日本の庶民に愛される夏の花『朝顔』を見に行こう

朝顔は、7月から9月にかけて花を咲かせるつるのある日本で最も発達した園芸植物です。江戸時代(1603年〜1868年)に日本で品種改良され独自の発達をとげた古典園芸植物の一つでもあります。

  CULTURE, 大阪,

title_asagao


【 目次 】

The asagao in front of a house.

日本の夏の風物詩。庶民に愛される花、朝顔

みなさんの国では、この季節どんな花が咲きますか?日本は今、夏まっさかり。夏に咲く花で、私の大好きな花は朝早くに清々しく凛として咲きはじめる、美しい朝顔の花です。 夏に日本を訪れると古い民家の軒先やマンションのベランダ、学校の鉢植えなどで、つるをのばして咲く、青やピンクのまあるい花をみる事があると思います。この花は朝顔といいます。朝顔は奈良時代(710年〜794年)に中国から遣唐使が伝えたといわれています。もともとは貴族が薬草として用いていましたが、時代をへて江戸時代(1603年〜1868年)に庶民の間で朝顔の園芸ブームがおこり、たくさんの品種改良種がつくられました。

A potted Asagao, Andon style

朝の美人

日本では、手頃な鉢植えの朝顔が親しまれています。
朝顔は、つるの数をコントロールして、葉への日当りをよくするための「行灯仕立て」という植え方の鉢植えが主流です。こうすると、植物の光合成が促進され、選ばれた花に栄養分がいきわたるため、大きな大輪の花を咲かせることができます。 朝顔には、朝の美女という意味があります。朝早くに花が咲き、昼にはしぼんでしまう性質を、朝の美人の顔にたとえています。朝早くに咲く朝顔の清々しく、美しい花の姿は、まさに朝の美女というのにふさわしいですね!

A large Asagao

伝統作法で栽培された朝顔にあいにいこう!

今、大阪堺の大仙公園の日本庭園では、江戸時代(1603年〜1868年)から続く、伝統の作法で育てた、朝顔展が開催されています。8月上旬までは、あんどん仕立ての鉢植えの大輪の朝顔が、8月25日から9月上旬までには、品種改良された変化朝顔をみることができます。この夏、大仙公園の日本庭園とともに、江戸時代の伝統作法でつくられた朝顔と、普段日本でもめったに見ることのできない変化朝顔を見に、一度日本を訪れてみませんか?

行灯仕立ての朝顔は、実は買えるんです!

自分で仕立てるには難しく感じる、行灯仕立ての朝顔。そんな鉢植えの朝顔ですが、日本では、この朝顔の鉢植えを売る朝顔市という市が夏に開催されるんです!全国各地の朝顔市には、朝顔を購入しようとたくさんの人が訪れます。日本にお住まいの方は、お近くの朝顔市で、朝顔を購入してお家で育ててみてはいかがですか?

Map

大阪府堺市堺区大仙中町

関連記事

AUTHOR

kyoami

kyoami

Writer/ Translator

民具や生活道具、伝統工芸、日本のアンティーク好き。生活の中で生まれた日本人独自のセンスや技術、その背景にある宗教観や由来をさぐります。

Information

Address 大阪府堺市堺区大仙中町
Hours 9:00から17:00(入館は16:30まで)
Access 高野線 堺東駅からバス大仙町下車 徒歩約8分 または 旭ヶ丘下車 徒歩約10分
Phone 072-247-3670
Website http://www.daisenteien.jp