TadaimaJapan 第二回イベント―江戸切子体験を行いました!

以前、江戸切子の記事を書きましたが、今回、記事を読んでくれて、さらに江戸切子に興味を持った読者と一緒に体験イベントを開催しました。 > では、今回のイベントの様子を見ていきましょう! 早速、先生の説明が始まりました。 説明してくれたのは、「グラスファクトリー創吉」の店主兼、江戸切子の先生、関場先生です。今回の体験の場をご提供いただき、たくさん協力をいただきました。 関場先生は、資料を持ちながら、説明してくれています。優しい先生ですよ。   みなさんも真面目に聞いていますよね。   今回の参加者は5人で4ヶ国。カナダのCharles、アメリカのJennifer、中国の爽さんとカクさん、日本のチサさん。   グローバルです!   説明が終わった途端、Jenniferはもうグラスを選び始めました。   Jennifer、ワクワク感があふれてましたよ~   逆に、Charlesはもうちょっと真剣に考え中です。   グラスを選んだら、柄を描き始めました。   みなさん、黙々と作業中です…   チサさん、早い!   さすが、モノづくりが好きなチサさん、もう切子マシンの練習を始めました。   カクさん、Jennifer、Charlesも頑張って!   みなさん、真剣に描いているから、すばらしい作品ができると信じています。   ちなみに、Charlesの隣に座っているのは今回は通訳も担当してくれた、ライターのwasabiさんです。   チサさん、すごい!   自分の作品を切り始めましたね!   しかも、色付きグラスを挑戦しています。色付きグラスはクリアグラスより難しいらしいです。   どんな作品ができるかな?すごく期待しています。   ほかのみなさんもカット作業に入りました。   先生は丁寧に一人ずつ指導しています。   いよいよ、自分のグラスを切り始めましたね。   Jenniferはカットしたところを何回見て、「大丈夫かな」って、毎回チェックしています。   Charlesはひたすらカットしていて、スピートが早い!本当に初めて作ったの?カクさんの手を見て!すごくプロっぽいじゃないでしょうか。   「みんなは今集中力が必要なので、他の人は立入禁止だよ」   先生に追い出されました…   「すみません。静かにします…」(小声)   爽さんはみなさんより遅いですが、真剣な顔はみなさんに負けませんよ!   やはり、気になりますね。   こっそり見ると、先生はみなさんの作品をチェックしています。   チェックしながら、「すごい、すばらしい」ずっと言っています。   私は体験のみなさんよりワクワクしていますけど…どんな作品ができましたか?   遂に、出来ました。   どれが誰の作品でしょうか!   では、出来上がった作品と一緒にメンバーの記念写真です。   みなさん、素晴らしい作品といい笑顔は、最高です!   体験後に、ささやかな交流会もしました。   浅草のお菓子を食べながら、いろんな話をしました。   日本にいる年数と日本でやっていることがみなさんそれぞれ違いますが、「日本が好き」は皆さんに共通する、日本に住んでいる理由でした!   皆さん、ご参加ありがとうございました。   最初は、江戸切子が外国人にとって難しいかなと心配しましたが、皆さんは余裕でしたね。   皆さんの作品は商品として売れるぐらいにきれいです。   これらの写真を見て、あなたもワクワクしたら、   今度、ぜひTadaimaJapanのイベントに参加してください!   最後に、   先生、ご協力本当にありがとうございました。   TadaimaJapanスタッフたちも、お疲れ様でした。 Map 東京都台東区雷門2-1-14

TadaimaJapan   EVENTS, 東京,

kiriko01


以前、江戸切子の記事を書きましたが、今回、記事を読んでくれて、さらに江戸切子に興味を持った読者と一緒に体験イベントを開催しました。 >
では、今回のイベントの様子を見ていきましょう!

kiriko02

早速、先生の説明が始まりました。
説明してくれたのは、「グラスファクトリー創吉」の店主兼、江戸切子の先生、関場先生です。今回の体験の場をご提供いただき、たくさん協力をいただきました。

関場先生は、資料を持ちながら、説明してくれています。優しい先生ですよ。  

kiriko03

みなさんも真面目に聞いていますよね。  
今回の参加者は5人で4ヶ国。カナダのCharles、アメリカのJennifer、中国の爽さんとカクさん、日本のチサさん。  
グローバルです!  

kiriko04

説明が終わった途端、Jenniferはもうグラスを選び始めました。  
Jennifer、ワクワク感があふれてましたよ~  
逆に、Charlesはもうちょっと真剣に考え中です。  

kiriko05

グラスを選んだら、柄を描き始めました。  
みなさん、黙々と作業中です…  

kiriko06

kiriko07

チサさん、早い!  
さすが、モノづくりが好きなチサさん、もう切子マシンの練習を始めました。  

kiriko08

kiriko09

kiriko10

カクさん、Jennifer、Charlesも頑張って!  
みなさん、真剣に描いているから、すばらしい作品ができると信じています。  
ちなみに、Charlesの隣に座っているのは今回は通訳も担当してくれた、ライターのwasabiさんです。  

kiriko11

チサさん、すごい!  
自分の作品を切り始めましたね!  
しかも、色付きグラスを挑戦しています。色付きグラスはクリアグラスより難しいらしいです。  
どんな作品ができるかな?すごく期待しています。  

kiriko12

kiriko13

ほかのみなさんもカット作業に入りました。  
先生は丁寧に一人ずつ指導しています。  

kiriko14

kiriko15

いよいよ、自分のグラスを切り始めましたね。  
Jenniferはカットしたところを何回見て、「大丈夫かな」って、毎回チェックしています。  
Charlesはひたすらカットしていて、スピートが早い!本当に初めて作ったの?
カクさんの手を見て!すごくプロっぽいじゃないでしょうか。  

kiriko16

「みんなは今集中力が必要なので、他の人は立入禁止だよ」  
先生に追い出されました…  
「すみません。静かにします…」(小声)  

kiriko17

kiriko18

爽さんはみなさんより遅いですが、真剣な顔はみなさんに負けませんよ!  

kiriko19

kiriko20

やはり、気になりますね。  
こっそり見ると、先生はみなさんの作品をチェックしています。  
チェックしながら、「すごい、すばらしい」ずっと言っています。  
私は体験のみなさんよりワクワクしていますけど…どんな作品ができましたか?  

kiriko21

kiriko22

???????????????????????????????

遂に、出来ました。  
どれが誰の作品でしょうか!  
では、出来上がった作品と一緒にメンバーの記念写真です。  

kiriko24

kiriko25

みなさん、素晴らしい作品といい笑顔は、最高です!  

kiriko26

体験後に、ささやかな交流会もしました。  
浅草のお菓子を食べながら、いろんな話をしました。  
日本にいる年数と日本でやっていることがみなさんそれぞれ違いますが、「日本が好き」は皆さんに共通する、日本に住んでいる理由でした!  

kiriko27

皆さん、ご参加ありがとうございました。  
最初は、江戸切子が外国人にとって難しいかなと心配しましたが、皆さんは余裕でしたね。  
皆さんの作品は商品として売れるぐらいにきれいです。  
これらの写真を見て、あなたもワクワクしたら、  
今度、ぜひTadaimaJapanのイベントに参加してください!  

最後に、  
先生、ご協力本当にありがとうございました。  
TadaimaJapanスタッフたちも、お疲れ様でした。

Map

東京都台東区雷門2-1-14

関連記事

AUTHOR

Rei

Rei

Writer

中国は上海からやって来た女忍者のくノ一のレイです。日本のおもしろい記事を世界中の皆様にお届けしまーす! ニンニン!

Information

Address 東京都台東区雷門2-1-14
Hours 平日 11:00〜19:00 土日祝日 11:00〜18:00
Website http://www.sokichi.co.jp/