ジャパニーズウィスキー発祥の地でほろよい工場見学!『サントリー山崎蒸溜所』

山崎は京都の南西に位置する自然に恵まれた土地です。ここでは日本初のモルトウィスキー蒸溜所が1923年に建設が着手されました。山崎蒸溜所ではお客様向けのガイドツアー(工場見学)も行っています。おいしく楽しい工場見学のはじまりです!

シングルモルトウイスキー「山崎」


【 目次 】

サントリー創業者鳥井信治郎

工場外観

日本人に愛されるウィスキーづくり

サントリー山崎蒸溜所はJR山崎駅、阪急大山崎駅から徒歩約10分のアクセスの良い場所にありながら、広大な自然に恵まれたウィスキーづくりに適した土地です。山崎の地は桂川、宇治川、木津川が合流する場所に位置しており、湿度が高く霧が発生しやすいという自然条件を備えている上に上質な地下水が湧き出ることからもウィスキーづくりにはもってこいの場所です。ここに蒸溜所を作ったのは寿屋(のちのサントリー)の創業者である鳥井信治郎。彼は日本人の風土にあった、日本人に愛されるウィスキーをつくろうと、1923年に工場建設に着手しました。それから今までサントリーは「日本人の繊細な味覚にあったウイスキーを追求し、世界に通じるウイスキーをつくる」というテーマを長年追い求め続け、ウィスキーづくりを続けてきました。

有料ティスティングカウンター(ウイスキー館内)

この夏は工場見学へ行こう!ウィスキーの奥深い世界

ここ山崎蒸溜所ではお客様向けのガイドツアー(工場見学)を実施しています。事前に予約が必要なのでネットか電話で予約をしましょう。様々な有料のセミナーも行われており、製造工程の見学に加え、ウィスキーのテイスティングなど入門者から上級者向けまで満足できるプログラムが取り揃えられています。詳しくはホームページにてご確認ください。

ウィスキーライブラリー(ウイスキー館内)

ウィスキーの原酒イメージ

待ち時間は「ウィスキー館」でサントリーの歴史を学ぼう!

受付でツアー申し込みをした旨を伝えたら待ち時間まではこの「ウィスキー館」でウィスキーの展示を楽しみましょう。日本のウィスキーの歩み(歴史)や壁一面にずらりと並ぶウィスキーの展示は見ごたえがあります。館内では有料でウィスキーの原酒のテイスティングもできます。「ツアー前に予習しとく?」と自分に言い訳。一杯お試しあれ!

蒸溜釜

発酵槽

ウィスキーの製造工程を学ぶとウィスキーが更においしくなる!

ガイドツアー(事前予約必須)では、蒸溜釜や貯蔵庫などの蒸溜所ならではのめずらしい設備をご案内係の案内付きで説明してもらえます。普段何気なく飲んでいるウィスキーがこんな風につくられていると知るのはなんだか感慨深いです。ウィスキーを普段飲まない人はその奥深さにきっと興味をそそられるはず。ここではツアーの内容は内緒にしておきますが、ウィスキーの事を知ってからテイスティングすると、違いの分かる舌になっているんです!この不思議体験、是非味わって欲しいですね。山崎ならではのウィスキーづくりを体験しに、是非見学に出かけてみてください!

Map

大阪府三島郡島本町山崎5-2-1

関連記事

AUTHOR

Wasabi

Wasabi

Writer / Translator

東京出身、旅とカオスを愛するフリーランス翻訳家。記事翻訳を通して日々日本と世界の接触点を探っています。ライターとしても、ガイドブックに載っていないわさび視点の情報をお届け!

Website

Information

Address 大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
Hours 9:30~17:00 (電話受付時間)
Access JR山崎駅、阪急大山崎駅より徒歩約10分
Phone 075-962-1423
Website http://suntory.jp/YAMAZAKI_D/