湿原とススキと山の木々のグラデーションが美しい『秋の覚満淵』【群馬】

【 目次 】小さな湿原の紅葉を楽しもう草の黄色いグラデーションが美しいMap 小さな湿原の紅葉を楽しもう 群馬県赤城山の標高1,360mにある、小さな湿原「覚満淵」。ここの紅葉が間もなく見ごろを迎えます。 覚満淵は、周囲が1kmもない湿原ですが、周囲をぐるっと遊歩道が整備されているので、30分ほどのゆったりとしたハイキングが楽しめると人気があります。 今の季節は、ちょうど紅葉の時期。標高が高いですので、10月の中旬には見ごろとなります。 日本で有名な湿原と言えば「尾瀬」がありますが、覚満淵は尾瀬よりも小さな湿原という意味で「小尾瀬」と呼ばれたりもします。 草の黄色いグラデーションが美しい 紅葉などの赤くなる木々は、ここでは見られません。覚満淵の紅葉の美しさはなんといってもこの「黄色」です。まるで黄金色のじゅうたんを敷いたかのような美しい黄色の「草紅葉」が見る者の心を奪います。 少し遊歩道を歩いてみましょう。 途中にベンチなども設置されているので、少し疲れたときには座って、景色を楽しむのもいいかもしれないですよね。 この日は少し曇りがちでしたが、低く垂れこめた雲が幻想的な雰囲気を作り出していました。真っ赤なもみじの紅葉も素敵ですが、こういった落ち着いた雰囲気の場所で、秋を感じるのもまた、いいですよね。 Map 群馬県前橋市富士見町赤城山 覚満淵

覚満淵


【 目次 】

覚満淵

小さな湿原の紅葉を楽しもう

群馬県赤城山の標高1,360mにある、小さな湿原「覚満淵」。ここの紅葉が間もなく見ごろを迎えます。
覚満淵は、周囲が1kmもない湿原ですが、周囲をぐるっと遊歩道が整備されているので、30分ほどのゆったりとしたハイキングが楽しめると人気があります。
今の季節は、ちょうど紅葉の時期。標高が高いですので、10月の中旬には見ごろとなります。
日本で有名な湿原と言えば「尾瀬」がありますが、覚満淵は尾瀬よりも小さな湿原という意味で「小尾瀬」と呼ばれたりもします。

覚満淵

草の黄色いグラデーションが美しい

紅葉などの赤くなる木々は、ここでは見られません。覚満淵の紅葉の美しさはなんといってもこの「黄色」です。まるで黄金色のじゅうたんを敷いたかのような美しい黄色の「草紅葉」が見る者の心を奪います。

遊歩道
覚満淵の遊歩道

少し遊歩道を歩いてみましょう。
途中にベンチなども設置されているので、少し疲れたときには座って、景色を楽しむのもいいかもしれないですよね。

覚満淵

この日は少し曇りがちでしたが、低く垂れこめた雲が幻想的な雰囲気を作り出していました。真っ赤なもみじの紅葉も素敵ですが、こういった落ち着いた雰囲気の場所で、秋を感じるのもまた、いいですよね。

覚満淵

Map

群馬県前橋市富士見町赤城山 覚満淵

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!

Information

Address 群馬県前橋市富士見町赤城山
Access 前橋駅からバスで約1時間半(バス停「覚満淵入口」下車 平日は富士見温泉にて乗り換え 土・日・祝日は直通バス有り)