国府はお祭り騒ぎ 『くらやみまつり』

【 目次 】武蔵国一の大社 大國魂神社くらやみの中の神秘 くらやみまつりくらやみ祭りの主役たち―万燈・太鼓・山車・神輿―神様をおもてなしMap武蔵国一の大社 大國魂神社 くらやみまつりは大國魂神社のお祭りのひとつです。大國魂神社はこの東京が武蔵国と言われた約1200年前から、この地にあり、1200年前神社が建立された際同じ敷地内には国府と呼ばれる官公庁の施設が建っており、1000年くらい前までは武蔵国の中心はこの大國魂神社周辺だったと言われています。 現在、大國魂神社には祭りで使われる大太鼓や神輿、神社に伝わる神宝類があります。また、神社の参道には900年ほど前奉納されたけやき並木が今も静かに並んでいます。 くらやみの中の神秘 くらやみまつり くらやみまつりは4月30日~5月6日のGWの期間行われます。特に有名なのは御輿渡御という8基の御輿が神社に行列をなして、神社で儀式を行うものですが、この御輿渡御の他にも山車の巡行や万燈の美しさを競う行事もあります。 この祭りはこの府中に大國魂神社の御祭神である大國魂大神が降臨された時の再現をしつつ、暗闇の中で生まれ変わる新たな御霊神をお迎えするというものです。これは、新年度になって都から国司が任命され、その仕事始めとして、一宮にその年の五穀豊穣と国内安寧を願う習慣から始まったと言われています。 くらやみ祭りの主役たち―万燈・太鼓・山車・神輿― くらやみ祭りの主役は神輿の他にも万燈や太鼓、山車などがあります。神輿は、神社の御霊を移動させるときに使う簡易型の神社です。この祭りでは、武蔵の国の6つのお宮の御神輿が大國魂神社に渡御します。万燈や山車は府中市内に古くからある町々が町の個性を発揮したもので、万燈は傘を造花で装飾したもので美しさを競い、山車は人間が太鼓や笛などで演奏を行う移動型の舞台のようなものです。 また、この祭りは住んでいる町ごとで参加するため、誰がどこの町に住むのか一目でわかるように、参加する人は色付きの法被を着ます。そのため、祭り当日は色とりどりの法被が祭り会場にひしめき合っています。 神様をおもてなし 5月5日の夜、祭りはクライマックスを迎えます。 武蔵国中から集められた、神社の御霊神は大國魂大神が府中に降臨された時と同じように、野口家にお泊りになり、夜のうちに新しい神様に復活・再生します。この日野口家を模した仮屋では、野口家の主人が神主や国司に酒や食べ物を提供しおもてなしが行われ、一年のお勤めの労いと新たな年度に新しい神様をお迎えする歓迎の気持ちを表します。 野口家にお泊りになった御霊神は、翌日の早朝、それぞれのお宮に帰っていきます。 【詳細情報】 開催日程:2015年4月30日(木)~2015年5月6日(水) 場所:武蔵国一宮大國魂神社 アクセス:京王線府中駅から徒歩約10分      JR武蔵野線・南武線府中本町駅から徒歩約10分 Map 大國魂神社

MATSURI MIKOSHI

MATSURI MIKOSHI


【 目次 】

武蔵国一の大社 大國魂神社

くらやみまつりは大國魂神社のお祭りのひとつです。大國魂神社はこの東京が武蔵国と言われた約1200年前から、この地にあり、1200年前神社が建立された際同じ敷地内には国府と呼ばれる官公庁の施設が建っており、1000年くらい前までは武蔵国の中心はこの大國魂神社周辺だったと言われています。
現在、大國魂神社には祭りで使われる大太鼓や神輿、神社に伝わる神宝類があります。また、神社の参道には900年ほど前奉納されたけやき並木が今も静かに並んでいます。

kurayamimatsuri022

くらやみの中の神秘 くらやみまつり

くらやみまつりは4月30日~5月6日のGWの期間行われます。特に有名なのは御輿渡御という8基の御輿が神社に行列をなして、神社で儀式を行うものですが、この御輿渡御の他にも山車の巡行や万燈の美しさを競う行事もあります。
この祭りはこの府中に大國魂神社の御祭神である大國魂大神が降臨された時の再現をしつつ、暗闇の中で生まれ変わる新たな御霊神をお迎えするというものです。これは、新年度になって都から国司が任命され、その仕事始めとして、一宮にその年の五穀豊穣と国内安寧を願う習慣から始まったと言われています。

kurayamimatsuri08

kurayamimatsuri06

くらやみ祭りの主役たち―万燈・太鼓・山車・神輿―

くらやみ祭りの主役は神輿の他にも万燈や太鼓、山車などがあります。神輿は、神社の御霊を移動させるときに使う簡易型の神社です。この祭りでは、武蔵の国の6つのお宮の御神輿が大國魂神社に渡御します。万燈や山車は府中市内に古くからある町々が町の個性を発揮したもので、万燈は傘を造花で装飾したもので美しさを競い、山車は人間が太鼓や笛などで演奏を行う移動型の舞台のようなものです。
また、この祭りは住んでいる町ごとで参加するため、誰がどこの町に住むのか一目でわかるように、参加する人は色付きの法被を着ます。そのため、祭り当日は色とりどりの法被が祭り会場にひしめき合っています。

kurayamimatsuri07

神様をおもてなし

5月5日の夜、祭りはクライマックスを迎えます。
武蔵国中から集められた、神社の御霊神は大國魂大神が府中に降臨された時と同じように、野口家にお泊りになり、夜のうちに新しい神様に復活・再生します。この日野口家を模した仮屋では、野口家の主人が神主や国司に酒や食べ物を提供しおもてなしが行われ、一年のお勤めの労いと新たな年度に新しい神様をお迎えする歓迎の気持ちを表します。
野口家にお泊りになった御霊神は、翌日の早朝、それぞれのお宮に帰っていきます。

kurayamimatsuri09

kurayamimatsuri10

【詳細情報】
開催日程:2015年4月30日(木)~2015年5月6日(水)
場所:武蔵国一宮大國魂神社
アクセス:京王線府中駅から徒歩約10分
     JR武蔵野線・南武線府中本町駅から徒歩約10分

Map

大國魂神社

関連記事

AUTHOR

miki iwai

miki iwai

Writer

日本の文化が大好きで日本各地の温泉や伝統芸能、神社の儀礼祭祀をみるために旅行する傍ら能楽・書道・作歌(和歌を詠む)を嗜んでいます。皆さんに私の文章を通して、日本にしかない素敵な文化をお伝えしていけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

Information

Access 京王線府中駅から徒歩約10分 、JR武蔵野線・南武線府中本町駅から徒歩約10分
Website https://www.ookunitamajinja.or.jp/matsuri/kurayami.html