mame


【 目次 】

mame5_01

ぼんやりしていると

急に訪れた開花の時期を逃してしまうと

あわてて花見に出掛けた

mame5_02

いつもの通り

mame5_03

鼻先でいろんなところを検索しながら

mame5_04

目的地まで1時間ばかり

mame5_05

谷中霊園の入り口にあたる

mame5_06

天王寺に着いて

mame5_07

大仏様の前で手をあわせてみたり

mame5_08

満開の桜をバッグに

mame5_09

女子力もUP!

したような気になり…

mame5_10

あいにく天気は曇りだったけど

mame5_11

谷中墓地のお空は桜色でした

●天王寺
天台宗の寺院。JR日暮里駅南口から目と鼻にあり、谷中霊園の入り口に位置する。
明治維新まで霊園のほとんどの土地をこの天王寺が所有していた。湯島天神と同様に「富くじ」(現代でいう宝くじ!)が許されていたというから、当時、相当に大きなお寺だったということがうかがい知れます。
天王寺の前身、感応寺の最後の住職、日遼が鋳造した、約5M弱のお釈迦さまがお座りになっているお庭はいつ行っても清々しい気分にさせてくれます。谷中七福神の毘沙門天も祀られています。

Map 天王寺

東京都台東区谷中7丁目14−8 天王寺

東京都台東区谷中7丁目14−8

●谷中墓地 谷中霊園
徳川家をはじめ、多くの有名人が眠る谷中墓地。1957年まで、幸田露伴の小説に出てくる『五重の塔』の
モデルとなった五重塔があったが、谷中五重塔放火心中事件にて焼失。桜の名所としても親しまれ五重の塔があったあたりに毎年多くの花見客が訪れる。

Map 谷中霊園

東京都台東区谷中7 谷中霊園

東京都台東区谷中7

【writer Kokokashiko】

ここかしこ


Reference

“Kokokashiko” is the unique website which makes your life happier with giving you a lot of opportunities and motivations to respect someone or something.

関連記事

AUTHOR

kokokashiko