『敬老の日』って何?文字通り、お年寄りを敬う日です!

敬老の日は、日本の国民の祝日の一つ。お年寄りを大切にする日本の文化背景から生まれた祝日、一体どんな意味があり、どのように始まったのでしょうか?

  CULTURE,

敬老の日


【 目次 】

家族

2015年は9月21日!お年寄りを敬おう!

その国の祝日は、その国の歴史や文化を大きく映すもの。毎年9月の第3月曜日に設定されたこの敬老の日も、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨とした慣習の一つです。日本では敬老の日に祖母や祖父に手紙を渡したりプレゼントをあげたりして日頃の感謝を表します。私が小学校や幼稚園、保育園にいた時は自分の祖父や祖母へのプレゼントとして似顔絵を書いたりする時間がありました。

花束とプレゼント

敬老の日、その始まりは1947年に遡ります。

そもそも敬老の日は1947年に兵庫県多可郡野間谷村の村長と助役が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。当時、日本の村作りに、知恵のあるお年寄りの助言は欠かせませんでした。そんなお年寄りのありがたい存在を敬うために毎年9月15日に敬老会を開いていたのです。これが3年後には兵庫県全体で行われるようになり、後に日本全国へ広がりました。他にも
説があり、593年に聖徳太子が大阪の四天王寺に、身寄りのない老人を救うための施設「悲田院」を設立したことに由来しているとも言われています。こちらが本当だとしたら、日本はずーっと昔からお年寄りに優しい国だったということですよね。

日本人は敬老の日に何をあげるの?

これ、実の日本人も分からないんです!(笑)というのは毎年祖父母に何をあげようか迷ってしまう人がけっこう多いのです。私もそうですが、毎年あげていると昨年と同じ物をあげるのはちょっと抵抗があるので、被らないようにしたいのですがこれがなかなか難しい。一番無難なのが「お花」や「お菓子」でしょうか。誰でも楽しめるものはやっぱり強いです。それでも月並みな表現ですが一番嬉しいのは気持ち。そんなに予算をかけなくても何をあげようか選んであげた時間や相手を想う気持ちが一番喜ばれるのは間違いないです。プレゼントはあまり義務に感じる必要はなく、自然に何かしてあげたいと想う気持ちがあれば手料理をふるまってあげたり、一緒に映画を見たり、そんな普通のことで十分なのです。この日に是非サプライズをしてみてくださいね。

関連記事

AUTHOR

Wasabi

Wasabi

Writer / Translator

東京出身、旅とカオスを愛するフリーランス翻訳家。記事翻訳を通して日々日本と世界の接触点を探っています。ライターとしても、ガイドブックに載っていないわさび視点の情報をお届け!

Website