日本一の早咲きの梅は、今が満開!『熱海梅園梅まつり』

【 目次 】日本古来の「花見」は桜ではなく梅でした早咲きから遅咲きまで、咲く時期の違う梅が58品種457本!Map日本古来の「花見」は桜ではなく梅でした みなさんは、「日本の花見」と聞いて思い浮かべる花は、なんですか?そう、「桜」ですよね。 実は、今から1000年ほど前の日本では、花見と言えば梅の花を指していました。梅はその清楚で静かな美しさから、昔の歌に詠まれることも多く、日本人になじみ深い花です。 また、学問の神様と言われる菅原道真が梅をこよなく愛したことから、梅は学問の神様のシンボルとして使われることもありますよ。 早咲きから遅咲きまで、咲く時期の違う梅が58品種457本! その梅の花が見ごろを迎えているのが、「熱海梅園」です。 熱海梅園の梅は、日本一の早咲きと言われており、なんと12月に咲き始めます。遅咲きの梅が今頃開花し始めていますので、ずいぶん長い期間楽しめますよね。 ここで見ることができる梅の種類は、なんと58種。 真っ白なものや、薄いピンク、濃いピンク、そして花弁が何重にも重なったものなど、実に様々な種類があります。花は大きくても直径が3センチ。そして、とても甘い香りがします。見ているだけで心が穏やかになっていく優しい花です。 一足早い春を感じるため、梅まつりの開催期間中は10万人近い観光客が訪れるそうですよ。 また、期間中は甘酒が配られたり、足湯を体験できたり、様々なイベントステージもあります。 熱海の温泉でゆっくりした後は、ぜひ熱海梅園まで足を延ばしてみましょう。 ■熱海梅園梅まつり 期間:2015年1月10日(土)~3月8日(日) 時間:8:30~16:00 料金:熱海市内宿泊者は、100円 ※宿泊先がわかるもの(予約表や領収証等)を提示    一般300円、中学生以下は無料 アクセス:JR熱海駅より伊東線に乗って、JR来宮駅で下車。徒歩約10分 Map 静岡県熱海市梅園町8 熱海梅園

atamibaien_01


【 目次 】

日本古来の「花見」は桜ではなく梅でした

みなさんは、「日本の花見」と聞いて思い浮かべる花は、なんですか?そう、「桜」ですよね。
実は、今から1000年ほど前の日本では、花見と言えば梅の花を指していました。梅はその清楚で静かな美しさから、昔の歌に詠まれることも多く、日本人になじみ深い花です。
また、学問の神様と言われる菅原道真が梅をこよなく愛したことから、梅は学問の神様のシンボルとして使われることもありますよ。

atamibaien_04

早咲きから遅咲きまで、咲く時期の違う梅が58品種457本!

その梅の花が見ごろを迎えているのが、「熱海梅園」です。
熱海梅園の梅は、日本一の早咲きと言われており、なんと12月に咲き始めます。遅咲きの梅が今頃開花し始めていますので、ずいぶん長い期間楽しめますよね。
ここで見ることができる梅の種類は、なんと58種。
真っ白なものや、薄いピンク、濃いピンク、そして花弁が何重にも重なったものなど、実に様々な種類があります。花は大きくても直径が3センチ。そして、とても甘い香りがします。見ているだけで心が穏やかになっていく優しい花です。
一足早い春を感じるため、梅まつりの開催期間中は10万人近い観光客が訪れるそうですよ。
また、期間中は甘酒が配られたり、足湯を体験できたり、様々なイベントステージもあります。
熱海の温泉でゆっくりした後は、ぜひ熱海梅園まで足を延ばしてみましょう。

■熱海梅園梅まつり
期間:2015年1月10日(土)~3月8日(日)
時間:8:30~16:00
料金:熱海市内宿泊者は、100円 ※宿泊先がわかるもの(予約表や領収証等)を提示
   一般300円、中学生以下は無料
アクセス:JR熱海駅より伊東線に乗って、JR来宮駅で下車。徒歩約10分

atamibaien_02

atamibaien_05

atamibaien_03

Map

静岡県熱海市梅園町8 熱海梅園

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!

Information

Address 静岡県熱海市梅園町8 熱海梅園