12月31日に食べると金運アップ!?『年越しそば』

【 目次 】さあいよいよ、1年最後の日「大晦日」がやってきますそばを食べて、今年の厄を断ち切りましょう手軽に食べられるカップ麺も人気がありますさあいよいよ、1年最後の日「大晦日」がやってきます 日本では、1年の最後の日、つまり12月31日のことを「大晦日」と呼びます。この日は、1年の厄を祓い、新しい年を迎える準備をする最後の日です。 その風習のひとつが、「年越しそば」です。年越しそばは、12月31日に食べるそばのことを言います。 なぜ、この日に限ってそばを食べるのでしょうか? そばを食べて、今年の厄を断ち切りましょう その理由はいくつかあります。 まずは、そばは切れやすいので、「今年一年の嫌なことや厄を切る」という意味。それから、そばは細長いですので、長く細く生きられるようにという願いも込められています。 そして、昔の金細工職人が、散らかった金粉を集めるのにそばの団子を使ったことから、金を集める縁起の良い食べ物、として食べられるようになったと言われています。 そばの代わりにうどんを食べる地域もあります。うどんは、「太く長く生きられるように」との願いが込められていますよ。 手軽に食べられるカップ麺も人気があります 年越しそばは、スーパーマーケットや蕎麦屋さんで売っているそばを買ってきて、おうちで食べるのが一般的です。31日の夕飯か、夜食として食べる人が多いでしょう。 手軽に食べるためには、インスタントのカップ麺がおすすめですよ。 また、スーパーマーケットのお惣菜コーナーには、天ぷらもたくさん並んでいます。カップ麺では味気ないなあという方は、ちょっと豪華に天ぷらを添えてみてはいかがでしょうか。

  FOODS & DRINKS,

toshikoshisoba


【 目次 】

さあいよいよ、1年最後の日「大晦日」がやってきます

日本では、1年の最後の日、つまり12月31日のことを「大晦日」と呼びます。この日は、1年の厄を祓い、新しい年を迎える準備をする最後の日です。
その風習のひとつが、「年越しそば」です。年越しそばは、12月31日に食べるそばのことを言います。
なぜ、この日に限ってそばを食べるのでしょうか?

年越しそば_02

そばを食べて、今年の厄を断ち切りましょう

その理由はいくつかあります。
まずは、そばは切れやすいので、「今年一年の嫌なことや厄を切る」という意味。それから、そばは細長いですので、長く細く生きられるようにという願いも込められています。
そして、昔の金細工職人が、散らかった金粉を集めるのにそばの団子を使ったことから、金を集める縁起の良い食べ物、として食べられるようになったと言われています。
そばの代わりにうどんを食べる地域もあります。うどんは、「太く長く生きられるように」との願いが込められていますよ。

soba_03

手軽に食べられるカップ麺も人気があります

年越しそばは、スーパーマーケットや蕎麦屋さんで売っているそばを買ってきて、おうちで食べるのが一般的です。31日の夕飯か、夜食として食べる人が多いでしょう。
手軽に食べるためには、インスタントのカップ麺がおすすめですよ。
また、スーパーマーケットのお惣菜コーナーには、天ぷらもたくさん並んでいます。カップ麺では味気ないなあという方は、ちょっと豪華に天ぷらを添えてみてはいかがでしょうか。

年越しそば_04

関連記事

AUTHOR

Wasabi

Wasabi

Writer / Translator

東京出身、旅とカオスを愛するフリーランス翻訳家。記事翻訳を通して日々日本と世界の接触点を探っています。ライターとしても、ガイドブックに載っていないわさび視点の情報をお届け!

Website