都心から日帰りで、本格的な登山が楽しめる!『神奈川の屋根』を歩こう!

【 目次 】眺望抜群な「表丹沢尾根」は、都会の縁にある天空の道!アクセスが良いから、気軽に日帰り登山の計画が設計できます!時間と体力に余裕があったら、「鍋割山」まで頑張って「鍋焼きうどん」を食べよう!Map眺望抜群な「表丹沢尾根」は、都会の縁にある天空の道! 「神奈川の屋根」と称される丹沢山地の南部にある、「三ノ塔」から「塔ノ岳」へ至る表丹沢の尾根は、古くから多くの人に愛され、そして歩かれてきた登山道です。 尾根や山頂からの眺望は素晴らしく、東は山岳信仰の山「大山」、南は三浦半島から伊豆半島に至るまでの「相模湾」、西は世界遺産である日本一の山「富士山」、北は蛭が岳を始めとした「丹沢主脈」や「高尾や奥多摩の山々」を一望する事ができます。 この尾根道を歩いていると、都会の縁にある天空の道を歩いているような、未だかつて経験したことがない不思議な感覚に誘われます。 アクセスが良いから、気軽に日帰り登山の計画が設計できます! 登山道の入口はヤビツ峠が最もメジャーで、小田急線の秦野駅からバスで登山口の近くまで行くことができます。 ヤビツ峠からの登山道は、二ノ塔を経て三ノ塔までは急な上り坂となります。 三ノ塔の山頂まで登りつめると一気に視界が開け、ここからがバラエティに富む本格的な尾根道の始まりです。 進む度に変わっていく眺望を楽しみながら、ちょっとした鎖場やガレ場、痩せた尾根など、登山ならではの楽しみも一通り味わう事が出来ます。 この尾根歩きの終点は360度パノラマの世界が開ける「塔ノ岳山頂」。 登山者の多くがこの山頂にて素晴らしい眺望を満喫しながら昼食休憩を楽しんでいます。 そして塔ノ岳からの下山ルートは「大倉尾根」です。 相模湾から伊豆半島の景色を前面に眺めながら下る、歴史ある尾根道です。 このコースの踏破時間は7~8時間ほどですが、冬場はヤビツ峠の麓である蓑毛までしかバスが運行していないため、プラス1時間ほどの設計が必要となり、またアイゼンの携行が必要となります。 コースの途中には山小屋や茶屋が複数ありますので、山中での緊急時対応にも比較的安心して臨めますし、深山登山に必要不可欠なトイレ対策の心配はありません。 時間と体力に余裕があったら、「鍋割山」まで頑張って「鍋焼きうどん」を食べよう! 表丹沢の名物といえば鍋割山の「鍋焼きうどん」です。 鍋割山へは大倉尾根で下山をせず、その先の尾根道を1時間ほど進みます。 鍋割山頂に到着すると視界が開け、その中央に名物「鍋焼きうどん」を提供している鍋割山荘があります。 心も体も温まる熱々の「鍋焼きうどん」を食せば、登山での疲労が一気に回復します。 (なお、当記事の執筆者は、「鍋焼きうどん」を堪能することに集中してしまい、撮影を失念してしまいました・・ご了承くださいませ・・) 最後に・・ 山に入る時は、登山口にある登山届ポストに「登山計画書」を提出しましょうね! Map 神奈川県秦野駅

fujisan


【 目次 】

眺望抜群な「表丹沢尾根」は、都会の縁にある天空の道!

「神奈川の屋根」と称される丹沢山地の南部にある、「三ノ塔」から「塔ノ岳」へ至る表丹沢の尾根は、古くから多くの人に愛され、そして歩かれてきた登山道です。
尾根や山頂からの眺望は素晴らしく、東は山岳信仰の山「大山」、南は三浦半島から伊豆半島に至るまでの「相模湾」、西は世界遺産である日本一の山「富士山」、北は蛭が岳を始めとした「丹沢主脈」や「高尾や奥多摩の山々」を一望する事ができます。
この尾根道を歩いていると、都会の縁にある天空の道を歩いているような、未だかつて経験したことがない不思議な感覚に誘われます。

2.三の塔山頂(丹沢表尾根を一望)

3.鳥尾山荘

アクセスが良いから、気軽に日帰り登山の計画が設計できます!

登山道の入口はヤビツ峠が最もメジャーで、小田急線の秦野駅からバスで登山口の近くまで行くことができます。
ヤビツ峠からの登山道は、二ノ塔を経て三ノ塔までは急な上り坂となります。

4.行者ヶ岳~新大日(やせた尾根&ガレ場)

三ノ塔の山頂まで登りつめると一気に視界が開け、ここからがバラエティに富む本格的な尾根道の始まりです。
進む度に変わっていく眺望を楽しみながら、ちょっとした鎖場やガレ場、痩せた尾根など、登山ならではの楽しみも一通り味わう事が出来ます。
この尾根歩きの終点は360度パノラマの世界が開ける「塔ノ岳山頂」。
登山者の多くがこの山頂にて素晴らしい眺望を満喫しながら昼食休憩を楽しんでいます。

5.塔ノ岳山頂(360度パノラマは皆のランチ場)

そして塔ノ岳からの下山ルートは「大倉尾根」です。
相模湾から伊豆半島の景色を前面に眺めながら下る、歴史ある尾根道です。
このコースの踏破時間は7~8時間ほどですが、冬場はヤビツ峠の麓である蓑毛までしかバスが運行していないため、プラス1時間ほどの設計が必要となり、またアイゼンの携行が必要となります。
コースの途中には山小屋や茶屋が複数ありますので、山中での緊急時対応にも比較的安心して臨めますし、深山登山に必要不可欠なトイレ対策の心配はありません。

6.塔ノ岳~大倉尾根途中の鹿

時間と体力に余裕があったら、「鍋割山」まで頑張って「鍋焼きうどん」を食べよう!

表丹沢の名物といえば鍋割山の「鍋焼きうどん」です。
鍋割山へは大倉尾根で下山をせず、その先の尾根道を1時間ほど進みます。
鍋割山頂に到着すると視界が開け、その中央に名物「鍋焼きうどん」を提供している鍋割山荘があります。
心も体も温まる熱々の「鍋焼きうどん」を食せば、登山での疲労が一気に回復します。
(なお、当記事の執筆者は、「鍋焼きうどん」を堪能することに集中してしまい、撮影を失念してしまいました・・ご了承くださいませ・・)

7.塔ノ岳~鍋割山(ブナが美しい登山道)

最後に・・
山に入る時は、登山口にある登山届ポストに「登山計画書」を提出しましょうね!

8.鍋割山荘(名物鍋焼うどんを食べよう)

9.鍋割山(木道が美しい登山道)

Map

神奈川県秦野駅

関連記事

AUTHOR

Kagekage

Kagekage

Hiker / Campers

山が大好きで、週末は山を歩き、雪山を滑走し、そして山の中で寝泊りをしています。日本の山と四季の素晴らしさを紹介したいと思っています。

Information

Address 神奈川県秦野駅