霊場『恐山』―死後の世界をめぐる体験―

【 目次 】死者の魂の集う“お山”三途の川を渡り、地獄めぐりへ人々の祈りが息づく場所Map死者の魂の集う“お山” 青森県の北東部に位置する下北半島。そのほぼ中心にあるのが、「比叡山」「高野山」と共に日本三大霊場の一つに数えられる「恐山」です。 貞観4年(862年)に慈覚大師円仁により開山され、天台宗の修験道場として栄えた霊場で、現在は曹洞宗の寺院・菩提寺があります。 この地域では、古くから「人が死ねばお山(恐山)に行く」と信じられてきました。恐山には今でも、死者の面影を偲んで各地から多くの参拝者が訪れます。年に二度の祭の期間には、死者の霊を降ろしその言葉を伝えてくれる「口寄せ」を行う「イタコ」に会えることでも有名です。 三途の川を渡り、地獄めぐりへ それでは霊場恐山をご紹介しながら、この地に見ることのできる日本人の仏教的な死生観についても触れてみたいと思います。 恐山の霊場があるのは「宇曽利湖(うそりこ)」というカルデラ湖の畔。入口である総門の少し手前、湖から流れ出す川に印象的な赤い太鼓橋がかかっています。 この川の名前は“此岸(この世)”と“彼岸(あの世)”の境目にあるという「三途の川」。死んだ人はこの川を渡ってあの世へと向かうのです。ただし、橋の上を渡れるのは善人だけ。悪人にはこの橋が針の山に見えて渡ることができないんだとか。 この橋は実際に上を歩くことができるので、気になる方は渡ってみてください。私も恐る恐る渡ってみましたが、無事に向こう岸にたどり着くことができました。(傾斜がかなり急なので、渡るときには気を付けてくださいね) 総門をくぐり菩提寺の境内に入ると、“温泉の匂い”が鼻をつきます。恐山は火山であちこちに温泉が湧いており、昔はそのお湯で身を清めてからお参りをしていたそうです。 現在は、入山者なら誰でも利用できる4つの温泉があり、レトロな木造の湯小屋で効能豊かなお湯を楽しむことができます。(菩提寺には宿坊もあるので、ゆっくり温泉を堪能したい方にはそちらの利用もおすすめです) 山門をくぐると、正面奥にあるのがご本尊「地蔵菩薩」の安置された地蔵殿。 仏教では、「衆生(=命あるすべての存在)」は「六道(=6つの世界)」で「輪廻(=生まれ変わり)」を繰り返しながら、迷い苦しんでいるのだと考えます。地蔵菩薩はその六道を巡り、衆生に寄り添いながら、救済をもたらしてくれる仏様。「お地蔵様」「お地蔵さん」などと呼ばれて、日本人から最も親しまれている仏様の一人です。 現世の幸福や死後の救いを求め、地蔵菩薩に手を合わせるのは、昔も今も変わらない日本人の祈りの風景と言えるかもしれません。 地蔵殿の左手に進むと、火山性ガスが噴出し強い硫黄の臭いが立ち込める、荒涼とした岩場が広がっています。人々はこの光景を、六道の最下層である「地獄(=罪人が生まれ変わり責め苦を受ける世界)」になぞらえてきました。 地獄には様々な種類があり、生前犯した罪の種類や重さによって行き先が決まると考えられています。この一帯は各所に「○○地獄」の名前がついており、自分の足で“地獄めぐり”を体験することができます。(足場が悪い所もありますので、スニーカーがおすすめです) 人々の祈りが息づく場所 地獄めぐりをしていると、たくさんのお地蔵様(地蔵菩薩の石像)が置かれていることに気付きます。大切な人がもし地獄で苦しんでいるなら、どうかお地蔵様が救ってくれますように、という人々の思いが感じられます。 また、「賽の河原」と呼ばれる場所を中心に、あちこちで小石が積み上げられているのを目にします。これは、“親より先に亡くなった子供は、三途の川のほとりにある賽の河原で石塔(石を積み上げたもの)を作らなければならない”という説話に基づくもの。亡くなった方への供養として誰かが積んだものなので、不用意に触って崩してしまうことのないよう注意しましょう。 賽の河原を過ぎると、「極楽浜」と呼ばれる砂浜と、エメラルドグリーンの湖面が目の前に現れます。宇曽利湖の水は、火山性ガスが溶け込んでいて強い酸性であるために、生育できる生物が少なくこれだけ透明なのだそう。 「極楽」とは「阿弥陀如来」という仏様の住まう国「極楽浄土」のこと。一般に、日本において極楽は地獄の対比概念であり、一切の苦しみのない浄らかなところとしてイメージされます。荒れた岩肌を背後に、眼前に広がる美しい砂浜や湖を見ていると、この場所が極楽と呼ばれてきた理由がよく分かります。 死者の魂が極楽浄土で安らかに過ごせますように――ここにはそんな素朴で純粋な祈りが静かに佇んでいるかのよう。私には、ひどく神秘的で畏怖の念すら起させるような、特別な場所に思えました。 霊場「恐山」は、日本人の死生観の一面と、それを信じてきた人々の思いを肌で感じることのできる稀有な場所です。死後の世界をめぐりながら自分の死生観を見つめ直す――そんなスピリチュアルな体験に興味がある方は、ぜひこの地に足を運んでみてください。きっと何か感じるものがあるはずです。 Map 青森県むつ市田名部宇曽利山3-2

  DESTINATIONS, 青森,

osorezan


【 目次 】

死者の魂の集う“お山”

青森県の北東部に位置する下北半島。そのほぼ中心にあるのが、「比叡山」「高野山」と共に日本三大霊場の一つに数えられる「恐山」です。
貞観4年(862年)に慈覚大師円仁により開山され、天台宗の修験道場として栄えた霊場で、現在は曹洞宗の寺院・菩提寺があります。
この地域では、古くから「人が死ねばお山(恐山)に行く」と信じられてきました。恐山には今でも、死者の面影を偲んで各地から多くの参拝者が訪れます。年に二度の祭の期間には、死者の霊を降ろしその言葉を伝えてくれる「口寄せ」を行う「イタコ」に会えることでも有名です。

Sanzu-no-kawa

三途の川を渡り、地獄めぐりへ

それでは霊場恐山をご紹介しながら、この地に見ることのできる日本人の仏教的な死生観についても触れてみたいと思います。
恐山の霊場があるのは「宇曽利湖(うそりこ)」というカルデラ湖の畔。入口である総門の少し手前、湖から流れ出す川に印象的な赤い太鼓橋がかかっています。
この川の名前は“此岸(この世)”と“彼岸(あの世)”の境目にあるという「三途の川」。死んだ人はこの川を渡ってあの世へと向かうのです。ただし、橋の上を渡れるのは善人だけ。悪人にはこの橋が針の山に見えて渡ることができないんだとか。
この橋は実際に上を歩くことができるので、気になる方は渡ってみてください。私も恐る恐る渡ってみましたが、無事に向こう岸にたどり着くことができました。(傾斜がかなり急なので、渡るときには気を付けてくださいね)

総門をくぐり菩提寺の境内に入ると、“温泉の匂い”が鼻をつきます。恐山は火山であちこちに温泉が湧いており、昔はそのお湯で身を清めてからお参りをしていたそうです。
現在は、入山者なら誰でも利用できる4つの温泉があり、レトロな木造の湯小屋で効能豊かなお湯を楽しむことができます。(菩提寺には宿坊もあるので、ゆっくり温泉を堪能したい方にはそちらの利用もおすすめです)

Jizo-den Temple

山門をくぐると、正面奥にあるのがご本尊「地蔵菩薩」の安置された地蔵殿。
仏教では、「衆生(=命あるすべての存在)」は「六道(=6つの世界)」で「輪廻(=生まれ変わり)」を繰り返しながら、迷い苦しんでいるのだと考えます。地蔵菩薩はその六道を巡り、衆生に寄り添いながら、救済をもたらしてくれる仏様。「お地蔵様」「お地蔵さん」などと呼ばれて、日本人から最も親しまれている仏様の一人です。
現世の幸福や死後の救いを求め、地蔵菩薩に手を合わせるのは、昔も今も変わらない日本人の祈りの風景と言えるかもしれません。

Mugen-jigoku

地蔵殿の左手に進むと、火山性ガスが噴出し強い硫黄の臭いが立ち込める、荒涼とした岩場が広がっています。人々はこの光景を、六道の最下層である「地獄(=罪人が生まれ変わり責め苦を受ける世界)」になぞらえてきました。
地獄には様々な種類があり、生前犯した罪の種類や重さによって行き先が決まると考えられています。この一帯は各所に「○○地獄」の名前がついており、自分の足で“地獄めぐり”を体験することができます。(足場が悪い所もありますので、スニーカーがおすすめです)

人々の祈りが息づく場所

地獄めぐりをしていると、たくさんのお地蔵様(地蔵菩薩の石像)が置かれていることに気付きます。大切な人がもし地獄で苦しんでいるなら、どうかお地蔵様が救ってくれますように、という人々の思いが感じられます。
また、「賽の河原」と呼ばれる場所を中心に、あちこちで小石が積み上げられているのを目にします。これは、“親より先に亡くなった子供は、三途の川のほとりにある賽の河原で石塔(石を積み上げたもの)を作らなければならない”という説話に基づくもの。亡くなった方への供養として誰かが積んだものなので、不用意に触って崩してしまうことのないよう注意しましょう。

Gokuraku-hama

賽の河原を過ぎると、「極楽浜」と呼ばれる砂浜と、エメラルドグリーンの湖面が目の前に現れます。宇曽利湖の水は、火山性ガスが溶け込んでいて強い酸性であるために、生育できる生物が少なくこれだけ透明なのだそう。
「極楽」とは「阿弥陀如来」という仏様の住まう国「極楽浄土」のこと。一般に、日本において極楽は地獄の対比概念であり、一切の苦しみのない浄らかなところとしてイメージされます。荒れた岩肌を背後に、眼前に広がる美しい砂浜や湖を見ていると、この場所が極楽と呼ばれてきた理由がよく分かります。
死者の魂が極楽浄土で安らかに過ごせますように――ここにはそんな素朴で純粋な祈りが静かに佇んでいるかのよう。私には、ひどく神秘的で畏怖の念すら起させるような、特別な場所に思えました。

霊場「恐山」は、日本人の死生観の一面と、それを信じてきた人々の思いを肌で感じることのできる稀有な場所です。死後の世界をめぐりながら自分の死生観を見つめ直す――そんなスピリチュアルな体験に興味がある方は、ぜひこの地に足を運んでみてください。きっと何か感じるものがあるはずです。

Map

青森県むつ市田名部宇曽利山3-2

関連記事

AUTHOR

wata

wata

Writer

日本史とアニメと地元東北が大好きです。日本人も見過ごしがちな日本の良さや面白さをこっそりお伝えしていけたら。

Information

Address 青森県むつ市田名部宇曽利山3-2
Hours 6:00~18:00
Access JR下北駅からバスで約45分。 JR大湊駅から車で約30分。
Phone 0175-22-3825