星に願いを!縁結びの守護神『神田明神 七夕祭』を楽しもう

【 目次 】七夕は、夜空に輝く星から生まれたロマンチックな恋のお話七夕の夜に願い事を書きに行きましょう神田明神は縁結びの神様がいますMap 七夕は、夜空に輝く星から生まれたロマンチックな恋のお話 日本で7月7日は、「七夕」といって、願いごとを書いた短冊や飾りを笹の葉につるし、お星さまにお祈りをする習慣があります。 これには少し悲しい恋の昔話があります。 北半球では、夏の空に「琴座」と「鷲座」を、天の川を挟んで見ることができます。琴座でひときわ輝くのがベガ。これはお裁縫をつかさどる星とされ、「織姫」という女性の名がついています。また、鷲座で輝くのはアルタイル。これは農業をつかさどり、「彦星」という男性の名がついています。 織姫と彦星は、愛し合っていたのですが、あることから引き離されてしまいます。ただ、これらの星が最も輝く旧暦の七夕の時期だけは、二人は逢うことができる、という恋の伝説が由来しています。 七夕の夜に願い事を書きに行きましょう 東京神田の神田明神は、毎年7月7日の夕方から、「七夕まつり」を開催しています。 この日は、訪れた人に願い事を書くための短冊を配布してくれます。 願い事が書かれた短冊は、境内の大きな笹に取り付けられ、願い事が叶うよう、神主さんがご祈祷をしてくれます。 ご祈祷の時間に間に合わなくても、短冊に願い事を書くことはできますので、ふらりと立ち寄ってみてはいかがですか? 神田明神は縁結びの神様がいます 神田明神は、東京や神田、秋葉原などの総氏神様として、昔から東京の人たちに親しまれてきました。 特に、家庭円満、商売繁盛、事業繁栄、縁結びの守護神としても有名です。縁結びは、男女の仲に限ったことではありません。友人も仕事も、すべての出会いが幸せであるようにと守ってくださいます。 私の友人も、神田明神で結婚式を挙げ、とっても幸せに暮らしていますよ。 七夕のこの時期、旅での出会いやご縁に願いをかけてみませんか。 Map 東京都千代田区外神田2-16-2

2016-07-05 Yuri Suzuki   DESTINATIONS, 東京,

kanda_top


【 目次 】

kanda_01

七夕は、夜空に輝く星から生まれたロマンチックな恋のお話

日本で7月7日は、「七夕」といって、願いごとを書いた短冊や飾りを笹の葉につるし、お星さまにお祈りをする習慣があります。
これには少し悲しい恋の昔話があります。
北半球では、夏の空に「琴座」と「鷲座」を、天の川を挟んで見ることができます。琴座でひときわ輝くのがベガ。これはお裁縫をつかさどる星とされ、「織姫」という女性の名がついています。また、鷲座で輝くのはアルタイル。これは農業をつかさどり、「彦星」という男性の名がついています。
織姫と彦星は、愛し合っていたのですが、あることから引き離されてしまいます。ただ、これらの星が最も輝く旧暦の七夕の時期だけは、二人は逢うことができる、という恋の伝説が由来しています。

kanda_02

kanda_03

七夕の夜に願い事を書きに行きましょう

東京神田の神田明神は、毎年7月7日の夕方から、「七夕まつり」を開催しています。
この日は、訪れた人に願い事を書くための短冊を配布してくれます。
願い事が書かれた短冊は、境内の大きな笹に取り付けられ、願い事が叶うよう、神主さんがご祈祷をしてくれます。

kanda_04

ご祈祷の時間に間に合わなくても、短冊に願い事を書くことはできますので、ふらりと立ち寄ってみてはいかがですか?

kanda_05

kanda_06

神田明神は縁結びの神様がいます

神田明神は、東京や神田、秋葉原などの総氏神様として、昔から東京の人たちに親しまれてきました。
特に、家庭円満、商売繁盛、事業繁栄、縁結びの守護神としても有名です。縁結びは、男女の仲に限ったことではありません。友人も仕事も、すべての出会いが幸せであるようにと守ってくださいます。
私の友人も、神田明神で結婚式を挙げ、とっても幸せに暮らしていますよ。
七夕のこの時期、旅での出会いやご縁に願いをかけてみませんか。

kanda_07

Map

東京都千代田区外神田2-16-2

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!

Information

Address 東京都千代田区外神田2-16-2
Hours 16:00~
Access JR・地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水」駅・地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅・地下鉄銀座線「末広町」各駅より徒歩5分、JR・地下鉄日比谷線「秋葉原」駅より徒歩7分
Phone 03-3254-0753
Website http://www.kandamyoujin.or.jp/