食べれば元気!暑い夏を乗り切るためにはウナギを食べよう!『土用丑の日』

土用丑の日とは、日本の季節を示すものの一つです。
土用とは、年に4回、約18日間の期間の名称です。昔の日本では、日にちを数える時に、十二支(子、丑、寅・・・)と数えていましたので、この18日間のうち「丑の日」にあたる日が、「土用の丑の日」と呼ばれています。夏の最も暑い時期に重なることから、精力の付くウナギを食べる習慣が生まれました。

  CULTURE,

eel


【 目次 】

夏到来!ウナギを食べてパワーアップ!

毎年7月になると、街の話題や飲食店のメインメニューにウナギが登場します。日本では、夏の「土用の丑の日」にウナギを食べる、という習慣があるからです。
「土用の丑の日」というのは、日本の暦上で設定された日であり、年ごとで日が変わります。2015年は、7月24日と8月5日です。

「土用の丑の日は、ウナギの日」。日頃、好んで食べない私もこの時期は、とてもウナギが食べたくなります。その理由は、ウナギの話題が世の中にあふれることで、蒲焼特有の甘辛い匂いを思い出すからだと思います。あの匂いが嫌いな人は、少ないでしょう。

Broiled eel

なぜ暑い夏にウナギを食べるの?

この習慣は、江戸時代の学者・平賀源内(ひらがげんない)が始めたというのが一般的です。近所のウナギ屋が平賀源内に「夏はウナギが売れなくて困っている」と相談をしました。そこで店先に「本日、土用丑の日」と張り紙をしたところ、飛ぶようにウナギが売れたそうです。彼が、なぜ「土用の丑の日」としたのか、詳細はわかっていません。

eel

しかし、これがきかっけで、この日にウナギを食べるようになったと言われています。
ウナギは、もともと栄養価が高く、体力増強、滋養強壮の効果があります。よって、スタミナが必要な夏に適している食べものといえるでしょう。

Unajyu

Hitsumabushi

ウナギのメニューはバリエーション豊か。あなたはどれがお好み?

ウナギは、蒲焼きだけではなく、白焼き、丼ぶりなど、美味しい食べ方が色々あります。
名古屋の名物料理、ひつまぶしも有名ですし、卵焼きの中にウナギが入った「うまき」なんかも美味しいですよ~!

蒸し暑さで、夏の到来を感じるこの季節。「土用の丑の日」にウナギを食べ、暑い夏を元気に過ごしましょう!
暑さで体力を奪われ、ぐったりしやすい夏。「土用の丑の日」に限らず、ウナギをたくさん食べて、元気に暑い季節を過ごしたいですね。

関連記事

AUTHOR

Mimu

Mimu

Writer

映画大好き、ドライブ大好き、日本大好きの埼玉県民。どんなひとの「ただいま」にも笑顔で「おかえり」と言えるひとになりたい!いざ必勝!