人形にきれいな服を着せる『木目込み人形』

写真の日本人形はすごく鮮やかな和服を着ています。この豪華な衣装はどうやって着せたのかを知っていますか?これは、人形の胴体に布を一枚一枚埋め込んで衣装を着ているように仕立てた『木目込み人形』と言って人形なのです。 この日本伝統の手芸がもっと理解できるように、TadaimaJapanは木目込み人形の製法を体験しました。 一月なので、今回の作品は干支 未(ひつじ)を作りました。 先生が箱から出したのは、こちらです。 このひつじは木の粉末を糊で混ぜて固め乾燥させたものから作られた胴体です。 これはまるで服を着ていない人形ですね。 これから、きれいな服を着せてあげます! 胴体と一緒に渡されたのは、各部位の形を描いている型紙と一枚の布です。 布は紙の下にしいて、部位の形に沿って、切ります。 切った布は当てはまる部位に埋め込み作業を始めます。 道具は糊と目打ちだけです。 どうやってやるんですか? 布に糊を塗るんですか?このぐらいの糊だと足りないなと思うが… 先生のお手本を見たら、全てのなぞが解けました 目打ちに糊をつけて、溝に少しだけ塗ります。 そして、布の端をこの溝に埋め込みます。 こうすると、布が抜けないようになりました。 ひつじが衣装を着ました。 大きな平面だとまだ簡単ですが、耳みたいな繊細な部分が難しいです。 挑戦します! 先生は優しくて、体験者たちのものを直しています。 「先生~私のひつじも助けてください…」 「大丈夫、大丈夫。あなたは良くできているので、もうちょっと自分で頑張って。 単純な埋め込む作業だけど、落ち着いて、慣れると、楽しいですよ。」 先生は笑いながら、励ましてくれました。 先生の言った通り、落ち着いてコツコツやると、どんどん慣れてきました。そして、手元のひつじがどんどんきれいになるのはすごく嬉しかったです。 完成! いかがですか?ひつじはきれいになったでしょうか? 目と口をつけたら、かわいい表情をしていますね。 服を着ているひつじは生き生きしていると感じました。 埋め込む作業は時間がかかりますが、出来上げり瞬間の幸せ感がいっぱいで、手作りが好きな方におすすめです。 人形以外に、いろいろなものを作れます。 こちらはひな人形です。 木目込み人形の中に、ひな人形が一番有名です。ひな人形の話がまたまた長くなるので、後日に紹介します。 【体験情報】 真多呂人形学院 住所:東京都台東区上野5-15-13 真多呂人形会館 HP:http://www.mataro.co.jp Email:gakuin@mataro.co.jp 料金:小・中学生2,000円~、大人3,150円~ (制作する人形によって料金が異なる) 定員:20名程度 対象:小学校高学年以上 所要時間:2時間(当日中に完成しない場合あり) 開催日:火・水・木 時間:10:00~12:00または13:30~15:30(水曜日の午後は13:00~15:00) Map 東京都台東区上野5-15-13

  CULTURE, 東京,

kimekomi


kimekomi01

写真の日本人形はすごく鮮やかな和服を着ています。この豪華な衣装はどうやって着せたのかを知っていますか?これは、人形の胴体に布を一枚一枚埋め込んで衣装を着ているように仕立てた『木目込み人形』と言って人形なのです。
この日本伝統の手芸がもっと理解できるように、TadaimaJapanは木目込み人形の製法を体験しました。

一月なので、今回の作品は干支 未(ひつじ)を作りました。
先生が箱から出したのは、こちらです。

kimekomi03

このひつじは木の粉末を糊で混ぜて固め乾燥させたものから作られた胴体です。
これはまるで服を着ていない人形ですね。
これから、きれいな服を着せてあげます!

kimekomi04

胴体と一緒に渡されたのは、各部位の形を描いている型紙と一枚の布です。
布は紙の下にしいて、部位の形に沿って、切ります。

kimekomi05

切った布は当てはまる部位に埋め込み作業を始めます。

道具は糊と目打ちだけです。

どうやってやるんですか?

布に糊を塗るんですか?このぐらいの糊だと足りないなと思うが…

先生のお手本を見たら、全てのなぞが解けました

kimekomi06

目打ちに糊をつけて、溝に少しだけ塗ります。
そして、布の端をこの溝に埋め込みます。
こうすると、布が抜けないようになりました。

kimekomi07

ひつじが衣装を着ました。
大きな平面だとまだ簡単ですが、耳みたいな繊細な部分が難しいです。

kimekomi08

挑戦します!

kimekomi09

先生は優しくて、体験者たちのものを直しています。

「先生~私のひつじも助けてください…」

「大丈夫、大丈夫。あなたは良くできているので、もうちょっと自分で頑張って。

単純な埋め込む作業だけど、落ち着いて、慣れると、楽しいですよ。」

先生は笑いながら、励ましてくれました。

先生の言った通り、落ち着いてコツコツやると、どんどん慣れてきました。そして、手元のひつじがどんどんきれいになるのはすごく嬉しかったです。

kimekomi10

完成!

いかがですか?ひつじはきれいになったでしょうか?

目と口をつけたら、かわいい表情をしていますね。

服を着ているひつじは生き生きしていると感じました。
埋め込む作業は時間がかかりますが、出来上げり瞬間の幸せ感がいっぱいで、手作りが好きな方におすすめです。

kimekomi11

kimekomi12

kimekomi13

人形以外に、いろいろなものを作れます。

kimekomi14

こちらはひな人形です。
木目込み人形の中に、ひな人形が一番有名です。ひな人形の話がまたまた長くなるので、後日に紹介します。

【体験情報】

真多呂人形学院

住所:東京都台東区上野5-15-13 真多呂人形会館

HP:http://www.mataro.co.jp

Email:gakuin@mataro.co.jp

料金:小・中学生2,000円~、大人3,150円~ (制作する人形によって料金が異なる)

定員:20名程度

対象:小学校高学年以上

所要時間:2時間(当日中に完成しない場合あり)

開催日:火・水・木

時間:10:00~12:00または13:30~15:30(水曜日の午後は13:00~15:00)

Map

東京都台東区上野5-15-13

関連記事

AUTHOR

Rei

Rei

Writer

中国は上海からやって来た女忍者のくノ一のレイです。日本のおもしろい記事を世界中の皆様にお届けしまーす! ニンニン!

Information

Address 東京都台東区上野5-15-13
Hours 開催日:火・水・木。時間:10:00~12:00または13:30~15:30(水曜日の午後は13:00~15:00)
Website http://www.mataro.co.jp