波照間島のもう一つの顔が見られる『高那崎』

【 目次 】自然が見せる優しさと厳しさを感じよう『高那崎』は波照間島のあるがままの表情日本でもアジアでもない特別な場所Map 自然が見せる優しさと厳しさを感じよう 以前、紹介した波照間島。前回は美しい砂浜を紹介しましたが、実は他にも行ってほしい場所があります。せっかく離島まで行くですから、波照間島の魅力を余すところなく堪能しましょう。 南国の楽園といった印象の「ニシ浜ビーチ」とは対照的な表情を見せてくれるのが、島の最南端に位置する「高那崎」です。ゴツゴツした岩肌に波が打ち付け、水しぶきが豪快に舞い上がる光景は、観光気分で浮かれた人たちに自然の厳しさを教えてくれます。 『高那崎』は波照間島のあるがままの表情 最南端にある波照間島の最南端ですから、日本国内でこの場所よりも南に行くことはできません。「最南端の碑」の他に「平和祈願の碑」「波照間の碑」と全部で3つの碑があり、記念撮影にはもってこいです。 「日本最南端の地」という響きから観光地化が進んでいるかと思いきや、岩場が広がっているだけのほとんど何もないような場所です。高那崎へ通じる通称「蛇の道」も、まるで地面から隆起した岩で自然と出来上がったような雰囲気が漂います。 日本でもアジアでもない特別な場所 考えてみれば、この場所は東シナ海に浮かぶ小さな島。年にいくつも通過する巨大台風に代表されるように、自然の厳しさと向き合い続けてきた場所といえるでしょう。リラックスできるリゾートとしての波照間島ではなく、リアルな波照間島を垣間見ることができます。 周囲15キロほどの決して大きくない島の中で、正反対の表情を見せてくれる波照間島。日本でありながら、ユーラシア大陸の影響を強く受け、沖縄本島のようにアメリカ文化も流れてきておらず、一つの島で完結した一つの世界を持つ、まさに離島といえる場所です。秘境好きにはぜひ訪れてほしい土地です。 Map 沖縄県八重山郡竹富町波照間

title_takanazaki


【 目次 】

IMG_4169

IMG_4164

自然が見せる優しさと厳しさを感じよう

以前、紹介した波照間島。前回は美しい砂浜を紹介しましたが、実は他にも行ってほしい場所があります。せっかく離島まで行くですから、波照間島の魅力を余すところなく堪能しましょう。 南国の楽園といった印象の「ニシ浜ビーチ」とは対照的な表情を見せてくれるのが、島の最南端に位置する「高那崎」です。ゴツゴツした岩肌に波が打ち付け、水しぶきが豪快に舞い上がる光景は、観光気分で浮かれた人たちに自然の厳しさを教えてくれます。

IMG_4150

IMG_4177

『高那崎』は波照間島のあるがままの表情

最南端にある波照間島の最南端ですから、日本国内でこの場所よりも南に行くことはできません。「最南端の碑」の他に「平和祈願の碑」「波照間の碑」と全部で3つの碑があり、記念撮影にはもってこいです。 「日本最南端の地」という響きから観光地化が進んでいるかと思いきや、岩場が広がっているだけのほとんど何もないような場所です。高那崎へ通じる通称「蛇の道」も、まるで地面から隆起した岩で自然と出来上がったような雰囲気が漂います。

IMG_4182

IMG_4181

日本でもアジアでもない特別な場所

考えてみれば、この場所は東シナ海に浮かぶ小さな島。年にいくつも通過する巨大台風に代表されるように、自然の厳しさと向き合い続けてきた場所といえるでしょう。リラックスできるリゾートとしての波照間島ではなく、リアルな波照間島を垣間見ることができます。 周囲15キロほどの決して大きくない島の中で、正反対の表情を見せてくれる波照間島。日本でありながら、ユーラシア大陸の影響を強く受け、沖縄本島のようにアメリカ文化も流れてきておらず、一つの島で完結した一つの世界を持つ、まさに離島といえる場所です。秘境好きにはぜひ訪れてほしい土地です。

Map

沖縄県八重山郡竹富町波照間

関連記事

AUTHOR

Kenichiro Asai

Kenichiro Asai

Writer

気が付いたらライターになっていた流浪人。普段は塾講師として中学生を教えている。

Information

Address 沖縄県八重山郡竹富町波照間
Access 波照間港よりレンタバイク20分、レンタサイクル40分