9月9日『菊の節句』の楽しみかた

日本の五節句の一つで、9月9日は重陽の節句、旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれます。

  CULTURE,

菊の花


【 目次 】

カレンダー

一番大きな奇数が重なるとよいことがある!?

古来より、日本や中国では奇数は縁起のよい数とされてきました。奇数が重なる日は、おめでたい日でもあり、実は反対に悪いこともおこりやすくなると考え、お祝いと共に厄払いもされてきました。
1~10までの数字の中で、一番大きな陽数の9が重なるのは、9月9日ですよね。二つもおめでたい数字が重なるわけですから、この日は縁起の良い日だとされました。そして、「陽が重なる」という意味の「重陽の節句」とさだめ、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

菊

別名は菊の節句

「重陽の節句」は、菊の節句ともいわれます。菊は日本の国花として定められていますし、着物や蒔絵の図案としても親しまれています。
菊は日本で、古くから薬草として用いられ、延寿の力があるとされてきました。菊児童という菊の霊力により、700年も少年のまま生きたという伝説もあります。
また、菊の節句は中国由来の行事です。その昔貴族の間で、中国から来た珍しい菊を眺めながら宴を催し、厄払いや長寿を祈願したそうです。江戸時代には、貴族から庶民の間にこの風習が広がり、親しまれるようになりました。
今でも、菊のパワーをとりいれて、菊の節句を楽しみ、不老長寿を願い、厄払いをする方法があるんですよ。それをお教えしましょう。

菊まつり

菊をかざる

菊の霊力で不老長寿のお願いと厄払い

まずは、真綿と菊の花を用意します。菊の節句の前の夜に、菊に真綿をかぶせておき、翌朝に菊の露や香りを含んだ綿で体をふくと若返り、長生きができるという言い伝えがあります。
今すぐにでもできそうですよね!?
これは、菊のもつ霊力を真綿に移しとり、そのエッセンスをとりいれるのだと言われています。正式には赤•白•黄の真綿を用いますが、白いものだけでも構いません。
他にも、菊湯といって菊を湯船に浮かべて香りを楽しんだり、菊をつめた菊枕で眠り、菊の香りで邪気を祓います。菊の花を部屋に飾ったり、菊枕のかわりに菊のポプリやアロマテラピーを枕元において眠るのも良いですね。また、この時期には菊まつりや菊人形展が各地で開催されます。

栗ごはん

秋の味覚を菊とともに楽しもう

重陽の節句をお祝いする為に、食べられる食材があります。菊酒という、菊の花びらを浮かべたお酒と共に、栗ごはんや秋茄子を食べます。この時期に秋茄子を食べると中風(発熱・発汗・咳・頭痛・肩のこり・悪寒)にならないといわれていいます。菊の節句にちなみ、食用菊をおひたしや、お吸い物、サラダにして食べれば、直接、菊のパワーをとりいれることができます。季節にあわせた和菓子として、菊をモチーフにした和菓子がお店で販売されるので、この機会に菊の和菓子を菊の文様の器で楽しんでも、いいですね。

食用菊

関連記事

AUTHOR

kyoami

kyoami

Writer/ Translator

民具や生活道具、伝統工芸、日本のアンティーク好き。生活の中で生まれた日本人独自のセンスや技術、その背景にある宗教観や由来をさぐります。