西洋文化と共に深く根付いた洋食『トルコライス』の歴史を探る

【 目次 】日本における西洋文化の窓口、長崎から生まれた『トルコライス』憧れの“洋食コラボプレート”……名前の由来は、トルコとは関係ない!?九州最古の喫茶店なら組み合わせのバリエーションも豊富Map 日本における西洋文化の窓口、長崎から生まれた『トルコライス』 日本でいち早く西洋文化がもたされた街として知られる長崎。なかでも食文化は、日本人の食生活に大きな影響を与えました。豚肉や野菜をたっぷり入れた麺料理「ちゃんぽん」や、1500年代後半にポルトガル人によって伝わったとされる菓子「カステラ」など、長崎から日本全国へと広まった食べ物がいくつもあります。ワンプレートに3つの洋食を盛り合わせた『トルコライス』もそのひとつです。 憧れの“洋食コラボプレート”……名前の由来は、トルコとは関係ない!? 長崎の名物料理として知られるトルコライスが誕生したのは、今から約60年前のこと。ピラフ、ナポリタン、デミグラスソースがかかったポークカツという、当時の庶民にとって憧れだった西洋料理が一つのお皿に盛られているという夢のような料理! 不思議なネーミングですが、トルコ共和国とは直接関係はなく、名称の由来は明確になっていないのだそう。 九州最古の喫茶店なら組み合わせのバリエーションも豊富 1925年創業、九州で最古の喫茶店『ツル茶ん』でも、トルコライスは看板料理。25年ほど前から、トルコライスのポークカツにはカレールーをかけるのが一般的になったといいます。こちらではトルコライスのアレンジメニューもたくさんあり、有頭海老のフライにクリームソースがかかった「シーフードトルコ」や、ビーフステーキにストロガノフソースが添えられた「テキトルコ」など、全9種類ものバリエーションがあります。ちなみに『ツル茶ん』では、スプーンですくって食べるタイプの「長崎風ミルクセーキ」も創業からの人気メニュー。長崎で異国情緒溢れる街並を楽しみながら、昔ながらの喫茶店メニューを堪能してください。 Map

toruco_00


【 目次 】

日本における西洋文化の窓口、長崎から生まれた『トルコライス』

日本でいち早く西洋文化がもたされた街として知られる長崎。なかでも食文化は、日本人の食生活に大きな影響を与えました。豚肉や野菜をたっぷり入れた麺料理「ちゃんぽん」や、1500年代後半にポルトガル人によって伝わったとされる菓子「カステラ」など、長崎から日本全国へと広まった食べ物がいくつもあります。ワンプレートに3つの洋食を盛り合わせた『トルコライス』もそのひとつです。

toruco_03

憧れの“洋食コラボプレート”……名前の由来は、トルコとは関係ない!?

長崎の名物料理として知られるトルコライスが誕生したのは、今から約60年前のこと。ピラフ、ナポリタン、デミグラスソースがかかったポークカツという、当時の庶民にとって憧れだった西洋料理が一つのお皿に盛られているという夢のような料理! 不思議なネーミングですが、トルコ共和国とは直接関係はなく、名称の由来は明確になっていないのだそう。

toruco_07

九州最古の喫茶店なら組み合わせのバリエーションも豊富

1925年創業、九州で最古の喫茶店『ツル茶ん』でも、トルコライスは看板料理。25年ほど前から、トルコライスのポークカツにはカレールーをかけるのが一般的になったといいます。こちらではトルコライスのアレンジメニューもたくさんあり、有頭海老のフライにクリームソースがかかった「シーフードトルコ」や、ビーフステーキにストロガノフソースが添えられた「テキトルコ」など、全9種類ものバリエーションがあります。ちなみに『ツル茶ん』では、スプーンですくって食べるタイプの「長崎風ミルクセーキ」も創業からの人気メニュー。長崎で異国情緒溢れる街並を楽しみながら、昔ながらの喫茶店メニューを堪能してください。

toruco_02

toruco_04

toruco_06

toruco_05

Map

関連記事

AUTHOR

miho mayeda

miho mayeda

Writer

大好きな日本語で、大好きな日本の事を丁寧に。そのためなら全身全霊!な言葉の匠。東京生まれ・東京育ちのフリーランス編集ライター。

Information

Address 長崎県長崎市油や町2-47
Access 思案橋駅から62m