世界遺産を舞台に行われる神事『那智の扇祭り』は何のために行われている?【映像あり】

【 目次 】世界遺産「那智の滝」「熊野那智大社」を舞台に繰り広げる、熊野の神様の里帰りのための神事神様は扇神輿の乗り移り、炎に清められながら那智の滝まで帰郷します那智の滝に里帰りした神様たちがとても気持ちよさそうに見えますMap世界遺産「那智の滝」「熊野那智大社」を舞台に繰り広げる、熊野の神様の里帰りのための神事 世界遺産にも登録されている熊野信仰の聖地、那智の滝と熊野那智大社。この聖地を舞台にして毎年7月14日に『那智の扇祭り』は執り行われます。 実はこのお祭りは、熊野那智大社に祀られている12体の熊野の神々が那智の滝まで年に一度里帰りをするためのものなんです。 里帰りをする神様を12本の大松明がお迎えし道々を炎で清める神事として、「那智の火祭」として長年親しまれてきましたが、今年、「那智の扇祭り」として国の重要無形民俗文化財に指定されたため祭りの名称が「那智の扇祭り」と変更になりました。 神様は扇神輿の乗り移り、炎に清められながら那智の滝まで帰郷します まず、那智田楽を神々に奉納します。その後、扇神輿12体が御本殿前に飾り立てられ降神の儀が行われます。この儀式によって神様が扇神輿に乗り移ります。那智の滝の前で大松明に火がつけられ、扇神輿を迎える準備が万端に整うと、12本の大松明が順次、石段を上り下りし、ゆっくりと進む扇神輿の行く道々を炎で清めます。 炎が燃え盛る大松明の重さは約50kg。「ハーリャ ハーリャ」と掛け声をかけながら男たちは大松明を担ぎ、何度も石段を上り下りします。 那智の滝に里帰りした神様たちがとても気持ちよさそうに見えます 石段をすべて降り切った扇神輿は、那智の滝の前に飾り立てられ、その御前で、鎌を持って踊る田刈歌や日の丸の扇子を持って舞う御滝御幸の歌が奉納されます。 この瞬間、那智の滝の前に飾り並ぶ12体の扇神輿は、短い里帰りを楽しむ神々の姿に見えます。 年に一度、世界遺産を舞台に執り行われる勇壮な火祭りが、実は神様の里帰りを清め迎えるための儀式だったなんて、とても素敵な気分になります。 Map 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山 熊野那智大社

2016-09-07   DESTINATIONS, 和歌山,

nachi


【 目次 】

世界遺産「那智の滝」「熊野那智大社」を舞台に繰り広げる、熊野の神様の里帰りのための神事

世界遺産にも登録されている熊野信仰の聖地、那智の滝と熊野那智大社。この聖地を舞台にして毎年7月14日に『那智の扇祭り』は執り行われます。
実はこのお祭りは、熊野那智大社に祀られている12体の熊野の神々が那智の滝まで年に一度里帰りをするためのものなんです。
里帰りをする神様を12本の大松明がお迎えし道々を炎で清める神事として、「那智の火祭」として長年親しまれてきましたが、今年、「那智の扇祭り」として国の重要無形民俗文化財に指定されたため祭りの名称が「那智の扇祭り」と変更になりました。

nachi0910_01

神様は扇神輿の乗り移り、炎に清められながら那智の滝まで帰郷します

まず、那智田楽を神々に奉納します。その後、扇神輿12体が御本殿前に飾り立てられ降神の儀が行われます。この儀式によって神様が扇神輿に乗り移ります。那智の滝の前で大松明に火がつけられ、扇神輿を迎える準備が万端に整うと、12本の大松明が順次、石段を上り下りし、ゆっくりと進む扇神輿の行く道々を炎で清めます。
炎が燃え盛る大松明の重さは約50kg。「ハーリャ ハーリャ」と掛け声をかけながら男たちは大松明を担ぎ、何度も石段を上り下りします。

nachi0910_02

那智の滝に里帰りした神様たちがとても気持ちよさそうに見えます

石段をすべて降り切った扇神輿は、那智の滝の前に飾り立てられ、その御前で、鎌を持って踊る田刈歌や日の丸の扇子を持って舞う御滝御幸の歌が奉納されます。
この瞬間、那智の滝の前に飾り並ぶ12体の扇神輿は、短い里帰りを楽しむ神々の姿に見えます。
年に一度、世界遺産を舞台に執り行われる勇壮な火祭りが、実は神様の里帰りを清め迎えるための儀式だったなんて、とても素敵な気分になります。

nachi0910_03

nachi0910_04

Map

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山 熊野那智大社

関連記事

AUTHOR

Guri

Guri

Chief Editor

自分がつくったもので、誰かが笑顔になることが、僕の一番の喜びです。世界中の人を笑顔にするサイトとして育てることが、僕の使命です!

Information

Address 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
Hours 7月14日10:00~15:30
Access 紀伊勝浦駅から熊野交通路線バス「那智山行き」で約30分。「那智の滝前」バス停下車徒歩5分
Website http://www.kumanonachitaisha.or.jp/