岩手が誇る桜の名木。巨大な石の割れ目から力強く咲く『石割桜』

【 目次 】巨大な岩を割って花咲く樹齢360年のエドヒガンザクラなぜ岩の割れ目から桜が生えているのか?今も割れ目が広がるほど、成長し続ける石割桜Map巨大な岩を割って花咲く樹齢360年のエドヒガンザクラ 東京は今、春真っ盛り。北の地域にも、徐々に春の足音が聞こえ始めています。 岩手県盛岡市の盛岡地方裁判所の敷地内に咲くこの大きな桜は、樹齢360年を超える立派な大木です。1923年から国の天然記念物に指定されています。 この桜が有名なのは、単に樹齢が長いからだけではありません。この桜は、周囲が21メートルもある大きな花崗岩の割れ目から幹を力強く伸ばしているのです。その姿から、「石割桜」と呼ばれています。 なぜ岩の割れ目から桜が生えているのか? これには諸説あります。ある人は、「岩の上に生えた桜が成長するうちに、岩を割ったのだ」と言いますし、またある人は「もともと割れていた岩の隙間に桜が生えたのだ」と言います。 最近では、古い書物の記録などから、大嵐の夜に落ちた雷が石を割り、いつしかその隙間に桜の木が生えたのだという説が有力となっています。桜が成長するにつれ、その根の力で石が完全に割れたのだと言われています。 今も割れ目が広がるほど、成長し続ける石割桜 樹齢360年とは言え、この桜はまだ成長を続けています。ある記録によると、割れ目は最近の2年間で、5センチも広がっていると書かれています。こんな大きな岩を押し広げるほど、強い力で成長しているのですね。 この石割桜は、岩手の人にとっては、大変自慢の桜です。そしてこのあたりでもいち早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる桜だとも言えます。 これからは、東北が一気に春を迎えます。北国の春の力強さを感じに、出かけてみてはいかがでしょうか。 Map 岩手県盛岡市内丸9-1

  DESTINATIONS, 岩手,

石割桜2


【 目次 】

巨大な岩を割って花咲く樹齢360年のエドヒガンザクラ

東京は今、春真っ盛り。北の地域にも、徐々に春の足音が聞こえ始めています。
岩手県盛岡市の盛岡地方裁判所の敷地内に咲くこの大きな桜は、樹齢360年を超える立派な大木です。1923年から国の天然記念物に指定されています。
この桜が有名なのは、単に樹齢が長いからだけではありません。この桜は、周囲が21メートルもある大きな花崗岩の割れ目から幹を力強く伸ばしているのです。その姿から、「石割桜」と呼ばれています。

0000001121

なぜ岩の割れ目から桜が生えているのか?

これには諸説あります。ある人は、「岩の上に生えた桜が成長するうちに、岩を割ったのだ」と言いますし、またある人は「もともと割れていた岩の隙間に桜が生えたのだ」と言います。
最近では、古い書物の記録などから、大嵐の夜に落ちた雷が石を割り、いつしかその隙間に桜の木が生えたのだという説が有力となっています。桜が成長するにつれ、その根の力で石が完全に割れたのだと言われています。

石割桜3

今も割れ目が広がるほど、成長し続ける石割桜

樹齢360年とは言え、この桜はまだ成長を続けています。ある記録によると、割れ目は最近の2年間で、5センチも広がっていると書かれています。こんな大きな岩を押し広げるほど、強い力で成長しているのですね。
この石割桜は、岩手の人にとっては、大変自慢の桜です。そしてこのあたりでもいち早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる桜だとも言えます。
これからは、東北が一気に春を迎えます。北国の春の力強さを感じに、出かけてみてはいかがでしょうか。

石割桜1

Map

岩手県盛岡市内丸9-1

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!

Information

Address 岩手県盛岡市内丸9-1 盛岡地方裁判所敷地内
Hours 8:30~17:45 時間外は、歩道からも観賞可
Access JR盛岡駅より徒歩20分