1泊2日で行ける~秘境Trip in 静岡~Vol.3 つるつるしっとり『美女づくりの湯』で女磨き

寸又峡温泉街の町営露天風呂。
湯上がりの肌がつるつる、しっとりするのが特徴で「美人の湯」として有名。

  DESTINATIONS, 静岡,

title_bijin


【 目次 】

美人01

美人02

日本一清楚な温泉保養地

寸又峡プロムナードの散策を目一杯楽しんで温泉街に戻ってきたら、最後に露天風呂に浸かって疲れた身体を癒しましょう。
※前回の記事はこちら→Vol.2 『夢の吊り橋』に願いをかける

寸又峡温泉は、昭和37年の源泉自然湧出以来、日本有数の温泉地として広く親しまれてきた温泉街です。
「芸者やコンパニオンは置かない」「ネオンサインはつけない」「山への立て看板は設置しない」の三原則を守っていて、昔ながらの湯治場としての風情を大事にしています。
寸又峡の静かで落ち着いた雰囲気には、そういった秘密があったんですね。
温泉が引かれた10の宿泊施設の他に、町営の露天風呂があるので、日帰り観光でも温泉を楽しむことが出来ますよ。さっそく、行ってみましょう!

美人03

美人04
こちらで入浴券を買いましょう。入浴料は400円、タオルは別途200円です。
美人05
左が女性、右が男性の入り口です。ここで休憩もできますよ。
bijin

美人07

つるつる、しっとり「美女づくりの湯」

温泉街の目印、カモシカのモニュメントからすぐの坂を上ると、見えてくるのが町営露天風呂「美女づくりの湯」。
美女づくりだなんて、女性にはとても気になるネーミング!
というのも、南アルプスの麓から湧き出す良質なこちらの源泉は、硫化水素系・単純硫黄泉。湯上がりの肌がつるつる、しっとりするのが特徴なので、「美女づくりの湯」という名がついたそうです。
受付で入浴券を買って入ると、「美人湯」と書かれたレトロなのれんに期待が膨らみます。のれんをくぐり、ロッカーに荷物を預け、いざ、入浴です!

小さな円形の岩風呂には、青みがかった透明の温泉が満ちており、かすかに硫黄の香りを感じます。
身体を流して温泉に浸かると…、びっくりするぐらいトロトロの温泉が身体をじんわり包んでくれます。あ~~極楽。
ここの温泉は、とても源泉に近いところにあるので、本当にトロトロの濃い温泉が味わえるのだそう。大自然を眺めながら浸かる温泉は格別。1日の疲れが癒されます。

美人08

湯上りにグビッと1杯

化粧水もボディクリームもいらないくらい、すべすべの湯上り肌にすっかり上機嫌。
帰りの売店で見つけたのが、SLのラベルが可愛くて印象的なこちらの地ビール。
今日のSL旅を思い出しながら、グビッと1杯!最高!
富士山の自然豊かな水と、大麦麦芽100%の贅沢な「大井川鉄道ビール」は、麦の香りがさわやかで癖がなく、湯上りの1杯にぴったりですよ。

美人09

ゆらぎ手形で湯めぐりも

今回ご紹介した町営露天風呂の他にも、寸又峡内の宿泊施設の温泉に日帰り入浴することも可能です。混雑状況にもよるので、その際には直接お宿に聞いてみてくださいね。
また、お宿やお土産屋で購入できる「ゆらぎ手形」(1000円)をつかうと、町営露天風呂を含めて3箇所のお好きな寸又峡温泉内の温泉に入れるので、湯めぐりするのもオススメですよ。

次回は、歴史を感じるくつろぎのお宿をご紹介しま~す!

美人10

美人になれた?

Map

川根本町千頭368-3

関連記事

AUTHOR

Sawaco

Sawaco

Writer

千葉出身。旅好きの健康気象アドバイザー。 見かけによらず?サーフィン、ヨガ、ランが趣味のアクティブ女子。女子目線で、ときめく日本の旅をご紹介します!

Information

Address 川根本町千頭368-3
Hours 9:30~18:00(季節によって、変更あり) 大人400円
Access 大井川鐵道千頭駅より寸又峡温泉行きバスで、「寸又峡温泉」バス停下車、徒歩約5分
Phone 0547-59-3985
Website http://www.sumatakyo-spa.com/