秋の空に浮かぶ、美しくまんまるな月を愛でる日『十五夜』

旧暦の8月15日、現在の9月7日から10月8日の間に訪れる満月の夜を十五夜と呼びます。美しい月を鑑賞し、収穫に感謝する日とされています。2015年の十五夜は、9月27日です。

  CULTURE,

十五夜


【 目次 】

収穫

秋に月が満ちるころ、収穫の時期を迎えます

朝晩はすっかりと風が涼しく感じられるようになりました。もう秋はすぐそこまでやってきています。
そんな秋の夜に、まんまるのお月様を愛でる日、それが「十五夜」です。
十五夜とは、旧暦の8月15日、現在の9月7日から10月8日の間に訪れる満月(もしくはその前後)の夜のこと。別名「中秋の名月」とも呼ばれるほど、この日のお月様は大変美しく、古来より多くの人の心をとらえてきました。
また、まんまるのお月様は豊穣の象徴ともされるため、収穫の時期を迎えるこの時期には、豊作をお祈りする意味もあります。

月見団子

中秋の名月の楽しみ方

十五夜の夜には、「月見団子」と「ススキの穂」を用意します。お団子はまるいお月様にみたてています。ススキは稲穂に似ているので、豊作の祈りの意味があります。
これをお月様が見えるところに、お供えします。できれば、部屋の電気を消してみましょう。お月様がより美しく見えるかもしれません。

月のうさぎ

また日本では、月にはうさぎがいると信じられています。満月になった時の月の模様は、うさぎがお餅をついている姿に見えると言われています。
どうですか?よーく見たら、うさぎが見えるかもしれないですよ?
きれいなお月様を堪能したら、みんなでお団子をいただきましょう。

十五夜

2015年の十五夜は、9月27日です

9月23日現在、27日の天気予報はあまりよくないようです。
ちょっと残念ですね。
でも、お団子はスーパーマーケットやコンビニでも売っていますので、味覚だけでもお月見気分を楽しみましょう。

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!