まれ育った日本ですが、自分にとっては今でも不思議なコト・モノに満ち溢れている場所です。そんな日本の「?」や「!!」を皆さまにご紹介できたら、と思っています。

Information

Address 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
Access JR/江ノ電 鎌倉駅下車 徒歩10分
Phone 0467-22-0315
Website http://www.hachimangu.or.jp/