今日から冬服に着替えましょう!10月1日は『衣替え』

【 目次 】衣類で上手に季節を感じる、「衣替え」衣替えは8世紀ごろから続く古い風習クローゼットの中も冬物に入れ替えましょう! 衣類で上手に季節を感じる、「衣替え」 皆さんは、学生の頃着ていた制服に「夏服(半袖)」と「冬服(長袖)」はありましたか? 四季を通じて気温の変動が大きな日本では、必ずと言っていいほど、制服には夏服と冬服があります。そしてもうすぐ10月1日からは、みんな一斉に冬服に着替えて、登校します。これが「衣替え」です。 学生の頃は、長袖のシャツやブレザーが、急に大人っぽくなったように感じられ、なんだかドキドキしてしまったことを覚えています。ちょっと緊張してしまうんですよね。 ちなみに一斉に夏服に着替えるのは、6月1日です。 衣替えは8世紀ごろから続く古い風習 制服で衣替え、というと新しい習慣のように感じるかもしれないですが、実は8世紀ごろの宮中行事として始まった、かなり古い風習なのです。15世紀を過ぎると、衣替えが一般化しました。春は裏地付きの着物へ、夏は裏地なしの薄い着物へ、秋は春と同じ裏地付きの着物、冬は裏地に綿の入った着物へ。なんと年に4回も衣替えをしていたそうです。 この習慣が現代にも続き、学校だけではなく、制服を着用する職業や、男性のスーツなんかも、この日を境に衣替えするようになりました。 クローゼットの中も冬物に入れ替えましょう! そして、自分のクローゼットの中も、一気に夏物から冬物に入れ替えなくてはなりません。夏中お世話になった涼しげな衣装たちは、きれいに洗濯をして衣装ケースにしまいます。日本は湿気の多い国ですから、除湿剤なども一緒に入れておくことで、カビや虫から守ります。また来年もおしゃれを楽しむことができますね。 そして、しまっていた冬物を出しましょう。できれば湿気の少ない良く晴れた日、一気にクローゼットを入れ替えます。 秋冬のファッションは、重ね着や小物づかいも楽しいですよね。ついでベッドカバーやクッションカバーを秋色にしてみるなんて、いかがですか? 目で見て季節を感じることができるって、楽しいですよ。

  CULTURE,

冬の制服


【 目次 】

冬服の学生

衣類で上手に季節を感じる、「衣替え」

皆さんは、学生の頃着ていた制服に「夏服(半袖)」と「冬服(長袖)」はありましたか?
四季を通じて気温の変動が大きな日本では、必ずと言っていいほど、制服には夏服と冬服があります。そしてもうすぐ10月1日からは、みんな一斉に冬服に着替えて、登校します。これが「衣替え」です。
学生の頃は、長袖のシャツやブレザーが、急に大人っぽくなったように感じられ、なんだかドキドキしてしまったことを覚えています。ちょっと緊張してしまうんですよね。
ちなみに一斉に夏服に着替えるのは、6月1日です。

着物

衣替えは8世紀ごろから続く古い風習

制服で衣替え、というと新しい習慣のように感じるかもしれないですが、実は8世紀ごろの宮中行事として始まった、かなり古い風習なのです。15世紀を過ぎると、衣替えが一般化しました。春は裏地付きの着物へ、夏は裏地なしの薄い着物へ、秋は春と同じ裏地付きの着物、冬は裏地に綿の入った着物へ。なんと年に4回も衣替えをしていたそうです。
この習慣が現代にも続き、学校だけではなく、制服を着用する職業や、男性のスーツなんかも、この日を境に衣替えするようになりました。

クローゼット

クローゼットの中も冬物に入れ替えましょう!

そして、自分のクローゼットの中も、一気に夏物から冬物に入れ替えなくてはなりません。夏中お世話になった涼しげな衣装たちは、きれいに洗濯をして衣装ケースにしまいます。日本は湿気の多い国ですから、除湿剤なども一緒に入れておくことで、カビや虫から守ります。また来年もおしゃれを楽しむことができますね。
そして、しまっていた冬物を出しましょう。できれば湿気の少ない良く晴れた日、一気にクローゼットを入れ替えます。
秋冬のファッションは、重ね着や小物づかいも楽しいですよね。ついでベッドカバーやクッションカバーを秋色にしてみるなんて、いかがですか?
目で見て季節を感じることができるって、楽しいですよ。

衣替え

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!