馬を愛する人々が暮らした、岩手の伝統的な農家の住まい『南部曲り屋』

【 目次 】人と馬が同じ屋根の下で暮らすための家200年前の建物が今も残る『千葉家』Map人と馬が同じ屋根の下で暮らすための家 日本の東北地方にある岩手県は、昔から農業が盛んな土地でした。また、古くから馬の産地としても有名でした。 馬は、軍馬としても活躍しましたが、農耕馬として多くの農民の手助けをしてきました。岩手の人々は、その馬をとても大切に思い、家族同然に考えていたことから、いつでも目が届くようにと、人が暮らす母家と馬屋を棟続きにするようになりました。 これが、曲がり屋の始まりです。 曲がり屋は、住居と馬屋を平面L字形に連結した農家建築です。 200年前の建物が今も残る『千葉家』 岩手県遠野市には、曲がり屋が残っています。「千葉家」です。 今では、国重要文化財に指定されています。石垣の上に茅葺の建物がそびえ建ち、その堂々たるたたずまいは、必見の価値あり。 かつては、25名の人と20頭の馬がこの一軒の家で生活していたと言われています。 今は、馬はいませんが、馬屋部分が一般公開されています。 周りには他に何もない場所に建つ千葉家。 時間をかけて訪れたい価値のある場所です。 料金 一般350円 高校生250円 小・中学生100円 Map 岩手県遠野市綾織町上綾織1-14

  DESTINATIONS, 岩手,

magariya


【 目次 】

人と馬が同じ屋根の下で暮らすための家

日本の東北地方にある岩手県は、昔から農業が盛んな土地でした。また、古くから馬の産地としても有名でした。
馬は、軍馬としても活躍しましたが、農耕馬として多くの農民の手助けをしてきました。岩手の人々は、その馬をとても大切に思い、家族同然に考えていたことから、いつでも目が届くようにと、人が暮らす母家と馬屋を棟続きにするようになりました。
これが、曲がり屋の始まりです。
曲がり屋は、住居と馬屋を平面L字形に連結した農家建築です。

081

200年前の建物が今も残る『千葉家』

岩手県遠野市には、曲がり屋が残っています。「千葉家」です。
今では、国重要文化財に指定されています。石垣の上に茅葺の建物がそびえ建ち、その堂々たるたたずまいは、必見の価値あり。
かつては、25名の人と20頭の馬がこの一軒の家で生活していたと言われています。
今は、馬はいませんが、馬屋部分が一般公開されています。

周りには他に何もない場所に建つ千葉家。
時間をかけて訪れたい価値のある場所です。

料金 一般350円 高校生250円 小・中学生100円

秋色・千葉家

Map

岩手県遠野市綾織町上綾織1-14

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!

Information

Address 岩手県遠野市綾織町上綾織1-14
Hours 8:30~17:00(12月~2月8:30~16:00)
Access JR遠野駅から早池峰バス綾織・達曽部線「千葉家」下車 徒歩0分/釜石道宮守ICから国道283号・396号経由13km 14分
Phone 0198-62-9529