日本文化の源泉、「映画の街」尾道市!

【 目次 】「坂の町」、「映画の街」として有名な日本文化の発信地日本の名監督、小津安二郎が愛した風景とは?!水と坂と人の流れが作り出す、文化の流れは今も昔も健在!Map「坂の町」、「映画の街」として有名な日本文化の発信地 尾道市は広島県の南東に面した、海と山に囲まれた街です。近畿、四国、九州地方へのアクセスの良さから重要な交通、貿易の拠点として栄えています。狭い海岸沿いの地形に合わせてぎっしりと敷き詰められた町並みが特徴的で、また山肌に多くの住宅や寺が密集していることから「坂の街」と呼ばれることもあります。そして、さらにこの地の人気を集める理由があります。それは「映画の街」と呼ばれるほどに、多くの映画やアニメの舞台となり、国境を超えてまで多くの人達に影響を与える土地でもあります。 日本の名監督、小津安二郎が愛した風景とは?! 現在もかつての日本の名残を残しており、日本の昔ながらの風景と町並みを楽しむ事ができます。そして、この尾道市で撮影されて、時代を超えて評価され愛されているのが、日本映画界の伝説、小津安二郎監督の「東京物語」です。映画の冒頭で昔ながらの日本家屋の瓦屋根の軒並みや風景、そして浄土寺強い日本独特の個性が残されており、東京の近代的な風景や生活環境と、尾道の日本的な風景が写されています。 水と坂と人の流れが作り出す、文化の流れは今も昔も健在! 映画の中で見られる、浜辺から灯籠越しに覗く港、真っ白で清潔感にあふれる和風の木材店の壁、純和風の軒並みの間を走るSL機関車、そして丘の上に建ち尾道を見下ろす浄土寺等の断片的な風景は、昔から日本文化の源泉であるこの尾道市に受け継がれていく日本的懐かしさを醸し出しています。尾道市の街角や坂の風景の中に、うつろいゆく人間の過去と未来をつなげる文化の独特な流れがあるのかもしれません。日本の映画や文学に興味がある人はどこか見覚えがある風景に出会うかもしれません。是非、この貴重な日本的土地、尾道市を訪れてみてください! Map 広島県尾道市

  DESTINATIONS, 広島,

尾道

尾道


【 目次 】

「坂の町」、「映画の街」として有名な日本文化の発信地

尾道市は広島県の南東に面した、海と山に囲まれた街です。近畿、四国、九州地方へのアクセスの良さから重要な交通、貿易の拠点として栄えています。狭い海岸沿いの地形に合わせてぎっしりと敷き詰められた町並みが特徴的で、また山肌に多くの住宅や寺が密集していることから「坂の街」と呼ばれることもあります。そして、さらにこの地の人気を集める理由があります。それは「映画の街」と呼ばれるほどに、多くの映画やアニメの舞台となり、国境を超えてまで多くの人達に影響を与える土地でもあります。

onomichi_scenery

日本の名監督、小津安二郎が愛した風景とは?!

現在もかつての日本の名残を残しており、日本の昔ながらの風景と町並みを楽しむ事ができます。そして、この尾道市で撮影されて、時代を超えて評価され愛されているのが、日本映画界の伝説、小津安二郎監督の「東京物語」です。映画の冒頭で昔ながらの日本家屋の瓦屋根の軒並みや風景、そして浄土寺強い日本独特の個性が残されており、東京の近代的な風景や生活環境と、尾道の日本的な風景が写されています。

水と坂と人の流れが作り出す、文化の流れは今も昔も健在!

映画の中で見られる、浜辺から灯籠越しに覗く港、真っ白で清潔感にあふれる和風の木材店の壁、純和風の軒並みの間を走るSL機関車、そして丘の上に建ち尾道を見下ろす浄土寺等の断片的な風景は、昔から日本文化の源泉であるこの尾道市に受け継がれていく日本的懐かしさを醸し出しています。尾道市の街角や坂の風景の中に、うつろいゆく人間の過去と未来をつなげる文化の独特な流れがあるのかもしれません。日本の映画や文学に興味がある人はどこか見覚えがある風景に出会うかもしれません。是非、この貴重な日本的土地、尾道市を訪れてみてください!

Map

広島県尾道市

関連記事

AUTHOR

natsu

natsu

Writer/ Translator

日本で19年間生活した後、オーストラリアのブリスベンに1年間滞在しました。今はカリフォルニアに住んでいます。日本を再発見し再定義する努力をして、親愛なる世界の読者さん方と見解を深めていきたいです。

Information

Access 東海道・山陽新幹線新尾道駅から、山陽本線で尾道駅へ 広島空港から山陽本線で尾道駅へ
Website http://www.ononavi.com/