桜の花の下での宴会『花見』の由来

【 目次 】桜とお花見田の神が宿る木神事から花見へ古代から変わらないもの 桜とお花見 日本では、この時期になると桜の花が咲き、みんなでお弁当をもって桜の木の下に集まり、宴会を開き楽しく過ごします。この宴会を『花見』といいます。夜桜といって、ライトアップされた桜の花を眺める風情ある楽しみもあります。桜は日本人に愛される花です。 桜の花の下でお弁当を広げてみんなで楽しく過ごすお花見も、昔はもう少し違う意味がありました。桜の花と花見、日本人の関係は、古代日本にさかのぼります。 田の神が宿る木 日本人は農耕民族として知られています。春になると田舎では、美しい棚田に田植えをする人の姿をみることができます。桜は農耕民族である日本人にとって特別な花です。暦がなく、季節感があいまいだった頃、農事の開始を始める季節に桜の花が満開を迎えました。 このことから、日本人は桜と田の神になんらかの関連をみいだしました。桜の’サ’は田の神をさし、’クラ’は神の座の意味があり、’サクラ’とは田の神の宿る場所を示します。田の神は普段山に住み、田植えの時期になると人里におりてくると考えられていました。満開の桜は、田の神が人里におりてくる前兆であり、秋の豊作の田の神への感謝とともに、やがて山に帰っていきます。 神事から花見へ 古代日本では、桜の木は田の神の宿る神聖な木でした。田の神を信仰する古代の農民は桜の木にお供えをして、豊作を祈り、宴をしました。この頃の桜の木の下での宴は、神への儀式的な要素が強く、奈良時代(710~794)になるとそれが桜を楽しむ行事へと次第に変化をとげました。平安時代(794~1192)に、桜は多くの和歌に詠まれ、花といえば桜という日本特有の意識が定着しました。江戸時代(1603~1868)には、宴会型の花見が庶民に娯楽として定着しました。そして、今日でも春になると日本ではお花見が春の恒例行事として、楽しまれています。 古代から変わらないもの 桜の花の開花は古代日本人にとって、田の神が人里にやってくる兆しでした。田の神が宿る桜の木の花が咲くころ、日本人の主食である米を司る田の神に、古代日本人は豊作を祈りました。 現代のお花見では、桜に豊作をいのる儀式というよりは、桜の美しさを愛で、楽しむという側面が大きくなりました。 天候に左右された米の収穫量も、現代では安定しましたが、依然、米は日本人にとって大切な命の糧であり、桜も日本人に愛される花として生活の中にいきづいています。

  CULTURE,

title_hanami


【 目次 】

hanami_01

桜とお花見

日本では、この時期になると桜の花が咲き、みんなでお弁当をもって桜の木の下に集まり、宴会を開き楽しく過ごします。この宴会を『花見』といいます。夜桜といって、ライトアップされた桜の花を眺める風情ある楽しみもあります。桜は日本人に愛される花です。 桜の花の下でお弁当を広げてみんなで楽しく過ごすお花見も、昔はもう少し違う意味がありました。桜の花と花見、日本人の関係は、古代日本にさかのぼります。

hanami_02

田の神が宿る木

日本人は農耕民族として知られています。春になると田舎では、美しい棚田に田植えをする人の姿をみることができます。桜は農耕民族である日本人にとって特別な花です。暦がなく、季節感があいまいだった頃、農事の開始を始める季節に桜の花が満開を迎えました。 このことから、日本人は桜と田の神になんらかの関連をみいだしました。桜の’サ’は田の神をさし、’クラ’は神の座の意味があり、’サクラ’とは田の神の宿る場所を示します。田の神は普段山に住み、田植えの時期になると人里におりてくると考えられていました。満開の桜は、田の神が人里におりてくる前兆であり、秋の豊作の田の神への感謝とともに、やがて山に帰っていきます。

hanami_03

神事から花見へ

古代日本では、桜の木は田の神の宿る神聖な木でした。田の神を信仰する古代の農民は桜の木にお供えをして、豊作を祈り、宴をしました。この頃の桜の木の下での宴は、神への儀式的な要素が強く、奈良時代(710~794)になるとそれが桜を楽しむ行事へと次第に変化をとげました。平安時代(794~1192)に、桜は多くの和歌に詠まれ、花といえば桜という日本特有の意識が定着しました。江戸時代(1603~1868)には、宴会型の花見が庶民に娯楽として定着しました。そして、今日でも春になると日本ではお花見が春の恒例行事として、楽しまれています。

hanami_04

古代から変わらないもの

桜の花の開花は古代日本人にとって、田の神が人里にやってくる兆しでした。田の神が宿る桜の木の花が咲くころ、日本人の主食である米を司る田の神に、古代日本人は豊作を祈りました。 現代のお花見では、桜に豊作をいのる儀式というよりは、桜の美しさを愛で、楽しむという側面が大きくなりました。 天候に左右された米の収穫量も、現代では安定しましたが、依然、米は日本人にとって大切な命の糧であり、桜も日本人に愛される花として生活の中にいきづいています。

関連記事

AUTHOR

kyoami

kyoami

Writer/ Translator

民具や生活道具、伝統工芸、日本のアンティーク好き。生活の中で生まれた日本人独自のセンスや技術、その背景にある宗教観や由来をさぐります。